トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

2006年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2006年12月号(Vol.22 No.12)
特集1 SARSのその後と今後への対応
■2006年11月号(Vol.22 No.11)
特集 多剤耐性結核の現状と今後
■2006年10月号(Vol.22 No.10)
特集 ウイルス感染症と発癌
■2006年9月号(Vol.22 No.9)
特集 ワクチンの今日的問題点
■2006年8月号(Vol.22 No.8)
特集 注目される人獣共通感染症-原虫・プリオン・リケッチア性人獣共通感染症
小特集 感染と細胞膜リピドラフト
■2006年7月号(Vol.22 No.7)
特集 注目される人獣共通感染症-ウイルス性人獣共通感染症
■2006年6月号(Vol.22 No.6)
特集 注目される人獣共通感染症-細菌性人獣共通感染症
■2006年5月号(Vol.22 No.5)
特集 がん診療における重症感染と化学療法を含む総括的治療
■2006年4月号(Vol.22 No.4)
特集 歯科および口腔内の感染症の診断と治療
■2006年3月号(Vol.22 No.3)
特集 敗血症性ショックの現在的理解
■2006年2月号(Vol.22 No.2)
特集 MRSAの新たな展開
■2006年1月号(Vol.22 No.1)
特集 プリオン病とBSE
■2006年 増刊号(Vol.22 )
新しく発表あるいは改訂された感染症に関するガイドライン
2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域

第22巻 総目次
2006年(平成18年)

□連載別目次□


・数字は通巻頁数
・( )内は掲載号を表示しています。

シリーズ/感染症科の臨床最前線 ~感染症科専門医の臨床現場から~
臨床薬理シリーズ
剤形シリーズ
抗生物質の使用状況
私達の研究
エッセイ
わが病院の感染対策<第二部>
化学療法エッセイ
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介
原著


▽シリーズ/感染症科の臨床最前線 ~感染症科専門医の臨床現場から~
 ケース7 マサチューセッツ州ボストンで見た症例…5(1)
 ケース8 カリフォルニア州ランカスターで見た症例…153(2)
 ケース9 50歳白人女性 呼吸困難を主訴に来院…307(3)
 ケース10 米国ユタ州ソルトレイクシティーで見た症例…530(4)
 ケース11 発熱,頭痛,嘔吐の17歳女子高生…721(5)
 ケース12 27歳女性 HAARTを開始後に発熱と腹痛を来したAIDS症例…885(6)
 ケース13 左股関節周囲痛,発熱を主訴とする43歳日本人女性…1059(7)
 ケース14 化学療法中に発熱をきたした84歳男性…1211(8)
 ケース15 大隈鹿屋病院でみた症例 90歳男性・主訴 尿失禁と意識障害…1363(9)
 ケース16 発熱,意識障害を主訴に来院した歯科治療中の64歳男性…1498(10)
 ケース17 増悪する腹部痛を主訴とする44歳ヒスパニック系男性…1649(11)
 ケース18 言語障害を主訴とする46歳白人男性…1809(12)


▽臨床薬理シリーズ
 238.FDGスキャン®注…249(2)
 239.タキソテール®注 ドセタキセル水和物注射剤…473(3)
 240.乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)…651(4)
 241.新規外用抗真菌薬ルリコナゾール(ルリコン®クリーム1%,ルリコン®液1%)…815(5)
 242.ゾメタ®(ゾレドロン酸水和物)注射液4mg…1155(7)
 243.ヘプセラ®錠10の薬物動態…1579(10)
 244.レクシヴァ®錠700(ホスアンプレナビルカルシウム水和物錠)…1751(11)


▽剤形シリーズ
 227.タキソテール®注…479(3)


抗生物質の使用状況
 8.岩手医科大学附属病院における抗生物質製剤等抗菌剤(抗菌薬)の使用動向…100(1)
 9.名古屋大学医学部附属病院における注射用抗生物質の使用状況…239(2)
 10.愛知医科大学病院における抗生物質の使用状況…463(3)
 11.富士重工業健康保険組合総合太田病院における注射用抗菌薬の使用状況
   ~抗菌薬適正使用に向けて一般病院の薬剤部からできること~…643(4)
 12.大分大学医学部附属病院における抗菌薬の使用状況…809(5)
 13.千葉大学医学部附属病院における注射用抗菌薬の使用状況…987(6)
 14.社会保険中央総合病院における注射用抗菌薬の使用状況…1149(7)
 15.奈良県立医科大学附属病院における抗菌薬の使用状況-抗菌薬適正使用に向けて-…1295(8)
 16.順天堂大学医学部附属順天堂医院における抗生物質の使用状況…1437(9)
 17.金沢大学医学部附属病院における注射用抗菌薬・抗真菌薬の使用状況…1569(10)
 18.獨協医科大学病院における注射用抗菌薬の使用状況…1742(11)
 19.徳島大学病院における注射用抗菌薬の使用状況…1903(12)


