トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年

2016年 年間総目次
連載別索引

■2016年12月号(Vol.52 No.12)
特集 がん患者のこころを救え ~サイコオンコロジーの最前線~
■2016年11月号(Vol.52 No.11)
特集 薬剤誘発性認知症
■2016年10月号(Vol.52 No.10)
特集 インフルエンザの予防・感染対策・治療の最前線
■2016年9月号(Vol.52 No.9)
特集 Onco-nephrology ~腫瘍学と腎臓病学の融合~
■2016年8月号(Vol.52 No.8)
特集・薬剤疫学 ~医療ビッグデータの利活用~
■2016年7月号(Vol.52 No.7)
特集 PK/PDに基づく薬物療法と新薬開発の最前線
■2016年6月号(Vol.52 No.6)
特集1・超高齢社会における適正薬物療法の特質~ガイドラインの今日的役割と薬剤師の責務~
特集2・眼疾患におけるROCK阻害薬の可能性
■2016年5月号(Vol.52 No.5)
特集 薬剤師に必須となる検査値の理解 ~医師からのアドバイスと知っておくべきポイント~
■2016年4月号(Vol.52 No.4)
特集 最新のがん免疫療法
■2016年3月号(Vol.52 No.3)
特集 認知症 ~病態と治療~
■2016年2月号(Vol.52 No.2)
特集 薬物乱用・依存・中毒の現状~「危険ドラッグ」を中心に~
■2016年1月号(Vol.52 No.1)
特集 C型肝炎治療における新時代の幕開け
■新薬展望 2016(Vol.52 S-1)
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年

医薬ジャーナル 総目次
2016年
52巻 第1号~12号
□連載及び企画記事□


(No.)と通巻頁数
グラフィック 薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識(61〜72)
グラフィック シリーズ これだけは知っておきたい皮膚疾患の服薬指導(26)
グラフィック カラー口絵
実務実習をより良くするために(16〜20)
リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(103〜109)
クリニカル・パスと薬剤師 計画と実践のノウ・ハウ(59〜66)
薬剤師による処方設計(41〜51)
患者のQOL向上と薬剤師の関わり PARTⅠ.院内製剤(77〜81)
患者のQOL向上と薬剤師の関わり PARTⅡ.服薬指導と病棟活動(101〜110)
副作用・薬物相互作用トレンドチェック 注目論文を読み解く(46〜56)
医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報(1〜11)
編集長VISITING(386〜397)
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」
資料・薬価基準新規収載薬一覧
資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧
医薬ジャーナル論壇(1~12)
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス(1~12)
▽メディカルトレンド・姉妹誌から(1)~(12)
▽MONTHLY PRESS(1)~(12)


グラフィック 薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識(61〜72)
 10.骨分野
○61・4)骨硬化性疾患(腫瘍を除く)Paget病,melorheostosisなどの画像診断 平尾 眞…(1)5
○62・5)特殊な骨折insufficiency fracture AFF(atypical fracture of femur)の画像診断 金城聖一・橋本 淳…(2)577
○63・6)骨増殖が見られる脊椎関節疾患(強直性脊椎炎:AS,乾癬性関節炎:PsA,特発性全身性骨増殖症:DISH)などの画像診断 辻 成佳…(3)779
○64・7)多発性骨髄腫の画像診断 王谷英達…(4)985
○65・8)転移性骨腫瘍の画像診断 大島和也ほか…(5)1187
 11.眼科分野
○66・1)甲状腺眼症の画像診断 東山智明…(6)1389
○67・2)加齢黄斑変性の画像診断 澤田智子…(7)1595
○68・3)緑内障の画像診断 南川貴之…(8)1797
○69・4)糖尿病網膜症の画像診断 澤田 修…(9)1999
○70・5)角膜疾患の画像診断 戸田良太郎…(10)2201
 12.耳鼻咽喉科分野
○71・1)悪性外耳道炎(頭蓋底骨髄炎)の画像診断 高橋邦行・堀井 新…(11)2403
○72・ANCA関連血管炎性中耳炎の画像診断 吉田尚弘…(12)2605


