トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

2008年 年間総目次
連載別索引

■2008年12月号(Vol.44 No.12)
特集 がん化学療法個別化の現状と展望
■2008年11月号(Vol.44 No.11)
特集 新型インフルエンザの流行とその対策
■2008年10月号(Vol.44 No.10)
特集 各科領域における禁煙治療の実際
■2008年9月号(Vol.44 No.9)
特集 降圧薬と臓器保護
■2008年8月号(Vol.44 No.8)
特集 地域連携パス ~現況と今後の課題~
■2008年7月号(Vol.44 No.7)
特集 多発性骨髄腫 ~分子標的治療薬の現況と今後~
■2008年6月号(Vol.44 No.6)
特集 グローバル化時代の臨床試験~国際共同治験から地域連携まで~
■2008年5月号(Vol.44 No.5)
特集 睡眠障害と薬物治療 ~すこやかな眠りのために~
■2008年4月号(Vol.44 No.4)
特集 エビデンスの正しい理解と構築
■2008年3月号(Vol.44 No.3)
特集 アレルギーと薬物治療
■2008年2月号(Vol.44 No.2)
特集 神経科学の進歩と神経疾患治療
■2008年1月号(Vol.44 No.1)
特集 精神科薬物療法と専門薬剤師の役割
■新薬展望2008 (Vol.44 S-1)
2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年

医薬ジャーナル 総目次
2008年
44巻 第1号~12号

□連載記事□


(No.)と通巻頁数
グラフィック 分子構造から考える薬物の作用機序(12~13)
グラフィック 薬剤がもたらす皮膚病変(1~11)
グラフィック シリーズ これだけは知っておきたい皮膚疾患の服薬指導(7~9)
グラフィック カラー口絵
リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(43~52)
クリニカル・パスと薬剤師 計画と実践のノウ・ハウ(32~36)
薬剤師による処方支援(25~31)
薬と食の相互作用(99~110)
患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I.服薬指導と病棟活動(42~45)
患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(57~63)
目で見る薬の効き方(1~6)
編集長VISITING(290~301)
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」
資料・薬価基準新規収載薬一覧
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧
医薬ジャーナル論壇(1~12)
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス(1~12)
▽メディカルトレンド・姉妹誌から(1)~(12)
▽MONTHLY PRESS(1)~(12)


▽グラフィック 分子構造から考える薬物の作用機序(12~13)
○12・血管収縮阻害剤:Rhoキナーゼの構造と機能 合田圭吾・箱嶋敏雄…(1)5
○13〔最終回〕・Chemistry-Based Medicineに基づいた医薬品の理解とその教育の重要性 齋藤俊昭ほか…(2)591


▽グラフィック 薬剤がもたらす皮膚病変(1~11)
○1・はじめに~薬疹を理解するために~ 狩野葉子…(3)801
○2・点滴刺入部に生じる皮膚病変 稲岡峰幸・狩野葉子…(3)803
○3・抗リウマチ薬により生じる皮膚病変 浅野祐介・狩野葉子…(4)1023
○4・非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)による皮膚病変 平原和久…(5)1225
○5・高尿酸血症治療薬による皮膚病変 大日輝記・橋本 隆…(6)1431
○6・サイトカイン療法により生じる皮膚病変 齋藤昌孝…(7)1645
○7・検査薬による皮膚病変 原田 晋…(8)1863
○8・糖尿病治療薬による皮膚病変 末木博彦…(9)2073
○9・抗けいれん薬による皮膚病変 藤山幹子…(10)2314
○10・抗菌薬による皮膚病変 相原道子…(11)2497
○11〔最終回〕・抗がん剤による皮膚病変 狩野葉子…(12)2709


▽グラフィック シリーズ これだけは知っておきたい皮膚疾患の服薬指導(7~9)
○7・中等症・重症の乾癬 江藤隆史・大谷道輝…(3)819
○8・重症アトピー性皮膚炎 江藤隆史・大谷道輝…(6)1441
○9・皮脂欠乏症(乾皮症) 江藤隆史・大谷道輝…(9)2079


