トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年

2004年 年間総目次
連載別索引

■2004年12月号(Vol.40 No.12)
特集 実践! NST(栄養サポートチーム)
■2004年11月号(Vol.40 No.11)
特集 吸入薬の使い分け
■2004年10月号(Vol.40 No.10)
特集 インスリン製剤の意義と使い分け
■2004年9月号(Vol.40 No.9)
特集 薬剤疫学の今後の展望~医薬品適正使用を根付かせるために~
■2004年8月号(Vol.40 No.8)
特集 これからのOTC薬
■2004年7月号(Vol.40 No.7)
特集1 適応外医薬品を考える
特集2 シクロスポリンの作用
■2004年6月号(Vol.40 No.6)
特集 米国の薬剤師教育と6年制教育を考える
■2004年5月号(Vol.40 No.5)
特集 PET(positron emission tomography)~ここまでわかる画像診断~
■2004年4月号(Vol.40 No.4)
特集 進化!深化!新化!?“クリニカルパス”
■2004年3月号(Vol.40 No.3)
特集 わが国における性感染症と薬物療法
■2004年2月号(Vol.40 No.2)
特集 結核の現状と薬物療法
■2004年1月号(Vol.40 No.1)
特集 薬剤副作用としてのパーキンソニズム
■新薬展望2004 (Vol.40 S-1)
■2004年 臨時増刊号(Vol.40 )
Medical Front Line
DDSが切り拓く新しい薬物治療
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年

医薬ジャーナル 2004年総目次



医薬ジャーナル 2004年1月号(Vol.40 No.1)



医薬ジャーナル論壇
紛らわしい医薬品は名称変更せよ
-医療現場の努力だけでは限界-
 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【52】
リシノール酸による接触皮膚炎
久米井晃子
EBMと統計学の役割~医療情報を読み解くための必須知識~
浜田知久馬
特集 薬剤副作用としてのパーキンソニズム
〔企画編集協力・前都立神経病院・院長 平井俊策〕

1.薬剤性パーキンソニズムとパーキンソン病~総論的に~
森 秀生・水野美邦
2.各種薬剤の副作用としてのパーキンソニズム~その成因,特徴ならびに対応~
1)フェノチアジン系抗精神病薬
中塚晶子・野元正弘
2.各種薬剤の副作用としてのパーキンソニズム~その成因,特徴ならびに対応~
2)ブチロフェノン系抗精神病薬
山本光利・氏家 寛
2.各種薬剤の副作用としてのパーキンソニズム~その成因,特徴ならびに対応~
3)ベンズアミド系抗精神病薬~胃腸機能調整薬,制吐薬
長谷川一子
2.各種薬剤の副作用としてのパーキンソニズム~その成因,特徴ならびに対応~
4)その他の抗精神病薬~非定型抗精神病薬~
村田美穂
2.各種薬剤の副作用としてのパーキンソニズム~その成因,特徴ならびに対応~
5)カルシウム拮抗薬
内藤 寛・葛原茂樹
2.各種薬剤の副作用としてのパーキンソニズム~その成因,特徴ならびに対応~
6)中枢・末梢性交感神経抑制型降圧薬(レセルピン,メチルドパ)
山本悌司
2.各種薬剤の副作用としてのパーキンソニズム~その成因,特徴ならびに対応~
7)服薬指導のポイントと処方支援
吉尾 隆
3.実験的パーキンソニズムに使われる薬剤
~MPTP,6-ヒドロキシドパミンならびにロテノン~
浅沼幹人・宮崎育子・小川紀雄
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(22)
医療ミス防止のための小児薬用量チェックシステムの構築
西牟田春香・児玉裕克・村上秀康・田島憲文・森木 武
大谷壽一・澤田康文
新連載 薬剤師による処方支援 (1)
遺伝子診断による副作用回避
平塚真弘・岸川幸生・水柿道直
連載 薬と食の相互作用 (52)
I.薬と食・嗜好品の出会いで起こる有害作用
1.食・嗜好品が薬を毒にする
j)薬と塩
澤田康文・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I .院内製剤(29)
アセトアミノフェンの苦味抑制を目的とした経口製剤の検討
大西 啓・町田良治
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (27)
災害医療に備えたデータベース作成
大井一弥・合澤啓二・福永栄子・入江徹美
連載 続・薬学的管理の実践的記録(1)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
泌尿器科領域- I 〈周術期編〉
村井 扶・岡本禎晃・上島悦子・黒川信夫
医薬品情報室
平成15年度 中 国・四 国 薬 学 会 報 告
高杉益充
編集長VISITING(242)
新たな「かかりつけ薬剤師像」に向けて
~経済優先の医薬品規制緩和に断固反対~
社団法人日本薬剤師会会長 中西敏夫
ほん (153) 全文無料
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
処方エラー防止へ全力傾注:“要注意医薬品類”4項目を会員へ通知,「緊急実態調査」も実施し,オーダリング安全性向上図る-日本病院薬剤師会リスクマネジメント特別委員会──ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
新 薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成15年11月26日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成15年12月12日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧(平成15年11月14日,12月12日)
次号特集内容予告
 特集・結核の現状と薬物療法



医薬ジャーナル 2004年2月号(Vol.40 No.2)



医薬ジャーナル論壇
SARS,医療従事者自身の感染リスクと責任
― 自己防御自体が医療行為であるという二面性 ―
 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【53】
パラジウムによる接触皮膚炎
松尾閑乃
特集 結核の現状と薬物療法
〔企画編集協力・久留米大学名誉教授/如水会最高顧問,今村病院回復期リハビリ病棟・医長  大泉耕太郎〕