グラフィック シリーズ これだけは知っておきたい皮膚疾患の服薬指導(26)
○ 26・尋常性痤瘡(にきび) 江藤隆史・大谷道輝…(11)2413


グラフィック カラー口絵
○特集・認知症〜病態と治療〜
 「6.レビー小体型認知症の特徴と治療」より…(3)787
○連載・リスクマネジメント
〜院内での薬剤師の活動〜(105)
 「抗精神病薬・抗うつ薬の副作用情報のSOMを用いたビジュアル化と解析」より…(3)789
○特集・インフルエンザの予防・感染対策・治療の最前線
 「1.インフルエンザの流行状況を見る」より…(10)2206
 「3.インフルエンザの実験室診断」より…(10)2208


実務実習をより良くするために(16~20)
○16・5年間の蓄積より得られた実習生の自己評価を高くするために改善の必要な実習項目 大嶋 繁・武藤香絵…(3)891
○17・大学間連携による新たな薬学教育の推進 岩川精吾…(4)1111
○18・静岡県立大学薬学部・薬学教育研究センターの役割 井上和幸ほか…(5)1311
○19・医師・薬局経営者の視点で気づいたこと 狭間研至…(7)1709
○20・改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けて 阿刀田英子ほか…(8)1911


リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(103~109)
○103・医薬品情報管理室における医薬品のリスクマネジメント 朝賀純一・工藤賢三…(1)135
○104・転倒・転落に対する薬剤師の関与〜睡眠薬と転倒・転落の関連性〜 石郷友之ほか…(2)705
○105・抗精神病薬・抗うつ薬の副作用情報のSOMを用いたビジュアル化と解析 川上準子ほか…(3)902
○106・リスクマネジメントを考慮したフェンタニルクエン酸塩舌下錠の安全な使用に向けた運用の構築とその有用性について 大音三枝子ほか…(9)2111
○107・薬剤師業務のすべては医療安全につながっている 鈴木貴明…(10)2333
○108・輸液栄養療法におけるさまざまな視点のリスク管理〜静脈栄養輸液を“栄養素”として捉える〜 鈴木慶介…(11)2529
○109・抗がん剤汚染報告から見た汚染発生要因と汚染処理 川田史朗ほか…(12)2715


クリニカル・パスと薬剤師 計画と実践のノウ・ハウ(59〜66)
○59・入院が必要な治験における業務の標準化および効率化〜クリニカルパスの作成および運用〜 髙木章衣…(2)711
○60・クリニカルパス変更に対する病棟薬剤師としての取り組み 榎本 瞳ほか…(3)919
○61・地域包括ケア時代の薬剤師の役割を考える
〜“3つのクリティカルパス”を活用して〜 荒木隆一…(4)1117
○62・クリティカルパスが与える実務実習生への教育効果の検討 北澤紀幸…(5)1315
○63・クリニカルパス薬剤の後発品導入による経済的貢献と周術期予防抗菌薬の適正使用に向けた薬剤師の取り組み 遠藤正憲ほか…(6)1533
○64・フェンタニルクエン酸塩舌下錠用量調節クリニカルパスの導入 須藤知子…(7)1715
○65・セツキシマブ・パニツムマブ投与における副作用対策マネージメントパス 鈴木大介…(8)1921
○66・膀胱全摘術と回腸導管造設術パスにおける薬学的管理の見直し 宮川 藍…(9)2121


