トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年

2011年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2011年12月号(Vol.27 No.12)
特集 インフルエンザ -その現状と対応-
■2011年11月号(Vol.27 No.11)
特集 在宅・通院患者における感染症の予防と治療
■2011年10月号(Vol.27 No.10)
特集1 各種感染症への抗菌薬選択と使用の今日的留意点
特集2 MRSA感染症の新規治療薬 -ダプトマイシン-
■2011年9月号(Vol.27 No.9)
特集 新たなゲノムベースの感染症診断 -開発の現状,応用と展望-
■2011年8月号(Vol.27 No.8)
特集 耳鼻咽喉科領域の感染症と対応
■2011年7月号(Vol.27 No.7)
特集 今日的話題の多剤耐性菌の動向と対策
■2011年6月号(Vol.27 No.6)
特集 結核菌と結核を巡る新たな知見
■2011年5月号(Vol.27 No.5)
特集 難治化する小児感染症の今日的問題と対応
■2011年4月号(Vol.27 No.4)
特集 感染性胃腸炎の診断,治療,伝播予防
小特集 呼吸器感染症ガイドラインの評価と今後の課題
■2011年3月号(Vol.27 No.3)
特集 HIV感染症の治療法up to date
■2011年2月号(Vol.27 No.2)
特集 ヒトパピローマウイルス感染症の基礎と臨床
■2011年1月号(Vol.27 No.1)
特集 口腔内細菌の全身疾患への関わり
小特集 病原体の適正管理と輸送の現状と課題
■2011年 増刊号(Vol.27 S-1)
がん化学療法の進歩
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2011年総目次



化学療法の領域 2011年1月号(Vol.27 No.1)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・11 基礎ウイルス学の観点から(6)
アルボウイルス
森田公一・岡本健太
巻頭言
個別化投薬 -過去,現在,未来- 全文無料
谷川原祐介
特集 口腔内細菌の全身疾患への関わり
[企画:日本大学歯学部細菌学教室
     日本大学総合歯学研究所生体防御部門 教授 落合 邦康]
序 口腔感染症の意味論 -口腔内細菌による全身疾患と口腔ケア-
落合邦康
1.口腔内細菌の全身疾患への関わり
  -新たな視点から口腔ケアを考えるために-
落合邦康
2.口腔細菌叢と高齢者の感染症
山下喜久・柴田幸江・竹下 徹
3.口腔内細菌とピロリ菌感染症
米澤英雄・神谷 茂
4.口腔内細菌とウイルス感染症
  -歯周病原菌によるエピジェネティック制御を介する潜伏HIVの再活性化機構-
今井健一・落合邦康
5.歯周病原性細菌と動脈硬化症
石原和幸
6.口腔内細菌と自己免疫疾患
菊池 賢
7.口腔内真菌と全身疾患
長 環・上西秀則
8.口腔内細菌とがん
宮崎裕司・草間 薫
小特集 病原体の適正管理と輸送の現状と課題
[企画:国立感染症研究所バイオセーフティ管理室 室長 杉山 和良]
序 -改正感染症法とバイオリスクマネジメント-
杉山和良
1.感染症法に基づく病原体管理制度の現状等について
森田剛史
2.病原体の適正管理 -取扱施設における管理システム-
杉山和良
3.結核菌の保管と運搬 -医療機関への教育訓練と結核菌運搬の経験より-
鹿住祐子
4.病原体輸送の現状と課題
伊木繁雄
5.バイオリスク管理の国際動向
重松美加
連 載
 私達の研究(94)
Sepsis診断におけるプロカルシトニンの意義
藤島清太郎
 新連載 化学療法薬臨床試験情報(1)
イナビル®吸入粉末剤20mg (ラニナミビルオクタン酸エステル水和物)
中川博雄・北原隆志
 感染症の看護とケアのポイント(4)
褥瘡の感染予防と発生時のケアのポイント
仲上豪二朗
 抗菌薬の選択と使い方 呼吸器科領域(19)
院内肺炎と抗菌薬の選択
藤田次郎
 私の感染症研究を振り返って(9)
「生きているが培養できない状態」の細菌
 -培養した細菌と自然環境内の細菌-
天児和暢
 エッセイ(259)
熱帯雨林の中の近代都市国家
伊藤嘉明
 化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(59)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗生物質略号早見表  全文無料
