トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

2013年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2013年12月号(Vol.29 No.12)
特集 生体防御能の異常・免疫障害で見られる感染症の特徴とメカニズム
■2013年11月号(Vol.29 No.11)
特集 化学療法剤のPK-PD理論 -応用と限界-
■2013年10月号(Vol.29 No.10)
特集 嫌気性菌感染症の基礎と臨床
■2013年9月号(Vol.29 No.9)
特集 HIV感染症の長期的治療戦略
■2013年8月号(Vol.29 No.8)
特集 世界に広がるトロピカルディジージズ
■2013年7月号(Vol.29 No.7)
特集1 いわゆるヒト喰いバクテリアと劇症型感染症
特集2 ESCMID(欧州臨床微生物学会)カンジダガイドライン2012
■2013年6月号(Vol.29 No.6)
特集 地球規模で広がる耐性菌 -抗菌薬の多角的使用とその功罪-
■2013年5月号(Vol.29 No.5)
特集 肺炎ガイドラインの現状と課題
■2013年4月号(Vol.29 No.4)
特集 間質性肺炎と周辺疾患 -感染症から薬剤性まで-
■2013年3月号(Vol.29 No.3)
特集 災害における感染症とその予防対策
■2013年2月号(Vol.29 No.2)
特集 ワクチン対策の現状と課題
■2013年1月号(Vol.29 No.1)
特集 細菌の病原遺伝子の発現調節機構
■2013年 増刊号(Vol.29 S-1)
新興・再興感染症up to date
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域
第29巻 総 目 次
2013年(平成25年)

□連載別目次□


・数字は通巻ページ
・( )内は掲載号

グラフィック/目で見る真菌と真菌症
グラフィック/エイズに見られる感染症と悪性腫瘍
私達の研究
関節リウマチ治療中に問題となる感染症
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症
私の感染症研究を振り返って
エッセイ
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介


▽グラフィック/目で見る真菌と真菌症
14.診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症(9)
医療施設内の感染制御…3(1)
15.診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症(10)
真菌による中枢神経感染症…186(2)
16.診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症(11)
東日本大地震後の津波溺水患者にみられたスケドスポリウム症…372(3)
17.診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症(12)
アレルギー科…556(4)
18.診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症(13)
旅行医学から見た真菌症…730(5)
19.診断・治療法から見た大切な真菌症(1)
真菌の検査法…1222(6)
20.診断・治療法から見た大切な真菌症(2)
画像から見た真菌感染症…1385(7)
21.診断・治療法から見た大切な真菌症(3)
血清診断の読み方…1634(8)
22.診断・治療法から見た大切な真菌症(4)
治療薬の選択と投与…1826(9)
23.診断・治療法から見た大切な真菌症(5)
真菌症診断の新しい病理学…2000(10)


▽グラフィック/エイズに見られる感染症と悪性腫瘍
連載開始にあたって…2208(11)
1.カンジダ症について…2209(11)
2.クリプトコッカス症…2396(12)


▽私達の研究
118.ウイルスセンサーRLRによるパターン認識とストレス顆粒形成…107(1)
119.鉄代謝およびイソニアジド耐性にかかわる結核菌分子の機能と治療法開発の可能性…301(2)
120.サルモネラ感染分子機構の解明…473(3)
121.劇症型溶血性レンサ球菌感染症における菌側病原因子と好中球機能障害の機序…660(4)
122.マラリアと住血吸虫をともに殺滅する薬剤開発の動向…840(5)
123.C型肝炎ウイルスのゲノム複製や粒子形成を制御するしくみ…1315(6)
124.ネブライザー療法…1555(7)
125.HIVエンベロープの中和抗体抵抗性を解除する鍵…1739(8)
126.Candida albicans のバイオフィルムとmild heat stress…1928(9)
127.腸管出血性大腸菌および腸管病原性大腸菌の感染機構…2136(10)
128.Helicobacter bilisと胆道発がん…2334(11)
129.ピロリ菌感染におけるvacuolating cytotoxin(VacA)の役割に関する研究…2509(12)


▽関節リウマチ治療中に問題となる感染症
1.総説 -抗リウマチ薬の進歩と感染症-…1565(7)
2.新しい感染症検査マーカー(1)プロカルシトニン…1748(8)
3.新しい感染症検査マーカー(2)好中球上CD64…1754(8)
4.サイトメガロウイルス感染症 -サイトメガロウイルス肺炎を中心に-…1936(9)
5.細菌性肺炎…2142(10)
6.ニューモシスチス肺炎…2340(11)
7.帯状疱疹…2516(12)