薬剤師による処方設計(41〜51)
○41・リネゾリドの初期投与設計 松元一明…(1)143
○42・ベッドサイドで活用できる簡便なバンコマイシンの初期投与量設計 古見嘉之…(2)717
○43・疼痛緩和における“テーラーメイド治療”の実現に向けて 井手聡一郎ほか…(3)925
○44・薬剤師外来における外来がん化学療法患者サポート 川澄賢司…(4)1127
○45・感染症領域における薬学的介入
〜感染症科と薬学部との連携〜 福森史郎ほか…(5)1319
○46・薬剤師の処方提案を支援する診療ガイドライン活用システムの開発 小茂田昌代・鈴木信世…(7)1723
○47・病棟薬剤師と栄養サポートチーム(NST)の連携による静注用脂肪乳剤の適正使用への取り組み 菅原拓也ほか…(8)1929
○48・医師と薬剤師の協働によるリツキシマブ投与患者に対するB型肝炎ウイルス再活性化対策 土手賢史ほか…(9)2127
○49・抗悪性腫瘍薬の血中濃度モニタリング 石渡泰芳・永田将司…(10)2339
○50・TDM支援および多職種チームカンファレンスを基盤とした薬剤師によるシームレスな薬物療法支援 岡田直人・川添和義…(11)2537
○51・高齢者に対する処方設計 足岡秀樹・石倉優子…(12)2723


患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART I.院内製剤(77〜81)
○77・切迫早産の治療目的にて使用するプロゲステロン膣坐剤の院内製剤化における薬剤師の取り組み 永倉優子ほか…(2)723
○78・院内製剤調製時における調製記録簿の電子化および画像監査システム導入に向けて 大波芙実子・平岩知子…(8)1937
○79・硝子体内注射用ベバシズマブの調製法検討と今後の展望 井上貴子ほか…(9)2135
○80・がん患者の局所疼痛に対するモルヒネゲルの使用と効果 石橋さやか ほか…(11)2543
○81・タクロリムス0.1mg希釈散製剤の効率的な調製方法の確立 齊藤順平ほか…(12)2730


患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II.服薬指導と病棟活動(101〜110)
○101・待機的PCI症例の抗血小板療法に対する薬剤師の取り組み 寺島純一ほか…(1)148
○102・病院薬剤師が行う訪問薬剤管理指導の実際 長友孝純・的場つかさ…(2)729
○103・NICU病棟における薬剤業務 笠井(大庭)真美ほか…(3)931
○104・耳鼻科病棟における病棟薬剤業務の取り組みと評価 小林 亮ほか…(4)1133
○105・療養型病院における薬剤管理指導の意義
〜処方提案,薬物療法の質の向上へ〜 福田健吾・山口晶司…(5)1327
○106・薬剤師の病棟業務が生み出す効果
〜情報の非対称性をなくすために〜 村山暢子…(7)1731
○107・愛媛大学医学部附属病院における病棟薬剤業務支援システムの有用性について 伊賀久美ほか…(9)2143
○108・乳癌における皮膚浸潤に対し亜鉛華デンプン外用法を使用した3症例 霜倉智子ほか…(10)2343
○109・石川県立中央病院における緩和ケア領域への薬剤師の関わり 台蔵剛士ほか…(11)2549
○110・血液内科における病棟薬剤師の移植カンファレンスへの関わり 仁尾祐太ほか…(12)2739