▽私達の研究
 免疫疾患におけるインターロイキン-15の役割…95(1)
 細菌毒素の細胞内輸送機構~みえてきた細菌毒素が持つ巧妙な戦略~…231(2)
 ライム病ボレリアの世界分布と伝播サイクル…452(3)
 ごみとDNA-土壌細菌叢の解析-…637(4)
 特異な自己免疫病APECEDにおけるカンジダ感染症とAIRE 遺伝子~単一遺伝子AIRE の異常によって発症する特異な自己免疫病:
   自己免疫性内分泌不全症・カンジダ症・外胚葉性ジストロフィー(APECED)とカンジダ感染症~…801(5)
 百日咳菌壊死毒の研究-細菌毒素の生化学と感染症への展開-…981(6)
 HIV感染を抑制する宿主因子の探索…1141(7)
 拡がる感染症の概念-代謝性疾患としてのC型肝炎…1291(8)
 ハンセン病に対する感受性および病型形成に関わる免疫遺伝学的背景…1429(9)
 ヒトT細胞白血病ウイルスによる発がん機構の新たな展開…1565(10)
 歯周病細菌と血小板凝集…1735(11)
 極限環境微生物の分離とその生存戦略…1895(12)


▽わが病院の感染対策<第二部>
 連載を始めるにあたって…1909(12)
 1.IT化を利用した坂出市立病院の感染対策…1910(12)


▽エッセイ
 199.グラム染色…108(1)
 200.西遊周湖…254(2)
 201.日本古代史のなぞ-聖徳太子は実在したか?…484(3)
 202.講義のエンディング…670(4)
 203.高知県幡多郡三原村にUターンして…836(5)
 204.競って顕微鏡を覗いていた日々…1006(6)
 205.ふしぎな感染対策と医療法施行規則改正前夜…1162(7)
 206.ヘキシルレゾルシン事件-「『くすり』から見た日本」を読んで…1312(8)
 207.いま無視できないムシ達…1450(9)
 208.我が研究生活での人との出会い,偶然・必然…1598(10)
 209.禁煙…1756(11)
 210.感染症への国際対応と日本の研究者の役割…1922(12)


▽化学療法エッセイ
 1.化学療法ヘの誘い…110(1)
 2.化学療法への誘い(2)…259(2)
 3.昭和30年代の内科細菌研究室の状況回顧…486(3)
 4.喀痰との格闘と陽気な助っ人,そして抗ウイルス薬…672(4)
 5.初期の化学療法との出会いを振り返って…838(5)
 6.喀痰内細胞定量培養法の導入…1008(6)
 7.気管支局所採痰法とインフルエンザ菌…1164(7)
 8.気管支局所採痰法のもたらしたもの…1314(8)
 9.想い出の人々(1)…1452(9)
 10.想い出の人々(2)…1600(10)
 11.喀痰中抗生物質濃度について…1758(11)
 12.広領域ペニシリン薬開発が花盛りの頃の想い出…1924(12)


▽化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介
 第1回…263(2)
 第2回…674(4)
 第3回…841(5)
 第4回…1012(6)
 第5回…1166(7)
 第6回…1316(8)
 第7回…1454(9)
 第8回…1602(10)
 第9回…1761(11)
 第10回…1926(12)


▽原著
 シプロフロキサシン(CPFX)シークエンシャル療法が奏効した肺炎随伴性胸膜炎の1例…657(4)
 JA高知病院で分離された緑膿菌の抗菌薬に対する感受性について-臨床的ブレイクポイントからの検討-…663(4)
 キャンディン系抗真菌薬(ミカファンギン;MCFG)投与中に発症したC. albicans 菌血症の1例…823(5)
 小児中耳炎に対する抗菌薬投与に伴う下痢症への対応…829(5)
 レクシヴァ®錠(ホスアンプレナビルカルシウム水和物錠)の日本人健康成人男性における薬物動態試験…995(6)
 外科領域感染症に対するメシル酸パズフロキサシンの治療効果の検討…1301(8)
 A case of liver abscess in which pazufloxacin was effective-Relationship to PK/PD theory for new quinolones
   (パズフロキサシンが奏効した肝膿瘍の1例~ニューキノロン系薬のPK/PD理論を踏まえて~)…1443(9)
 スルバクタム/アンピシリン投与無効の市中肺炎に対する注射用シプロフロキサシンの有用性…1587(10)
 インフルエンザ時の咳および鼻汁に対するクラリスロマイシンの効果…1915(12)

化学療法の領域第22巻総目次2006年平成18年連載別目次


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