▽忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症
7.海外旅行と感染症 -旅行者下痢症・コレラ-…117(1)
8.野兎病…308(2)
9.類鼻疽と鼻疽…485(3)
10.レプトスピラ症…670(4)
11.フィラリア症(糸状虫症)…1324(6)
12.つつが虫病と日本紅斑熱…1571(7)
13.海外からの発熱患者の診療方針…1763(8)
14.海外渡航者への感染症対策の指導とトラベラーズワクチン接種…2145(10)


▽私の感染症研究を振り返って
31.在郷軍団病発見の先陣争いからSARSまで ~中山医科大学との学術交流~…128(1)
32.糞線虫症撲滅奮戦記…494(3)
33.第一話:絶滅危惧種が選んだウイルス学…680(4)
34.第二話:実り多かったドイツ留学…848(5)
35.第三話:帰国して「NDVパラダイム」の実体化に励む…1334(6)
36.第四話:東京大学医科学研究所へ -SeVリバース・ジェネティクスとエイズ研究-…1582(7)
37.第五話:国立感染症研究所,そして富山県衛生研究所へ…1771(8)
38.第六話:造物主からの贈り物,センダイウイルス(SeV)のベクター化… 1945(9)
39.第七話:「感染症研究ネットワーク推進プログラム」(J-GRID):リハーサルなしでいきなり本番,全力疾走の8年半…2151(10)


▽エッセイ
283.お酒と私…136(1)
284.スキー…318(2)
285.つつが虫病との出会い,そしてダニの世界へ…504(3)
286.初版,輸入盤から海賊版まで・・・LPレコードは捨てられない…856(5)
287.富山よいとこ,一度はおいで!…1782(8)
288.ことに当たり,バタバタ,オドオドしない真の感染症対応専門家を育てるのはわが国の急務である…2348(11)


