トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

2002年 年間総目次
連載別索引

■2002年12月号(Vol.38 No.12)
特集1 花粉症を中心にした鼻アレルギーの治療
特集2 慢性呼吸器疾患と気道分泌の基礎と臨床
■2002年11月号(Vol.38 No.11)
新しいC型慢性肝炎の薬物治療
■2002年10月号(Vol.38 No.10)
特集1 クリニカルファーマシーのための薬・薬連携
特集2 喘息
特集3 ヒアルロン酸製剤(関節機能改善剤)をどう用いるか
■2002年9月号(Vol.38 No.9)
特集 HRT~ホルモン補充療法~
■2002年8月号(Vol.38 No.8)
特集 新しいC型慢性肝炎の薬物治療
■2002年7月号(Vol.38 No.7)
特集1 抗不整脈薬
特集2 COPD~その病態と治療~
■2002年6月号(Vol.38 No.6)
肥満症とその治療
■2002年5月号(Vol.38 No.5)
特集1 薬物の作用と性差
特集2 慢性心不全治療薬を考える
■2002年4月号(Vol.38 No.4)
特集 糖尿病性腎症の新しい治療薬
■2002年3月号(Vol.38 No.3)
特集 今日の精神分裂病の治療
■2002年2月号(Vol.38 No.2)
特集1 てんかん研究と治療~最近の進歩~
特集2 腎性貧血
■2002年1月号(Vol.38 No.1)
特集 集学的治療への薬学的アプローチ
■2002年 臨時増刊号(Vol.38 S-2)
Medical Front Line
■新薬展望2002 (Vol.38 S-1)
2001年 2000年 1999年 1998年

医薬ジャーナル 2002年10月号(Vol.38 No.10) 目次

B5判/毎月1日発行/定価(本体2,500円+税)

医薬ジャーナル論壇
EBMとNarrative Based Medicineの葛藤と相互補完
― 対峙する両岸の往復運動と人間の医療 ―
 全文無料
沼田 稔
グラフィック
化学物質による皮膚障害【37】
プリント綿トランクスによる接触皮膚炎
青山文代・松永佳世子・佐々木和実・井戸敏子・熊切正信
特集1 クリニカルファーマシーのための薬・薬連携
〔企画:東京大学医学部教授・附属病院薬剤部長 伊賀立二氏〕

1.総論 ~クリニカルファーマシーのための薬・薬連携はなぜ必要か~
伊賀立二
2.外来患者に必要な薬学的管理と薬・薬連携 1)病院薬剤師の立場から
古川裕之・宮本謙一
2.外来患者に必要な薬学的管理と薬・薬連携 2)開局薬剤師の立場から
川原敏幸
2.外来患者に必要な薬学的管理と薬・薬連携 3)医師の立場から ~クリニカルファーマシーと薬・薬連携への要望~
林 同文・山崎 力
3.在宅医療患者に必要な薬学的管理と薬・薬連携 1)病院薬剤師からのアプローチ ~医・薬連携を補完する薬・薬連携をもとめて~
藤上雅子
3.在宅医療患者に必要な薬学的管理と薬・薬連携 2)「お薬手帳」による薬・薬連携から「在宅医療希望患者のための医療連携」構築へ参
前東憲子
3.在宅医療患者に必要な薬学的管理と薬・薬連携 3)医師の立場から ~クリニカルファーマシーと薬・薬連携への要望~
田城孝雄
4.薬・薬連携活動の実例報告 1)ふたば薬局~薬・薬連携活動の実際と今後の方向性~
向井秀人
4.薬・薬連携活動の実例報告 2)横浜市立市民病院 ~薬・薬連携の実際~
有山良一・森田 徹
4.薬・薬連携活動の実例報告 3)藤沢市薬剤師会
小林フミ子・後藤知良・柴崎勲平・田中英昭
4.薬・薬連携活動の実例報告 4)薬局セブンファーマシー ~薬・薬連携の現実と問題点~
七海陽子
特集2 喘息
〔企画:東京大学名誉教授/日本臨床アレルギー研究所所長 宮本昭正氏〕

1.気管支喘息~最近の動向~
宮本昭正
2.気管支喘息の病態と定義の変遷
眞野健次
3.治療ガイドラインの変遷と今後
大田 健
4.最近注目されている抗喘息薬と将来の展望 1)ステロイド吸入薬
放生雅章
4.最近注目されている抗喘息薬と将来の展望 2)長時間作用性β2刺激薬とその役割
井上洋西
4.最近注目されている抗喘息薬と将来の展望 3)ロイコトリエン拮抗薬
佐野靖之
5.喘息の日常生活での問題点と注意点と指導
黨 康夫・猪熊茂子
6.喘息の社会的な側面
久賀秀樹・國分二三男・足立満
特集3 ヒアルロン酸製剤(関節機能改善剤)をどう用いるか
〔特集:東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 整形外科・教授 戸松泰介氏〕