1.序に代えて
大泉耕太郎
2.抗酸菌の細菌学~分類学をめぐる最近の話題~
斎藤 肇
3.結核の免疫学
河村伊久雄・光山正雄
4.ツベルクリン反応とこれからの結核感染診断
重藤えり子
5.分子疫学
御手洗聡
6.結核の化学療法
倉澤卓也
7.直接監視下での短期化学療法(DOTS)
和田雅子
8.高齢者結核
鈴木克洋・坂谷光則
9.集団発生~BCG接種の意義も含めて~
末安禎子・力丸 徹
10.易感染者への対応~予防内服を含めて~
山岸文雄
11.開発途上国における問題点 ~特にエイズ合併結核の問題について~
木村京子・野内英樹
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(23)
化学療法プロトコールチェックの効果的運用
松本啓一・越田 晃・吉田眞紀子
連載 薬剤師による処方支援 (2)
患者遺伝情報を考慮した医薬品適正使用への試み
高根 浩・四方絵理子・小出智子・家入一郎・大坪健司
連載 薬と食の相互作用 (53)
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗
2.薬の小腸吸収低下から薬理効果がダウン
g)薬と食物繊維
澤田康文・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(39)
内服薬の剤形と嚥下の問題~臨床への応用を目指して~
笠師久美子・和田育男・鄭漢忠・原田幸子・宮崎勝巳
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (28)
質と静注用脂肪乳剤 ~概要と有用性~
大井一弥・伊藤由紀
連載 続・薬学的管理の実践的記録(2)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
泌尿器科領域- II 〈腎細胞癌編〉
村井 扶・岡本禎晃・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン(11)
シェーグレン雑感
倉田典之
リレー連載 不妊症侮り難し (11)
腹水濾過濃縮還流法事始め
深谷孝夫
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例-210)
高杉益充
編集長VISITING(243)
「創薬科学」「基礎・臨床調和」の地球的展開
~京都・第2回世界薬学会議(PSWC2004)へのいざない~
京都大学大学院薬学研究科長/薬学部長・教授 橋田 充
ほん (154)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
医薬産業政策研究所「特別メディアフォーラム」:「失われた10年」で進む製薬企業の二極化,審査期間短縮に「審査センター」設立奏功-日本製薬工業協会医薬産業政策研究所──ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬局・「使用上の注意改訂情報」(平成16年1月7日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成15年12月25日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧(平成15年12月25日)
次号特集内容予告
 特集・わが国における性感染症と薬物療法



医薬ジャーナル 2004年3月号(Vol.40 No.3)



医薬ジャーナル論壇
臨床研究から患者適用へ,翻訳とギャップ
-外部根拠と医療現場の実際-
 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【54】
キクによる接触皮膚炎
高橋さなみ・相原道子・池澤善郎
薬物療法の性差とEBM
根岸悦子・上野光一
特集 わが国における性感染症と薬物療法
〔企画編集協力・札幌医科大学医学部泌尿器科学・教授 塚本泰司〕

1.わが国の性感染症の現状
松川雅則
2.HIV感染症/AIDSに対する薬物療法
白阪琢磨
3.性器クラミジア感染症(男性)に対する薬物療法
髙橋 聡
4.性器クラミジア感染症(女性)に対する薬物療法
野口昌良
5.淋菌感染症に対する薬物療法
遠藤勝久・小野寺昭一
6.性器ヘルペス感染症に対する薬物療法
作間俊治
7.HPVワクチン開発の現状と展望
井上正樹
臨床研究
透析患者の皮膚掻痒症に対する塩酸フェキソフェナジンの効果
金 成洙・赤松浩彦・廣瀬 悟・四宮敏彦・下山博身
喘息患者における吸入ステロイド薬の使用実態調査
藤本康嗣・井上順博・後藤充良・関根寿一・桑原比呂世
薬学研究
テオフィリン徐放性ドライシロップ製剤の溶出挙動比較
小林大介・森本雍憲
連載 スクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(24)
医療安全対策へのRCAの導入と薬剤科の取り組み
~インシデントレポートの活用~
鈴木佳寿子・金内幸子・高橋由紀・鈴村麻衣子・大山由紀子
柳川達生
連載 薬剤師による処方支援 (3)
薬剤師にできる処方支援法 ~病棟活動とデータベースの活用~
菅原 満・宮崎勝巳
連載 薬と食の相互作用 (54)
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗
3.食が薬の作用部位での働きを減弱させる
a)薬と高蛋白食(アミノ酸)
澤田康文・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I.院内製剤(30)
シクロスポリン点眼液の安定性および有用性
簏幸市朗・国分秀也・松原肇・佐川賢一・矢後和夫
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(40)
糖尿病患者のための「薬の外来」を開設して
須藤美惠子・佐藤 宏・栗林友子・片野寛子・渡辺七朗
八幡和明
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (29)
朝食を抜くことの多い患者 “薬は飲んだ方がいいですか?”
伊藤由紀・大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(3)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
泌尿器科領域- III 〈膀胱悪性腫瘍編〉
村井 扶・岡本禎晃・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン(12)
口腔乾燥症 ~塩酸セビメリンと抗うつ剤とのファーマコダイナミクスに基づく相互作用~
西牟田春香・辻本雅之・大谷壽一・澤田康文
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例-211)
高杉益充
編集長VISITING(244)
IT時代の薬薬連携
~「情報共有化」の現状と課題~
東日本電信電話(NTT東日本)関東病院薬剤部長 折井孝男
ほん (155)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
抗リウマチ薬レフルノミド:間質性肺炎による死亡5例報告,医療機関に対し緊急対応を要請──ほか
メディカルトレンド 姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年1月30日指示分) 全文無料
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年2月18日指示分) 全文無料
次号特集内容予告
 特集・進化!深化!新化!?“クリニカルパス”



医薬ジャーナル 2004年4月号(Vol.40 No.4)



医薬ジャーナル論壇
クリニカルパス,「技術」と「文化」両面からの検証
-「薬剤師,病院を変えよう」「パスを科学する」-
 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【55】
ラビットマフラーによる接触皮膚炎
山川有子・三谷直子・相原道子・池澤善郎
PK/PDに基づく抗菌薬適正使用のあり方
森田邦彦
特集 進化!深化!新化!?“クリニカルパス”
〔企画編集協力・新潟大学教授/医歯学総合病院薬剤部長 佐藤 博〕

