トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年

2012年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2012年12月号(Vol.28 No.12)
特集 高齢者介護施設における感染対策とその管理
■2012年11月号(Vol.28 No.11)
特集 冬季に問題となる感染症
■2012年10月号(Vol.28 No.10)
特集 新しい観点から見たβ-ラクタマーゼ -その動向と対策-
■2012年9月号(Vol.28 No.9)
特集 抗菌薬多剤併用療法の理論と実践
■2012年8月号(Vol.28 No.8)
特集 MRSA感染症の基礎と臨床
■2012年7月号(Vol.28 No.7)
特集 慢性疾患と感染症
■2012年6月号(Vol.28 No.6)
特集1 問題となる食中毒のup-to-date
特集2 深在性真菌症の新規治療薬 -カスポファンギン-
■2012年5月号(Vol.28 No.5)
特集 性感染症の現状と治療の問題点
■2012年4月号(Vol.28 No.4)
特集 病院感染対策の実際
■2012年3月号(Vol.28 No.3)
特集 ウイルス感染の治療・予防の進歩
■2012年2月号(Vol.28 No.2)
特集 救急・集中治療領域における感染症と予防対策
■2012年1月号(Vol.28 No.1)
特集 病原真菌と真菌症の新たな理解へ向けて
■2012年 増刊号(Vol.28 S-1)
ウイルス肝炎のすべて
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2012年総目次



化学療法の領域 2012年1月号(Vol.28 No.1)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(2)
基礎 2.真菌細胞の構造
杉田 隆・池田玲子・西川朱實
巻頭言
細菌学領域の人材育成-ミクロの世界からのメッセージ- 全文無料
野田公俊
特集 病原真菌と真菌症の新たな理解へ向けて
[企画:東北大学大学院医学系研究科保健学専攻
       感染分子病態解析学分野 教授 川上 和義]
序 -病原真菌と真菌症における基礎と臨床の動向-
川上和義
基 礎
1.病原真菌とは何か
槇村浩一
2.細胞壁と多糖体成分
大野尚仁
3.病原真菌のバイオフィルム形成とクオラムセンシング機構
長 環
4.Toll様受容体による真菌の認識と免疫応答
石井恵子・川上和義
5.真菌免疫応答におけるC型レクチン受容体の役割
角田 茂・西城 忍
6.真菌と感染宿主との相互関係 -病理学的見地から-
根本哲生・若山 恵・安藤常浩・渋谷和俊
臨 床
1.深在性真菌症の臨床像
田代将人・泉川公一
2.輸入真菌症
亀井克彦・渡辺 哲
3.深在性真菌症診断の現状と今後の展望
金子幸弘・宮﨑義継
4.深在性真菌症治療の現状と今後の展望
前﨑繁文
原 著
シプロキサン®注の使用実態下における安全性・有効性の検討
-製造販売後調査の集計結果-
岩本和也・犬山里代
連 載
私達の研究(106)
HIV感染症と腎機能障害
堀野哲也・吉田正樹
感染症の看護とケアのポイント(16)
HIV感染者/AIDS患者における感染症予防とケアのポイント
島田 恵
抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(9)
淋菌性尿道炎における抗菌薬の選択と使い方
濵砂良一
私の感染症研究を振り返って(21)
感染症の変貌とその対策の構築
清水喜八郎
エッセイ(271)
すばらしい恩師との出会い
尾内一信
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(71)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年2月号(Vol.28 No.2)



グラフィック連載
 目で見る真菌と真菌症(3)
基礎 3.病原真菌の病原機構と病原因子
豊留孝仁・亀井克彦
巻頭言
アカデミア主導創薬の始動 全文無料
中山浩次
特 集 救急・集中治療領域における感染症と予防対策
[企画:慶應義塾大学医学部救急医学准教授 藤島 清太郎]
序 -重症・劇症型感染症診療と感染制御対策-
藤島清太郎
I 救急・集中治療と重症・劇症型感染症
1.重症・劇症型感染症の早期診断と重症度評価
多村知剛・藤島清太郎
2.重症・劇症型感染症に対する最新の治療戦略
鈴木 泰・高橋 学・秋冨慎司・遠藤重厚
3.細菌,ウイルス性肺炎の重症度評価と治療戦略
中村守男
4.ERにおいて感染症との鑑別を要する非感染性疾患
末松篤樹・野口善令
II いま注目すべき感染症
1.東日本大震災における感染症診療の動向
-被災地の後方支援病院の救命救急センターでは-
野村亮介・宮川乃理子・井上顕治・小林道生・久志本成樹
2.侵襲性・重症レンサ球菌感染症
生方公子
3.侵襲性肺炎球菌感染症
一二三亨
III ER,ICUにおける感染予防対策