副作用・薬物相互作用トレンドチェック 注目論文を読み解く(46〜56)
○46・1.リネゾリド併用によりワルファリン服用患者のPT-INRが上昇/2.バラシクロビルとロキソプロフェン併用により急性腎障害リスクが上昇/3.レボチロキシン服用患者のTSH値に影響を及ぼす併用薬/4.クロザピンとプレガバリンの併用による痙攣発作や失神による骨折/5.ケトチフェンによる歯ぎしり/6.アビラテロン酢酸エステルによるトルサード・ド・ポワント 佐藤宏樹・澤田康文…(1)154
○47・1.リネゾリドによる乳酸アシドーシス/2.レベチラセタムによる低ナトリウム血症/3.カルバマゼピンの血漿中濃度がレスベラトロール併用で上昇/4.食後投与でアビラテロンの血漿中濃度が上昇/5.フェブキソスタットにより横紋筋融解症を呈した慢性腎疾患患者/6.エナラプリルによる内臓血管性浮腫(腹痛と下痢) 佐藤宏樹・澤田康文…(3)936
○48・1.アセタゾラミドによる低リン血症/2.ロラタジンとシンバスタチンの併用でミオパチーリスクが上昇/3.オピオイドによる転倒リクスに及ぼすCYP2D6阻害薬併用の影響/4.フルボキサミン併用でクロピドグレルの抗血小板作用が減弱/5.アリピプラゾールによる網脈絡膜炎/6.ブロモクリプチンによる重篤な有害事象 佐藤宏樹・澤田康文…(4)1142
○49・1.ダビガトランによる可逆的な認知機能障害/2.リバスチグミンによるジスキネジア/3.抗てんかん薬併用パターンの変化でバルプロ酸による高アンモニア血症発現率が減少/4.子宮頸癌患者における重症の副作用とQOLの関連/5.レスベラトロール併用でジクロフェナクの血漿中濃度が上昇/6.プロトンポンプ阻害薬併用でメトホルミンの効果は減弱しない 佐藤宏樹・澤田康文…(5)1334 ○50・1.セフェピムによる急性間質性腎炎/2.高齢者ではCYP3A4で代謝されないスタチンでもクラリスロマイシン併用で有害事象リスクが上昇/3.服薬アドヒアランスの悪い慢性腎臓病患者は有害事象発現リスクが高い/4.エベロリムスとボリコナゾールの併用で肺炎が悪化/5.セント・ジョーンズ・ワート併用でアンブリセンタンの血漿中濃度がわずかに低下/6.メサラジンによる心筋症 佐藤宏樹・澤田康文…(6)1540
○51・1.ダビガトランによる抑うつ症状/2.ポリスチレンスルホン酸カルシウムおよびセベラマー併用でクエチアピンの血清中濃度が低下/3.メマンチンによる角膜内皮障害/4.制酸薬併用でスニチニブの臨床効果が減弱する可能性/5.ダビガトランによる有害事象自発報告には不適切な薬物の併用が多い/6.ドネペジルによる難治性しゃっくり 佐藤宏樹・澤田康文…(7)1740
○52・1.カペシタビンによる顎口腔ジストニア/2.コリンエステラーゼ阻害薬による薬物有害反応の特徴/3.ジルチアゼム併用でアピキサバンの血漿中濃度が上昇/4.リファンピシン併用でクリンダマイシンの血漿中濃度が低下/5.テルミサルタンによる筋毒性/6.イソニアジドにより痙攣発作を呈した飲酒,喫煙患者 佐藤宏樹・澤田康文…(8)1944
○53・1.リバーロキサバンによる重度のめまい/2.アセトアミノフェン併用でラモトリギンの血中濃度が低下/3.高齢者に不適切な薬物使用で入院リスクが増加/4.カルバマゼピン併用でパリペリドンとアムロジピンの血中濃度が顕著に低下/5.アセトアミノフェンとフェニレフリン併用で血圧が上昇する可能性/6.P-糖タンパク質の基質/阻害薬の併用で先天異常リスクが上昇 佐藤宏樹・澤田康文…(9)2152
○54・1.インフリキシマブ治療中の猫ひっかき病/2.ロピナビル・リトナビル併用でキニーネの血漿中濃度が低下/3.ノニジュース摂取でフェニトインの血漿中濃度が低下/4.CYP3A4阻害薬併用でドンペリドンによる心室性不整脈リスクが上昇/5.本邦の在宅高齢者における不適切な薬物治療による有害事象/6.セロトニン症候群を起こす医薬品と相互作用の特徴 佐藤宏樹・澤田康文…(10)2348
○55・1.レボフロキサシンによるアキレス腱断裂/2.スタチンとカルシウムチャネル遮断薬との併用で有害事象リスクが上昇/3.テルビナフィン併用でトラマドールの活性代謝物の血漿中濃度が低下/4.タクロリムスによる白質脳症に伴う遅発性の発語障害/5.ラモトリギンとニンジンの併用によるDRESS症候群/6.アモキシシリン・クラブラン酸併用はバルプロ酸の血漿中濃度に影響しない 佐藤宏樹・澤田康文…(11)2558
○56・1.イピリムマブによる網膜剥離/2.過活動膀胱患者に対する潜在的に不適切な抗コリン薬の使用/3.重症小児において急性腎障害のリスクとなる薬物/4.ビンクリスチンにより重篤な神経障害性疼痛を呈したCYP3A5非発現型の患者/5.マシテンタンによる呼吸困難の悪化/6.セルトラリン併用でオランザピンの見かけの全身クリアランスが上昇 佐藤宏樹・澤田康文…(12)2744