1.薬剤師,病院を変えよう 1)薬剤管理指導業務
~バリアンス分析による「服薬指導クリニカルパス」作成とその使用効果~
奥村知香・伊藤あい子・古橋恵美・大貫よし子
1.薬剤師,病院を変えよう 2)国際標準化機構(ISO)
~薬剤部ISO承認取得について~
藤田祥子・小原信一・菅原和信
1.薬剤師,病院を変えよう 3)医療連携
~病院間における薬学的患者情報の共有化~
岩﨑倫子・村山和子・高田 恵・北澤文章・瀧 紹代
鎌田智泉・芝山宏・安部敏生・上田久美・杉井彦文
1.薬剤師,病院を変えよう 4)薬剤経済
~クリニカルパスによる予防的抗菌薬投与の見直し~
前島和俊
1.薬剤師,病院を変えよう 5)チーム医療
~クリティカルパスによるチーム医療推進への薬剤科の参画~
中川義浩・鶴﨑泰史・白木善孝
2.パスを科学する 1)医療ケアの質向上
~標準としてのクリニカルパス~
棟近雅彦
2.パスを科学する 2)IT:電子カルテ
今田光一
2.パスを科学する 3)医療環境・病院組織
~パスで病院が変わるか?~
阿部俊子
2.パスを科学する 4)診療記録
~チームで共有するパス記録の効率化~
舩田千秋・岡崎愛子・青儀健二郎・河村 進・坂本 聡
2.パスを科学する 5)病院管理学から見たクリニカルパス
~経営管理,特に収支管理の視点から~
白髪昌世
薬学研究
MTTアッセイ法による免疫抑制薬感受性試験の臨床的意義
~腎移植の経験から~
杉山健太郎・佐藤博・齋藤和英・高橋公太・平野俊彦
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(25)
FMEA(失敗モード影響分析法)を用いた誤薬予防システムの検討
山本 真
連載 薬剤師による処方支援 (4)
薬物相互作用の回避における薬剤師の貢献
大谷壽一・澤田康文
連載 薬と食の相互作用 (55)
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗
4.薬がビタミンの作用を無効にする
a)薬とビタミンK含有の食・嗜好品・健康食品
澤田康文・佐田宏子・江頭あゆ子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(41)
「いてくれてよかった」と患者に思われる病棟薬剤師とは
新行内健一・星野和彦・都築はる奈・宮前香子・柳橋秀行
関里美・原 敬
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (30)
肝硬変患者への栄養治療
~肝不全用経口栄養剤の投与方法~
三宅知宏・大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(4)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
泌尿器科領域- IV 〈腎盂・尿管悪性腫瘍,精巣腫瘍編〉
村井扶・岡本禎晃・上島悦子・黒川信夫
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例-212)
高杉益充
編集長VISITING(245)
癌専門薬剤師はなぜ必要か
~時代が求める理由と課題~
国立がんセンター中央病院薬剤部長 國枝 卓
ほん (156)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
早期集中治療が回復のポイント,“Stroke Unit”の定義や基盤整備急務,第2回ブレインアタックメディアワークショップ/第33回日本慢性疼痛学会シンポジウム「慢性疼痛におけるチーム医療」,慢性疼痛への各科連携の現状報告──ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・緊急安全性情報(厚生労働省医薬食品局安全対策課)(平成16年3月5日指示分) 全文無料
次号特集内容予告
 特集・PET(positron emission tomography)~ここまでわかる画像診断~



医薬ジャーナル 2004年5月号(Vol.40 No.5)



医薬ジャーナル論壇
プロカルシトニン試験と抗菌薬使用抑制 -投与すべきか,すべきでないか- 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害 【56】
各論 49.ニッケルによるアレルギー性接触皮膚炎
東 禹彦
薬物トランスポーター群の分子機構を用いた創薬
辻 彰
■<薬学教育6年制とこれからの展望> 薬学教育6年制の課題
石井甲一
特集 PET(positron emission tomography)~ここまでわかる画像診断~
〔企画編集協力・福井大学高エネルギー医学研究センター分子イメージング部門・教授 藤林靖久〕

序論にかえて
藤林靖久
1.PETの基礎
小川美香子
2.PETと脳血流
岡沢秀彦
3.PETとレセプター ~脳と心筋のレセプター機能解析~
久下裕司・玉木長良・佐治英郎
4.PETの循環器疾患への応用
森田浩一・玉木長良
5.FDG-PETによる腫瘍検診
井出 満
6.PETによる腫瘍治療評価
鈴木晶子・井上登美夫
7.医薬品開発におけるPET利用
塚田秀夫
臨床ノート
クラミジア・トラコマティス子宮頸管炎と咽頭炎に対する治療後陰転化率の検討
保科眞二
市販静注用プロスタグランジンE1製剤(リポPGE1)の配合変化
渡辺泰夫・高橋哲子・山口哲夫・小路 稔・伊藤修正
古市昌生
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(26)
不適切な処方を防ぐための処方オーダリングシステムの構築
清水宏恵・百瀬泰行・石井文子・前澤佳代子・丸山順也
廣澤伊織・冲中厚介・坂野可奈・木村優美・旭満里子
大森 栄
連載 薬剤師による処方支援 (5)
成人間生体肝移植術後外来における薬剤師による処方支援
~術後内科領域における処方薬剤について~
加藤 仁・佐藤博・市田隆文
連載 薬と食の相互作用56
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗
4.薬がビタミンの作用を無効にする b)薬とビタミンB12含有の食・嗜好品・健康
澤田康文・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(42)
外来がん化学療法における専任薬剤師の役割
~患者への服薬指導に向けて~
石丸博雅・井上忠夫
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (31)
NST(Nutrition Support Team)における薬剤師の役割
~チーム医療の中での専門性~
佐久間隆幸・大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(5)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
泌尿器科領域- V 〈前立腺疾患編〉
村井 扶・岡本禎晃・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン(13)
シェーグレン症候群に伴う口腔乾燥症に対する塩酸セビメリン(サリグレン®カプセル)の使用方法
~特に口腔リンス法について~
中村誠司
医薬品情報室
目に障害を及ぼす薬剤(その67) (2003年)
高杉益充
編集長VISITING(246)
薬剤経済学とは何か ~薬剤師のもうひとつのフロンティア~
聖路加国際病院薬剤部長 井上忠夫
ほん157
佐藤武男
メディカルトレンド 学会 ニュース・トピックス
「薬学」は「臨床学」,教育現場での連携の強化を―日本薬学会第124年会/顎関節症全国調査,男女で有意差判明―日本顎咬合学会――ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年4月1日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成16年4月2日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧(平成16年4月2日)
次号特集内容予告
 特集・米国の薬剤師教育と6年制教育を考える