真菌症フォーラム第12回学術集会開催のお知らせ 全文無料
バックナンバー 全文無料
2月号予告 全文無料
お詫びと訂正(化学療法の領域 2010年12月号) 全文無料



化学療法の領域 2011年2月号(Vol.27 No.2)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・12 臨床ウイルス学の観点から(6)
水痘と帯状疱疹
吉川哲史
巻頭言
感染と宿主の反応 全文無料
工藤翔二
特 集 ヒトパピローマウイルス感染症の基礎と臨床
[企画:自治医科大学医学部産科婦人科学講座教授 鈴木 光明]
序 -ヒトパピローマウイルス(HPV)と子宮頸がん,HPVワクチン-
鈴木光明
1.HPV感染の疫学
松本光司
2.HPVによる子宮頸がん発生の分子機構
井上正樹
3.HPVによる子宮頸がん発がん機序
清野 透
4.HPV感染によって発生する子宮頸がん以外の疾患
鹿股直樹・小塚祐司・森谷卓也
5.HPVに対する免疫応答と子宮頸部発がん
笹川寿之
6.子宮頸がんの予防につながるHPV L1 VLPワクチンの開発
田村 忍・野呂信弘
7.HPVワクチンの最新情報
吉川裕之
8.次世代のHPVワクチン
川名 敬
9.HPV DNA検査
今野 良・岩成 治
第8回 URIEM報告集
舘田一博・丸山裕美子・兼定啓子・宇野芳史・上出洋介
松原茂規・山中 昇・横田俊平・豊永義清・林 達哉
工藤典代・菊田英明・余田敬子・鈴木賢二・岩永康成
遠藤廣子・成相昭吉・保富宗城
連載
 私達の研究(95)
HLAクラス I 拘束性細胞傷害性T細胞の免疫選択圧とHIVの進化
端本昌夫・滝口雅文
 化学療法薬臨床試験情報(2)
ファビピラビル(T-705)
中川博雄・佐々木均
 感染症の看護とケアのポイント(5)
B型/C型肝炎患者の看護ケアのポイント
塚本容子
 私の感染症研究を振り返って(10)
T細胞を活性化して病原性を発揮する
 スーパー抗原活性をもつ細菌毒素に魅せられて
  (1)トキシックショック症候群の発症機序の解析
内山竹彦
 エッセイ(260)
星の国から
山本直樹
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(60)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗生物質略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
3月号予告 全文無料
 ~お知らせ~ 今月号の連載「抗菌薬の選択と使い方 呼吸器科領域」は休載いたします。



化学療法の領域 2011年3月号(Vol.27 No.3)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・13 基礎ウイルス学の観点から(7)
がんウイルス
安永純一朗・松岡雅雄
巻頭言
研究の進め方と価値 全文無料
小熊惠二
特集 HIV感染症の治療法up to date
[企画:独立行政法人国立国際医療研究センター
       エイズ治療・研究開発センター センター長 岡 慎一]
序 -HIV感染症の治療法の進歩-
岡 慎一
1.最新のDHHS治療ガイドライン
松下修三
2.将来の治療ガイドラインの方向
塚田訓久
3.抗HIV薬の薬物相互作用
千田昌之
4.小児に対するHIV感染症治療の新たな問題点
齋藤昭彦
5.母子感染予防
五味淵秀人
6.HIV感染者における生活習慣病への対処
南 留美
7.HIV検査およびHIV関連検査
加藤真吾
8.薬剤耐性検査の現状と課題
服部純子・杉浦 亙
鼎 談
HIV療法の進歩と今後の展望
木村 哲(司会)・岡 慎一・今村顕史
原 著
治療に難渋した多系統萎縮症に真菌性眼内炎を合併した1例
 -文献的考察を踏まえ-
浜田幸宏・宮川沙織・田中由香・市邉義章・二本柳伸
狩野有作・望月秀樹・久米 光・黒山政一
急性感染症に対するマクロライドの新たな展開
 -MICにとらわれない感染症治療薬マクロライド-
笠原 敬・三笠桂一
パズフロキサシン注射液の新用量
 -1回1,000mg 1日2回-
戸塚恭一
ジェニナック錠による呼吸器感染症に対する症状改善効果
渡辺 彰・河野 茂・小林宏行
連 載
 私達の研究(96)
マラリアの遺伝疫学研究 -フィールドから実験室へ行ったり来たり-
石上盛敏・狩野繁之
 感染症の看護とケアのポイント(6)
妊婦に多い感染症 -予防とケアのポイント-
儀宝由希子
 抗菌薬の選択と使い方 呼吸器科領域(20)〔最終回〕
最近話題の耐性菌による呼吸器感染症のトピックス
舘田一博
 私の感染症研究を振り返って(11)
