トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

好評既刊書


糖尿病患者のためのカーボフラッシュカード 糖尿病患者のためのカーボフラッシュカード

 大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室 
 大阪市立大学医学部附属病院栄養部 編
 川村 智之 責任編集

A5変型判 112頁
定価(本体 2,500円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2276-6 C0047
2007年9月発行
● 糖尿病の食事療法に役立つ「カーボカウント法」。全100種類の食品・メニューの写真とカーボ(炭水化物)量、エネルギー量、ポイント等を1枚のカードにコンパクトに集約。
● 食事中の炭水化物量を見た目から読み取り、血糖コントロールに役立てる― その習得に最適!
● 切り離せば、気軽に楽しみながらカーボカウント法を身につけられる「フラッシュカード」に! 患者さんとその家族、医療関係者にぜひ手にとっていただきたい1冊!

糖尿病と循環器病 一歩進んだ糖尿病循環器学 ~Diabetic Cardiology~ 糖尿病と循環器病 一歩進んだ糖尿病循環器学 ~Diabetic Cardiology~

愛媛大学大学院循環器・呼吸器・腎高血圧内科学教授 檜垣實男 監修
順天堂大学糖尿病・内分泌内科教授 綿田裕孝 編
鹿児島大学心臓血管・高血圧内科学教授 大石 充 編

B5判 376頁
定価(本体 6,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2837-9 C3047
2017年3月発行
世界規模で急増する糖尿病人口。三大合併症のみならず大血管障害による死亡リスクも顕在化する一方、SGLT2阻害薬など新規薬剤の登場で、その医療環境は激変のさなかにある。
いま必要なのは疾患をより多面的に捉え直すアプローチ-“糖尿病循環器学”という野心的な概念のもと、専門領域の垣根を越えて、各分野の第一人者が結集!
糖尿病の危険因子、合併循環器病、新規治療薬、歯周病や喫煙との意外なつながりまで、最新の知見を完全網羅。全ての医療者必読、糖尿病医療のエポック・メイキングとなる一冊!
糖尿病のあなたへ かんたんカーボカウント ~豊かな食生活のために~ 改訂版 糖尿病のあなたへ かんたんカーボカウント ~豊かな食生活のために~ 改訂版

大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室 大阪市立大学医学部附属病院栄養部 編
大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室講師 川村智行 編集責任

A4判 88頁
定価(本体 2,400円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2378-7 C0047
2009年5月発行
● 糖尿病の食事療法として近年、ますます注目を浴びつつある「 カーボカウント法」。その普及に伴い、摂取カロリーについての説明をコンパクト化、「500ルール」「1,800ルール」に縛られず調整できる工夫が満載。
● 現場で培われた「コツ」をやさしい文章と図表でわかりやすく解説。新たなインスリンポンプ使用に必須の「グラム/インスリン比」にも言及、自己管理や栄養指導に最適の一冊!
● 身近な食品の炭水化物・カーボ量をまとめた、携帯に便利な「カーボカード」付き。

Calcium Pros and Cons ~カルシウム代謝研究・議論の変遷~ Calcium Pros and Cons ~カルシウム代謝研究・議論の変遷~

国家公務員共済組合連合会虎の門病院院長 大内尉義 編
大阪市立大学名誉教授/泉大津市立病院名誉院長 三木隆己 編
徳島大学藤井節郎記念医科学センター センター長 松本俊夫 編

B5判 196頁
定価(本体 4,000円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2718-1 C3047
2015年3月発行
医薬ジャーナル社の月刊誌「CLINICAL CALCIUM」の好評連載「Calcium Pros and Cons」を単行本化。2010年5月号から2012年6月号までの全18回にわたって掲載された内容を、装いも新たに完全収載!
カルシウム代謝、およびその関連疾患について、まだ評価の定まらない論点を抽出し、斯界の論客が賛否の議論(Pros and Cons)を戦わせる!
カルシウム研究の歴史を掘り起こし、振り返る“データベース”として、是非一読いただきたい1冊!
側弯症治療の最前線 -基礎編 側弯症治療の最前線 -基礎編

 日本側彎症学会 編
国家公務員共済組合連合会名城病院院長補佐/脊椎脊髄センター長 川上紀明 責任編集
独立行政法人国立病院機構神戸医療センター外科系診療部長/整形外科 宇野耕吉 責任編集

B5判 324頁
定価(本体 6,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2606-1 C3047
2013年4月発行
日本側彎症学会研修委員会のメンバーと専門医による、これまでになかった待望の側弯症テキスト!
豊富な写真とともに症例を多数紹介。診断・治療時に注意すべき点や、いま問題視されているポイントについては「サイドメモ」を使ってコンパクトに。側弯症の基礎的知識から治療実践、最新知見までを網羅した充実の内容。
整形外科医はもとより、これから側弯症を学びたい若手医師やコメディカル、側弯検診に携わる学校医にも最適の1冊!
新版 肺癌内科診療マニュアル ~EBMと実臨床の立場から~ 新版 肺癌内科診療マニュアル ~EBMと実臨床の立場から~