▽化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介
83.クオラムセンシング陰性黄色ブドウ球菌の抗菌薬を媒介した選択/アムホテリシンBの毒性メカニズムと,アラビノガラクタンと結合することによる中和/嚢胞性線維症において抗菌化学療法を選択するための標準的な感受性試験と,バイオフィルム抗菌薬感受性試験/嚢胞性線維症に用いられるマクロライド系抗菌薬/感染症コンサルタントの推奨に対するアドヒアランス(遵守率)と,抗菌薬を静脈内投与している入院患者におけるアウトカムに対するその影響/クロラムフェニコールの毒性の再来:12歳の脳膿瘍患者/発熱している小児における抗菌薬の処方:時間外のプライマリケアのコホート研究…139(1)
84.Sharp syndrome(混合性結合組織疾患)の患者における非小細胞肺がんに対するペメトレキセドとシスプラチンの治療後のTEN(中毒性表皮壊死症)/肺移植の薬物療法:まとめ/モキシフロキサシン療法に関連した偽葡萄膜炎/ステージ3の乳がんにアジュバント(術後)として,ドテタキセル,シクロホスファミドで治療された患者における肺炎と肺線維症:症例報告と文献調査/術後化学療法を行う術前放射線療法は直腸間膜全切除の急性副作用と術後の合併症を増加させるか? 無作為直腸がんトライアルの報告…327(2)
85.β-ラクタムは臨床的メチシリン耐性黄色ブドウ球菌株に対するダプトマイシンの抗菌薬活性を高め,ダプトマイシン耐性誘導株の選択を防ぐ/市中発症皮膚・軟部組織感染患者における黄色ブドウ球菌のムピロシンとクロルヘキシジン耐性について/バンコマイシンの適切なトラフ濃度達成と持続的静脈血液濾過(CVVH)時の投与量/病院で発症したクロストリジウムディフィシル感染の抗菌薬治療法の特徴:抗菌薬適正使用管理の観点より/ネズミマラリアにおける寄生虫成長のメカニズムベースモデル解析と,ジヒドロアルテミシニンの薬力学解析/メチシリン耐性ブドウ球菌による人工関節感染の壊死組織切除と保持の結果,ならびにリファンピンとフシジン酸併用療法の考察/高いβ-ラクタマーゼ値は緑膿菌バイオフィルムにおいてβ-ラクタム系抗菌薬の薬力学を変える…507(3)
86.造血幹細胞移植のレシピエントにおける消化管粘膜障害に対するバイオマーカーとしてのシトルリンとアルブミン/リネゾリドによる黒毛舌:1例報告/化学療法によって誘発された下痢のバイオマーカー:腸間微生物群ゲノム,炎症と循環しているマトリックス・メタロプロテアーゼの臨床研究/プレグナンXレセプターとヒトのがん/イマチニブによるスティーブンス-ジョンソン症候群…688(4)
87.MRSA保菌者における再入院,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染,死亡に関する長期リスク/マクロライド耐性を示す肺炎マイコプラズマ:呼吸器感染症におけるその役割/集中治療室患者における腸内細菌のイミペネム耐性グラム陰性桿菌の出現/In vitroにおけるカテーテル関連バイオフィルムモデルに対するバンコマイシン感受性低下はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による実験的な心内膜炎の治療低下と相関する/臨床診療におけるバンコマイシンの薬物動態学と薬力学:エビデンスと課題/重篤な敗血症と敗血症性ショックの管理のための国際ガイドライン:2012/米国におけるアジスロマイシン感受性が低下したソンネ赤痢菌感染症のアウトブレイク…860(5)
88.オメプラゾール投与後のスタチンによる多発性筋炎/ケースレポート:ミコフェノール酸によるクローン様の腸炎,ステロイドフリーのレジメンにおける盲点/サリドマイド療法後の負の変時作用と心筋虚血異常/多剤併用療法のファルマコ-ポピュレーション動力学:黄色ブドウ球菌と大腸菌とコンピュータシミュレーションを使った実験/コルヒチンと抗菌薬の相互作用:薬剤師が痛風を治療するのに知らなければならないこと… 1342(6)
89.リポソーム クラリスロマイシン製剤の有効性・安全性とP. aeruginosa細胞毒性因子への影響/クリプトコッカス症に罹患した患者における抗真菌薬治療のアプローチとその効果/新生児カンジダ症の抗真菌薬治療の開始時期の検討/カテーテル関連の黄色ブドウ球菌感染症におけるスタフィロトロンビンを介した線維素沈着の役割/マイクロダイアリシス法による急性脳損傷患者におけるセフォタキシムの脳への分布/単純な蜂窩織炎患者におけるセファレキシン単独対セファレキシン+トリメトプリム-スルファメトキサゾールの無作為化比較試験による有効性評価…1592(7)
90.抗VEGFを超えて:血管新生抑制および抗増殖性治療/がん種が異なれば同じ化学療法でも骨髄毒性が異なる:進行卵巣がんと非小細胞肺がんにおける化学療法に関連した骨髄毒性の比較/抗がん剤の予期せぬ副作用としての甲状腺疾患/タモキシフェン治療を受けている女性におけるCYP2D6を阻害するSSRIの不適切な処方/がんにおける神経因性疼痛…1785(8)
91.基質特異性拡張型 β-ラクタマーゼ(extended-spectrum β-lactamase:ESBL)産生菌による菌血症に対する経験的治療の適正さとアウトカムついて/セフェピム点滴時間の延長は緑膿菌感染症患者における死亡率を低下させる/健常被験者におけるアジスロマイシンの全血と血漿の継続的採血による母集団薬物動態解析モデルの開発/低体温療法を受けている低酸素性虚血性脳症の新生児におけるゲンタマイシンの薬物動態学と投与量/非常に重篤な状態にある小児におけるバンコマイシン投与中の急性腎臓障害/長時間作用型抗レトロウイルス療法ナノ製剤の前臨床における薬物動態と組織分布/集中治療室における選択的消化管除菌法導入後の腸内細菌科のコリスチン耐性の発現…1954(9)
92.疼痛性神経障害のマネジメント/自己免疫疾患における化学療法中の卵巣のダメージ:生殖能力を超えた広い健康の意味/チミジレートシンセターゼ遺伝子多型と補助剤として5-フルオロウラシルを投与されている大腸がん患者の生存/表皮EGFRの遺伝的除去は抗EGFR療法の副作用の機能的な起源を明らかにする…2168(10)
93.経尿道的前立腺切除術(TURP)のためのパターン化された抗菌薬予防処方の評価:カナダにおけるガイドラインの必要性/WHOグループ5の薬剤と難しい多剤耐性結核:コホート分析とメタ分析によるシステマティックレビュー/肺サーファクタントのin vitroにおける抗菌薬活性に対する影響/腸内細菌に対する抗菌薬の使用とカルバペネム耐性の関係性について/バンコマイシン-リファンピシンの併用療法は,黄色ブドウ球菌による人工関節感染に対する効果を高める/小児偽膜性腸炎感染に対するバンコマイシン使用の増加および患者の特徴との関連性/バンコマイシン耐性腸球菌血流感染症治療のためのリネゾリドとダプトマイシンのシステマティックレビューとメタ分析…2351(11)
94.照射された口腔上皮細胞に対するオピオイドの細胞保護作用/厳密なコントロール時代における高齢者の関節性リウマチ/瘍治療における心臓の合併症/熱を標的としたp21ペプチドはアンドロゲン依存性の前立腺がん細胞株におけるボルテゾミブの細胞毒性を高める/抗菌薬から抗がんペプチドへ:レビュー…2524(12)



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