医薬ジャーナル 2004年6月号(Vol.40 No.6)



医薬ジャーナル論壇
第IV相試験(市販後臨床試験)を考える!! 全文無料
政田幹夫
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害 【57】
p-tert-butylphenol formaldehyde resinによるアレルギー性接触皮膚炎
鹿庭正昭
医師主導型治験の問題点
畝川芳彦・新海 哲
特集 米国の薬剤師教育と6年制教育を考える

1.フロリダ大学に学んで
錦織淳美
2.フロリダ大学Pharm.D.3年在学中の視点から
大野真理子
3.テネシー大学の学生として
上塚朋子
4.ミシシッピ大学における6カ月臨床研修を受けて
賀川義之
5.アリゾナ大学に学んで
長田孝司
6.米国における薬剤師教育
早勢伸正・松原和夫
7.米国薬剤師教育と日本における6年制教育を考える(1)
松山賢治
8.米国薬剤師教育と日本における6年制教育を考える(2)
稲垣員洋
アセトアミノフェン服用による肝障害と代謝酵素CYP2E1およびGSTM1の遺伝子多型
坂爪重明・内藤笑美子・福田祐明・出羽厚二・山内春夫
佐藤 博
連載 薬剤師による処方支援 (6)
注射薬処方監査に必要な輸液関連情報
東海林徹・仲川義人
連載 薬と食の相互作用 (57)
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗 4.薬がビタミンの作用を無効にする c)薬とビタミンD含有の食・嗜好品・健康食品・栄養剤
澤田康文・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I.院内製剤(31)
リファンピシン坐剤の直腸吸収改善を目的とした製剤学的検討
芝田信人
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(43)
高齢者の多発性骨髄腫への標準ケア計画導入とその成果
城田幹生・早川不二子・向井峰代・大田雅嗣・森眞由美
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (32)
術後感染予防抗菌薬の適正使用に向けての取り組み
~薬剤管理指導業務の質の向上を目指して~
町田聖治・増田和久・大井一弥
連載 続 薬学的管理の実践的記録(6)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
泌尿器科領域- VI 〈腎移植編〉
村井扶・岡本禎晃・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン(14)
シェーグレン症候群の歴史と疾患概念の確立
菅井 進
リレー連載 不妊症侮り難し・12
SLE治療後の不妊症
野崎雅裕
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例-213)
高杉益充
編集長VISITING(247)
薬学6年制と実務実習の課題
~教育は病院全体で~
東京医科大学病院薬剤部長 明石貴雄
ほん (158)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
高血圧臨床医,“エビデンス”と“患者個人”両立のジレンマ~「循環器フォーラム2004」/HPS試験サブ解析,「シンバスタチン」脳卒中を抑制~Lancet誌――ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年5月12日指示分) 全文無料
薬剤関連略語
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成16年4月23日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧(平成16年4月23日)
次号特集内容予告
 特集1・適応外医薬品を考える
 特集2・シクロスポリンの作用~解明された多様性~



医薬ジャーナル 2004年7月号(Vol.40 No.7)



医薬ジャーナル論壇
◆スタチンOTC化の行方-英国で世界初の一般薬シンバスタチン-
◆米国のパキシル告訴事件が提起するもの-EBMと出版バイアス-
 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害 【58】
ロジン(コロフォニー)およびその誘導体によるアレルギー性接触皮膚炎
中川幹雄・河合敬一
抗がん剤適応拡大の功罪
藤原 豊・西條長宏
<第2回世界薬学会議を主催して> 創薬科学の地球的展開
本多利雄
特集1 適応外医薬品を考える

1.医薬品の適応外使用とは ~1995年から何が研究され,何が変わったか~
辻 香織・津谷喜一郎
2.臨床薬理学の立場から
内田直樹・内田英二
3.薬剤部の立場から
二神幸次郎・五味田裕
4.医師の立場から 1)診療科全般にわたっての問題点
梶尾 裕・工藤宏一郎
4.医師の立場から 2)がん治療薬を中心に
藤原康弘
4.医師の立場から 3)小児科領域を中心に
大西鐘壽
5.製薬企業の立場から
魚井 徹
6.適応外使用医薬品データベースの運用とその利用状況
鈴木潤三・海保房夫・山口稽子
7.行政の立場から ~適応外使用に関する諸問題について~
佐藤大作
特集2 シクロスポリンの作用~解明された多様性~
〔企画編集協力・東京農工大学大学院共生科学技術研究部生命農学部門教授・高橋信弘〕