T細胞を活性化して病原性を発揮する
 スーパー抗原活性をもつ細菌毒素に魅せられて
  (2)バーネット免疫学の証明と新生児版トキシック症候群の解明
内山竹彦
エッセイ(261)
ヒトと病原体の力比べ
島尾忠男
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(61)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗生物質略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
4月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年4月号(Vol.27 No.4)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・14 臨床ウイルス学の観点から(7)
Epstein-Barrウイルスのさまざまな病態
前田明彦・佐藤哲也・藤枝幹也・脇口 宏
巻頭言
獣医学からみた感染症の昨今 全文無料
小崎俊司
特 集 感染性胃腸炎の診断,治療,伝播予防
[企画:長崎大学大学院・医歯薬学総合研究科・感染免疫学講座 教授 中込 治]
序 -感染性胃腸炎の診断と治療へのアプローチ-
中込 治
1.カンピロバクター腸炎・非チフス性サルモネラ症・腸炎ビブリオ腸炎
相楽裕子
2.腸チフス・パラチフス,細菌性赤痢,コレラ
大西健児
3.病原性大腸菌感染症
戸邉 亨
4.偽膜性腸炎
森永芳智・栁原克紀
5.ウイルス性胃腸炎
中込とよ子
6.アメーバ赤痢やクリプトスポリジウム症の現状と最新の知見
原田倫世・濱野真二郎
7.感染性胃腸炎と上下水道の衛生工学的管理
佐野大輔
小特集 呼吸器感染症ガイドラインの評価と今後の課題
[企画:東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門 教授 渡辺 彰]
序 -呼吸器感染症診療ガイドラインのこれまでと今-
渡辺 彰
1.わが国の呼吸器感染症ガイドラインは今後,どこへ向かうのか
 -肺炎の分類の再編成-
朝野和典
2.市中肺炎ガイドライン
健山正男
3.気道感染症ガイドライン
山本善裕
4.院内肺炎
石田 直
5.医療ケア関連肺炎
進藤有一郎・長谷川好規
座談会
新しい肺炎概念-HCAPの位置付けと治療戦略を探る
 -米国と日本の視点から- 日本版ガイドライン(NHCAP)はどうあるべきか
河野 茂・MarinH.Kollef・朝野和典・門田淳一・進藤有一郎
連 載
 私達の研究(97)
健常人におけるCTX-M型基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生菌の広がり
平井 到・山本容正
 感染症の看護とケアのポイント(7)
MRSA保菌患者・感染患者の看護とケアのポイント
渡邉都貴子
 新連載 抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域
連載開始にあたって 全文無料
小野寺昭一
泌尿器科領域における尿路分離菌の動向と抗菌薬感受性の推移
石川清仁
 私の感染症研究を振り返って(12)
T細胞を活性化して病原性を発揮する
 スーパー抗原活性をもつ細菌毒素に魅せられて
  (3)「幻の疾患」泉熱とスーパー抗原の出会い
内山竹彦
 エッセイ(262)
感染症シネマクラブ
濱田篤郎
 化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(62)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗生物質略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
5月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年5月号(Vol.27 No.5)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・15 基礎ウイルス学の観点から(8)
ウイルスベクターと遺伝子治療
水口裕之・櫻井文教
巻頭言
化学療法剤の適正使用を考えよう 全文無料
櫻井 純
特集 難治化する小児感染症の今日的問題と対応
[企画:千葉大学医学部附属病院小児科 講師 石和田 稔彦]
序 -なぜ小児の感染症は難治化しているのか-
石和田稔彦
1.細菌性髄膜炎
深沢千絵
2.咽頭・扁桃炎
菊田英明
3.急性中耳炎
矢野寿一
