トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年

2015年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2015年12月号(Vol.31 No.12)
特集 インフルエンザの施設内感染予防策
■2015年11月号(Vol.31 No.11)
特集 バイオフィルム研究の最前線
■2015年10月号(Vol.31 No.10)
特集 臨床で注意すべき感染症治療薬の相互作用とメカニズム
■2015年9月号(Vol.31 No.9)
特集 持続感染・潜伏感染の機序と病態
■2015年8月号(Vol.31 No.8)
特集 岐路に立つ臨床研究 -新たな品質管理基準の動向-
■2015年7月号(Vol.31 No.7)
特集 プラスミドによる薬剤耐性の菌種間伝播と施設内感染-そのサーベイランス・感染管理の在り方-
■2015年6月号(Vol.31 No.6)
特集 国境を越える重症新興・再興感染症
■2015年5月号(Vol.31 No.5)
特集 野外活動と感染症
■2015年4月号(Vol.31 No.4)
特集 C型ウイルス肝炎の治療における最近の進歩
■2015年3月号(Vol.31 No.3)
特集 薬剤トランスポーター研究の最新動向と化学療法剤の動態
■2015年2月号(Vol.31 No.2)
特集 周術期感染症の制御と治療戦略
■2015年1月号(Vol.31 No.1)
特集 クロストリジウム・ディフィシル感染症
■2015年 増刊号(Vol.31 S-1)
感染症診断の新たなツール
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2015年総目次



化学療法の領域 2015年1月号(Vol.31 No.1)



グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(15)
カポジ肉腫
加藤博史・味澤 篤
巻頭言
肺アスペルギルス症とhost-parasite relationship 全文無料
田代隆良
特集 クロストリジウム・ディフィシル感染症
[企画・東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授/東邦大学医療センター大森病院感染管理部 部長 舘田 一博]
序 -クロストリジウム・ディフィシル感染症をトランスレーショナル・リサーチ的視点から考える-
舘田一博
1.クロストリジウム・ディフィシル感染症の疫学
森 伸晃
2.クロストリジウム・ディフィシル感染症の発症病態と臨床的特徴
宮崎泰斗・前田 正・吉澤定子・舘田一博
3.クロストリジウム・ディフィシル感染症の検査診断法
豊川真弘
4.クロストリジウム・ディフィシル感染症に対する抗菌薬療法の実際
大曲貴夫
5.症例提示 -重症クロストリジウム・ディフィシル感染症-
中村 造・松本哲哉
6.クロストリジウム・ディフィシル感染症の感染対策
山岸由佳・三鴨廣繁
7.クロストリジウム・ディフィシル感染症に対する新しい診断・治療・予防戦略
岡田侑也・森永芳智・栁原克紀
8.腸内マイクロビオータと糞便移植療法
神谷 茂
原 著
肺炎球菌に対するlevofloxacinならびに他系統抗菌薬の殺菌力の検討
千葉めぐみ・藤川香津子・古賀哲文・星野一樹・舘田一博
連 載
私達の研究(142)
非結核性抗酸菌症 -感染症とアレルギーの二面性-
菊地利明
新連載 薬物開発物語・薬物臨床薬理事典・薬剤品質管理ブックレット・消毒エキスパート
連載開始にあたって 全文無料
佐々木均
新連載 薬物開発物語(1)
クラリス創薬物語 -クラリスロマイシンの創製,研究開発から育薬まで-
山岸武弘・森本繁夫
新連載 薬剤品質管理ブックレット(1)
ポリエンマクロライド系抗真菌性抗生物質製剤:アムビゾーム®点滴静注用 50 mg (L-AMB)について
鈴木仁士・黒田貴久・森本恵史・松岡厚志・金澤勝則
室 高広
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(107)
・アムホテリシンBの活性酸素の産生は,病原性酵母菌に対して殺真菌効果につながる活性メカニズムである
・白血病患者におけるポサコナゾール懸濁液から錠剤への切り替えは,肝毒性を示すことなく血中薬物濃度を高める
・健常人においてアジスロマイシンの組織分布を特徴づける母集団薬物動態モデルの開発
・小児におけるテイコプラニンの母集団薬物動態
・新生児と3カ月未満の乳児におけるシプロフロキサシンの母集団薬物動態
・新生児におけるバンコマイシントラフ濃度と血中濃度-時間曲線下面積(AUC)の関係
・the Nijmegen bladder cancer studyにおける反復性尿路感染と膀胱がんのリスク