1.ER,ICUにおける系統的感染予防対策
草地信也
2.バイオフィルム除去をめざした口腔ケアによる肺炎予防
奥田克爾・奥田たまき
3.人工呼吸器関連肺炎の予防対策と早期診断の手法
佐藤千恵・相馬一亥
連 載
私達の研究(107)
感染部位・標的臓器におけるPK-PDの解明と
 これに基づく抗菌化学療法の個別最適化
猪川和朗・池田佳代・森川則文
感染症の看護とケアのポイント(17)
臓器移植患者における感染症の予防と感染発生時の看護ケアのポイント
武門孝子・井川順子
抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(10)
非淋菌性尿道炎における抗菌薬の選択と使い方
安田 満
私の感染症研究を振り返って(22)
病原性ビブリオを通しての国際交流(1)
篠田純男
エッセイ(272)
留学以降私記
青木洋介
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(72)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
3月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年3月号(Vol.28 No.3)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(4)
基礎 4.免疫機構
石橋健一・大野尚仁
巻頭言
宿主からみた感染症学の重要性 全文無料
斧 康雄
特集 ウイルス感染の治療・予防の進歩
[企画:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染病態制御学教授 森内 浩幸]
序 ウイルス感染症 -手探りの診療から狙い撃ちの診療へ-
森内浩幸
1.HIV/AIDS治療の進歩 -死の病から慢性疾患へ-
岡 慎一
2.成人T細胞白血病リンパ腫の治療の進歩
-死を免れぬ(motal)病から命にかかわる(fatal)病へ-
塚崎邦弘
3.子宮頸がんの一次予防が可能になった
-現行のヒトパピローマウイルスワクチンの効果と限界-
神田忠仁
4.B型肝炎予防の問題点とC型肝炎治療の進歩
山田典栄・四柳 宏
5.RSウイルスの予防は喘息の予防 -パリビズマブの新たな効用-
福村明子・望月博之
6.ウイルス性脳炎・脳症の治療の進歩
細矢光亮
7.日和見ウイルス感染症の治療と予防の進歩
鈴木道雄・木村 宏
8.先天性ウイルス感染の治療と予防の進歩
森内昌子
9.ウイルス性胃腸炎予防の進歩
中込とよ子
連 載
私達の研究(108)
ロシアと日本のヘリコバクター・ピロリの比較解析
山本達男・高野智洋・Ivan Reva・Olga Khokhlova
感染症の看護とケアのポイント(18)
化学療法患者の感染予防と感染発症時のケアのポイント
小澤桂子
抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(11)
婦人科領域の性器クラミジア感染症における抗菌薬の選択と使い方
野口靖之
私の感染症研究を振り返って(23)
病原性ビブリオを通しての国際交流(2)
篠田純男
エッセイ(273)
写真レンズとかび
光武耕太郎
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(73)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
4月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年4月号(Vol.28 No.4)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(5)
基礎 5.ヒト感染源としてみた環境内の病原真菌
高鳥浩介
巻頭言
常在菌が作る抗生物質 全文無料
吉田眞一
特集 病院感染対策の実際
[企画:金沢医科大学臨床感染症学講座 教授 飯沼 由嗣]
序 -病院感染対策の目指す方向-
飯沼由嗣
1.病院感染対策の最新スタンダード
矢野邦夫
2.病院感染対策のシステム化
藤田直久
3.職業感染対策
長尾美紀
4.病院感染サーベイランスの意義と実践
森兼啓太
5.病院感染対策における地域ネットワークの重要性
國島広之・北川美穂・賀来満夫
6.感染管理と政策
田辺正樹
7.感染症診療と病院感染対策
馬場尚志
8.薬剤耐性菌対策 -早期発見と耐性菌の発生伝播抑制について-
高橋佳子・竹末芳生
9.病院感染対策としての抗菌薬適正使用
小野寺直人
10.術後感染症予防対策の進歩
草地信也・渡邉 学
連 載
私達の研究(109)
ヘルペスウイルスによる病態を科学し,制御する
川口 寧
感染症の看護とケアのポイント(19)〔最終回〕
糖尿病患者の下肢の感染予防と感染発症時の看護
桐木(市川)園子・古山景子
抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(12)
性器カンジダ症,腟トリコモナス症における抗菌薬の選択と使い方
保田仁介
