トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年

医薬ジャーナル

医薬ジャーナル

Medicine and Drug Journal

発行形式 月刊 毎月1日発行
編集方針 臨床薬剤師や医師といった医療職をはじめ、薬学研究者、行政関連職、製薬会社・医薬品卸の学術情報担当者にも役立つ、医学・薬学の最先端の科学的知見をタイムリーに提供する。さらに、医薬品や医療をめぐる政治、経済、社会問題をも視界に入れ、その最新の動向について、速やかに報道、解説、論評をする。
判型 B5判
定価 本体 2,500 円+税
年間購読料 本体 33,700 円+税
(増刊号を含む13冊)(送料無料)


医薬ジャーナル 2016年8月号(Vol.52 No.8) 目次

 冊

B5判/毎月1日発行/定価(本体2,500円+税)

医薬ジャーナル論壇
6年制薬学教育に必要なものとは
-この10年間で薬剤師は変わったか?-
 全文無料
政田幹夫
グラフィック
連載・薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識(68)
11.眼科分野
3)緑内障の画像診断
南川貴之
特集 薬剤疫学 ~医療ビッグデータの利活用~
〔企画編集協力・東京理科大学薬学部薬学科医薬品情報学研究室講師 佐藤嗣道〕
1.序論:医療情報データベースの現状と
利活用に向けた展望
佐藤嗣道
2.病院情報データベースを用いた
有害事象発現頻度の比較
堀 雄史
3.医療情報データベースを用いた
副作用検出アルゴリズムの構築
頭金正博
4.医療情報データベースを用いた
行政施策の評価
佐井君江
5.ナショナルデータベースを用いた
副作用のシグナル検出
細見光一
6.ナショナル・レセプト・データベースを用いた
医薬品使用実態研究
飯原なおみ
7.医薬品使用実態研究Drug Utilization Study:民間のデータベースを用いた
医薬品の使用動向に関する研究
漆原尚巳
8.医療情報データベースの活用に向けた
データのバリデーション
小出大介・杉山 昇・平松達雄・大江和彦
9.医療ビッグデータの活用への
期待と課題:製薬企業の立場から
兼山達也・青木事成・白ヶ沢智生・丹羽新平・宮崎 真
吉永卓成
連載・実務実習をより良くするために(20)
改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けて
阿刀田英子・伊東明彦・木津純子・須田晃治・平田收正
望月正隆
連載・クリニカル・パスと薬剤師(65)計画と実践のノウ・ハウ
セツキシマブ・パニツムマブ投与における副作用対策マネージメントパス
鈴木大介
連載・薬剤師による処方設計(47)
病棟薬剤師と栄養サポートチーム(NST)の連携による
静注用脂肪乳剤の適正使用への取り組み
菅原拓也・荒井浩一・小野 桂・五十嵐雅彦
連載・患者のQOL向上と薬剤師の関わりPART I.院内製剤(78)
院内製剤調製時における調製記録簿の電子化および
画像監査システム導入に向けて
大波芙実子・平岩知子
連載・副作用・薬物相互作用トレンドチェック
注目論文を読み解く(52)
佐藤宏樹・澤田康文
連載・医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報〈7〉
アコアラン®静注用600
塚本 仁
編集長VISITING(393)
「骨粗鬆症リエゾンサービス
骨折予防で健康長寿に寄与」
鳥取大学医学部保健学科教授 同大附属病院リハビリテーション部部長 萩野 浩氏
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
在宅薬学会「薬剤師の果たすべき使命,負うべき責任」
JAK阻害薬バリシチニブ,関節リウマチの関節損傷を有意に抑制――ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
資料・厚生労働省「使用上の注意改訂情報」 全文無料
(平成28年7月5日指示分)
資料・薬価基準新規収載薬一覧 全文無料
(平成28年6月28日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧 全文無料
(平成28年6月29日)
9月号特集内容予告 全文無料
特集・Onco-nephrology~腫瘍学と腎臓病学の融合~
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