1.序論 ~ヒアルロン酸ナトリウム関節内注射(関節機能改善薬)の展開~
戸松泰介
2.ヒアルロン酸ナトリウム関節内投与における薬理学的特徴と作用機序 1)滑膜への作用
辻美智子・藤井克之
2.ヒアルロン酸ナトリウム関節内投与における薬理学的特徴と作用機序 2)軟骨への作用
山田治基
3.臨床使用の実際と注意点
斉藤聖二
4.各病態と関節機能改善剤の臨床使用 1)変形性膝関節症
勝呂 徹
4.各病態と関節機能改善剤の臨床使用 2)関節リウマチ ~関節リウマチ罹患膝関節に対するヒアルロン酸ナトリウムの注入臨床成績~
土田豊実
4.各病態と関節機能改善剤の臨床使用 3)肩関節周囲炎に対するヒアルロン酸ナトリウムの効果について
鈴木秀喜・高岸憲二
4.各病態と関節機能改善剤の臨床使用 4)肩関節手術後への応用 ~肩腱板断裂術後のヒアルロン酸肩峰下滑液包内投与の影響~
福田公孝
4.各病態と関節機能改善剤の臨床使用 5)スポーツ外傷への応用
遠山晴一
pH・析出予測システムの開発
田辺拓也・小山佐和子・清水一浩・一石素子・木本知明
浅原慶一・宇野敏弘
シクロスポリンおよびタクロリムスの吸収における食事と服薬時間の影響 ~ネオーラル®投与にて吸収不良が疑われた症例を中心に~
龍 恵美・中坊由起子・中嶋幹郎・佐々木均
毒薬・向精神薬の管理・運用システムの検討
川名賢一郎・井上忠夫
手術室における薬品管理
柳田祐子・浜田真二・高尾千栄・沖川正善・西川ひとみ
森田信江
薬剤情報提供における薬剤師間ネットワークの構築
藤田啓子・畝井浩子・中村真紀子・西原昌幸・松本俊治
木平健治
薬学研究
「タミフル®ドライシロップ3%」の物理化学的性質および製剤の安定性
濱本陽子・鈴木睦子・加賀谷光弘・小川則男・鈴木美枝
松澤美香
連載 リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~(13)
医療事故防止のためのリスクマネジメント~計数調剤過誤防止対策とその評価~
佐藤悦子・鈴木敏夫
連載 薬と食の相互作用(37)
II.薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗 
1.薬の解毒促進から薬理効果がダウン 
a)薬とセントジョーンズワート(5)
澤田康文・村上秀康・大谷壽一
連載 薬学的管理の実践的記録(25)
-エッセンシャルシートとフォローアップシート-
甲状腺疾患
松井浩子・上島悦子・黒川信夫
患者のQOL向上と薬剤師の関わり(25) PART I.院内製剤
ポラプレジンク含嗽療法の適用による舌および口腔粘膜異常の改善
小峰幸子・渋谷文則・鈴木剛・平野正憲
患者のQOL向上と薬剤師の関わり(29) PART II.服薬指導と病棟活動
婦人科癌の抗癌剤感受性試験の有用性~CD-DST法による~
大西正文・森健・小宮山恵・藪下廣光・岡田啓
連載 臨床現場で要求される薬学的基礎知識(12)
薬剤性食道潰瘍 ~患者の嚥下状態はどうか~
伊藤由紀・大井一弥
リレー連載 不妊症侮り難し(5)
不妊症治療には「絶対」という言葉はない
齊藤英和
医薬品情報室
薬物の相互作用(臨床例-198)
高杉益充
編集長VISITING(227)
「鹿大方式」で臨床実習の門戸を開く
鹿児島大学医学部教授・附属病院薬剤部長 山田勝士
愛と憎しみと死のアリア(46)
歌劇「カルメル会修道女の対話」
五島雄一郎
ほん(138)
佐藤武男
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
初の経肺インスリン療法AERx®iDMS:
注射と同等の臨床効果,第 III 相試験開始──ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
薬剤関連略語一覧
資料・厚生労働省医薬局・「使用上の注意改訂情報」(平成14年9月10日指示分) 全文無料
資料・薬価基準新規収載薬一覧/識別コード一覧(平成14年8月30日)
次号特集内容予告
 特集・心身症における薬物療法~最新の話題~
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