エッセイ(274)
出雲の釣り
冨岡治明
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(74)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
5月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2012年5月号(Vol.28 No.5)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(6)
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
1.外耳・中耳と副鼻腔
太田伸男・鈴木祐輔
巻頭言
グローカルな感染症診療 全文無料
服部俊夫
特集 性感染症の現状と治療の問題点
[企画: 帝京大学医学部附属溝口病院産婦人科 客員教授/
 帝京平成看護短期大学 学長 川名  尚]
序 -性感染症の現状と課題-
川名 尚
1.わが国における性感染症の実態
小野寺昭一
2.淋菌感染症
濵砂良一
3.性器クラミジア感染症
1)男性
古屋隆三郎・古賀洋介・田中正利
2)女性
野口靖之
4.HIV/AIDS
立川夏夫
5.性器ヘルペスの現状と治療の問題点
川名 尚
6.尖圭コンジローマ
広瀬崇興
7.梅毒
本田まりこ
8.HPVワクチン
長阪一憲・川名 敬
原 著
ペニシリナーゼ産生菌存在下でのStreptococcus pneumoniaeに対するclavulanic acid配合アモキシシリンの抗菌効果
壇辻百合香・山口幸恵・遠藤晴美・鈴木由美子・松井秀仁
砂川慶介・花木秀明
連 載
私達の研究(110)
球菌から菌糸まで,桿菌の細胞の形態を決める因子たち
仁木宏典
抗菌薬の選択と使い方 尿路・泌尿器・婦人科領域(13)〔最終回〕
泌尿器科手術における予防的抗菌薬投与について
荒川創一
私の感染症研究を振り返って(24)
腸炎ビブリオとの出会い
櫻井 純
エッセイ(275)
退官後の奮闘 -“困ったおじ医さん”とならないために-
横山 隆
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(75)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
公益財団法人 日本感染症医薬品協会奨励賞 平成24年度募集要領 全文無料
バックナンバー 全文無料
6月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年6月号(Vol.28 No.6)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(7) 
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
2.外科・救急・集中治療領域
佐々木淳一
巻頭言
診療報酬から見た院内感染対策の変遷 全文無料
柴 孝也
特集1 問題となる食中毒のup-to-date
[企画:京都大学大学院医学研究科感染免疫学講座微生物感染症学分野 教授 光山 正雄]
序 -細菌性,ウイルス性食中毒の問題点-
光山正雄
1.食中毒の動向と対策
岡田由美子
2.腸管出血性大腸菌感染症:分子疫学的現状
寺嶋 淳・伊豫田淳・泉谷秀昌・齊藤剛仁・三戸部治郎
石原朋子・大西 真
3.腸管出血性大腸菌の病原性発現機構
八尋錦之助
4.腸管出血性大腸炎,特にHUS例の治療方針
里村憲一
5.腸炎ビブリオ感染症
児玉年央
6.カンピロバクター感染症
藤本秀士
7.ブドウ球菌食中毒
胡 東良・重茂克彦・中根明夫
8.リステリア症集団発生
光山正雄
9.ウイルス性食中毒
森 功次
10. 食中毒に関連する輸入魚介類の安全性と現状
中口義次
特集2 深在性真菌症の新規治療薬 -カスポファンギン-
[企画:長崎大学病院 病院長 河野  茂]
序 -新しいキャンディン系抗真菌薬の登場-
河野 茂
1.カスポファンギン -開発の歴史と特徴-
河野 茂
2.カスポファンギンの抗真菌活性について
池田文昭・鈴木真言・伊与田貴子・藤原恵理子
3.日本人健康男性におけるカスポファンギンおよびミカファンギンの安全性および忍容性,ならびにカスポファンギンの薬物動態を評価する二重盲検,無作為化,プラセボ対照,反復静脈内投与試験(第 I 相臨床試験)
加藤義朗・Jon Ruckle・Wendy Comisar・Kevin R. Brown・Goutam C. Mistry
Dennis M. Erb・上村尚人
4.カスポファンギンの国内第 III 相臨床試験の結果について
泉川公一・河野 茂
5.カスポファンギンの海外臨床成績について -カンジダ症-
竹末芳生
6.カスポファンギンの海外臨床成績について -アスペルギルス症-
亀井克彦
7.カスポファンギンの海外臨床成績について -発熱性好中球減少症-
田村和夫
連 載
私達の研究(111)
フィリピン国「レプトスピラ症の予防対策と診断技術の開発」
増澤俊幸・福井貴史・柳原保武・吉田真一