4.気管支肺感染症
井上紳江
5.皮膚軟部組織感染症
大石智洋
6.尿路感染症
勝田友博・齋藤昭彦
7.感染性心内膜炎
吉永正夫
8.小児感染症難治化の外的因子
大塚岳人
9.小児感染症難治化の内的因子
水上智之
原 著
当院における3年間の大腸菌,肺炎桿菌と緑膿菌に対する
 抗菌薬の薬剤感受性の推移と抗菌薬選択に関する検討
宮﨑博章
当科での成人市中肺炎におけるガレノキサシン(ジェニナック®)の使用状況について
北 英夫・谷村和哉・西原祐美・片山優子・伏屋芳紀
高橋珠紀・金光禎寛
連載
 私達の研究(98)
カンピロバクターの簡便・迅速検査法の開発研究
山崎伸二
 感染症の看護とケアのポイント(8)
多剤耐性菌感染の予防と感染症の看護ケアのポイント
前田ひとみ
 抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(2)
急性単純性尿路感染症における抗菌薬の選択と使い方
田中一志・藤澤正人
 私の感染症研究を振り返って(13)
T細胞を活性化して病原性を発揮するスーパー抗原活性をもつ細菌毒素に魅せられて
 (4)増え続けるレンサ球菌スーパー抗原と黄色ブドウ球菌スーパー抗原など
内山竹彦
 エッセイ(263)
研究秘話 -まぼろしの?新菌種名Legionella nagasakiensis
斎藤 厚
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(63)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
財団法人 日本抗生物質学術協議会奨励賞 平成23年度募集要項 全文無料
バックナンバー 全文無料
6月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年6月号(Vol.27 No.6)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・16 臨床ウイルス学の観点から(8)
ヒトパピローマウイルス(HPV)感染と子宮頸がん
西川 鑑
巻頭言
日本の治療は一流か? 全文無料
渡辺晋一
特集 結核菌と結核を巡る新たな知見
[企画:京都大学大学院医学研究科微生物感染症学 教授 光山 正雄]
序 -結核菌と結核:新知見から学ぶもの-
光山正雄
1.ゲノム配列にもとづく結核菌群の発生と進化の理解
和田崇之・前田伸司
2.結核菌ゲノムの分子疫学的応用
御手洗聡
3.抗酸菌遺伝子発現のDNAアレイ解析
大原直也
4.結核菌細胞壁糖脂質の生合成と免疫認識
服部祐季・杉田昌彦
5.結核菌感染における自然免疫機構-認識と免疫応答-
財賀大行・竹田 潔
6.結核菌ファゴソームの成熟阻害機構
瀬戸真太郎・辻村邦夫・小出幸夫
7.QFTの効用と限界-QFT数値の意味するもの-
樋口一恵
8.新たな結核バイオマーカーへのアプローチ
  -バイオマーカー研究の現状と展開-
櫻田紳策・田中崇裕・慶長直人
原 著
臍帯血移植における経口抗菌薬(モキシフロキサシン)の有効性と安全性の検討
岡田昌也
連 載
 私達の研究(99)
薬剤排出ポンプによる細菌多剤耐性化・病原性発現制御
西野邦彦
 感染症の看護とケアのポイント(9)
手術部位感染予防と感染発生時の看護ケアのポイント
平松玉江
 抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(3)
複雑性尿路感染症における抗菌薬の選択と使い方
高橋 聡
 私の感染症研究を振り返って(14)
下痢原因菌の研究半世紀
 (1)腸炎ビブリオの研究
竹田美文
 エッセイ(264)
仙台のマングローブ
永井英明
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(64)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
財団法人 日本抗生物質学術協議会奨励賞 平成23年度募集要項 全文無料
バックナンバー 全文無料
7月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年7月号(Vol.27 No.7)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・17 基礎ウイルス学の観点から(9)
ワクチン開発の理論
俣野哲朗
巻頭言
すべての国民にB型肝炎ワクチンを 全文無料
四柳 宏
特 集 今日的話題の多剤耐性菌の動向と対策
[企画:北里大学感染制御研究機構 井上 松久]
序 -多剤耐性感染症の動向と今後の対策-