医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報(1〜11)
○連載開始にあたって〜最適な薬物療法の構築に向けて〜 政田幹夫ほか…(2)735
○1・コセンティクス®皮下注150mgシリンジ,同 皮下注用150m g室 高広…(2)736
○2・ソバルディ®錠400mg 岸川礼子…(3)942
○3・タケキャブ®錠10mg,同20mg 神田紘介…(4)1148
○4・ハーボニー®配合錠 安達航平・大野能之…(5)1342
○5・プラニケル®錠200mg 白根達彦・大野能之…(6)1548
○6・オフェブ®カプセル100mg,同150mg 大野能之…(7)1746
○7・アコアラン®静注用600 塚本 仁…(8)1952
○8・ヤーボイ®点滴静注液50mg 森田陽介・塚本 仁…(9)2160
○9・ファリーダック®カプセル10mg,同15mg 末廣陽子・塚本 仁…(10)2355
○10・ムルプレタ®錠3mg 田中真砂・林 昌洋…(11)2565
○11・ヘマンジオル®シロップ小児用0.375% 菱沼加代子・林 昌洋…(12)2751


編集長VISITING(386〜397)
○386・政田幹夫氏(大阪薬科大学学長/福井大学名誉教授)…(1)162
○387・岩田 敏氏(慶應義塾大学医学部感染症学教室教授)…(2)740
○388・石井伊都子氏(千葉大学医学部附属病院薬剤部教授・薬剤部長)…(3)946
○389・山下伸二氏(摂南大学薬学部薬剤学研究室教授)…(4)1152
○390・和田 清氏(埼玉県立精神医療センター依存症治療研究部長)…(5)1346
○391・山田清文氏(名古屋大学医学部附属病院教授/薬剤部長)…(6)1552
○392・五味 文氏(兵庫医科大学眼科学講座主任教授)…(7)1750
○393・萩野 浩氏(鳥取大学医学部保健学科教授/同大附属病院リハビリテーション部部長)…(8)1956
○394・増田智先氏(九州大学病院教授・薬剤部長)…(9)2164
○395・狭間研至氏(医療法人嘉健会思温病院院長/ファルメディコ株式会社代表取締役社長)…(10)2360
○396・渡部一宏氏(昭和薬科大学臨床薬学教育研究センター実践薬学部門准教授)…(11)2570
○397・鈴木康之氏(岐阜大学医学教育開発研究センター教授/一般社団法人日本医学教育学会理事長)…(12)2756


資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」
○平成27年11月24日,26日指示分…(1)189
○平成28年1月12日指示分…(2)765
○平成28年2月16日指示分…(3)971
○平成28年3月22日,23日指示分…(5)1375
○平成28年4月21日,5月18日指示分…(6)1577
○平成28年5月31日指示分…(7)1775
○平成28年7月5日指示分…(8)1981
○平成28年8月4日指示分…(9)2187
○平成28年9月13日指示分…(10)2385
○平成28年10月18日指示分…(12)2781


資料・薬価基準新規収載薬一覧
○平成27年11月25日,27日…(1)191
○平成28年4月19日…(6)1580
○平成28年5月24日…(7)1776
○平成28年6月28日…(8)1983
○平成28年8月31日…(10)2387
○平成28年11月18日…(12)2783