私の感染症研究を振り返って(25)
A型ウエルシュ菌との出会い
櫻井 純
エッセイ(276)
海外での仕事と接待
渡邊 浩
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(76)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
公益財団法人 日本感染症医薬品協会奨励賞 平成24年度募集要領 全文無料
バックナンバー 全文無料
7月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年7月号(Vol.28 No.7)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(8)
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
3.角膜真菌症,真菌性眼内炎
田中 稔・佐久間俊郎
巻頭言
温故知新 全文無料
中山宏明
特集 慢性疾患と感染症
[企画:東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授 舘田 一博]
序 感染症の慢性化・難治化 -その背景と今後の展望-
舘田一博
1.慢性呼吸器疾患と感染症 -COPDを中心に-
前田光一
2.慢性腎不全と感染症
秋葉 隆
3.潰瘍性大腸炎およびクローン病
鈴木康夫
4.膠原病と感染症 -関節リウマチを中心に-
亀田秀人
5.褥瘡と感染症
渡辺晋一
6.糖尿病と感染症
川上正舒
7.担がん患者と感染症
大曲貴夫
8.高IgE症候群と感染症
峯岸克行
連 載
私達の研究(112)
多剤耐性緑膿菌から学ぶ
奥川 周
新連載 忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症
連載開始にあたって 全文無料
光山正雄
おもな輸入感染症とその現状
狩野繁之
私の感染症研究を振り返って(26)
C型ウエルシュ菌とβ毒素
櫻井 純
エッセイ(277)
クラシック音楽中毒患者のカルテ
中村 功
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(77)
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
8月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年8月号(Vol.28 No.8)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(9) 
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
4.小児科
森 雅亮
巻頭言
ジェネリック医薬品,および医療のグローバル化に思う 全文無料
藤田次郎
特 集 MRSA感染症の基礎と臨床
[企画・東京医科大学微生物学講座 主任教授/
     東京医科大学病院感染制御部 部長 松本 哲哉]
序 -MRSAを取り巻く環境の変化に適応するために-
松本哲哉
I 基礎的見地から見たMRSAの特徴
1.MRSAはどのように生まれ進化してきたのか
伊藤輝代
2.院内感染型と市中感染型MRSAの細菌学的特徴
山口哲央
3.グリコペプチド系薬低感受性株の特徴と現状
永沢善三
II MRSA感染症の診断と治療
1.呼吸器感染症
長岡健太郎・栁原克紀
2.尿路感染症
高橋 聡
3.外科領域感染症
草地信也・渡邉 学
4.MRSAによる皮膚・軟部組織感染症
加藤裕史
5.整形外科領域感染症
松下和彦・別府諸兄
6.小児科領域感染症
石和田稔彦
III 抗MRSA薬の特徴とTDM
1.抗MRSA薬の使い分け
高橋佳子・竹末芳生
2.抗MRSA薬の薬物動態とTDM
添田 博
IV 院内感染対策
1.アクティブサーベイランスの活用
大串大輔・堀 賢 
2.各種ガイドラインに基づくMRSA感染対策の実践
矢野邦夫
連 載
私達の研究(113)
新しい抗結核薬の研究と開発
土井教生
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症(2)
マラリアの診断と治療
阪本直也・大西健児
私の感染症研究を振り返って(27)
D型ウエルシュε毒素菌との出会い
櫻井 純
エッセイ(278)
ポリオとポリオワクチン
中野貴司
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(78)
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
9月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年9月号(Vol.28 No.9)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(10)
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