1.総 論 ~シクロスポリンのシクロフィリンに対する作用~
高橋信弘
2.シクロスポリンのHCV増殖抑制作用
渡士幸一・下遠野邦忠
3.膵β細胞に対するシクロスポリンの作用
佐藤哲彦・打田和治
4.ケラチノサイトに対するシクロスポリンの作用
三井 広・島田眞路
5.マスト細胞に対するシクロスポリンの作用
田中あかね・松田浩珍
6.ミトコンドリア膜透過性に対するシクロスポリンの作用
芝崎 太・内野博之
7.P-糖蛋白質に対するシクロスポリンの作用 ~薬剤抵抗性の克服~
田中良哉・辻村静代
8.遺伝子改変モデル動物で誘導される新たな慢性アレルギー炎症反応に対するシクロスポリンの作用
烏山 一
9.MMPに対するシクロスポリンの作用
田中良哉
10.シクロスポリンとp38 MAPK・JNKの制御
宮川義隆
片頭痛治療薬 ~トリプタン系薬剤と剤形の変遷~
荒木博陽
薬学研究
塩酸ドブタミン注射剤(ドブトレックス®)の配合変化試験
佐藤健太郎
連載 クリニカル・パスと薬剤師(17) 計画と実践のノウ・ハウ
短期入院患者のクリニカル・パスへお薬相談室を利用した服薬指導の取り組み
廣井順子
連載 薬剤師による処方支援 (7)
高齢者の転倒・転落事故回避対策 ~睡眠導入剤の処方設計支援~
角田昌彦・江川 孝・山内淳史・下村征治・石橋静香
平川雅章・片岡泰文
連載 薬と食の相互作用 (58)
II .薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗
4.薬がビタミンの作用を無効にする d)薬とコエンザイムQ10含有の食・嗜好品・健康食品・栄養剤
澤田康文・三木晶子・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II .服薬指導と病棟活動(44)
階層化添付文書情報(e 添付文書)による医薬品適正使用の推進
山﨑静香・椎名宏吉・谷川原祐介
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (33)
ジクロフェナクナトリウム坐薬による血圧低下
伊藤由紀・大井一弥
連載 続 ・ 薬学的管理の実践的記録(7)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
循環器内科領域- I 〈虚血性心疾患編1〉
西田裕子・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン (15)
シェーグレン症候群発見の糸口となる血清所見
宮脇昌二
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例―214)
高杉益充
編集長VISITING(248)
医薬分業の原点は「かかりつけ薬局」
~“全ての薬を扱う”のが薬剤師の本分~
大阪府薬剤師会会長/日本薬剤師会副会長 児玉 孝
ほん (159)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
◆「VALUE試験」心保護作用はCa薬,AII薬で同等
◆COPD“エア・トラッピング”にチオトロピウム奏効――ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年6月16日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成16年6月18日)
次号特集内容予告
 特集・これからのOTC薬



医薬ジャーナル 2004年8月号(Vol.40 No.8)



医薬ジャーナル論壇
改革の償うべき未来とは?!
-国立大学法人化と大学病院を取り巻く医療改革-
 全文無料
佐藤 博
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【59】
マーキングペンによるアレルギー性接触皮膚炎
中川幹雄・河合敬一・鹿庭正明
全般性不安障害の症状とその実態
髙塩 理・上島国利
■<薬学教育6年制とこれからの展望>
世界に誇れる薬学教育の構築を目指して
富田基郎
特集 これからのOTC薬
〔企画編集協力・新潟薬科大学・学長 山崎幹夫〕

1.総 論
山崎幹夫
2.OTC薬販売において薬剤師の果たすべき職務
武政文彦
3.OTC薬情報をどう生活者に伝えるか
上村直樹
4.OTC薬をめぐる法規制
手島邦和・西沢元仁
5.OTC薬の世界事情
本島玲子
6.OTC薬の副作用
泉澤 恵・海老原格
7.OTC薬の製造から販売まで
室伏義之
8.OTC薬の適正使用
中島恵美
DRG-PPSと抗菌薬療法
野口一重
薬学研究
エネルギー分散型蛍光X線分析法による血清中総臭素の迅速定量
田中裕子・中嶋真理子・藤沢真奈美・堀 寧・小田 明
勝山新一郎
臨床研究
吸入ステロイド薬の選択に関する考察
宮川武彦
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(27)
リスクマネジメントを視野に入れた「混注センター」の開設
笠原直邦・須野 学・山下恭範・原千恵子・大滝康一
粟屋敏雄・千葉薫・松原和夫
連載 クリニカル・パスと薬剤師(18) 計画と実践のノウ・ハウ
処方箋を利用した薬剤師のクリニカル・パスへの関わり
~心臓血管外科・循環器科~
中村久美
連載 薬剤師による処方支援 (8)
集中治療領域における薬剤師の処方支援
~血液浄化療法施行時の輸液処方設計への関与~
阿部真治・小澤祐一・鳥井真由美・下岡幸恵・芳地 一
水口和生
連載 薬と食の相互作用 (59)
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗
4.薬がビタミンの作用を無効にする e)薬と葉酸含有の食・嗜好品・健康食品・栄養剤
澤田康文・児玉裕克・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I.院内製剤(32)
口内炎の疼痛管理を目的とした新規インドメタシンスプレーの調製と薬剤学的検討
鈴木久美子・柳原良次・青山隆夫・鈴木洋史・伊賀立二
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (34)
ビオラクチスRの薬理 ~感染予防効果~
大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(8)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
循環器内科領域-II 〈虚血性心疾患編2〉
西田裕子・上島悦子・黒川信夫
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例―215)
高杉益充
編集長VISITING(249)
癌患者のうつ病治療は医療側の“語りかけ”から
~サイコオンコロジストの提言~
国立がんセンター研究所支所精神腫瘍学研究部部長 内富庸介
ほん (160)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
◆日本うつ病学会発足,「心の風邪」は“万病のもと”
◆LIFEサブ解析,“糖尿病合併高血圧”にロサルタン著効――ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成16年6月25日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧(平成16年6月25日)
次号特集内容予告
 特集・薬剤疫学の今後の展望~医薬品適正使用を根付かせるために~



医薬ジャーナル 2004年9月号(Vol.40 No.9)



医薬ジャーナル論壇
「うっかりドーピング」と薬剤師の新職能 ― 国際舞台では遺伝子悪用への懸念 ― 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【60】
育毛剤による接触皮膚炎
乾 重樹
バクテリオファージ療法の可能性と課題
松﨑茂展・RashelMohammad・氏原隆子・明智和愛・今井章介
特集 薬剤疫学の今後の展望~医薬品適正使用を根付かせるために~