井上松久
1.わが国の医療機関における臨床分離細菌の多剤耐性化の現状とその対応
(1)多剤耐性アシネトバクターやESBL産生菌の検出について
長野則之・長野由紀子
(2)北部九州地区におけるESBL産生菌等多剤耐性菌の
  検出動向とその要因分析
村谷哲郎
(3)市中病院における多剤耐性菌の現状 -当センターの現状-
野竹重幸・三井真由美・近藤寿恵・玉井清子・村松紘一
柳沢英二
2.わが国の大学(教育)病院における感染症への対応
(1)ESBLを中心に
矢野寿一
(2)大学(教育)病院におけるMDRPへの対応
  -アウトブレイクを未然に防ぐために-
佐々木淳一
(3)多剤耐性アシネトバクターのアウトブレイク事例と感染対策
髙田 徹
3.多剤耐性菌出現の遺伝的背景とその問題点
岡本了一
4.感染制御領域における人材育成の取り組み
(1)現場対応型の感染症専門家の人材育成について
松永直久
(2)大学医学部における感染症学講座設立の意義と本講座の現状
小田切繁樹
鼎 談
日本版 Nursing and Health-care-associated pneumonia (NHCAP)
 ガイドラインにより肺炎治療が変わる
河野 茂・朝野和典・進藤有一郎
原 著
小児の皮膚感染症に対するクラバモックス®小児用ドライシロップの臨床評価
 -伝染性膿痂疹を中心に-
今福信一・中山樹一郎
リポソーマルアムホテリシンB(L-AMB)の臨床的有用性に関する検討
籠橋克紀・大原 元・山田英恵・栗島浩一・近藤 匡
宮崎邦彦・棚井尚登・大森めぐみ・大橋利恵・石川博一
佐藤浩昭
血中濃度シミュレーションによる緑膿菌PAO-1株に対する
 点滴用β-ラクタム系抗菌薬の殺菌力の比較
富田 勉・貞方久人・本尾 眞・井上松久
連 載
 私達の研究(100)
病院環境における細菌の生残と院内感染の発生
平井義一・笹原鉄平・吉村 章・森澤雄司・下村裕史
林 俊治
 感染症の看護とケアのポイント(10)
尿路感染症の予防と感染発症時の看護ケアのポイント
内海桃絵
 私の感染症研究を振り返って(15)
下痢原因菌研究半世紀
 (2)毒素原性大腸菌の研究
竹田美文
 エッセイ(265)
誤嚥性肺炎から考える
坂谷光則
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(65)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
8月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域」は休載いたします。



化学療法の領域 2011年8月号(Vol.27 No.8)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・18 基礎ウイルス学の観点から(9)
ロタウイルス胃腸炎とロタウイルスワクチン
中込 治・中込とよ子
巻頭言
予期せぬこと 全文無料
渡邉治雄
特集 耳鼻咽喉科領域の感染症と対応
[企画:長崎大学病院薬剤部 教授・薬剤部長 佐々木 均]
序 -病原体侵入の最前線,耳鼻咽喉科領域の課題-
佐々木均
1.中耳炎
黒野祐一
2.鼻副鼻腔炎
工藤典代
3.咽頭炎
吉原俊雄
4.扁桃炎
藤澤利行・鈴木賢二
5.扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍
川内秀之
6.喉頭炎
市村恵一
7.深頸部感染症
菊地 茂・大畑 敦
原 著
各種感染症に対する療養型病床におけるモキシフロキサシン塩酸塩錠の
 簡易懸濁法投与による有用性の検討
高久千仁勢・日高隆信
Garenoxacinが奏効したLegionella pneumophila 肺炎の1例
窪田 剛
マウスモデルを用いたA型インフルエンザウイルス感染症に対する
 漢方製剤「銀翹散」の治療効果の検討
田中章貴・関 雅文・三宅美行・小佐井康介・朝野和典
桐本 吏・河野 茂
連 載
 私達の研究(101)
ボツリヌス毒素の研究 -腸管上皮バリア突破機構の解明をめざして-
藤永由佳子
 感染症の看護とケアのポイント(11)
造血幹細胞移植患者における感染症の予防と感染発生時の看護ケアのポイント
菅野かおり
 抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(4)
重症腎感染症における抗菌薬の選択と使い方
庄 武彦・松本哲朗
 私の感染症研究を振り返って(16)
下痢原因菌研究半世紀
 (3)腸管出血性大腸菌の研究
竹田美文
 エッセイ(266)
朝型と夜型について
上田孝典