5.血液内科
堺田惠美子
巻頭言
肺組織における薬物動態で考えるべきこと 全文無料
西村正治
特 集 抗菌薬多剤併用療法の理論と実践
[企画・東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授 舘田 一博]
序 -多剤耐性菌時代の抗菌薬療法-
舘田一博
1.抗菌薬併用療法の理論的背景
舘田一博
2.抗菌薬併用効果の評価法 -ブレイクポイント・チェッカーボード法を含めて-
荒岡秀樹
3.抗菌薬併用で生じる拮抗作用の注意点
壇辻百合香・花木秀明
4.グラム陽性菌に対する抗菌薬併用療法 -MRSAを中心に-
矢野(五味)晴美
5.グラム陰性菌に対する抗菌薬併用療法 -多剤耐性緑膿菌を中心に-
松本哲哉
6.バイオフィルム感染症に対する抗菌薬併用療法
狩山玲子・公文裕巳
7.話題の抗菌薬併用療法 -コリスチンの有効性を中心に-
藤村 茂
8.真菌感染症に対する抗真菌薬併用療法
田代将人・泉川公一
9.抗酸菌感染症に対する抗菌薬併用療法
土井教生
原 著
急性単純性膀胱炎に対するプルリフロキサシンの臨床効果
 -レボフロキサシンとの比較試験,非盲検無作為化比較試験-
河原 伸・壷井圭一・宇治秀樹・周藤眞康・堀口 隆
佐々木高・角南宏二・上野芳樹・石井純一・河田一郎
永井 宏・福本光宏・河田一彦・道明道弘・辻 光明
中山堅吾・信国圭吾・多田敦彦
当院におけるTAZ/PIPC(ゾシン®)の使用状況と臨床効果に関する検討
 -ESBL産生菌を中心に-
宮﨑博章
連 載
私達の研究(114)
ヘリコバクター・ピロリ感染による胃炎発症機序の研究
内山良介・筒井ひろ子
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症(3)
デング熱とデング出血熱
倉根一郎
私の感染症研究を振り返って(28)
E型ウエルシュ菌ι毒素との出会い
櫻井 純
エッセイ(279)
潜水艦映画には名作が多い
竹村 弘
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(79)
・非常に重症な患者におけるコリスチンメタスルホン酸塩のローディングドーズの適応
・グラム陰性菌疑い患者の感染の治療効果における抗菌薬MICの影響
・コリスチンメタンスルホン酸塩の脳心室内投与後の,脳脊髄液のコリスチンの薬物動態
・カンジダ血症に対するファーストラインの抗真菌薬の効果と価格について
・肺炎で救命救急治療部を訪れた患者の抗菌薬使用調査(1993~2008年)
・ボリコナゾールの予防を受けている肺移植レシピエント患者における血中濃度モニタリングに関する前向き観察研究
・腹膜炎を起こしていない自動腹膜透析患者における腹腔内および静脈内のホスホマイシンの薬物動態
・宿主ミトコンドリア構成要素の予測可能な,あるいは特異的な抑制による抗菌物質の副作用
木村利美・木村友絵
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
10月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年10月号(Vol.28 No.10)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(11)
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
6.呼吸器科・慢性呼吸器疾患
吉田將孝・泉川公一
巻頭言
感染症に興味はあるけれど・・・ 全文無料
一山 智
特 集 新しい観点から見たβ-ラクタマーゼ -その動向と対策-
[企画・名古屋大学大学院医学系研究科分子病原細菌学/耐性菌制御学分野 教授 荒川 宜親]
序 -急激に多様化する新型β-ラクタマーゼへの対策強化の緊急性-
荒川宜親
1.β-ラクタマーゼの構造と分類
荒川宜親
2.クラスA β-ラクタマーゼ
八木哲也
3.クラスB β-ラクタマーゼ
和知野純一
4.クラスC β-ラクタマーゼ
土井洋平
5.クラスD β-ラクタマーゼ
石井良和
6.検査室で実施可能なβ-ラクタマーゼの判別法
中村竜也
7.PCRによるβ-ラクタマーゼの遺伝子検出法
鈴木里和
8.β-ラクタマーゼの分子構造と基質特異性
黒崎博雅
連載
私達の研究(115)
ブドウ球菌エンテロトキシンに関する研究
中根明夫
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症(4)
トリパノソーマ症・リーシュマニア症
濱野真二郎
私の感染症研究を振り返って(29)
セレウス菌スフィンゴミエリナーゼとの出会い
櫻井 純
エッセイ(280)
白血病化学療法のセレンディピティ
 -分化誘導剤レチノイン酸をめぐる細胞株実験-
朝長万左男
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(80)
・ABCB1遺伝子は腎移植患者におけるシクロスポリンによる腎毒性と歯肉肥厚に関係している
・てんかんは癌で起こる。いつ,なぜ,どのようにしたらよいか?