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
真菌症フォーラム第16回学術集会開催のお知らせ 全文無料
バックナンバー 全文無料
2月号予告 全文無料
お詫びと訂正(化学療法の領域2014年12月号) 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。 全文無料



化学療法の領域 2015年2月号(Vol.31 No.2)



グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(16)
非ホジキンリンパ腫
佐々木秀悟
巻頭言
患者と医療従事者を守る標準予防策 全文無料
内山正子
特集 周術期感染症の制御と治療戦略
[企画・東京医療保健大学/大学院 教授 大久保 憲]
序 -周術期感染対策の標準化へ向けて-
大久保憲
1.手術侵襲と生体反応
小野 聡・辻本広紀・平木修一・池田寿昭
2.手術創の分類と創傷治癒メカニズム
小山 勇・合川公康・岡本光順・山口茂樹
3.周術期の栄養管理
田中達也・竹山廣光
4.回復力強化プログラム
福島亮治
5.アクティブサーベイランスと保菌者対策
桐林孝治・草地信也
6.周術期患者管理と感染防止
清水潤三
7.術野の消毒,医療器材の消毒
尾家重治
8.手術時手指衛生
平田 哲
9.周術期感染予防・治療のための抗菌薬投与
毛利靖彦・楠 正人・小林美奈子・岡 正朗・小西敏郎
望月英隆・炭山嘉伸
10.わが国のSSIサーベイランス
針原 康
連 載
私達の研究(143)
マトリセルラータンパク質と感染症
芦野有悟・浩日勒・齋藤弘樹・服部俊夫
新連載 薬物臨床薬理事典(1)
メトロニダゾール注射液の特性と嫌気性菌感染症に対する臨床成績
湯淺 晃・室 高広
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(108)
・大腸がんサバイバーにおける末梢神経障害:オキサリプラチンの影響(母集団をもとにしたプロフィール登録の結果)
・乳がん患者に対する強力なアジュバントとしてのエピジェネティクス修飾の利用
・内皮細胞毒性に対するバンコマイシン投与法の影響
・レベスベラトロールは脂肪酸合成シグナル経路を阻害することにより,乳がん細胞の侵潤を抑制する
・抗精神病薬の併用:この戦略は有用なのか?
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年3月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年3月号(Vol.31 No.3)



グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(17)
脳原発性悪性リンパ腫
柳川泰昭
巻頭言
ピンチをチャンスに 全文無料
松永直久
特集 薬剤トランスポーター研究の最新動向と化学療法剤の動態
[企画・長崎大学病院 教授・薬剤部長 佐々木 均]
序 -輸送機構や制御因子の解明が進むトランスポーター-
佐々木均
1.総論:トランスポーター
杉山雄一
2.消化管のトランスポーターと化学療法剤
玉井郁巳
3.化学療法剤の体内動態を決定する肝臓の薬物トランスポーター
前田和哉・楠原洋之
4.腎臓のトランスポーターと化学療法剤
梶原望渡・増田智先
5.トランスポーターを介した化学療法剤の相互作用
設楽悦久
6.トランスポーターの遺伝子多型
家入一郎
7.ヒトトランスポーターの発現調節機構
吉成浩一
8.薬剤排出トランスポーターの分子生物学
山崎聖司・西野邦彦
9.薬剤排出トランスポーター活性のマイクロデバイスによる計測
飯野亮太
10.緑膿菌の排出トランスポーターに関連した抗菌薬耐性
森田雄二・富田純子・河村好章
11.がんの多剤耐性にかかわる薬物排出トランスポーター
森田真也・寺田智祐
連 載
私達の研究(144)
重症呼吸器感染症における免疫機構の解明 ~新たな治療法確立に向けて~
石井 誠・南宮湖・浅見貴弘・八木一馬・高橋左枝子
田坂定智・長谷川直樹・別役智子
新連載 消毒エキスパート(1)
WHO,CDC手指衛生ガイドラインに基づく手指衛生剤の選択と使用
和田祐爾
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(109)
・ESBL菌血症患者においてカルバペネムはピペラシリン/タゾバクタムと比較して生存率を高める
・トリアゾールの薬物治療モニタリング:カナダ人における評価レビューと推奨
・経直腸的超音波診断法による前立腺生検前の予防的セフトリアキソン筋注は入院率を下げる
・持続的腎置換療法中のβ-ラクタム抗菌薬の濃度
・術後中枢神経系感染症の治療のための生体分解可能なバンコマイシン溶出ポリ[(d,l)-ラクチド-co-グリコリド]ナノファイバー