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(66)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
9月号予告 全文無料
お詫びと訂正(化学療法の領域2011年7月号) 全文無料



化学療法の領域 2011年9月号(Vol.27 No.9)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・19 基礎ウイルス学の観点から(10)
抗ウイルス薬の開発
馬場昌範
巻頭言
感染症治療における薬剤師の活躍を期待 全文無料
木津純子
特 集 新たなゲノムベースの感染症診断 -開発の現状,応用と展望-
[企画:大阪大学微生物病研究所 特任教授 飯田 哲也]

序 -感染症診断法の新天地-
飯田哲也
1.次世代シークエンサーを用いた腸内細菌叢のゲノム研究
服部正平
2.ヒト口腔細菌叢の分子生態
坂本光央
3.臨床所見から原因病原体を絞り込めない不明感染症の検査
江崎孝行・水野卓也・林 将大・吉田 滋・張 継偉
大楠清文
4.16S rRNA遺伝子クローンライブラリー解析法-臨床への応用-
福田和正・谷口初美
5.呼吸器感染症病原体のゲノムベース検出法
髙橋 孝
6.DTS法を用いたメルケル細胞ポリオーマウイルスの発見
習田昌裕・馮 會臣
7.抗酸菌同定における遺伝子同定法と16S rRNAゲノムシークエンスによる強化
吉田志緒美・鈴木克洋
8.ウイルスの網羅的検出法(RDV法)の確立と応用
前田 健・水谷哲也
9.感染症のメタゲノミック診断
中村昇太・中屋隆明・飯田哲也
10.超高速シークエンサーによる病原体検索
黒田 誠
原 著
肺炎患者に対するモキシフロキサシンとガレノキサシンの有用性の検討
 -レトロスペクティブな検討結果-
横井 崇・鳥居芳太郎・片芝雄一・稲垣詔子・木畑佳代子
林 美奈・米津精文・野村昌作
小児MRSA感染症に対するLZDの使用経験
浜田幸宏・関めぐみ・田村和敬・尾鳥勝也・松原 肇
花木秀明・黒山政一・矢後和夫・砂川慶介
連載
 私達の研究(102)
血液腫瘍患者におけるインフルエンザワクチン接種とその効果
髙田 徹・鈴宮淳司
 感染症の看護とケアのポイント(12)
中心血管カテーテル関連血流感染の診断と予防のポイント
土田敏恵
 抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(5)
カテーテル関連尿路感染症の予防と抗菌薬投与
上原慎也
 私の感染症研究を振り返って(17)
下痢原因菌研究半世紀
  (4)コレラ菌の研究
竹田美文
 エッセイ(267)
山光無古今
國島広之
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(67)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
10月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年10月号(Vol.27 No.10)



グラフィック連載
 ウイルスの今日的意味・20 臨床ウイルス学の観点から(10)
ウイルス性脳炎・急性脳症
塩見正司
巻頭言
感染症治療のゴールは何か 全文無料
川名 尚
特集1 各種感染症への抗菌薬選択と使用の今日的留意点
  [企画:東京女子医科大学感染対策部感染症科 教授 戸塚 恭一]
序 -感染症に対する抗菌薬の選択と治療-
戸塚恭一
1.世界とわが国の多剤耐性菌の現状と問題点
松本哲哉
2.世界における新規抗菌薬開発の現状と方向性
舘田一博
3.市中肺炎 -外来治療の注意点と治療薬-
藤田次郎
4.院内肺炎 -人工呼吸器使用-
山田康一・栁原克紀
5.血流感染症の診断と治療
長尾美紀
6.感染性心内膜炎の治療
平井由児
7.尿路感染症の治療 -ESBL産生菌への対応など-
松本正広・松本哲朗
8.皮膚・軟部組織感染症の治療
渡辺晋一
9.免疫抑制患者の全身性真菌感染症の予防と治療の留意点
神田善伸
10.Pneumocystis jiroveci 肺炎(PCP)の予防と治療の留意点
相野田祐介
特集2 MRSA感染症の新規治療薬 -ダプトマイシン-
  [企画:慶應義塾大学 名誉教授 相川 直樹]
序 -MRSA感染症の新規治療薬:ダプトマイシン-
相川直樹
1.わが国におけるMRSA感染症の現状と問題点
草地信也・桐林孝治
2.ダプトマイシン -新しい抗MRSA薬の開発の歴史と特徴-
河野 茂
3.血液および皮膚感染症由来MRSA臨床分離株のダプトマイシンに対する感受性