1.薬剤疫学とは
楠 正
2.薬学教育と薬剤疫学
北澤式文
3.医薬品適正使用と薬剤疫学
池田俊也・小林美亜
4.医療情報学と薬剤疫学
熊本一朗
5.医師と薬剤疫学
別府宏圀
6.薬剤師と薬剤疫学
~病院情報システムに蓄積された薬剤データの薬剤疫学的手法を利用した医薬品適正使用研究~
後藤伸之・政田幹夫・折井孝男
7.行政における薬剤疫学
岡本悦司
8.企業における薬剤疫学
高橋千代美
9.薬剤疫学発展のために ~診療ガイドラインの向上を通して~
中山健夫
「外来化学療法センター」開設に伴う薬剤部ミキシング業務
濱 宏仁・平畠正樹・田村昌三・山本健児・岩森繁夫
喜田勝也
臨床研究
片頭痛患者の受診実態とプライマリーケアにおける片頭痛診断の現状
立岡良久
連載 クリニカル・パスと薬剤師(19) 計画と実践のノウ・ハウ
入院時初期評価とNSTパスの稼動状況とその解析
田中麻紀・東口高志・大川 光
連載 薬剤師による処方支援 (9)
てんかん治療に対する薬剤師による処方支援
上島悦子
連載 薬と食の相互作用 (60)
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗
3.食が薬の作用部位での働きを減弱させる b)薬とコエンザイムQ10
澤田康文・三木晶子・佐田宏子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I.院内製剤(33)
高カロリー輸液施行患者における無菌調製業務の現状
加藤勝義・杉浦伸一・鍋島俊隆
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(45)
摂食・嚥下アプローチマニュアルの作成
~医療スタッフに向けた情報提供~
山田史江・大曽根賢一・加藤 誠
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (35)
臨床検査値の捉え方
~筋萎縮性側索硬化症患者を一例として~
加藤隆児・片山歳也・大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(9)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
循環器内科領域-III 〈心不全編〉
西田裕子・上島悦子・黒川信夫
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例―216)
高杉益充
編集長VISITING(250)
京都から発信する「薬剤師はひとつ」
~府薬・府病薬会長を兼任して~
京都大学医学部附属病院教授・薬剤部長        
京都府薬剤師会・京都府病院薬剤師会会長 乾 賢一
ほん (161)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
◆メタボリック症候群,もう1つの鍵“高尿酸血症”
◆閉経後の高骨代謝回転「リセドロネート」が抑制――ほか
メディカルトレンド 姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年7月21日指示分) 全文無料
次号特集内容予告
 特集・インスリン製剤の意義と使い分け



医薬ジャーナル 2004年10月号(Vol.40 No.10)



医薬ジャーナル論壇
薬の適正使用のためのベネフィットとリスク 全文無料
佐々木均
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【61】
ケトプロフェン(ketoprofen):
モーラス®テープに含まれたketoprofenによる光接触皮膚炎
末吉富美子・片山一朗
胃潰瘍診療ガイドラインの問題点
荒川哲男
■<薬学教育6年制とこれからの展望>
医学教育の変革と薬学における臨床薬学教育の重要性
江戸清人・伊藤陽子・鳥羽 衛
特集 インスリン製剤の意義と使い分け

1.序にかえて ~インスリン療法の革新を~
河盛隆造
2.インスリン製剤の種類と特徴
中村敏明・政田幹夫
3.インスリン自己注射のポイント
朝倉俊成・清野弘明・井上正広
4.小児と1型糖尿病のインスリン療法
内潟安子
5.2型糖尿病のインスリン療法
阪本要一・齊藤礼郎
6.合併症を伴う場合のインスリン療法
濱本純子・加来浩平
7.インスリン自己注射患者の心理と療養指導
石井 均
8.まとめ ~インスリン療法の将来展望~
岡﨑由希子・門脇 孝
Microsoft AccessRを用いた化学療法剤の調製ラベル・監査情報システム
山本健児・濱 宏仁・平畠正樹・喜田勝也
臨床研究
尋常性乾癬に対する高濃度活性型ビタミンD3外用療法における塩酸エピナスチン内服の併用効果
安部正敏・長谷川道子・石渕裕久・周東朋子・横山洋子
石川 治
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(28)
九州大学病院薬剤部におけるリスクマネジメント
古賀友一郎・千堂年昭・吉川 学・伊藤善規・大石了三
連載 クリニカル・パスと薬剤師(20) 計画と実践のノウ・ハウ
脳梗塞Aパス(軽症型脳梗塞パス)へのEBM導入の試み
水上峰宏・小林康孝
連載 薬剤師による処方支援 (10)
骨粗鬆症治療における薬剤師の役割
~ビスフォスフォネート製剤の服用継続に向けて~
松本 浩・坂下裕子・柳川忠二
連載 薬と食の相互作用 (61)
III.薬と食事の相性
1.アセトアミノフェンと食事
澤田康文・佐田宏子・大谷壽一
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (36)
ニューキノロン系抗菌薬と非ステロイド系消炎鎮痛薬との併用
~けいれん誘発の危険性~
伊藤由紀・大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(10)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
循環器内科領域-IV 〈不整脈編〉
西田裕子・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン (16)
ミクリッツ病とシェーグレン症候群
山本元久・小原美琴子・鈴木知佐子・高橋裕樹・今井浩三
リレー連載 不妊症侮り難し (13)
なぜ不妊か? ~謙虚に考え,患者様と共に~
吉田 淳
医薬品情報室
目に障害を及ぼす薬剤(その68) (2003~2004年)
高杉益充
編集長VISITING(251)
喘息ガイドライン(JGL2003)改訂のポイント
~予防重視とテオフィリン評価における海外差~
帝京大学医学部内科学講座呼吸器アレルギー学教授 大田 健
ほん (162)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
◆ゲフィチニブ「市販後特別調査」結果
◆バルサルタン“NAVIGATOR”のデータ初公開――ほか
メディカルトレンド 姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年8月25日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成16年9月7日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧(平成16年6月25日,9月7日)
次号特集内容予告
 特集1・吸入薬の使い分け
 特集2・抗ウイルス剤による治療法と問題点



医薬ジャーナル 2004年11月号(Vol.40 No.11)



医薬ジャーナル論壇
小児インフルエンザ脳症と解熱剤 ― 家庭内坐薬に油断するな ― 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【62】
イプシロンアミノカプロン酸による接触皮膚炎の1例
鶴田京子・松永佳世子
特集1 吸入薬の使い分け