・小児におけるクロストリジウム・ディフィシル感染症の臨床的特徴:感染症リスクの状況そしてプロバイオティクスは有効かどうか
・早期新生児における腸管内細菌叢の発生と周産期における抗菌薬の影響
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年4月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年4月号(Vol.31 No.4)



グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(18)
浸潤性子宮頸がん
松本久宣・上平朝子
巻頭言
後発医薬品への懸念 全文無料
中村 功
特集 C型ウイルス肝炎の治療における最近の進歩
[企画・東京大学大学院生体防御感染症学(感染症内科)准教授 四柳 宏]
序 -C型肝炎の治療の現在と今後-
四柳 宏
1.ペグインターフェロンα・リバビリン併用療法
古庄憲浩・小川栄一・村田昌之
2.βインターフェロンを用いた治療
野村秀幸
3.テラプレビル・シメプレビルとペグインターフェロン/リバビリンの3剤併用療法
平松直樹
4.アスナプレビル・ダクラタスビル併用療法
鈴木文孝
5.経口抗ウイルス薬併用療法の今後
黒崎雅之
6.C型肝炎にともなう代謝異常の治療
藤永秀剛
7.C型肝炎の治療と肝発がん抑止
坂本 穣・榎本信幸
8.C型肝硬変の治療
平石哲也・奥瀬千晃
9.HIV合併C型肝炎の治療
三田英治
10.移植後C型肝炎の治療
田中智大・菅原寧彦・國土典宏
総 説
わが国における市中肺炎に対するスイッチ治療の有用性
-切り替え基準の設定とレスピラトリーキノロンの役割-
栁原克紀
連 載
私達の研究(145)
ボルナ病ウイルス感染症の病態研究
本田知之・朝長啓造
薬物臨床薬理事典(2)
ソブリアード® カプセル100mg(シメプレビルナトリウム)
萩原伸也
エッセイ(296)
つれづれ日記 -愛犬観察日記-
藤田昌樹
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(110)
・未分化甲状腺がんとその幹細胞の成長に対するメトホルミン,ソラフェニブの抗増殖相乗作用
・がん治療とその副作用に関連した不眠の悪化:経年的研究の結果
・スタチン治療中の筋肉の副作用に対するリスク評価と対応策
・がん治療におけるドキソルビシン処方の概要
・乳がん患者におけるネオアジュバント治療中の甲状腺の変化:NEOZOTAC トライアル(BOOG 2010-01)の結果
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年5月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年5月号(Vol.31 No.5)



グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(19)
HIV脳症
森岡 悠・岸田修二
巻頭言 人と微生物のよりよい関係をめざして 全文無料
長谷川直樹
特集 野外活動と感染症
[企画・長崎大学熱帯医学研究所免疫遺伝学分野 教授 平山 謙二]
序 -野外活動に関連する感染症と言うカテゴリー-
平山謙二
1.野外活動で出会う媒介動物
1)節足動物
林 利彦
2)節足動物以外の動物
五十嵐郁男
2.マダニ感染症
1)細菌・リケッチア
吉田將孝・泉川公一
2)マダニ媒介ウイルス感染症
早坂大輔
3.蚊感染症
1)蚊媒介性ウイルス感染症 -デング熱・日本脳炎・チクングニア熱-
長谷部太
2)寄生虫症
狩野繁之
4.生食による感染症
1)生肉および野生動物による細菌感染症
江崎孝行
2)生肉,野生動物による原虫・寄生虫感染症
丸山治彦
3)魚介類
山城 哲
4)動物との接触・飲料水等を介した寄生虫症
野崎智義
5.重篤な創傷感染 -壊死性筋膜炎(Aeromonas感染症を中心に)-
武田和明・栁原克紀
連 載
私達の研究(146)
侵襲性カンジダ感染症の発症,炎症反応および薬剤耐性に関する基盤的研究
金城雄樹・田辺公一・上野圭吾・北野尚樹・名木 稔
浦井 誠・星野泰隆・梅山 隆・山越 智・宮﨑義継
薬剤品質管理ブックレット(2)
トリアゾール系抗真菌薬イトラコナゾール内用液剤
(イトリゾール®内用液1%)の製剤的特徴
萩原伸也・室 高広
エッセイ(297)
ベトナム語の豆知識
慶長直人
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(111)
・嚢胞性線維症における抗菌薬治療のためのバイオフィルム抗菌薬感受性試験と標準試験の比較
・急性静脈瘤再出血予防のための抗菌薬について:ランダム化試験
・固形腫瘍で入院中の発熱性好中球減少症発作において,フィルグラスチムとレノグラスチムはどちらが有効か?