・新しい経口抗凝固剤:特に腎障害をもつ患者に着目した論文のレビュー
・抗凝固薬のさまざまな選択に対する患者の志向と支払いへの意識
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
11月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年11月号(Vol.28 No.11)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(12)
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
7.AIDS
矢崎博久
巻頭言
感染症教育の現状と問題点 全文無料
味澤 篤
特集 冬季に問題となる感染症
[企画・杏林大学医学部第一内科 教授 後藤  元]
序 -感染症の特徴と留意点について-
河合 伸
1.インフルエンザのウイルス学
-ユニバーサルワクチンの開発,A(H5N1)高病原性鳥インフルエンザウイルスおよび,ブタ由来A(H3N2)vインフルエンザウイルスの流行状況とリスク評価-
小田切孝人
2.インフルエンザの診断と治療
川名明彦
3.インフルエンザの予防ワクチンと効果
中野貴司
4.インフルエンザ合併二次性細菌性肺炎への対応
笠原 敬
5.かぜ症候群の診断と治療
武田英紀
6.百日咳の現状と診療
岡田賢司
7.マイコプラズマ呼吸器感染症
田中裕士
8.ノロウイルス感染症
堀野哲也・吉田正樹
9.ロタウイルス
青木知信
原 著
抗インフルエンザ薬投与後,ウイルスは解熱後何日で消失するか?
渡辺 彰
連 載
私達の研究(116)
口腔マイコプラズマ由来ジアシルリポペプチドFSL-1のin vivoにおける抗腫瘍活性
柴田健一郎
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症(5)
赤痢アメーバ症
野崎智義
私の感染症研究を振り返って(30)
ボツリヌス菌との歩み
小熊惠二
エッセイ(281)
人生の岐路はヒトとの出会いから
 -約半世紀のキャンパス生活を振り返って-
上平 憲
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(81)
・黄色ブドウ球菌菌血症の臨床および経済効果に関する減少したバンコマイシン感受性の影響
・新しいin vitroにおけるダイナミックモデルによるアスペルギルス種に対するボリコナゾールのPK-PDモデル
・すべてのベビーブーム世代への呼びかけ:あなたのC型肝炎試験を得る
・妊娠中のメトロニダゾール使用と,好ましくない出生のアウトカムに関する調査
In vitro薬物動態学モデルにおける緑膿菌とアシネトバクター・バウマーニに対するドリペネムの抗菌効果の薬力学効果と耐性について
・多施設における米国の小児静脈内コリスチンの使用結果
・結核,薬物耐性と現代医療の歴史
木村利美・木村友絵
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
12月号予告 全文無料



化学療法の領域 2012年12月号(Vol.28 No.12)



グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(13)
診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症
8.皮膚科
阿部真也・望月 隆
巻頭言
薬事行政から見た抗菌薬の現状を憂う 全文無料
前﨑繁文
特集 高齢者介護施設における感染対策とその管理
[企画・東邦大学 名誉教授/東邦大学医療センター佐倉病院 客員教授 辻 明良]
序 -高齢者介護施設における感染管理-
辻 明良
1.高齢者介護施設における感染対策
辻 明良
2.高齢者介護施設における感染管理体制
鈴木幹三・林 嘉光・菅 栄・矢野久子
3.問題となる感染症に対する感染制御
1)インフルエンザ
川名明彦
2)ノロウイルス感染症(感染性胃腸炎)
岡部信彦
3)疥癬
大滝倫子