池田文昭・松崎 薫・天野綾子・長谷川美幸・横川瑠璃子
4.ダプトマイシン(MK-3009)の第 I 相単回および反復静脈内投与試験
長谷川節雄・三木 恵・温 恵子・青木郁夫
5.ダプトマイシン国内第 III 相試験成績と海外データ
相川直樹・佐々木淳一
6.MRSA血流感染症におけるダプトマイシンの有用性
   -海外の知見を中心に-
田村和夫
7.ダプトマイシンの皮膚・軟部組織感染症に対する有効性と安全性
   -海外の知見を中心に-
竹末芳生
8.ダプトマイシンによる治療期間と医療経済効果に関する海外のエビデンス
三鴨廣繁・山岸由佳
連 載
 私達の研究(103)
薬剤耐性結核の迅速診断法の開発
切替照雄
 感染症の看護とケアのポイント(13)
人工呼吸器関連肺炎(VAP)の予防と感染発生時の看護のポイント
小林美和
 抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(6)
小児尿路感染症における抗菌薬の選択と使い方
浅沼 宏・大家基嗣
 私の感染症研究を振り返って(18)
下痢原因菌研究半世紀
 (5)JICA/NICEDプロジェクトと岡山大学プロジェクト
竹田美文
 エッセイ(268)
伊豆蓮台寺と吉田松陰
大曲貴夫
 化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(68)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
真菌症フォーラム第13回学術集会演題募集のお知らせ 全文無料
バックナンバー 全文無料
11月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年11月号(Vol.27 No.11)



グラフィック連載
ウイルスの今日的意味・21 基礎ウイルス学の観点から(11)〔最終回〕
新しく発見されたアデノウイルスと流行性角結膜炎
田川義継
巻頭言
System Design Managementと医薬研究開発 全文無料
小林 治
特 集 在宅・通院患者における感染症の予防と治療
 [企画:桜みちクリニック 院長 永武  毅]
序 -在宅・通院患者における感染症の予防と治療-
永武 毅
1.小児を中心に -在宅・通院患者における感染症の予防と治療について-
朽名 悟・星野 直
2.高齢者を中心に -在宅・通院患者における感染症の予防と治療について-
真崎宏則
3.外来診療における感染症の予防と治療について
三木 誠・渡辺 彰
4.呼吸器病原菌の耐性菌激増の背景,家庭内感染について
秦 亮・渡邊 浩
5.在宅・通院患者における外科系感染症の予防と治療について
荒川創一
6.泌尿器病原菌の耐性菌激増の現状と背景について
高橋 聡
7.在宅医療における褥瘡の治療と感染対策 -ラップ療法を中心に-
鳥谷部俊一
8.在宅医療における感染症の管理と予防に対する今後の展望 -行政の立場から-
鈴木幹三・山本洋行・矢野久子
連載
私達の研究(104)
感染症と国際貢献,国際支援
山本太郎
感染症の看護とケアのポイント(14)
透析患者への感染症予防と感染症罹患時の看護のポイント
三橋睦子
抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(7)
産婦人科手術における予防的抗菌薬投与
岩破一博
私の感染症研究を振り返って(19)
(1)ウイルスの狩人 -私の感染症研究歴-
茂田士郎
エッセイ(269)
Pennsylvania研修にて
浜田幸宏
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(69)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
12月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年12月号(Vol.27 No.12)



グラフィック連載
新連載 目で見る真菌と真菌症
連載開始にあたって 全文無料
亀井克彦
1.真菌の新分類
矢口貴志
巻頭言
21世紀初のパンデミックインフルエンザ終焉にあたって 全文無料
鈴木 宏
特集 インフルエンザ -その現状と対応-
[企画:国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター
       センター長 田代 眞人・第5室 室長 山本 典生]
序 -One fluの概念に基づいたインフルエンザ対策-
白倉雅之・田代眞人