・抗菌薬の静注から経口への切り替えの実践
・早期目標指向型治療:いま我々は何をすべきか?
・皮膚・軟部組織感染症患者における救急治療の決定に関する要因
・カルバペネム耐性Acinetobacter baumanniiの実験的な敗血症におけるドリペネム単剤および,スルバクタム,アミカシン,コリスチン,チゲサイクリンとの併用効果について
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年6月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年6月号(Vol.31 No.6)



グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(20)〔最終回〕
マルネッフェイ型ペニシリウム症
小川吉彦・渡邊 大
巻頭言
ワクチンの黎明期を振り返って 全文無料
川上和義
特集 国境を越える重症新興・再興感染症
[企画・国立感染症研究所ウイルス第一部 部長 西條 政幸]
序 -国境を越える感染症の流行-
西條政幸
1.新興・再興感染症と人獣共通感染症 -発生状況とその背景-
有川二郎
2.西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行の背景と対策
下島昌幸
3.SARSとMERS
川名明彦
4.デング熱
中山絵里・高崎智彦
5.チクングニア熱の流行域の拡大
林 昌宏
6.多剤耐性菌感染症の世界的広がり
柴山恵吾
7.国境を越えて発生する大規模食品関連感染症
大西 真
8.プリオン病 -硬膜移植後CJDと変異型CJD-
浜口 毅・山田正仁
9.世界ポリオ根絶計画の現状と最終段階戦略
清水博之
10.輸入感染症に対する医療機関の備え
加藤康幸
11.麻疹排除へ向けて
竹田 誠・駒瀬勝啓
12.常時警戒すべき輸入感染症 -日本において監視されるべき輸入感染症-
西條政幸
連 載
私達の研究(147)
デングウイルスの I 型インターフェロン誘導回避機構
内田玲麻・森田公一
薬物臨床薬理事典(3)
新規C型肝炎治療薬ダクラタスビルとアスナプレビルの薬理作用と臨床成績 -インターフェロンフリー治療の幕開け-
植木知子・室 高広
エッセイ(298)
昆虫少年の復活
安川正貴
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(112)
・非小細胞肺がんにおけるアジュバント化学療法:最先端治療
・腎細胞がん(RCC)とその他のがんの患者における血管内皮細胞増殖因子受容体(VEGFR)チロシンキナーゼ阻害薬と,ほ乳類ラパマイシン標的阻害薬(mTORi)投与にともなう倦怠感:無作為臨床試験のメタ解析
・変わりつつあるとき:皮膚と皮膚組織感染に対する新たな抗菌薬
・キノロンに誘導された過敏反応
・侵襲性肺アスペルギルス症の小児におけるボリコナゾール代謝の自己誘導
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年7月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年7月号(Vol.31 No.7)



グラフィック連載
新連載 画像から読み解く感染症
連載開始にあたって 全文無料
芦澤和人
I 中枢神経
1.脳膿瘍(Brain abscess)
中島一彰
巻頭言
Missing Microbes(失われゆく微生物) 全文無料
髙田 徹
特集 プラスミドによる薬剤耐性の菌種間伝播と施設内感染
  -そのサーベイランス・感染管理の在り方-
[企画・名古屋大学大学院医学系研究科分子病原細菌学/
                耐性菌制御学分野 教授 荒川 宜親]
序 -菌株,菌種間を伝達して拡散する薬剤耐性遺伝子-
荒川宜親
1.薬剤耐性プラスミドについて
切替照雄
2.グラム陽性菌におけるプラスミド媒介性の薬剤耐性の特長
1)ペニシリン耐性
山田景子
2)グリコペプチド耐性
富田治芳・久留島潤・千葉菜穂子・野村隆浩・橋本佑輔・谷本弘一
3)マクロライド/ケトライド耐性
山本友子
4)アミノグリコシド耐性
米沢 実・井田孝志・梅村英二郎・味戸慶一
5)グラム陽性菌のプラスミド性消毒薬低感受性
野口雅久
3.グラム陰性菌におけるプラスミド媒介性の薬剤耐性の特長
1)β-ラクタム系薬耐性
長野則之・長野由紀子
2)キノロン耐性
山根一和