4)レジオネラ肺炎
藤村 茂・渡辺 彰
5)結核
松本哲哉
6)耐性菌感染症
舘田一博
4.平常時の衛生管理
1)介護・看護における衛生管理
印田宏子
2)施設内における環境管理
大友陽子
5.感染症発生時の対応
岩田 敏
原 著
シプロキサン®注 特定使用成績調査報告 -未希釈投与時における適正使用情報の収集-
岩本和也・山中 聡・犬山里代
市中肺炎および医療・介護関連肺炎に対するドリペネムの有効性と安全性に関する検討
川波敏則・石本裕士・矢寺和博・長田周也・井上直征
長神康雄・鈴木 雄・西田千夏・吉井千春・津田 徹
迎 寛
連 載
私達の研究(117)
ボルナウイルスをめぐる研究 -疫学から進化ウイルス学まで-
朝長啓造
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症(6)
ブルセラ症の現状
今岡浩一
エッセイ(282)
DNAのCGモチーフをめぐって
徳永 徹
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(82)
・クロピドグレル耐性につながる遺伝子多型と薬物相互作用:なぜアジア人には特別な注意が必要なのか
・レボチロキシンのワルファリンの薬物間相互作用の集団ベースの評価
・スイッチバックの理解:移植後のC型肝炎の再発の最小化に対する直接の抗ウイルス作用の影響
・通常治療におけるアジュバントとしてのトラスズマブ治療の継続
・ミカファンギン:侵襲的なカンジダ感染の予防と治療における使用調査
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
真菌症フォーラム第14回学術集会開催のお知らせ 全文無料
2013年1月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2012年 増刊号(Vol.28 S-1)



ウイルス肝炎のすべて
〔企画〕小池 和彦(東京大学大学院医学系研究科消化器内科学 教授)
序 -C型肝炎医療先進国である日本の役割- 全文無料
小池和彦
I 総論
1.わが国におけるウイルス性急性肝炎の動向
八橋 弘・玉田陽子・長岡進矢・阿比留正剛
2.わが国におけるB型肝炎・C型肝炎ウイルスキャリアの現状
田中純子
3.わが国における肝がん発生の動向
建石良介・小池和彦
4.ウイルス肝炎におけるキメラマウスの役割
今村道雄・平賀伸彦・茶山一彰
5.ウイルス肝炎研究におけるGWASの意義
飯島沙幸・田中靖人
II 経口感染するウイルス肝炎
1.A型肝炎
(1)A型肝炎のウイルス学
藤原慶一・神田達郎・横須賀收
(2)A型肝炎の臨床経過と特徴
玉田陽子・八橋 弘
(3)海外におけるA型肝炎集団発生 -わが国への警鐘-
石井孝司・脇田隆字
(4)A型肝炎ワクチン
村田一素・正木尚彦
2.E型肝炎
(1)E型肝炎のウイルス学とワクチンの開発
李 天成
(2)日本におけるE型肝炎発生の動向
姜 貞憲
(3)人獣共通感染症としてのE型肝炎
新井雅裕
(4)E型肝炎ウイルス培養系
岡本宏明
III 血液感染するウイルス肝炎
1.B型肝炎
(1)B型肝炎のウイルス学
上田啓次
(2)HBV遺伝子型とB型急性肝炎
伊藤清顕・溝上雅史
(3)HBV感染症の自然史
南 祐仁・岡上 武
(4)B型慢性肝炎のインターフェロン治療
田中榮司
(5)B型慢性肝炎,核酸アナログをいかに用いるか
狩野吉康・小関 至・豊田成司
(6)B型肝炎における肝がん発生と治療
池田健次
(7)HBワクチン
四柳 宏
(8)De novo B型肝炎
持田 智
2.C型肝炎
(1)C型肝炎のウイルス学
鈴木哲朗
(2)全身感染症としてのC型肝炎
奥瀬千晃・四柳 宏
(3)HCV感染症の自然史
三浦美香・前川伸哉・榎本信幸
(4)C型慢性肝炎に対する抗ウイルス治療の現在
竹原徹郎
(5)C型肝炎の近未来治療
坂本直哉
(6)C型肝炎における肝発がん抑制
下村壯治・西口修平
3.D型肝炎のウイルス学と疫学
今関文夫
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