▽グラフィック カラー口絵
○〔特集・がん化学療法個別化の現状と展望
 「9.トランスクリプトーム解析に基づくがん化学療法の最適化とゲノム創薬」より〕…(12)2713
○〔連載・患者のQOL向上と薬剤師の関わり
 PART I .院内製剤(45)
 「抗がん剤調製トレーニングキットの開発」より〕…(12)2714


▽リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(43~52)
○43・薬剤エラーと健康関連QOLの関連性について~SF-36®を用いた検討~ 平田周祐ほか…(1)143
○44・チーム医療における薬剤師の役割~手術部専任薬剤師~ 柴田ゆうかほか…(4)1149
○45・麻薬事故の減少に向けた取り組み 黒野俊介ほか…(5)1335
○46・ボリコナゾールの自然滴下ならびに輸液ポンプ使用時における点滴速度に関する研究 佐藤雄樹ほか…(6)1589
○47・がん化学療法におけるリスク低減への取り組み 清水裕彰ほか…(7)1784
○48・服薬情報共有ツールとしてのお薬手帳導入によるリスク回避~薬薬連携の充実に向けて~ 阿曽沼和代ほか…(8)1985
○49・抗がん薬調製時におけるシリンジ計量誤差の検証 中山季昭ほか…(9)2217
○50・病棟薬剤師によるリスクマネジメントへの貢献 菊地明子ほか…(10)2405
○51・抗菌薬の適正使用による薬剤耐性菌制御~シプロフロキサシン注射剤の投与法に関する検討~ 松尾和廣ほか…(11)2629
○52・副作用情報収集の取り組み 川原義弘ほか…(12)2833


▽クリニカル・パスと薬剤師 計画と実践のノウ・ハウ(32~36)
○32・腹膜透析の腹膜炎パスにおける抗生物質の選択~CTM(cefotiam)の有用性~ 山康晴ほか…(1)149
○33・糖尿病教育入院クリニカル・パスの有用性 ~hemoglobin A1Cを指標にした検証~ 溝口晶子ほか…(3)961
○34・HTMLを利用したがん化学療法プロトコール管理システムの開発と外来がん化学療法クリニカルパスへの応用 小幡輝夫・田村昌行…(5)1342
○35・顎変形症手術のクリニカルパスにおける薬剤師の取り組み 岩尾一生ほか…(8)1992
○36・がん化学療法クリニカルパス作成・導入に薬剤師はどう取り組んだのか 中村久美ほか…(9)2223


▽薬剤師による処方支援(25~31)
○25・臓器移植における処方支援~カルシニューリン阻害剤とプロトンポンプ阻害剤の薬物相互作用~ 本間真人・幸田幸直…(1)155
○26・ワルファリン投与における処方支援 大林恭子ほか…(3)967
○27・DPC調査情報と処方支援 鎌田志乃ぶ・伏見清秀…(4)1160
○28・PKおよびPDに基づく腎移植免疫抑制療法の処方支援 竹内裕紀ほか…(5)1349
○29・多施設共同によるがん疼痛緩和マニュアルの作成 今村光一ほか…(7)1791
○30・薬物間相互作用による薬物動態変化の情報提供システム(PKDIC)の構築 大野能之ほか…(10)2416
○31・循環器病棟における経皮的冠動脈形成術に対する薬剤師業務~チクロピジン副作用症例へのクロピドグレル使用による安全性調査~ 安 武夫ほか…(11)2635


▽薬と食の相互作用(99~110) III .薬と食事の相性
○99・39.プロパフェノンと食事 澤田康文ほか…(1)161
○100・40.エベロリムスと食事 澤田康文ほか…(2)743
○101・41.アモキシシリン水和物・クラブラン酸カリウム配合剤と食事 澤田康文ほか…(3)976
○102・42.ピオグリタゾンと食事 澤田康文ほか…(4)1169
○103・43.エルロチニブと食事 澤田康文ほか…(5)1356
○104・44.エパルレスタットと食事 澤田康文ほか…(6)1597
○105・45.スプラタストと食事 澤田康文ほか…(7)1797
○106・46.エピナスチンと食事 澤田康文ほか…(8)1999
○107・47.メルカプトプリン水和物と食事 澤田康文ほか…(9)2231
○108・48.セフジニルと食事 澤田康文ほか…(10)2426
○109・49.テルミサルタンと食事 澤田康文ほか…(11)2640
○110・50.クラリスロマイシンと食事 澤田康文ほか…(12)2840