3)アミノグリコシド耐性
和知野純一
4)グラム陰性菌における消毒薬抵抗性
川村久美子
4.プラスミド媒介性の薬剤耐性機構保有菌を想定した検査と解析
中村竜也・吉田弘之
5.プラスミド媒介性の薬剤耐性機構保有菌を想定したサーベイランスおよび感染制御
山岸拓也・大石和徳
6.薬剤耐性プラスミドの菌株間伝達や菌種間伝達を考慮したアウトブレイク発生時のプラスミド解析
黒田 誠
連 載
私達の研究(148)
γδ型T細胞と細菌感染防御
吉開泰信
薬物臨床薬理事典(4)
スルファメトキサゾール-トリメトプリム製剤(ST合剤)
竹村卓哉
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(113)
・アシネトバクター・バウマニに対するミノサイクリン(MINO)とポリミキシンBの併用療法の評価
・前鼻孔内のムピロシン(MUP)耐性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)と黄色ブドウ球菌に対する皮膚および鼻のポピドンヨードの効果
・ボリコナゾール(VCZ)代謝に関する炎症時の影響
・カルバペネム耐性アシネトバクター・バウマニに対する相乗的なカルバペネム-アミノグリコシドの併用療法を最適化するための新しい取り組み-
・細胞内マイコバクテリウム・カンサシ症の新しい中空繊維モデルにおけるモキシフロキサシン(MFLX)単独療法の急速薬剤耐性と無菌化効果について
・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症の臨床転帰におけるダプトマイシンとトリメトプリム-スルファメトキサゾール(TMP-SMX)の影響
・無莢膜型インフルエンザ菌による呼吸器感染症に対するアジスロマイシン(AZM)感受性と効果
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年8月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年8月号(Vol.31 No.8)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(2)
I 中枢神経
2.トキソプラズマ症
井手口怜子・森川 実
巻頭言
新生児・乳児のインフルエンザに対する抗ウイルス薬治療と保険適用 全文無料
森岡一朗
特集 岐路に立つ臨床研究 -新たな品質管理基準の動向-
[企画・京都大学大学院医学研究科薬剤疫学・臨床研究管理学 教授 川上 浩司]
序 -臨床研究の科学的品質の向上に向けて-
川上浩司
1.臨床研究の品質の向上のための政策の動向
宮田俊男
2.臨床研究の品質マネジメント
山口拓洋・宮路天平
3.臨床試験におけるデータ管理と統計解析の実際
田中司朗
4.東大病院における臨床研究者育成生涯教育研修の現状とそのカリキュラム構築
-「系統的臨床研究者・専門家の生涯教育」カリキュラム-
岸 暁子・上村夕香理
5.一般社団法人日本臨床試験学会(JSCTR)における教育研修の現状
樽野弘之・吉田浩輔
6.臨床試験の品質の向上のための臨床研究中核病院の取り組み
佐藤典宏
7.海外における臨床研究の品質向上の取り組み動向
中村健一・柴田大朗・福田治彦
8.~緊急提言~ 保険適用外診療行為・禁忌薬使用など,安全性の確認されていない医療行為を行う際の倫理的手続きのあり方
長尾能雅
9.今後の臨床研究の方向性 -介入研究からデータ研究へ-
川上浩司
連 載
私達の研究(149)
マラリア原虫人工染色体による薬剤耐性遺伝子の同定法
岩永史朗
薬物臨床薬理事典(5)
新規多剤耐性結核治療薬 -デラマニド(デルティバ®錠)-
松本 真・下川義彦・木下明督
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(114)
・ドキシサイクリンはDNA-PKをダウンレギュレートし,がんの始原細胞を放射線感受性にする:より効果的な放射線治療へのかかわり
・CHOP(シクロホスファミド,ドキソルビシン,ビンクリスチン,プレドニゾロン)療法で治療されたびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の米国在郷軍人の長短期の体重変化
・切除不能進行または再発大腸がんの悪化につながる化学療法前と化学療法中の栄養不良状態
・化学療法に関連した30日再入院のリスクファクターの同定