1.総論:吸入薬の意義と歴史   
~吸入薬を上手に使えるかどうかで,呼吸器専門医かどうかが問われる~
福島健泰
2.成人の吸入療法   ~特に高齢者の吸入について~
藤村直樹
3.小児科領域の吸入療法
野々村和男
4.吸入薬の種類と特徴
塚本 仁・中村敏明・脇屋義文・政田幹夫
5.吸入薬の服薬指導
長谷川雅哉・鍋島俊隆
特集2 抗ウイルス剤による治療法と問題点

1.インフルエンザ
池松秀之
2.ヘルペスウイルス
白木公康・鈴木美輝子
3.肝炎に対する抗ウイルス剤のup-date
嶋田裕慈・市田隆文
4.ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
中村哲也
5.ウイルス感染とファーマシューティカルケア
長岡宏一・宮河哲夫
6.抗ウイルス剤と服薬指導   ~C型慢性肝炎を中心に~
佐伯英康・濱田哲暢・内田美紗子・齋藤秀之・井上長三
木下 昇
薬学研究
抗癌剤作用機序マップの作成<代謝拮抗薬編>
古謝悦子・浅田梨耶・小栗さやか・勝野晋哉・岩田智樹
浅沼利行・横田学・伊東亜紀雄・梅村雅之
臨床研究
瘢痕部の痒痒に対して塩酸エピナスチンシロップが
有用であった栄養障害型表皮水疱症の1例
芝木晃彦
塩酸ラロキシフェン(エビスタR)の腰椎に対する作用:
アルファカルシドール同時併用の有用性
東佐由美・白石綾子・早川直彦・久保田直樹
連載 クリニカル・パスと薬剤師(21) 計画と実践のノウ・ハウ
クリニカル・パスにおける薬剤適正使用への検討
渡部義和
連載 薬剤師による処方支援 (11)
オーダリングシステムを活用した薬剤師による処方支援
樋口則英・一川暢宏・佐々木均
連載 薬と食の相互作用 (62)
III.薬と食事の相性  
2.ナテグリニドと食事
澤田康文・佐田宏子・大谷壽一
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (37)
心臓血管外科病棟での薬剤管理指導業務  
~弁膜症とジギタリス製剤~
町田聖治・増田和久・大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(11)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
全身性エリテマトーデス
松井浩子・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン (17)
原発性シェーグレン症候群におけるセビメリンの 唾液分泌能とQOLの改善
伊藤 聡・下条文武・住田孝之
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例―217)
高杉益充
編集長VISITING(252)
学会主導で「臨床腫瘍医」制度確立
~第1期生誕生は“2006年4月”~
国立がんセンター東病院副院長 西條長宏
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
◆日本医療薬学会「実務実習」シンポで“薬・薬・学連携”
◆日本高血圧学会「JSH2004」発表――ほか
メディカルトレンド 姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年9月29日指示分) 全文無料
次号特集内容予告
 特集・実践!NST(栄養サポートチーム)



医薬ジャーナル 2004年12月号(Vol.40 No.12)



医薬ジャーナル論壇
医療職の健康は守られているか? 全文無料
佐藤 博
グラフィック
連載 化学物質による皮膚障害【63】
Chemical Burn(化学熱傷)〈2〉
東 禹彦
医薬品医療機器総合機構の設立と新薬開発への期待
土井 脩
■<薬学教育6年制とこれからの展望>
薬学部6年制から見えるもの
上野光一
特集・実践! NST(栄養サポートチーム)
〔企画編集協力・藤田保健衛生大学医学部外科学緩和ケア講座教授 東口高志〕

1.序論にかえて  ~NSTの今日的意義~
東口髙志
2.NSTの立ち上げと運営システム
川口 恵・東口髙志・田中麻紀・中井りつ子・大川 光
3.NST活動の実際  1)栄養アセスメント
田中弥生
3.NST活動の実際  2)栄養管理法の選択
二村昭彦・谷口賢二・谷口靖樹・片岡 康
3.NST活動の実際  3)回診とミーティング
内藤 稔
4.NSTとチーム医療連携
岡田晋吾
5.NST導入の効果
丸山道生
6.NST活動継続の戦略
清水敦哉
座談会
小児喘息におけるβ刺激薬の適正使用
森川昭廣・足立雄一・末廣 豊・宇理須厚雄
薬学研究
セフメタゾールナトリウム注射用製剤
溶解時の色調の違いによる製剤の評価
大久保正
臨床研究
点数による自己評価で判定した遷延性咳嗽に対するトシル酸スプラタストの効果
太田和博
味覚センサによるアジスロマイシン水和物散(ジスロマック®細粒小児用)の苦味評価
辻絵里子・内田享弘
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(29)
病棟における注射薬投与に関するリスクマネジメント
~外科系HCUにおける常駐薬剤師の役割~
椿あづみ・本多秀俊・青山隆夫・平井優美・矢作直樹
中村 均・鈴木洋史
連載 薬と食の相互作用 (63)
III .薬と食事の相性  
3.クアゼパムと食事
澤田康文・三木晶子・佐田宏子・大谷壽一
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識 (38)
手術で注意すべきサプリメントと薬剤師の役割
丸山 徹・佐藤弘希・小田切優樹・大井一弥
連載 続・薬学的管理の実践的記録(12)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート- 放射線科領域
放射線科領域
岡本禎晃・上島悦子・黒川信夫
連載 乾燥症とシェーグレン (18)
線維筋痛症とシェーグレン症候群
浦野房三
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例―218)
高杉益充
編集長VISITING(253)
「胃潰瘍ガイドライン」防御因子増強薬に晴天の霹靂
~「内視鏡的治癒率」傾倒の落とし穴~
大阪市立大学大学院医学研究科消化器器官制御内科学教授       
同大医学部附属病院副院長 荒川哲男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
◆日本骨粗鬆症学会「骨代謝マーカーGL」シンポ開催
◆テルミサルタン,2型糖尿病性腎症に“長期腎保護作用”――ほか
メディカルトレンド 姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 (平成16年11月4日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成16年11月19日)
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧(平成16年11月19日)
次号特集内容予告
 特集・臨床に活かすPK/PD~薬物の体内動態と薬効・毒性~



