トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2010年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2010年12月号(Vol.26 No.12)
特集 環境,生態の変動と感染症
■2010年11月号(Vol.26 No.11)
特集 産婦人科感染症の今日的問題と対応(妊婦における感染症の予防治療を含めて)
■2010年10月号(Vol.26 No.10)
特集 ヘルペスウイルス科ウイルスによる感染症のすべて
■2010年9月号(Vol.26 No.9)
特集 バイオフィルム形成とクオラムセンシング
■2010年8月号(Vol.26 No.8)
特集1 連鎖球菌感染症とその関連疾患
特集2 感染症専門家の育成
■2010年7月号(Vol.26 No.7)
特集 1日1回投与時代の抗菌化学療法
■2010年6月号(Vol.26 No.6)
特集 潜伏感染と再活性化
■2010年5月号(Vol.26 No.5)
特集 病原微生物検出法 up to date
■2010年4月号(Vol.26 No.4)
特集 抗真菌薬の基礎と臨床 -今日の考え方-
■2010年3月号(Vol.26 No.3)
特集 マクロライドの COPD・炎症性呼吸器疾患治療への展開
■2010年2月号(Vol.26 No.2)
特集 今後留意すべき感染症
■2010年1月号(Vol.26 No.1)
特集 非定型肺炎の診断と治療
■2010年 増刊号(Vol.26 S-1)
呼吸器感染症 最新知見A to Z
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域

第26巻 総目次
2010年(平成22年)

□連載別目次□


・数字は通巻ページ
・( )内は掲載号

グラフィック/微生物の検査診断
グラフィック/ウイルスの今日的意味
私達の研究
医療関連感染対策Q & A
感染症の看護とケアのポイント
抗菌薬の選択と使い方 呼吸器科領域
新興・再興感染症への対策を目指した海外研究拠点の紹介
私の感染症研究を振り返って
エッセイ
化学療法エッセイ
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介
原著


▽グラフィック/微生物の検査診断
14.市中感染型MRSA…3(1)
15.新型インフルエンザウイルスの感染診断検査と薬剤耐性株検出検査…177(2)
 


▽グラフィック/ウイルスの今日的意味
1.基礎ウイルス学の観点から(1)
 ウイルスのトロピズム…353(3)
2.臨床ウイルス学の観点から(1)
 新型インフルエンザの臨床的特長…525(4)
3.基礎ウイルス学の観点から(2)
 ウイルス感染のセンサーとインターフェロン…743(5)
4.臨床ウイルス学の観点から(2)
 RSウイルスとヒトメタニューモウイルス感染症…1161(6)
5.基礎ウイルス学の観点から(3)
 ウイルスのリバースジェネティクス…1343(7)
6.臨床ウイルス学の観点から(3)
 ヒトパルボウイルスB19感染症のさまざまな病態…1557(8)
7.基礎ウイルス学の観点から(4)
 エマージングウイルスと未同定ウイルスの検索…1747(9)
8.臨床ウイルス学の観点から(4)
 血液幹細胞移植時のウイルス感染症…1945(10)
9.基礎ウイルス学の観点から(5)
 パンデミック・インフルエンザ…2163(11)
10.臨床ウイルス学の観点から(5)
 ウイルス性母子感染症…2353(12)


▽私達の研究
82.細菌のべん毛モーターの新展開 ~自然界のハイブリッドモーター~…90(1)
83.ヘルペスウイルス学のエッセンス…265(2)
84.腸内細菌とガス…444(3)
85.黄色ブドウ球菌の感染機構の解析…670(4)
86.ノロウイルスプロテアーゼの構造と機能…835(5)
87.細菌感染によって誘導されるカスパーゼ-1活性化と炎症応答…1274(6)
88.抗インフルエンザウイルス薬の開発…1477(7)
89.基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生菌の新展開 ~耐性菌は健常人からも分離される~…1677(8)
90.新規の抗菌性生体材料の開発…1869(9)
91.変化を遂げる耐性菌感染症とその対策…2085(10)
92.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の細胞壁合成阻害剤感受性に関与する因子についての研究…2272(11)
93.インフルエンザウイルス肺炎と細菌感染の合併による重症化機序…2460(12)


▽医療関連感染対策Q & A
第8回…100(1)
第9回…272(2)
第10回…450(3)
第11回…678(4)
第12回…843(5)
第13回…1282(6)
第14回…1488(7)
第15回…1685(8)
第16回…1875(9)


