トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2010年 年間総目次
連載別索引

■2010年12月号(Vol.46 No.12)
特集 肺動脈性肺高血圧症(PAH)
■2010年11月号(Vol.46 No.11)
特集 専門薬剤師の役割と認定制度
■2010年10月号(Vol.46 No.10)
特集1 分子標的治療薬で変わるがん治療
特集2 新規抗ヒスタミン薬レボセチリジン
■2010年9月号(Vol.46 No.9)
特集 COPD(慢性閉塞性肺疾患)治療における最近の話題
小特集1 新規抗インフルエンザウイルス治療薬ペラミビル
小特集2 新規制吐剤 ~パロノセトロン静注製剤~
■2010年8月号(Vol.46 No.8)
特集 薬剤疫学の新たな展開
小特集1 HIV感染とインテグラーゼ阻害薬の位置づけ
小特集2 新規糖尿病治療薬 ~GLP-1アナログ製剤~
■2010年7月号(Vol.46 No.7)
特集 薬物乱用とその防止策
■2010年6月号(Vol.46 No.6)
特集 DPC制度改革の概要と問題点
■2010年5月号(Vol.46 No.5)
特集 認知症治療の今後を予測する
■2010年4月号(Vol.46 No.4)
特集 緑内障治療の現状と課題
■2010年3月号(Vol.46 No.3)
特集 アトピー性皮膚炎の正しい治療
■2010年2月号(Vol.46 No.2)
特集 抗ウイルス薬物療法の現状と今後の展望
■2010年1月号(Vol.46 No.1)
特集 市販後調査についての動向
■新薬展望2010(Vol.46 S-1)
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年

医薬ジャーナル 2010年10月号(Vol.46 No.10) 目次

B5判/毎月1日発行/定価(本体2,500円+税)

医薬ジャーナル論壇
製薬企業の動向と世界に広がる医療格差 全文無料
佐々木均
グラフィック
 連載・目で見る漢方薬・生薬(22)
桃仁
布目慎勇・服部征雄
特集1・分子標的治療薬で変わるがん治療
 〔企画編集協力・近畿大学医学部ゲノム生物学教室教授 西尾和人〕
1.分子標的治療の潮流
西條長宏
2.最新の分子標的治療
1)mTOR阻害薬などのシグナル伝達と阻害薬の開発動向
松本和子・西尾和人
2)ヘッジホッグ経路を標的としたがん治療法の可能性
高橋秀明・池田公史・土井俊彦
3.Cancer stem cell, Circulating Endothelial Progenitor,がん分子標的治療薬
荒尾徳三・西尾和人
4.体細胞変異検査の動向
川本泰之・吉野孝之
5.フェーズ・ゼロ“バイオマーカー試験”の動向
今村知世
6.ALK阻害剤
三浦 理・山本信之
7.がん専門薬剤師の現状と展望
寺田智祐
特集2・新規抗ヒスタミン薬レボセチリジン
     ~海外データを中心とした多角的評価~

 〔企画編集協力・東京大学大学院薬学系研究科薬品作用学教室教授 松木則夫〕
1.特集にあたって ~レボセチリジンの臨床応用への期待~
松木則夫
2.CONGAコンセンサスに準じたレボセチリジンの評価
谷内一彦
3.レボセチリジンの薬理学的評価
  ~抗アレルギー作用・中枢神経系に由来する副作用~
亀井千晃
4.レボセチリジンの海外での臨床評価
 1)皮膚科領域
(1)皮膚科領域からみたレボセチリジンへの期待
川島 眞
(2)レボセチリジンの痒み抑制効果を検証する
佐藤伸一
(3)慢性蕁麻疹に対するレボセチリジンの臨床効果
秀 道広
 2)耳鼻科領域
(1)今,何故新しい抗ヒスタミン薬が必要か
竹中 洋
(2)アレルギー性鼻炎に対するレボセチリジンの臨床効果
増山敬祐
(3)アレルギー性鼻炎治療におけるレボセチリジンへの期待
  ~鼻閉に対する有効性を評価する~
岡本美孝
 3)安全性
木津純子・堀 誠治
座談会 髄外腫瘤を伴う多発性骨髄腫に対する治療の現況と今後の展望
三輪哲義(司会)・角南一貴・大本英次郎・松本守生
連載・「薬が効かない」を科学する(10)
スルホニル尿素薬の二次無効
庄嶋伸浩・堀越桃子・原 一雄・門脇 孝
連載・薬と食の相互作用(127)
III.薬と食事の相性
67.アジスロマイシン水和物と食事
澤田康文・佐藤宏樹
編集長VISITING(323)
「吸入指導は“喘息治療”の一環 患者側に潜むピットホール」
JA岐阜厚生連東濃厚生病院アレルギー呼吸器科部長
東濃喘息対策委員会委員長 大林浩幸 氏
警告欄に見る必須検査とタイミング(22)
<エルロチニブ塩酸塩>
中村敏明・政田幹夫
メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
▲九州山口薬学大会「新たなる薬剤師職能の幕開け!!」
▲ロコモティブシンドロームに警鐘――日本整形外科学会――ほか
メディカルトレンド・姉妹誌から 全文無料
MONTHLY PRESS 全文無料
資料・厚生労働省医薬食品局・「使用上の注意改訂情報」 全文無料
(平成22年8月26日指示分)
11月号特集内容予告 全文無料
特集・専門薬剤師の役割と認定制度
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