・異なった人種における薬剤性過敏症症候群に関連したHLA(ヒト白血球抗原)アレルのリスク予想のためのSNPs(一塩基多型)の精度
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年9月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年9月号(Vol.31 No.9)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(3)
I  中枢神経
3.単純ヘルペス脳炎
上村清央・中條正典・吉浦 敬
巻頭言
感染症・化学療法の領域における医師の思考と正診率 全文無料
青木洋介
特集 持続感染・潜伏感染の機序と病態
[企画・京都大学 名誉教授/京都大学大学院総合生存学館 特定教授 光山 正雄]
序 -感染の持続と潜伏-
光山正雄
1.単純ヘルペスウイルスの潜伏と回帰発症の機構
加藤哲久・川口 寧
2.水痘・帯状疱疹ウイルスの潜伏と再活性化の機構
湯 華民・森 康子
3.ヘルペスウイルス感染の治療薬とワクチン
大黒 徹・白木公康
4.麻疹ウイルス感染と亜急性硬化性全脳炎(SSPE)
伊藤正恵・堀田 博
5.EBウイルスの潜伏感染機構
神田 輝
6.HIV感染における無症候性キャリア状態の機構
-HIVの持続感染と潜伏感染の病態-
松下修三
7.ボルナウイルスの核内持続感染機構
牧野晶子・朝長啓造
8.結核菌の潜伏感染に関わるメカニズムと新しい結核制御技術の可能性
松本壮吉・西山晃史・尾関百合子
9.結核菌の潜伏,持続感染の分子遺伝学
大原直也
連 載
私達の研究(150)
付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性
三宅洋一郎・村上圭史
消毒エキスパート(2)
消毒薬の選択と使用上の留意点 -生体消毒,環境消毒-
松村由貴子・辻谷昌訓
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(115)
・10~12歳の小児手術予防のためのセファゾリン投与の第 I 相薬物動態・安全性試験のデータを用いた経験的なセファゾリン投与量のための適切な体重に基づいたカットオフの決定
・クロストリジウム・ディフィシル感染症:新しい治療法の最新の概要
・メカニズムに基づいたモデリングによる多接種源で評価されたトブラマイシンによる緑膿菌の殺菌効果に関する2つの機序
・肺炎で入院している患者から分離された最新の臨床分離株に対するアルベカシンの活性
・カルバペネム耐性菌血症の非常に重篤な患者における死亡リスクに対する抗菌薬併用療法の効果
・膜型人工肺を装着した小児における侵襲性カンジダ症の予防と治療のためのフルコナゾールの薬物動態と投与量について
・連鎖球菌トキシックショック症候群とクロストリジウム・ディフィシル感染症における免疫グロブリン静注の役割
木村利美
提供記事
第89回日本感染症学会学術講演会 ランチョンセミナー
HIV/肝炎ウイルス重複感染における最新の治療戦略
(提供:鳥居薬品株式会社)
  
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年10月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年10月号(Vol.31 No.10)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(4)
II 頭頸部 1.真菌性副鼻腔炎の画像診断
田中法瑞・内山雄介・梅野裕仁・安陪等思
巻頭言
わが国のASTへの期待 全文無料
吉田耕一郎
特集 臨床で注意すべき感染症治療薬の相互作用とメカニズム
[企画・慶應義塾大学薬学部 教授 木津 純子]
序 -感染症治療における薬物相互作用を考える-
木津純子
I 感染症治療薬(抗菌薬・抗真菌薬)をめぐる相互作用
1.薬物動態から見た感染症治療薬の相互作用
-代謝過程における相互作用-
大谷壽一
2.薬物動態から見た感染症治療薬の相互作用
-吸収・分布・排泄過程における相互作用-
大野能之
3.抗菌活性から見た感染症治療薬の相互作用
福森史郎・辻 泰弘
4.感染症治療薬と飲食物の相互作用
森塚暁裕・北原隆志
II 系統別に見た感染症治療薬の相互作用
1.β-ラクタム系抗菌薬における相互作用
藤村 茂
