トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2000年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2000年12月号(Vol.16 No.12)
特集 ウイルス性性感染症の現状とその問題点-特にその感染伝播における精液の意義について-
■2000年11月号(Vol.16 No.11)
特集 細菌性ワクチン
■2000年10月号(Vol.16 No.10)
特集 耳鼻咽喉科感染症-今日の課題と対策
■2000年9月号(Vol.16 No.9)
特集 現在の小児科感染症とその対策
■2000年8月号(Vol.16 No.8)
特集 耐性肺炎球菌感染症にいかに対処するか
■2000年7月号(Vol.16 No.7)
特集 抗真菌薬の現状と正しい用い方
■2000年6月号(Vol.16 No.6)
特集 市中肺炎診断と治療のためのガイドライン
■2000年5月号(Vol.16 No.5)
特集 肝癌治療の現状と治療の戦略
■2000年4月号(Vol.16 No.4)
特集 ウイルス性脳炎の新展開
■2000年3月号(Vol.16 No.3)
特集 肺炎の鑑別診断-画像と検査を中心に-
■2000年2月号(Vol.16 No.2)
特集 どうなる21世紀の化学療法 (第72回日本細菌学会総会シンポジウム「どうなる21世紀の化学療法」をもとに)
■2000年1月号(Vol.16 No.1)
特集 肺癌治療の新戦略
■2000年 増刊号(Vol.16 )
耐性菌感染症とその具体的緊急対策
1999年

化学療法の領域

第16巻 総目次
2000年(平成12年)

□連載別目次□


・数字は通巻頁数
・( )内は掲載号を表示しています。

シリーズ・目で見る感染症
臨床薬理シリーズ
剤形シリーズ
私達の感染症と化学療法
最新の研究成果
最新の研究法
最新の研究解説
総説
エッセイ
抗癌剤の使用状況
抗生物質の使用状況
癌末期治療における麻薬の使用状況
L-asparaginaseによる小児リンパ球腫瘍の治療戦略


▽シリーズ・目で見る感染症
 81.B型,C型肝炎…5(1)
 82.E型肝炎…169(2)
 83.肺炎球菌…361(3)
 84.日本住血吸虫症…537(4)
 85.コクシジオイデス症…725(5)
 86.A型肝炎…901(6)
 87.成人麻疹肺炎…1085(7)
 88.カンピロバクター腸炎…1261(8)
 89.破傷風…1433(9)
 90.肺炎桿菌…1641(10)
 91.百日咳…1833(11)
 92.狂犬病…2017(12)


▽臨床薬理シリーズ
 175.ヌクレオシド系代謝拮抗剤塩酸ゲムシタビンの臨床薬理…70(1)
 176.HIVプロテアーゼ阻害剤「アンプレナビル」の薬理作用と体内動態…263(2)
 177.抗ウイルス化学療法剤エファビレンツの薬理作用および体内動態(臨床薬理)…447(3)
 178.5-HT3受容体拮抗剤「塩酸アザセトロン錠」の臨床薬理…629(4)
 179.ファロペネムナトリウムドライシロップの薬理作用と体内動態…793(5)
 180.15員環マクロライド系抗菌薬アジスロマイシン(ジスロマック®)の薬効薬理と体内動態…993(6)
 181.アデニンヌクレオシド系代謝拮抗剤「リン酸フルダラビン」の臨床薬理…1161(7)
 182.レボフロキサシン点眼液の薬理作用と眼内動態…1332(8)
 183.抗ウイルス化学療法剤デラビルジンの薬理作用および体内動態…1539(9)
 184.外用抗真菌薬リラナフタートの薬効薬理及び体内動態…1735(10)
 185.抗ウイルス剤塩酸バラシクロビルの薬効薬理と体内動態…1921(11)
 186.注射用シプロフロキサシンの臨床薬理…2091(12)


▽剤形シリーズ
 175.5-HT3受容体拮抗剤「セロトーン®錠10mg」の物理化学的性質と安定性…83(1)
 176.抗ウイルス化学療法剤「ストックリン®カプセル200」の物理化学的性質と安定性…268(2)
 177.HIVプロテアーゼ阻害剤「プローゼ®カプセル」の物理化学的性質および安定性…456(3)
 178.ファロムドライシロップ小児用の物理化学的性質および製剤の安定性…638(4)
 179.HIV感染症治療剤「ザイアジエン®錠」の物理化学的性質および安定性…800(5)
 180.ニューキノロン系抗菌点眼剤「クラビット®点眼液」の製剤設計と安定性…999(6)
 181.15員環マクロライド系抗菌薬アジスロマイシンの物理化学的性質と安定性…1170(7)
 182.アデニンヌクレオシド誘導体代謝拮抗剤「フルダラ®」の物理化学的特性と安定性…1341(8)
 183.外用抗真菌薬ゼフナート®クリーム2%の物理化学的性質と製剤の安定性…1549(9)
 184.HIV感染症治療剤「レスクリプター®錠」の物理化学的性質および安定性…1741(10)
 185.抗インフルエンザウイルス剤 「リレンザ®」の製剤設計および安定性…1928(11)
 186.「バルトレックス®錠500」の製剤設計および安定性…2105(12)


