トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域

化学療法の領域

ANTIBIOTICS & CHEMOTHERAPY

発行形式 月刊 毎月25日発行
編集方針 感染症の分野を中心に、抗菌薬や化学療法に関わる最先端の学術情報を系統的に選りすぐって提供する。また、ワクチンをはじめとする薬物療法の最前線も視野に入れ、高い学術性を持ち、かつ、臨床・研究の現場ですぐに役立つ実際的な知見について、気鋭の執筆陣が医学・薬学の両面からアプローチする。
判型 B5判
定価 本体 2,500 円+税
年間購読料 本体 33,700 円+税
(増刊号を含む13冊)(送料無料)


化学療法の領域 2017年5月号(Vol.33 No.5) 目次

 冊

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,500円+税)

グラフィック連載
画像から読み解く感染症(23)
Ⅸ骨関節 1.感染性関節炎
山口哲治・上谷雅孝
カラー口絵
特集「 “One Health時代”の耐性菌対策・研究」より
巻頭言
よい臨床感染症医を育てるということ 全文無料
本郷偉元
特集 “One Health時代”の耐性菌対策・研究
[企画・東邦大学医学部微生物・感染症学講座/東邦大学医療センター大森病院感染管理部 教授 舘田 一博]
序 -薬剤耐性問題を“One Health”の視点で考える-
舘田一博
1.One Healthの中で進められる耐性菌対策
渡邉治雄
2.食品・環境への薬剤耐性菌分布の拡大
重村洋明・村上光一
3.輸入される畜産物を生産する国における家畜への抗菌薬の使用と耐性菌の状況
浅井鉄夫
4.コンパニオンアニマルにおける薬剤耐性菌の現状
原田和記
5.生活環境空気中の浮遊菌
柳  宇
6.バイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性
村上圭史・三宅洋一郎
7.薬剤耐性における薬剤排出ポンプの役割
西野邦彦
8.多剤耐性緑膿菌の新たな理解
黒田照夫
9.ファージセラピーの可能性と問題点
丹治保典
10.抗菌薬開発を促進する世界の動き・日本の現状
平井敬二
原著
成人市中肺炎に対するclarithromycin高用量(800mg/日)投与の臨床効果に関する検討
二木芳人・武田博明・酒寄 享・宮下修行・岸 建志・髙橋利弘
土井俊徳・野津手大輔・日髙利昭・木谷道隆・山本太郎
瀬戸口敬介・内山一晃・奥田武志・黒田政彦・柳澤正敏
川西正泰・三浦洋・花木秀明・佐藤圭創・門田淳一
ガレノキサシンの呼吸器疾患を有する患者に発症した肺炎に対する臨床効果
-ガレノキサシンの肺炎に対するレトロスペクティブ解析-
泉川公一・渡辺彰・宮下修行・石田 直
久志本理・高木宏育・河野 茂
連載
私達の研究(170)
エボラ出血熱に対する治療法および診断法の開発
古山若呼・吉田玲子・五十嵐学・高田礼人
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(135)
・ピペラシリン-タゾバクタムあるいはセフェピムとバンコマイシンを併用した際の腎毒性について
・黄色ブドウ球菌菌血症患者におけるスタチン療法継続を支持するためのエビデンス
・広範囲にわたる薬剤耐性結核菌の発現におけるピラジナミドの役割を調査するための多系統数学的モデル
・保管された研究データを用いたドキシサイクリン血漿濃度の母集団薬物動態モデル
・多剤耐性結核菌の治療におけるアミノグリコシド系抗菌薬の薬物治療モニタリングと
聴力損失の発生を低下させることの関連性
・非肥満,肥満,病的な肥満で重篤な患者におけるピペラシリンの母集団薬物動態
・病的に肥満な患者における腹腔鏡下内臓手術後のマイクロダイアライシス法によって評価された
血漿と組織におけるエルタペネムの母集団薬物動態と目標達成率
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年6月号次号予告 全文無料
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