2.キノロン系抗菌薬における相互作用
堀野哲也
3.マクロライド系抗菌薬における相互作用
岩永直樹・栁原克紀
4.アミノ配糖体系抗菌薬における相互作用
西 圭史
5.抗MRSA薬における相互作用
松元一明
6.抗結核薬における相互作用
池谷 修・長谷川直樹
7.抗真菌薬における相互作用
中村茂樹・宮﨑義継
連 載
私達の研究(151)
ポストゲノムマラリアワクチン研究の最前線
坪井敬文・高島英造
薬剤品質管理ブックレット(3)
クラリス®ドライシロップ小児用の製剤設計
生田弘史・矢島稔央・三輪明生
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(116)
・子宮頸部がんのin vitro(試験管内)とex vivo(対外)モデルにおいてシスプラチン投与に反応したmTORの役割
・シトクロムP450(CYP)2D6活性低下患者におけるタモキシフェンの増量の影響
・高齢者における先の抗生物質治療の副作用,大腸菌による血流感染の著しい増加
・バンコマイシン耐性腸球菌感染:疫学,臨床の出現と最適なマネジメント
・エストロゲン受容体(ER)陽性乳がんの閉経前の女性における内分泌治療試験の検索
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年11月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年11月号(Vol.31 No.11)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(5)
II 頭頸部 2.咽後膿瘍
石山彩乃・森川 実
巻頭言
「日本細菌学会」から夢想する 全文無料
堀口安彦
特集 バイオフィルム研究の最前線
[企画・筑波大学生命環境系 教授 野村 暢彦]
序 -集団微生物学としてのバイオフィルムとその展望-
野村暢彦
Ⅰ 医歯薬学
1.バイオフィルムと多剤耐性および院内感染
濱田将風・舘田一博
2.バイオフィルム細胞外マトリクスの分離解析
水之江義充・千葉明生・岩瀬忠行・杉本真也
3.口腔バイオフィルムと糖および代謝産物
泉福英信
4.細胞間コミュニケーションと口腔細菌バイオフィルム
阿座上弘行・恵比須繁之
5.先進的リアルタイムイメージング法によるクオラムセンシング阻害薬の
作用機序の解明に向けて
狩山玲子・公文裕巳
6.カンジダのバイオフィルム
金子幸弘
Ⅱ 食品・農学
1.食品関連微生物が形成するバイオフィルムの制御と利用
森永 康・平山 悟・太田瑛美・栁原希枝子・古川壮一
Ⅲ 水処理・工学
1.バイオフィルムを利用した界面微生物工学
堀 克敏
2.金属腐食とバイオフィルム
宮野泰征
3.排水処理システムにおける細菌細胞間コミュニケーション-促進と抑制に向けて-
寺田昭彦
連 載
私達の研究(152)
原核生物の獲得免疫に見られる新機構から紐解かれてきたゲノム進化
渡辺孝康・村瀬一典・中川一路・丸山史人
薬物臨床薬理事典(6)
フルコナゾールカプセル(ジフルカン®)の特性と外陰腟カンジダ症に対する
臨床成績-外陰腟カンジダ症に対する国内初の経口治療薬-
川端育代・室 高広
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(117)
・医療関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の伝播性とコントロールに対するムピロシン耐性の影響
・淋菌分離株に対するホスホマイシン単独投与とセフトリアキソンあるいはアジスロマイシンの組み合わせ投与の生体外活性比較
・多剤耐性結核患者における聴覚毒性を及ぼすアミカシン濃度の予測
・肥満における抗菌薬療法:マルチセンター横断研究
・病院の抗菌薬管理システムによる予想外な抗菌薬の未治療:レトロスペクティブ観察研究
・ブタにおいて抗菌薬耐性を防ぐための筋注テトラサイクリン治療プロトコールを評価するためのPK-PD(薬物動態-薬力学的)モデル
・市中発症MRSA肺炎のリスクスコアの適応と初期治療におけるアウトカム
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2015年12月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」と「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。



