トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

2008年 年間総目次
連載別索引

■2008年12月号(Vol.44 No.12)
特集 がん化学療法個別化の現状と展望
■2008年11月号(Vol.44 No.11)
特集 新型インフルエンザの流行とその対策
■2008年10月号(Vol.44 No.10)
特集 各科領域における禁煙治療の実際
■2008年9月号(Vol.44 No.9)
特集 降圧薬と臓器保護
■2008年8月号(Vol.44 No.8)
特集 地域連携パス ~現況と今後の課題~
■2008年7月号(Vol.44 No.7)
特集 多発性骨髄腫 ~分子標的治療薬の現況と今後~
■2008年6月号(Vol.44 No.6)
特集 グローバル化時代の臨床試験~国際共同治験から地域連携まで~
■2008年5月号(Vol.44 No.5)
特集 睡眠障害と薬物治療 ~すこやかな眠りのために~
■2008年4月号(Vol.44 No.4)
特集 エビデンスの正しい理解と構築
■2008年3月号(Vol.44 No.3)
特集 アレルギーと薬物治療
■2008年2月号(Vol.44 No.2)
特集 神経科学の進歩と神経疾患治療
■2008年1月号(Vol.44 No.1)
特集 精神科薬物療法と専門薬剤師の役割
■新薬展望2008 (Vol.44 S-1)
2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年

医薬ジャーナル 2008年7月号(Vol.44 No.7) 目次

B5判/毎月1日発行/定価(本体2,500円+税)

医薬ジャーナル論壇
「レモン市場」と「後発医薬品市場」
 ― “情報の非対称性”は何をもたらすか ―
 全文無料
沼田 稔
グラフィック
連載 薬剤がもたらす皮膚病変(6)
サイトカイン療法により生じる皮膚病変
齋藤昌孝
■<薬学教育6年制とこれからの展望>
グループ実習を介した実務実習受け入れに向けた体制構築のすすめ
菊田奈尚・高田勝利
特集・多発性骨髄腫 ~分子標的治療薬の現況と今後~
〔企画編集協力・国立病院機構名古屋医療センター院長 堀田知光〕

序:多発性骨髄腫治療の新たな展開
堀田知光
1.多発性骨髄腫に対する分子標的薬の開発状況
大川 豊・秀島 輝
2.多発性骨髄腫におけるボルテゾミブの役割  1)再発または難治性多発性骨髄腫におけるボルテゾミブ治療の実際
張 高明
2.多発性骨髄腫におけるボルテゾミブの役割  2)多発性骨髄腫におけるボルテゾミブの維持療法の意義  ~PRまたはCR後の維持
鈴木憲史
2.多発性骨髄腫におけるボルテゾミブの役割  3)ボルテゾミブによる骨症状改善の可能性
尾崎修治
2.多発性骨髄腫におけるボルテゾミブの役割  4)多発性骨髄腫における造血幹細胞移植の位置付けとボルテゾミブの今後の役割
島崎千尋
3.多発性骨髄腫におけるIMiDs(サリドマイドおよびレナリドマイド)の役割  1)再発または難治性多発性骨髄腫におけるサリドマイドの役割
村上博和・半田寛
3.多発性骨髄腫におけるIMiDs(サリドマイドおよびレナリドマイド)の役割  2)再発または難治性多発性骨髄腫におけるレナリドマイドの役割
永井宏和
3.多発性骨髄腫におけるIMiDs(サリドマイドおよびレナリドマイド)の役割  3)わが国におけるサリドマイド,レナリドマイドの臨床開発状況
岡本真一郎・服部 豊
4.多発性骨髄腫治療の将来展望  1)ボルテゾミブ,サリドマイド,レナリドマイドの使い分けおよび併用の可能性
清水一之
4.多発性骨髄腫治療の将来展望  2)多発性骨髄腫における分子標的治療薬の将来展望
石塚賢治
■座談会・COPDの特徴と治療のポイント
田村 弦・山内広平・佐野正明・三浦元彦
連載・リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(47)
がん化学療法におけるリスク低減への取り組み
清水裕彰・大久保博史・山道研・村田健次郎
連載・薬剤師による処方支援(29)
多施設共同によるがん疼痛緩和マニュアルの作成
今村光一・石田浩子・藤田和彦・山下園加・長塚元子
山本友紀・堀内夕起子・吉川祐紀子・天方奉子・稲葉一郎
宮村重幸・齋藤秀之
連載・薬と食の相互作用(105)
III.薬と食事の相性
45.スプラタストと食事
澤田康文・堀 里子・大谷壽一
連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II .服薬指導と病棟活動(60)
小児病棟サテライト・ファーマシーにおける病棟薬剤師の業務展開
村松 博
連載 目で見る薬の効き方 (2)
抗悪性腫瘍薬(2)
冨山成章・中村千鶴子・中野眞汎
編集長VISITING(296)
「花粉症は国民病 抗ヒ薬はOTCへ」
日本医科大学付属病院耳鼻咽喉科頭頸部外科准教授 大久保公裕
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
▲GE医薬品学会「今拡がる,ジェネリック医薬品」
▲マイクロドーズ試験ガイダンス通知――厚労省審査管理課――ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」(平成20年5月30日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧(平成20年6月13日)
次号特集内容予告 全文無料
特集・地域連携パス ~現況と今後の課題~
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