和歌山県立医科大学内科学第三講座教授 山本信之 監修
和歌山県立医科大学内科学第三講座助教 赤松弘朗 編
順天堂大学大学院医学研究科呼吸器内科学助教 宿谷威仁 編
新潟大学医歯学総合病院呼吸器・感染症内科特任助教 三浦 理 編
静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科医長 釼持広知 編

B6変型判 500頁
定価(本体 5,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2719-8 C3047
2015年4月発行
肺癌診療に携わる臨床現場の医師、看護師、薬剤師のために-短期間で即戦力となり得る情報を満載!
治療方針の決定における日常の疑問に答えるべく、診断から治療の意義、具体的な抗癌剤投与法に至るまで、実際の診療の流れに則った構成。
既に標準となったレジメンを整理して簡潔に明示するとともに、エビデンスの確立していない部分に関して、最適な治療方針を示した1冊!
ニーマン・ピック病C型の診断と治療 ニーマン・ピック病C型の診断と治療

独立行政法人労働者健康福祉機構 山陰労災病院院長 / 鳥取大学名誉教授 大野耕策 編

B5判 112頁
定価(本体 3,600円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2734-1 C3047
2015年6月発行
難病法に基づく医療費助成制度の対象疾病であるニーマン・ピック病C型。その基礎知識から様々な診断法、ミグルスタットによる治療など最新情報を網羅。
早期診断・早期治療の実現のため、疾患の特徴・症状・他疾患との鑑別や生化学的診断、形態学的診断、遺伝子診断など重点的に解説!
精神科医・神経内科医・小児神経科医に、是非とも読んでほしい一冊!
災害に強い病院であるために -被災者であり救援者でもある病院- 災害に強い病院であるために -被災者であり救援者でもある病院-

弘前大学大学院医学研究科胸部心臓血管外科教授 福田幾夫  編
摂南大学理工学部建築学科准教授 池内淳子 編
兵庫県災害医療センター顧問 鵜飼 卓 編

B5判 240頁
定価(本体 4,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2711-2 C3047
2014年12月発行
東日本大震災を中心に、過去の自然災害で実際に経験した具体的な病院被害と問題点・対応策を詳述。病院の防災力を向上するために活用できる情報が満載!
地震災害の破壊力が一目でわかる、カラー図譜や図表を豊富に掲載。過去を認識し、今後の防災計画を考える一助となる一冊。
医療関係者、病院建築関係者はもとより、自然災害の多い日本で生活する全ての人に読んでいただきたい、充実の書。
側弯症治療の最前線-手術編 側弯症治療の最前線-手術編

 日本側彎症学会 編
国家公務員共済組合連合会名城病院院長補佐/脊椎脊髄センター長 川上紀明 責任編集
独立行政法人国立病院機構神戸医療センター外科系診療部長/整形外科 宇野耕吉 責任編集

B5判 416頁
定価(本体 7,600円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2681-8 C3047
2014年6月発行
『側弯症治療の最前線-基礎編』発刊から1年。待望の側弯症テキスト第2弾!
“脊柱変形矯正の考え方の歴史的変遷”を、初学者にも分かりやすく詳述。
若年者の脊柱変形はもとより、成人脊柱変形や頸椎変形までをも含む“脊柱変形手術”に関して、スタンダードな方法を伝授。あわせて、専門医にしか知りえない手術のコツやエピソード、哲学についても「サイドメモ」として収載。
合併症が発生したその場で、術者として“いつ、いかに対処し”、“患者家族といかに向き合うか”――。合併症への対策を、3名のエキスパートが経時的に解説。
腎臓内科医、腎臓内科研修医のための 腎炎・ネフローゼ症候群の実地診療マニュアル 腎臓内科医、腎臓内科研修医のための 腎炎・ネフローゼ症候群の実地診療マニュアル

大阪市立大学医学部附属病院腎臓内科准教授 石村栄治 著
住友病院内科系診療局長 阪口勝彦 著

B6変型判 92頁
定価(本体 1,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2725-9 C3047
2015年4月発行
すべての腎臓内科医、腎臓内科研修医のために―初診外来から腎生検、治療(ステロイド、免疫抑制薬)までの治療の流れに沿って、実臨床に役立つノウハウを凝縮。
腎炎・ネフローゼ症候群の各疾患について、ステロイド治療の注意点のほか、副作用への不安など、患者・家族の疑問を解決。
手軽に持ち運び、いつでも取り出して確認できる、コンパクトサイズなおすすめの1冊!


▲このページの上へ