化学療法の領域 2015年12月号(Vol.31 No.12)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(6)
Ⅲ 肺 1.レジオネラ肺炎
筒井 伸・芦澤和人
巻頭言
AIDSパニックから30年 全文無料
藤井 毅
特集 インフルエンザの施設内感染予防策
[企画・東京医療保健大学 学長 木村 哲]
木村 哲
序 -インフルエンザの施設内感染予防に向けて-
木村 哲
1.インフルエンザワクチンの意義と有効性
庵原俊昭
2.病院・診療所における季節性インフルエンザ対策の在り方と課題
貫井陽子
3.高齢者施設等における季節性インフルエンザ対策の在り方と課題
渡辺 彰
4.抗インフルエンザ薬の使い方-予防投与と治療の考え方-
藤倉雄二・川名明彦
5.新型インフルエンザ発生時におけるわが国の対応について
三宅邦明
6.高病原性インフルエンザ流行時の診療継続計画について
木村 哲
7.新型インフルエンザの流行が差し迫った場合のワクチン予防とその課題
大石和徳
鼎談
医療機関のインフルエンザ対策は十分か
木村 哲・大石和徳・舘田一博
連載
私達の研究(153)
リーシュマニア症ワクチン開発に向けた宿主免疫記憶機構の解明
前川洋一・長野 功・呉 志良
薬物開発物語(2)
クラビット®ヒストリー-レボフロキサシンの誕生から現在まで-
益田幹也
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(118)
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
2016年1月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2015年 増刊号(Vol.31 S-1)



感染症診断の新たなツール
〔企画〕柳原 克紀(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座 病態解析・診断学分野〈臨床検査医学〉教授/長崎大学病院検査部 部長) 
序 −感染症診療に貢献できる検査法の進歩−
栁原克紀
I 現状と展望
1.内科領域
春木宏介
2.外科領域感染症の歴史
大毛宏喜・末田泰二郎
3.小児科領域における感染症診断
齋藤亜紀・宮田一平・尾内一信
4.救急領域における感染症診断 -新しい検査法を含めて-
吉田浩輔・志馬伸朗
II 新たな技術・機器
1.質量分析
清祐麻紀子
2.遺伝子診断 -シングルターゲット-
金山明子・小林寅喆
3.遺伝子診断 -マルチターゲット
中村竜也
4.遺伝子診断・網羅的解析
川波敏則
5.全自動核酸増幅システム
大曲貴夫
6.次世代シークエンサーによる網羅的遺伝子解析
青木弘太郎・石井良和
III 病原体検出の実際
1.黄色ブドウ球菌
山口哲央・大楠清文
2.ヘリコバクター・ピロリ
森 英毅・鈴木秀和
3.クロストリジウム・ディフィシル
飯沼由嗣
4.抗酸菌(結核菌群・非結核性抗酸菌)
赤松紀彦・栁原克紀
5.百日咳
齋藤良一
6.マイコプラズマ・クラミジア・レジオネラ
宮下修行
7.インフルエンザウイルス
宇野直輝・栁原克紀
8.サイトメガロウイルス・Epstein-Barrウイルス
木村 宏
9.HIVの遺伝子分析における臨床的有用性
南 留美・山本政弘
10.T細胞白血病ウイルス
長谷川寛雄
11.重症熱性血小板減少症候群の診断
早坂大輔・余福 勲
12.リケッチア症の診断
岩崎博道・高田伸弘
IV 質量分析の応用
1.迅速同定の応用
曲渕裕樹
2.MALDI-TOF MSによる 迅速な薬剤耐性検出
松山由美子
V 遺伝子検査の応用
1.血流感染症
(1)血液検体からの起炎菌の直接検出・同定方法の開発
仁井見英樹
(2)血液培養陽性検体からの検出と課題
小佐井康介・柳原克紀
2.呼吸器感染症
三澤成毅
3.腸管感染症における遺伝子検査の応用
仁木 誠・仁木満美子・金子幸弘
4.性感染症
濵砂良一
5.中枢神経感染症
佐藤晶論・細矢光亮
6.特殊な検体から直接の感染症診断
大楠清文
7.薬剤耐性検出
八木哲也
VI バイオマーカー
1.プロカルシトニン
山岸由佳・三鴨廣繁
2.プレセプシン
遠藤重厚・高橋 学・鈴木 泰
3.その他の炎症指標
森永芳智
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