1.インフルエンザ流行の世界的動向
押谷 仁
2.動物インフルエンザの現状と対応
伊藤壽啓
3.インフルエンザウイルスの病原性
堀本泰介
4.インフルエンザの臨床
池松秀之・河合直樹
5.インフルエンザ重症化と脳症の分子機構
矢野仁康・木戸 博
6.インフルエンザ検査法の現状と動向
影山 努
7.インフルエンザワクチンの効果
庵原俊昭
8.細胞培養インフルエンザワクチンの開発
山本典生
9.経鼻投与型インフルエンザワクチンの開発とその有効性
相内 章・長谷川秀樹
10.抗インフルエンザ薬の開発 -ファビピラビル-
白木公康
11.インフルエンザ発症機構に基づく今後の抗インフルエンザ薬開発戦略
木曽真紀・河岡義裕
原 著
抗インフルエンザウイルス薬ザナミビル(リレンザ®)の小児における安全性と有効性
-2006~2009年,小児におけるリレンザ®の特定使用成績調査より-
中野貴司・鈴木謙二・岡野英幸・長谷川直美・安部博晴
井尻章悟
A・B型インフルエンザウイルス感染症患児におけるザナミビル(リレンザ®)の
 インフルエンザウイルス感受性と解熱効果の検討
-2006~2009年,小児におけるリレンザ®耐性インフルエンザウイルス
  出現に関する特定使用成績調査より-
齋藤玲子・鈴木謙二・岡野英幸・長谷川直美・安部博晴
井尻章悟
連 載
私達の研究(105)
呼吸器感染症の治療を目的としたマクロライド系
 抗菌薬の肺内動態及び肺移行機構に関する研究
森本一洋・戸上紘平・丁野純男
感染症の看護とケアのポイント(15)
クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染予防と看護
村端真由美
抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(8)
前立腺炎における抗菌薬の選択と使い方 -前立腺炎の抗菌薬治療-
清田 浩
私の感染症研究を振り返って(20)
(2)ウイルス病の化学療法 -私の感染症研究歴-
茂田士郎
エッセイ(270)
ボストンの四季の思い出
三好(秋山)徹
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(70)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
2012年1月号予告 全文無料



化学療法の領域 2011年 増刊号(Vol.27 S-1)



がん化学療法の進歩
   〔企画〕江口 研二(帝京大学医学部腫瘍内科 教授)

序 -がん診療を巡る動向- 全文無料
江口研二
A.がん化学療法の整備にむけて
(1)新規抗がん薬の開発と導入 I
森田智視
(2)新規抗がん薬の開発と導入 II
   -新規薬剤のTranslational Research/臨床試験体制/ドラッグ・ラグ-
田村研治
(3)がん化学療法の効果判定基準の再考
石黒 敦・西條康夫
(4)外来化学療法のエッセンス
佐々木治一郎
B.各論 臓器別がん治療
(1)大腸がん
山口智宏・島田安博
(2)乳がん
舛本真理子・向井博文
(3)肺がん
赤松弘朗・山本信之
(4)胃がん
原 浩樹・山口研成
(5)食道がん
髙木浩一・陳 勁松
(6)頭頸部がん
小林武彦・田原 信
(7)子宮がん
温泉川真由・勝俣範之
(8)卵巣がん(上皮性悪性腫瘍)
杉山 徹
(9)腎がん・尿路がん・膀胱がん
湯浅 健・羽渕友則
(10)前立腺がん
原 勲
(11)胚細胞腫瘍
中原善朗・小室泰司
(12)肝がんに対する化学療法
池田健次
(13)膵がん・胆道がん
古瀬純司・北村 浩・廣川 智・長島文夫
(14)悪性リンパ腫
遠西大輔
(15)白血病
倉橋信悟・直江知樹
(16)小児固形がん
牧本 敦
(17)原発不明がん
岩本信一・礒部 威
C.がん化学療法の副作用とその対策
(1)血液
瀧川奈義夫・木浦勝行
(2)消化器(悪心・嘔吐)
安藤玲子・関根郁夫
(3)神経
中原善朗・岡元るみ子
(4)腎・肝障害
滝口裕一
(5)皮膚粘膜障害と脱毛
田口哲也
(6)循環器 化学療法における循環器領域の副作用
   -心毒性:がんと心臓の関係-
向井幹夫・今村文生
(7)肺毒性
小倉高志・馬場智尚
(8)過敏反応
小谷昌広・清水英治
(9)薬液漏出性障害
石井真理・岡本浩明
(10)血管デバイスの合併症
加藤弥菜・稲葉吉隆・山浦秀和・佐藤洋造
D.肝・腎臓器機能低下症例(リスク症例)の抗がん薬治療
北野俊行・柳原一広
E.高齢者のがん化学療法
佐々木秀法・田村和夫
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