医薬ジャーナル 新薬展望2004 (Vol.40 S-1)



新薬展望2004

〔企画編集協力 :福井大学教授/医学部附属病院・薬剤部長 政田 幹夫
           :新潟大学教授/医歯学総合病院・薬剤部長 佐藤   博〕

第 I 部 治験情報を臨床の現場でどう生かすか
■総 論 ~治験情報を臨床現場でどう生かすか~
清水直容
■糖尿病専門医の立場から
景山 茂
■がん専門医の立場から
佐伯俊昭・高嶋成光・新海 哲
■薬学者として ~医薬品審査の経験を踏まえて~
伯水英夫
■最近の新薬承認審査動向
紀平哲也
第 II 部 注目の新薬

■<高リン血症治療薬> 塩酸セベラマー
越川昭三
■<HMG-CoA還元酵素阻害剤> ピタバスタチン
柴崎 学・齋藤 康
■<抗パーキンソン病治療薬> プラミペキソール
田代邦雄・森若文雄
■<ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬> アゼルニジピン ~新規持続性カルシウム拮抗薬としてのユニークな特性~
紺野恭史・高木英彦
■<抗悪性腫瘍剤> カペシタビン
西田正則
■<抗ヒトTNFαモノクローナル抗体> インフリキシマブ
湊健仁朗
■<持続性がん疼痛治療剤> オキシコドン徐放錠
尾崎満彦
第 III 部 治療における最近の新薬の位置付け ~新薬の広場~

■注射用抗菌薬
芳原準男
■経口抗菌薬
鳥井真由美・芳地一・水口和生
■抗ウイルス薬
平山謙二・寺薗英之・一川暢宏
■抗HIV薬 ~服薬率の向上をめざした1日1回服用の新薬~
松下修三
■ワクチン
城野洋一郎
■消毒薬
堀 勝幸・太田 伸
■<抗悪性腫瘍薬> 消化器がん治療薬
篠原 尚・水野惠文・谷川允彦
■<抗悪性腫瘍薬> 肺癌治療薬
上岡 博・田端雅弘
■<抗悪性腫瘍薬> 乳癌治療薬
佐伯俊昭
■<抗悪性腫瘍薬> 子宮腫瘍治療薬
上浦祥司
■<抗悪性腫瘍薬> 白血病治療薬・悪性リンパ腫治療薬
岸 慎治・上田孝典
■<抗悪性腫瘍薬> 膀胱癌治療薬・前立腺癌治療薬
高橋 毅・小川修
■免疫抑制剤
市田隆文・加藤仁
■癌性疼痛鎮痛薬
青野浩直・中村敏明・後藤伸之・脇屋義文・政田幹夫
■癌治療補助薬
西口工司・栄田敏之・奥村勝彦
■副腎皮質ステロイド(外用)
川合真次・宮崎勝巳
■COX-2阻害薬
緒方 篤・北野将康・佐野統
■抗リウマチ薬
齋藤輝信
■抗アレルギー薬
岩瀬利康・越川千秋・馬場廣太郎
■糖尿病治療薬 ~新規インスリンアナログ製剤~
柏木厚典
■糖尿病性合併症治療薬
荒木信一・羽田勝計
■ホルモン剤
緒方正輝・本田義輝・齋藤秀之
■骨粗鬆症治療薬
清水弘之
■輸液・透析用剤
杉浦伸一
■抗凝固療法・抗血小板療法に用いられる新薬
副島弘文・小川久雄
■高脂血症治療薬
馬渕 宏
■抗不整脈薬
橘 英忠・久保田功
■心不全治療薬
豊岡照彦
■高血圧治療薬
髙木 覚・島本和明
■COPD(慢性閉塞性肺疾患)治療薬 ~臭化チオトロピウムを中心に~
木田厚瑞
■消化器治療薬
中尾 誠・小島康生
■H. pylori 除菌と3剤併用療法
神谷 茂
■抗不安薬 ~選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)~
高橋 淳・森 信繁
■片頭痛治療薬
佐々木健
■抗けいれん薬 ~ラモトリギンを中心に~
小西 徹
■抗精神病薬
水野雅文
■躁うつ病治療薬
吉村玲児・中村 純
■脳血管障害治療薬 ~アルツハイマー型痴呆症治療薬を含む~
伊東良則・高橋利幸
■パーキンソン病治療薬
若山吉弘
■アトピー性皮膚炎治療薬 ~免疫調整薬を中心に~
大槻マミ太郎
■外用抗菌剤
大谷道輝・内野克喜
■抗菌薬以外の外用薬
中嶋幹郎・山口健太郎・佐々木均
■排尿蓄尿障害治療薬
横山 修・秋野裕信・大山伸幸
■造影剤
千堂年昭・伊藤善規・大石了三
■診断薬,診断補助薬
小野田学時・佐藤 博



医薬ジャーナル 2004年 臨時増刊号(Vol.40 )



Medical Front Line
DDSが切り拓く新しい薬物治療

〔監修〕 橋 田  充 (京都大学大学院薬学研究科長/薬品動態制御学分野教授)

序論 創薬科学・技術の進歩とこれからのDDS開発
橋田 充
1 薬物消化管吸収の制御   ~ペプチド性医薬品の吸収改善~
山本 昌
2 薬物トランスポーターを利用したDDS
辻 彰
3 経口徐放性製剤の開発に利用される新技術・新素材
高山幸三
4 ナノDDSの体内動態と薬物ターゲティング
大河原賢一・木村聰城郎
5 機能性脂質マイクロエマルションとDDS
米谷芳枝
6 活性酸素消去酵素のターゲティングと癌転移抑制
西川元也
7 活性酸素・フリーラジカルとDDS
五十嵐理慧・武永美津子
8 癌の診断・治療とDDS   ~新しいMRI造影剤コンビデックスRによる胃癌のリンパ節転移診断~
谷川允彦・辰巳嘉章
9 光線力学療法とDDS
市川香苗・奥 直人
10 細胞内動態制御による遺伝子デリバリー効率の促進
秋田英万・原島秀吉


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