▽私達の感染症と化学療法
 49.水痘性肺炎(Varicella pneumonia)…103(1)
 50.インフルエンザに学ぶ(1)…271(2)
 51.インフルエンザに学ぶ(2)…458(3)
 52.インフルエンザに学ぶ(3)…651(4)
 53.マラリア…803(5)
 54.劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症(1)…1003(6)
 55.劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症(2)…1175(7)
 56.感染症と副腎皮質ステロイド-新しい観点から(1)…1349(8)
 57.感染症と副腎皮質ステロイド-新しい観点から(2)…1555(9)
 58.感染症と副腎皮質ステロイド-新しい観点から(3)…1744(10)
 59.Zoonosis-新しい視点から West Nile Encephalitisを中心に…1933(11)
 60.Vibrio vulnificus 感染症について…2110(12)


▽最新の研究成果
 11.細菌,真菌感染と熱ショック蛋白質…104(1)
 12.歯周病原性細菌Porphyromonas gingivalis …295(2)
 13.ザンビアにおけるエイズ治療の足掛かり…483(3)
 14.バンコマイシン低レベル耐性MRSA(いわゆるhetero-VRSA)の重要性…669(4)
 15.クリプトコッカス感染防御反応とTh1-Th2サイトカインバランス…838(5)
 16.呼吸器感染症の起炎病原体…1023(6)
 17.スーパー抗原と感染症-T 細胞の背信行為…1365(8)
 18.カンピロバクター腸炎とギラン・バレー症候群…1575(9)
 19.血清マーカーKL-6の現状…1768(10)


▽最新の研究法
 11.脱上皮気管培養法とその応用…1192(7)


▽最新の研究解説
 1.インフルエンザワクチンの現況と今後…1956(11)
 2.Eagle現象について…2147(12)


▽総説
 血管新生阻害剤によるTumor Dormancy Therapy-最近の動向-…2083(12)


▽エッセイ
 127.デングウイルスとの出会いとその後…122(1)
 128.カメラで学び,カメラと遊ぶ…313(2)
 129.わが国の医薬品臨床試験(治験)について考えること…490(3)
 130.一医療薬学生として薬剤師として…678(4)
 131.深在性真菌症…854(5)
 132.予防接種を考える…1030(6)
 133.随筆「感性」に憧れて…1211(7)
 134.私の術後感染予防の歴史…1385(8)
 135.一葉の写真から-インフルエンザ菌b型ワクチンに貢献した研究者たち-…1590(9)
 136.ザンビアの医療事情…1782(10)
 137.私的外国人とのおつきあい…1965(11)
 138.臨床と基礎…2150(12)


▽抗癌剤の使用状況
 宮崎医科大学医学部附属病院における抗癌剤の使用状況…95(1)
 広島大学医学部附属病院における抗癌剤の使用状況…467(3)
 鹿児島大学医学部附属病院における抗癌剤の使用状況…824(5)
 三重大学医学部附属病院における抗癌剤の使用状況…1183(7)
 福島県立医科大学医学部附属病院における抗癌剤の使用状況…1753(9)
 秋田大学医学部附属病院における注射用抗癌剤使用状況…2131(12)


▽抗生物質の使用状況
 大阪赤十字病院における抗生物質の使用状況…278(2)
 大阪市立総合医療センターにおける抗生物質の使用状況…659(4)
 日本大学医学部附属板橋病院における抗生物質の使用状況…812(5)
 富山医科薬科大学附属病院における抗生物質の使用状況…1009(6)
 鳥取大学医学部附属病院における抗生物質の使用状況…1357(8)
 京都府立医科大学附属病院における抗生物質の使用状況…1563(9)
 札幌医科大学医学部附属病院における抗生物質の使用状況…1939(11)
 NTT西日本大阪病院における抗生物質の使用状況…2118(12)


▽癌末期治療における麻薬の使用状況
 癌末期治療における麻薬の使用状況(埼玉県立がんセンター)…1762(10)
 阪南中央病院における緩和ケアの取り組み~ペインコントロールと口腔ケアを中心に薬剤師の立場から~…1947(11)
 淀川キリスト教病院ホスピスにおける癌末期治療におけるオピオイドの使用状況…2141(12)


▽L-asparaginaseによる小児リンパ球腫瘍の治療戦略
 1.L-asparaginaseを用いた小児ALL治療の現状と問題点…985(6)
 2.L-asparaginaseの薬理動態…1155(7)
 3.L-asparaginaseによる副作用発生率とその対策…1327(8)
 4.L-asparaginaseによる膵炎とその対策…1531(9)
 5.L-asparaginase による凝固障害と血液製剤の補充…1727(10)



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