資料・薬価基準新規収載薬識別コード一覧
○平成27年5月20日,11月26日,28日…(1)196
○平成27年12月11日…(2)768
○平成27年12月11日…(3)972
○平成28年4月20日…(6)1582
○平成28年5月25日…(7)1783
○平成28年6月29日…(8)1984
○平成28年8月31日…(10)2390


医薬ジャーナル論壇(1~12)

○創薬における産官学連携の意義 -今こそ求められるオールジャパン体制の構築- 前田健一郎…(1)27
○認知症高齢者と薬剤師 寺田智祐…(2)599
○オーファンドラッグ増加と薬剤師の役割 -国の支援策で進む企業の開発シフト- 前田健一郎…(3)809
○地方自治体と医療者に託される生活モデル支援 佐々木 均…(4)1007
○“かかりつけ薬剤師元年”に求められる決意 -「厚労省・薬局ビジョン」を先導する気概- 前田健一郎…(5)1213
○「健康」と「真面目」が評価されにくい社会 佐藤 博…(6)1407
○医学教育「2023年問題」からの示唆 -国際標準化の波と薬学教育への影響- 前田健一郎…(7)1613
○6年制薬学教育に必要なものとは -この10年間で薬剤師は変わったか?- 政田幹夫…(8)1819
○増加する機能性表示食品への薬剤師の関与 -医師・患者を繋ぐ医療コミュニケーション- 前田健一郎…(9)2021
○Choosing Wiselyと薬剤師 寺田智祐…(10)2223
○在宅医療における“かかりつけ薬剤師”への期待 -地域医療機関との連携構築が鍵- 前田健一郎…(11)2429
○世界に挑む日本の医療 -研究・産業・教育のグローバル化- 佐々木 均…(12)2627


メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス(1~12)

○第25回日本医療薬学会年会 年会テーマ「医療薬学の進歩と未来〜次の四半世紀に向けて〜」/第48回日本薬剤師会学術大会 大会テーマ「噴き上がれ!湧き上がれ!私たちの熱き思い〜地域に求められる薬剤師として〜」…(1)30
○彩都産学官連携フォーラム2016 日本発創薬の推進に向け臨床研究を活性化 国策レベルで進む研究拠点の充実・強化…(2)602
○第37回日本病院薬剤師会近畿学術大会 大会テーマ「広がり,高まるニーズに応える薬剤師 天気晴朗なれど波高し」…(3)812
○第5回日本薬剤師レジデントフォーラム 大会テーマ「共通化に向けた新たな挑戦」…(4)1010
○日本薬学会第136年会 年会テーマ「次世代の薬学への羅針盤〜新しい薬学への出帆〜」…(5)1216
○糖尿病診療支援システムシンポジウム2016 糖尿病患者の臨床データを共有・活用 適正診療からエビデンス創出まで可能に…(6)1410
○第39回シスメックス学術セミナー セミナーテーマ「疾患のルーツを探る〜Preclinical Stage〜」…(7)1616
○第9回日本在宅薬学会学術大会 大会テーマ「薬剤師の果たすべき使命,負うべき責任〜理論から実践へ〜」…(8)1822
○第6回ヒューマンサイエンス調査報告書発表会 希少疾患克服に欧米企業は積極参加 遺伝子治療の応用研究も再び活発化…(9)2024
○第1回日本薬学教育学会大会 大会テーマ「薬学教育の原点〜Science・Art・Humanity〜」…(10)2226
○第26回日本医療薬学会年会 年会テーマ「明日を創るチーム医療」/第49回日本薬剤師会学術大会 大会テーマ「プロフェッションを追求する〜Best and beyond〜」…(11)2432
○第10回日本薬局学会学術総会 総会テーマ「保険薬局 躍動の年 真髄にせまる!! Restart〜千年の都 京都から〜」/浜松医科大学 病院薬剤師オープンシンポジウム 薬剤師職能の10年間の変遷 調剤・臨床から研究まで幅広く活動…(12)2630



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