▽患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I .院内製剤(42~45)
○42・既存表面麻酔製剤と院内製剤との比較~口腔用表面麻酔製剤の使用状況調査から~ 安藤崇仁…(8)2002
○43・乳癌の癌性皮膚潰瘍におけるメトロニダゾール外用製剤の有用性 渡部一宏ほか…(10)2430
○44・院内製剤“塩酸エピルビシン‐リピオドール®懸濁液”の適正使用に対する薬剤師の関わり 加賀 公ほか…(11)2643
○45・抗がん剤調製トレーニングキットの開発 佐藤淳也ほか…(12)2846


▽患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(57~63)
○57・薬剤師の病棟常駐化による患者のQOL向上への寄与 和田恭一ほか…(2)746
○58・精神科チームにおける病棟薬剤師の役割~医師・看護師のアンケート調査から~ 篠原尚樹ほか…(4)1173
○59・ステロイドパルス療法における副作用の傾向とQOL向上につながる服薬指導 千葉貴志…(5)1360
○60・小児病棟サテライト・ファーマシーにおける病棟薬剤師の業務展開 村松 博…(7)1800
○61・中頭病院における褥瘡予防と治療における薬剤師の関わり 山本紗織ほか…(9)2236
○62・婦人科がん化学療法による嘔気・嘔吐の改善に向けたプロトコールの見直し 川村由季子ほか…(10)2435
○63・医療観察法における多職種チームのなかの薬剤師の関わり(鑑定入院を通して) 川島篤視・村田恵美子…(12)2853


▽目で見る薬の効き方(1~6)
○1・抗悪性腫瘍薬(1) 冨山成章ほか…(5)1365
○2・抗悪性腫瘍薬(2) 冨山成章ほか…(7)1806
○3・催眠鎮静薬などの中枢神経系用薬 本田義輝…(8)2009
○4・精神神経用薬などの中枢神経系用薬 有森和彦…(10)2441
○5・末梢神経系用薬 有森和彦…(11)2649
○6・感覚器官用薬(緑内障治療薬) 有森和彦…(12)2858


▽編集長VISITING(290~301)
○内海英雄氏(日本薬学会会頭/九州大学大学院薬学研究院機能分子解析学教授)…(1)166
○松木則夫氏(東京大学大学院薬学系研究科薬品作用学教室教授)…(2)754
○山西弘一氏(独立行政法人 医薬基盤研究所理事長)…(3)980
○井関 健氏(北海道大学大学院薬学研究院医療薬学部門臨床薬剤学研究室教授/附属病院薬剤部長)…(4)1180
○河野 茂氏(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座〔第二内科〕教授/医学部長)…(5)1388
○戸井雅和氏(京都大学大学院医学研究科外科学講座乳腺外科学教授)…(6)1602
○大久保公裕氏(日本医科大学付属病院耳鼻咽喉科頭頸部外科准教授)…(7)1824
○児玉 孝氏(社団法人日本薬剤師会会長)…(8)2024
○川村智行氏(大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室講師)…(9)2244
○今井圓裕氏(大阪大学医学部附属病院腎臓内科病院教授)…(10)2454
○藤井美和氏(関西学院大学大学院人間福祉研究科准教授/死生学・スピリチュアリティ研究センター・センター長)…(11)2656
○浜田知久馬氏(東京理科大学工学部経営工学科教授)…(12)2866


▽資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」
○平成19年11月30日指示分…(1)197
○平成19年12月26日,平成20年1月10日指示分…(2)783
○平成20年2月12日指示分…(3)1009
○平成20年3月21日指示分…(4)1211
○平成20年4月25日指示分…(6)1631
○平成20年5月30日,6月16日指示分…(7)1849
○平成20年7月4日指示分…(8)2055
○平成20年8月8日指示分…(9)2269
○平成20年9月19日指示分…(11)2691
○平成20年10月24日指示分…(12)2905