▽感染症の看護とケアのポイント
1.感染看護師の役割の紹介と脾臓摘出後の感染予防のケアのポイント…2094(10)
2.高齢者に多い感染症の看護とケアのポイント…2282(11)
3.NICUで多い感染症の予防と看護ケアのポイント…2468(12)


▽抗菌薬の選択と使い方 呼吸器科領域
7.肺がんに合併した感染症と抗菌薬の選択…103(1)
8.肺結核における抗菌薬の選択…279(2)
9.非結核性抗酸菌症における抗菌薬の選択…456(3)
10.気管支喘息と感染症の関連…680(4)
11.びまん性汎細気管支炎と抗菌薬の選択…847(5)
12.耐性菌による呼吸器感染症の治療…1285(6)
13.慢性閉塞性肺疾患と抗菌薬の適応…1491(7)
14.誤嚥性肺炎と抗菌薬の適応…1688(8)
15.胸膜炎・膿胸と抗菌薬の選択…1879(9)
16.器質化肺炎と感染症の接点…2101(10)
17.慢性緑膿菌感染症の治療戦略…2288(11)
18.レスピラトリーキノロンの使い分け…2475(12)


▽新興・再興感染症への対策を目指した海外研究拠点の紹介
6.岡山大学インド感染症共同研究センター(岡山大学インド拠点)…116(1)
7.北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターザンビア拠点における研究活動紹介…291(2)
8.東京大学医科学研究所『中国における感染症研究拠点プロジェクト』…466(3)
9.西アフリカ地域に根付いた感染症研究の遂行と今後の展望 -ガーナ野口記念医学研究所・東京医科歯科大学拠点がめざすもの-…687(4)


▽私の感染症研究を振り返って
1.研究教育生活を終えて想う…856(5)
2.感染・免疫・エンドトキシン…1294(6)
3.細菌の酵素・遺伝子・ゲノム研究の世紀…1500(7)
4.抗酸菌に魅せられて(1)…1696(8)
5.抗酸菌に魅せられて(2)…1886(9)
6.抗酸菌に魅せられて(3)…2108(10)
7.私の感染症研究の回想…2297(11)
8.構成的病原因子…2484(12)


▽エッセイ
247.イヌを飼うことについての一考察…122(1)
248.“ヒポクラテスの木”とプラタナス…300(2)
249.私と感染症のかかわり…474(3)
250.趣味は料理?…694(4)
251.臨床薬剤師を育てるための薬学教育…858(5)
252.医療廃棄物について思うこと…1296(6)
253.満開の桜と雪…1506(7)
254.人間の豊かさと日本…1700(8)
255.微生物を通しての国際協力に想う…1894(9)
256.茶道部の思い出…2116(10)
257.個人情報の話…2302(11)
258.専門医と非専門医の間で -恩師の背中を追いかけて-…2488(12)


▽化学療法エッセイ
48.成人のワクチンについて(3)-肺炎球菌7価結合ワクチンと石田 名香雄先生の想い出-…124(1)
49.感染症-過去,現在,未来(自己史を中心に)…304(2)
50.感染症-過去,現在,未来(自己史を中心に・その2)…476(3)


▽化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介
第47回… 128(1)
第48回… 306(2)
第49回… 478(3)
第50回… 696(4)
第51回… 862(5)
第52回…1298(6)
第53回…1509(7)
第54回…1702(8)
第55回…1896(9)
第56回…2118(10)
第57回…2304(11)
第58回…2490(12)


▽原著
新潟県立新発田病院内科におけるリポソーマルアムホテリシンBの臨床的検討…826(5)
自治医科大学附属病院呼吸器内科におけるTazobactam/piperacillinの使用経験…1470(7)
肺炎球菌におけるキノロン耐性の現状-薬剤感受性および耐性遺伝子解析による評価-…1861(9)
入院肺炎症例に対するタゾバクタム/ピペラシリン(TAZ/PIPC)の有効性と安全性に関する検討…2252(11)
当院(山本第三病院)の分離緑膿菌の薬剤感受性と本菌の薬剤耐性化システム…2263(11)
呼吸器感染症患者におけるモキシフロキサシン血漿中薬物動態の検討…2452(12)



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