▽資料・薬価基準新規収載薬一覧
○平成19年11月30日,12月14日…(1)199
○平成20年4月11日,18日…(5)1417
○平成20年6月13日…(7)1850
○平成20年6月27日…(8)2057
○平成20年9月12日…(10)2483


▽資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧
○平成19年11月30日,12月3日…(1)201
○平成19年12月14日,12月21日…(2)786
○平成20年4月18日…(6)1632
○平成20年6月13日,27日…(8)2058
○平成20年9月12日…(11)2697


▽医薬ジャーナル論壇(1~12)
○小児感冒薬への懸念と薬事法一部改正の実施-将来に禍根を残すことがあってはならない- 沼田 稔…(1)35
○後発医薬品を安心・安全に使用する体制の整備を! 政田幹夫…(2)625
○ロシグリタゾン騒ぎ,リスクと便益のバランス-専門メディアの役割を考える- 沼田 稔…(3)847
○医療制度のインフォームドコンセント 佐々木 均…(4)1053
○ドラッグ・ラグの彼方に見るパラドックス-米・ユーザーフィー法;新薬審査期限と安全性- 沼田 稔…(5)1251
○ファーマコゲノミクスを取り巻く臨床研究の光と陰 佐藤 博…(6)1465
○「レモン市場」と「後発医薬品市場」-“情報の非対称性”は何をもたらすか- 沼田 稔…(7)1671
○「医薬品庁」と薬剤師 政田幹夫…(8)1889
○2型糖尿病と抑うつ,双方向からのパスウエイ-コーホート研究に見る国民的課題- 沼田 稔…(9)2107
○医療の医薬品:産業の医薬品 佐々木 均…(10)2309
○医薬品の安全性と市場主義-米・在宅FMEs(薬事故死)激増が示唆するもの- 沼田 稔…(11)2527
○医療におけるエコロジー(Ecology in Medicine)を考える 佐藤 博…(12)2735


▽メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス…(1~12)
○「平成18年度MR白書」発刊 MR総数の伸び率に歯止め コントラクト(派遣)MRの採用企業増加 財団法人 医薬情報担当者教育センター――ほか…(1)38
○設立10周年記念特別フォーラム 医薬品適正使用に薬剤師の関与必須 患者・企業間の情報交換システムも重要 日本医薬品情報学会――ほか…(2)628
○第42回糖尿病学の進歩 医療制度改革が糖尿病対策を後押し J-DOIT研究でエビデンス構築 日本糖尿病学会――ほか…(3)850
○専門薬剤師シンポジウム 認定機構の統一が急務 第三者機関に一本化を提言 日本学術会議薬学委員会専門薬剤師分科会――ほか…(4)1056
○日本薬学会第128年会 大会テーマ「わが国独自の薬学研究と医療薬学の新しい潮流」――ほか…(5)1254
○「第1回 日本の創薬力向上シンポジウム」 “統合的迅速臨床研究(ICR)”推進に向け日本版FDA「医薬品庁」の設置を提言 日本学術会議薬学委員会――ほか …(6)1468
○日本ジェネリック医薬品学会第2回学術大会 大会テーマ「今拡がる,ジェネリック医薬品~安心利用に向けて~」――ほか…(7)1674
○第11回日本医薬品情報学会学術大会 大会テーマ「新たなる(たび)(だち),医薬品情報学の未来へ」――ほか…(8)1892
○高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム第4回研究集会 血清尿酸値と内臓脂肪面積に有意な相関関係 大規模健診集団データより明らかに――ほか…(9)2110
○平成20年度医療IT推進協議会シンポジウム IT化推進により医療の質評価を向上 Quality Indicatorをもとにアウトカム達成――ほか…(10)2312
○第18回日本医療薬学会年会 大会テーマ「来るべき時代への道を拓く」――ほか…(11)2530
○第14回日本薬剤疫学会学術総会 大会テーマ「薬剤疫学の発展と定着~今取り組むべき課題~」――ほか…(12)2738

医薬ジャーナル 総目次2008年44巻第1号12号連載記事


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