トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年

2016年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2016年12月号(Vol.32 No.12)
特集 肺炎の現状と管理
■2016年11月号(Vol.32 No.11)
特集1 Antimicrobial Stewardship Program(ASP)の理論と実際
特集2 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)
■2016年10月号(Vol.32 No.10)
特集 血中病原体抗原とバイオマーカー
■2016年9月号(Vol.32 No.9)
特集 消化管感染症の発症メカニズム
■2016年8月号(Vol.32 No.8)
特集 非結核性抗酸菌症の今日的問題
■2016年7月号(Vol.32 No.7)
特集 難治性真菌症の病態と治療戦略
■2016年6月号(Vol.32 No.6)
特集 感染症ワクチンの現状と将来
■2016年5月号(Vol.32 No.5)
特集 HIV感染症の流行はまだ続いている
■2016年4月号(Vol.32 No.4)
特集 食の安全と微生物汚染
■2016年3月号(Vol.32 No.3)
特集  臓器障害・生理機能に対応した抗菌薬の適正使用
■2016年2月号(Vol.32 No.2)
特集 ヒトの健康・疾患と腸内細菌の関わり
■2016年1月号(Vol.32 No.1)
特集 感染症における新薬開発のジレンマと展望 -日本が先駆者となるために-
■2016年 増刊号(Vol.32 S-1)
感染症ガイドラインのすべて
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2016年総目次



化学療法の領域 2016年1月号(Vol.32 No.1)



グラフィック連載
連載 カラーグラフィック 画像から読み解く感染症(7)
Ⅲ 肺 2.マイコプラズマ肺炎
福島 文・芦澤和人
巻頭言
2015年のノーベル賞報道に接して 全文無料
大野秀明
特集 感染症における新薬開発のジレンマと展望 -日本が先駆者となるために-
[企画・長崎大学病院薬剤部 教授・薬剤部長 佐々木 均]
序 -感染症治療薬開発の現状と将来-
佐々木 均
1.抗菌薬開発の歴史
八木澤守正
2.耐性菌と抗菌薬開発
山口 諒・森屋恭爾
3.抗菌薬の開発環境の課題
岩田 敏
4.抗菌薬の小児への開発
豊永義清
5.海外の抗菌薬開発状況
辻 雅克・杉山寛行・岸井粒太
6.新規抗菌薬の開発に向けた学会提言
舘田一博
7.感染症治療薬開発に向けた創薬支援-日本医療研究開発機構・創薬支援戦略部・創薬コーディネーターの立場から-
藤江昭彦
8.感染症治療の費用対効果
本田順一
9.感染症治療薬の新しい試み 
1)ワクチン開発の現状
中山哲夫
2)難治性感染症に期待される抗菌免疫療法
佐和貞治・加藤秀哉・清水 優
3)エピジェネティクスの可能性
石井 誠
連載
私達の研究(154)
アピコンプレクサ生物におけるカルシウム・シグナリングと植物ホルモン
松原立真・永宗喜三郎
消毒エキスパート(3)
消毒薬の選択と使用上の留意点-医療器具の消毒-
重信圭子・西川 淳
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(119)
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年2月号予告 全文無料
 



化学療法の領域 2016年2月号(Vol.32 No.2)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(8)
Ⅲ 肺 3.肺結核症
氏田万寿夫
巻頭言
地球温暖化にともなう国内感染リスクの拡散 全文無料
岩崎博道
特集 ヒトの健康・疾患と腸内細菌の関わり
[企画・京都大学大学院総合生存学館 特定教授 光山正雄]
序 -腸内フローラ研究:細菌学と生体防御学-
光山正雄
1.ヒト腸内細菌叢の構成とその意義
松木隆広・松本 敏
2.腸内細菌と免疫系
大野博司
3.腸内細菌と内科疾患
髙橋憲一郎・安藤 朗
4.腸内細菌由来短鎖脂肪酸による免疫調節とエピゲノム修飾変化
磯部順哉・長谷耕二
5.腸内常在細菌による腸内ホメオスタシス制御
大坂利文
6.ヒト腸内細菌叢代謝経路データベース構築とその意義
山田拓司
7.アジア人の食・健康・腸内細菌叢
本田倫子・中山二郎
8.ピロリ菌感染と胃内常在細菌叢-16SリボソームRNA遺伝子(16SリボソームDNA)解析データを含めて-
神谷 茂・大﨑敬子
9.潰瘍性大腸炎患者に対する便内腸内細菌移植療法
石川 大・長田太郎・渡辺純夫
10.プロバイオティクスの効果に関する現在的理解と将来展望
古賀泰裕
連載
私達の研究(155)
病原細菌の感染と宿主応答の分子論-細菌感染によるインフラマゾーム活性化機構およびレプトスピラの持続感染機構-
鈴木敏彦・トーマ・クラウディア・高江洲義一・比嘉直美・仲宗根昇
薬剤品質管理ブックレット(4)
キノロン系外用抗菌薬-ゼビアックス®ローション2%について-
坂本彰宏・武智浩司・波々伯部真希
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(120)
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年3月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年3月号(Vol.32 No.3)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(9)
Ⅲ 肺 4.肺アスペルギルス症
松山直弘・芦澤和人
巻頭言
ASTとアクティブ・コンサルテーション 全文無料
山本善裕
特集  臓器障害・生理機能に対応した抗菌薬の適正使用
序 感染症患者は特殊性に富む-感染症にともなう臓器障害に適切に対処し,患者背景ごとの抗菌薬の使用法を駆使して,感染症に対峙する-
大曲貴夫
1.感染症と臓器障害
1)感染症による臓器障害-臓器障害を見たら敗血症か否か-
久保健児
2)感染症様の症状を見せる臓器障害
鈴木 純
3)抗菌薬の副作用による臓器障害と対策
橋本武博
2.特殊な患者に対する抗菌薬の使用方法-種類の選択・用法用量設定・適正使用-
1)肝障害
大路 剛
2)透析患者
村上 穣
3)免疫不全患者
冲中敬二
4)重症患者における抗菌薬加療戦略-抗菌薬過少投与に対する警鐘-
松本敬・林 淑朗
5)妊婦
林 昌洋
6)高齢者
藤田崇宏
7)小児・新生児
佐藤公則・笠井正志
連載
私達の研究(156)
細菌性肺炎と肺上皮細胞免疫
山本和子・迎  寛
薬剤品質管理ブックレット(5)
ボリコナゾールの「効能・効果」追加承認-造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防-
松山 敏・室 高広
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(121)
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表  全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年4月号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年4月号(Vol.32 No.4)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(10)
Ⅲ 肺 5.ニューモシスチス肺炎
田中伸幸・中村 洋・国弘佳枝・小林大河・松永  尚
巻頭言
感染症治療におけるTDM 全文無料
増田智先
特集 食の安全と微生物汚染
[企画・京都大学 名誉教授 / 京都大学大学院総合生存学館 特定教授 光山正雄]
光山正雄
序-食の安全の今-
光山正雄
1.総論 -食品の微生物汚染と食を介する感染症-
五十君靜信
2.食品製造工程における衛生管理と食品汚染細菌の標準試験法
岡田由美子
3.食品における病原微生物汚染の国際的リスクマネジメント
豊福 肇
4.輸入水産物の微生物汚染と対策
西渕光昭
5.食品のウイルス汚染とウイルス性食中毒
野田 衛
6.食品微生物の迅速・高感度検出法の適正な利用法 -より高度な食の安全保証を目指して-
山崎栄樹・倉園久生
7.腸管出血性大腸菌感染の現状と病原性
八尋錦之助・野田公俊
8.カンピロバクター感染の現状と病原性
藤本秀士
9.リステリアによる食中毒の世界的動向と病原性
河村伊久雄
10.ノロウイルス感染の現状と対策
中込 治・中込とよ子
連載
私達の研究(157)
メタゲノミクスによる病原体検出および微生物叢解析
飯田哲也
薬物臨床薬理事典(7)
抗ウイルス薬-レジパスビル/ソホスブビル配合剤(ハーボニー®配合錠)-
藤山直人
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(122)
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年5月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年5月号(Vol.32 No.5)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(11)
Ⅳ 胸膜 1.膿胸
荻原幸宏・芦澤和人
巻頭言
感染制御の文化を創る~院内から地域へ,そして~ 全文無料
掛屋弘
特集 HIV感染症の流行はまだ続いている
序 HIV感染症の現状と課題-流行はまだ続いている-
木村哲
1.抗HIV療法の最新の流れ
柴田怜・岡慎一
2.長期抗HIV療法に伴い派生する課題とその克服法
白阪琢磨
3.HIV感染症における認知障害(HAND)
健山正男・上薫・藤田次郎
4.HIV感染症と他の性感染症の重複感染
山本政弘
5.HIV/HBV重複感染症例における治療上の留意点
石田永・三田英治
6.HIV/HCV重複感染症例における治療上の留意点
四柳宏
7.総合診療・医療連携が求められるHIV診療
潟永博之
8.日常診療でHIV感染を疑うポイント
今村顕史
9.HIV感染症の検査体制の現状と課題
加藤真吾
10.HIV母子感染予防の現状と課題
谷口晴記・山田里佳・千田時弘・塚原優己
11.MSMにおけるHIV感染予防とコミュニティセンターの役割
市川誠一・塩野徳史・金子典代・本間隆之・岩橋恒太
12.注目される最近の話題-抗HIV免疫増強によるHIV感染症の予防と治療-
俣野哲朗
連載 私達の研究(158)
細菌間で保存された機能未知因子群からの新規病原性因子の同定
垣内力
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(123)
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表(略号→一般名) 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
次号(2016年6月号)おもな内容 全文無料



化学療法の領域 2016年6月号(Vol.32 No.6)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(12)
Ⅴ 心大血管 1.感染性大動脈瘤
林 秀行・芦澤和人・松岡陽治郎
巻頭言
共存共栄 全文無料
森 伸晃
特集 感染症ワクチンの現状と将来
[企画・一般財団法人阪大微生物病研究会 理事長 山西弘一]
序 -感染症ワクチン開発と問題点-
山西弘一
1.わが国および世界の感染症ワクチンの使用状況と問題点
菅  秀・庵原俊昭
2.ワクチンアジュバントの基礎と将来展望
青枝大貴
3.感染症の疫学調査とワクチンの効果
奥野英雄・多屋馨子
4.新たなインフルエンザウイルスの出現と季節性インフルエンザワクチン
喜田 宏
5.小児科領域のワクチンと問題点-多価混合ワクチン-
中山哲夫
6.小児科領域のワクチン接種-水痘ワクチン,麻しん・風しん混合ワクチン-
吉川哲史
7.粘膜免疫とワクチン開発
鹿島光司・竹山夏実・幸 義和・清野 宏
8.経鼻インフルエンザワクチンの開発
長谷川秀樹
9.新たなワクチン投与法-経皮ワクチン-
廣部祥子・岡田直貴・中川晋作
連載
私達の研究(159)
Quorum sensing機構とc-di-GMPシグナル伝達機構を介した緑膿菌の病原性およびバイオフィルムへの影響
木村聡一郎・舘田一博
薬物開発物語(3)
わが国の抗菌薬開発の歴史と秘話~ペニシリンの発見から小児用キノロン製剤の創製まで~
野村伸彦
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(124)
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年7月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年7月号(Vol.32 No.7)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(13)
Ⅴ 心大血管 2.ステントグラフト感染の画像診断
末吉英純・坂本一郎・上谷雅孝
巻頭言
「プラスミドのアウトブレイク」への対応の困難さ 全文無料
原田壮平
特集 難治性真菌症の病態と治療戦略
[企画・長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座臨床感染症学分野  教授 泉川 公一]
序 -難治性真菌症の理解とこれから-
泉川公一
Ⅰ 基礎 
1.真菌の進化と病原真菌命名法の動向
楊 彩佳・槇村浩一
2.ヒトの常在真菌叢(マイコビオーム)と疾病
山岸由佳・三鴨廣繁
3.抗サイトカイン自己抗体と真菌感染症
西條知見・迎 寛
4.バイオフィルム形成真菌症の病態と治療
時松一成
5.深在性真菌症治療における抗真菌薬PK-PDの重要性
中嶋一彦・竹末芳生
Ⅱ 臨床
1.カンジダのキャンディン系薬耐性機序とリスク因子,治療戦略
宮崎泰可
2.アスペルギルスの隠蔽種-診断と治療上の注意点-
渡辺 哲・亀井克彦
3.慢性肺アスペルギルス症の病態と治療戦略-薬剤耐性の問題も含めて-
田代将人
4.クリプトコックス症の菌種による病態の違いと治療戦略
中村茂樹・上野圭吾・宮﨑義継
5.ニューモシスチス肺炎の病態と治療-HIVと非HIVにおける比較-
照屋勝治
6.輸入真菌症の病態と治療-海外渡航時の注意点と日常臨床で見逃さないコツ-
亀井克彦・渡辺 哲
連載
私達の研究(160)
C型肝炎ウイルスの病原性に関与するシグナルペプチドペプチダーゼ
岡本 徹・松浦善治
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(125)
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー(特集・連載) 全文無料
次号(2016年8月号)おもな内容 全文無料



化学療法の領域 2016年8月号(Vol.32 No.8)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(14)
Ⅵ 上腹部・消化管 1.肝膿瘍
入江裕之・野尻淳一・江頭秀哲
巻頭言
薬剤耐性菌感染症を対象とした新たな抗菌薬開発へのストラテジーへ向けて 全文無料
関 雅文
特集 非結核性抗酸菌症の今日的問題
[企画・慶應義塾大学医学部感染制御センター教授 長谷川直樹]
序 -なぜ今,非結核性抗酸菌感染症なのか-
長谷川直樹
1.非結核性抗酸菌症の疫学
森本耕三
2.非結核性抗酸菌の分類と検査法
御手洗 聡
3.非結核性抗酸菌症のホスト側要因
星野仁彦
4.脂質免疫の新視点から見た非結核性抗酸菌感染症
水谷龍明・杉田昌彦
5.分子疫学から見た人と非結核性抗酸菌との関わり
伊藤 穣
6.肺非結核性抗酸菌症の診断基準の変遷と問題点
倉島篤行
7.非結核性抗酸菌症の血清診断法の意義と問題点
北田清悟
8.肺MAC症の治療と課題
中川 拓・山田勝雄・小川賢二
9.肺MAC症以外のNTM症の治療法と課題
露口一成
10.HIV感染と非結核性抗酸菌症
永井英明
11.生物学的製剤使用例における非結核性抗酸菌症への対応
高柳 昇
連載
私達の研究(161)
ウイルス感染の宿主防御に関する分子メカニズム
髙岡晃教
薬剤品質管理ブックレット(6)
爪白癬外用抗真菌薬-ルコナック®爪外用液5%(5%ルリコナゾール爪外用液)について-
伊藤隆男・佐藤久美
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(126)
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
次号(2016年9月号)おもな内容 全文無料



化学療法の領域 2016年9月号(Vol.32 No.9)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(15)
Ⅵ 上腹部・消化管 2.気腫性胆嚢炎
坂本桂子・吉満研吾
カラー口絵
特集「消化管感染症の発症メカニズム」より
巻頭言
セレンディピティと抗菌薬の新しい分子標的 全文無料
赤池孝章
特集 消化管感染症の発症メカニズム
[企画・大阪大学微生物病研究所細菌感染分野 教授 飯田哲也]
序 -病原微生物たちの競演-
飯田哲也
1.コレラ菌
山城 哲
2.赤痢菌の感染機構と宿主免疫からの回避の手口
鈴木志穂・鈴木敏彦
3.下痢原性大腸菌
山崎伸二・日根野谷淳
4.サルモネラ腸炎の発症機構
岡田信彦・羽田 健
5.腸炎ビブリオ
飯田哲也
6.クロストリジウム・ディフィシル
神谷 茂
7.ノロウイルス
片山和彦
8.ロタウイルスの病原性
津川 毅
9.アメーバ赤痢
渡辺恒二・濱野真二郎
10.クリプトスポリジウム感染による病態発症メカニズム
西川義文
11.Kudoa septempunctataによる食中毒とその発症機序
大西貴弘
連載
私達の研究(162)
難治性呼吸器感染症の病態解明と抗菌薬のみに依存しない新規治療戦略の開発
中村茂樹・宮﨑義継
薬物臨床薬理事典(8)
ニューキノロン系注射用抗菌薬-シプロキサン®注-高用量および小児への追加適応
谷河賞彦
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(127)
・呼吸器感染症に対して抗菌薬を処方する因子に関するシステマティックレビュー
・5種類の抗菌薬に対する緑膿菌の耐性進展における変異動態
・2003~2012年において米国女性外来患者の尿から分離された抗菌薬耐性菌について
・ KPC-2産生肺炎桿菌に対するホスフォマイシンとメロペネムの併用療法の臨床における有用性についての薬力学的評価
・小児の抗菌薬臨床試験における研究デザインとその結果のハーモナイズ:システマティックレビュー
・小児細菌性感染症における抗菌薬の注射から経口へ切り替えるタイミングと投与期間:システマティックレビューとガイドライン
・免疫不全患者における結核診断前のフルオロキノロンの影響について
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年10月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年10月号(Vol.32 No.10)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(16)
Ⅵ 上腹部・消化管 3.大腸結核
松浦隆志
巻頭言
抗菌薬適正使用支援プログラム(ASP)を推進する 全文無料
満田年宏
特集 血中病原体抗原とバイオマーカー
[企画・東京医科大学微生物学分野 主任教授/東京医科大学茨城医療センター感染制御部 部長 松本 哲哉]
序 -感染症診療における血中病原体抗原検出とバイオマーカーの意義-
松本哲哉
Ⅰ 病原体抗原
1.サイトメガロウイルス抗原血症検査
神田善伸
2.アスペルギルス抗原
樽本憲人・前﨑繁文
3.クリプトコックス抗原の臨床的有用性
並川浩己・掛屋 弘
4.カンジダ抗原
田代将人・泉川公一
5.β-D-グルカン
渡辺 哲・亀井克彦
6.エンドトキシンについて
池田寿昭
Ⅱ バイオマーカー
1.CRPなどの急性反応物質
三木 誠
2.プロカルシトニン
松岡 義・佐々木淳一
3.プレセプシン
遠藤重厚・小豆嶋 立頼・高橋 学・鈴木 泰
連載
私達の研究(163)
なぜ百日咳菌はヒトにだけ感染して激しい咳発作を起こすのか
堀口安彦
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(128)
・臨床疫学,重症患者における多剤耐性アシネトバクター・バウマニによる人工呼吸器関連肺炎の治療と予後因子
・高用量のトリメトプリム-スルファメトキサゾール曝露による低ナトリウム血症
・特発性膜性腎症の患者におけるカルシニューリン阻害薬治療による孤発性の複視:ケースレポート
・CYP2C9遺伝子依存性のワルファリンの薬物動態:R-ワルファリンとS-ワルファリンへのCYP2C9の影響とそれらの酸化代謝物
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年11月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年11月号(Vol.32 No.11)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(17)
Ⅵ 上腹部・消化管 4.Fitz-Hugh-Curtis症候群
池辺洋平・石丸英樹・荻野 歩・上谷雅孝
巻頭言
聴診器発明から200年 全文無料
皿谷 健
特集1 Antimicrobial Stewardship Program(ASP)の理論と実際
[企画・佐賀大学医学部国際医療学講座 教授 青木 洋介]
序 -抗菌薬処方の行動科学的背景についての論考-
青木洋介
1.わが国におけるASP推進の現状と課題
矢野晴美
2.ASP推進のための各職種の役割と環境整備
藤田直久
3.ASP推進における医師の役割
-患者にとって有効で,かつ耐性菌を過剰に生じさせないためには-
千酌浩樹
4.ASPの一環として実施される施設内抗菌薬使用の測定法と活用
村木優一・奥田真弘
5.ASP推進における微生物検査の役割
高橋俊司
特集2 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)
[企画・慶應義塾大学医学部感染症学教室/感染制御センター 教授 岩田 敏]
序 -“One Health”で考える薬剤耐性菌対策-
岩田 敏
1.カルバペネム耐性腸内細菌科細菌
石井良和
2.カルバペネム耐性腸内細菌科細菌の疫学
鈴木里和
3.カルバペネム耐性腸内細菌科細菌の検査法
和知野純一
4.カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症に対する治療戦略
萩原真生・山岸由佳・三鴨廣繁
5.カルバペネム耐性腸内細菌科細菌に対する感染対策
八木哲也
連載
私達の研究(164)
休止細菌の選択的分取と分子機構解析
常田 聡・河合祐人・松本慎也
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(129)
・ICU患者における経験的抗真菌薬療法の1,3-β-D-グルカンを指標とした中断
・抗真菌薬予防投与を受けているハイリスク患者における侵襲性真菌感染症のブレイクスルーに関するコホート研究
・750g以下で生まれた超低出生体重児のフルコナゾールの母集団薬物動態
・異なる腎機能マーカーを用いたモデル解析によるICU患者におけるセフェピム・クリアランスの推定性
Ertapenem 投与における大腸菌の耐性出現を特徴づける薬物動態-薬力学(PK/PD)モデル
・黄色ブドウ球菌菌血症患者のプロスペクティブなコホート研究において
バンコマイシン MIC(最小発育阻止濃度)は,90日死亡率,再入院率,再発率を予測できない
・緑膿菌の人工呼吸器関連肺炎治療のためのカルバペネムの薬力学:臨床アウトカムと再発との関連
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2016年12月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年12月号(Vol.32 No.12)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(18)
Ⅶ 泌尿・生殖器 1.腎結核・腎肉芽腫
中村信一・山下康行
巻頭言
One Healthと熊本地震 全文無料
川口辰哉
特集 肺炎の現状と管理
[企画・大分大学理事・副学長 門田淳一]
序 -超高齢化社会における肺炎診療マネジメント-
門田淳一
1.肺炎の疫学 -超高齢社会における罹患頻度と予後-
朝野和典
2.原因菌の変遷 -最新技術を用いた解析-
川波敏則・迎 寛
3.肺炎の重症度と薬剤耐性菌のリスク因子の評価
進藤有一郎・長谷川好規
4.誤嚥のリスク因子と誤嚥性肺炎のリスク因子
寺本信嗣
5.画像診断におけるポイントと鑑別点(疾患)
岡田文人・佐藤晴佳・原 彩香
6.肺炎の外来治療
宮下修行
7.肺炎の入院(中等症~重症・超重症例)治療
今村圭文
8.肺炎におけるウイルスの関与
原永修作・藤田次郎
9.肺炎における抗炎症薬の有用性
三木 誠
10.肺炎の予防戦略
丸山貴也
連載
私達の研究(165)
感染症と気管支喘息の関連
松瀬厚人
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(130)
◆ 膵腺がん患者におけるエルロチニブ関連の皮膚毒性に関連した遺伝子発現様式の同定
◆ 抗真菌薬に対するカンジダの病原性の感受性を予測するための系統学的分析の使用
◆ 膵がん患者の致死率を減らすために膵のがん化に影響するメカニズム
◆ 同種血液幹細胞移植を受ける急性骨髄性白血病患者のポサコナゾールによる長期予防効果
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
2017年1月号次号予告 全文無料



化学療法の領域 2016年 増刊号(Vol.32 S-1)



感染症ガイドラインのすべて
〔企画〕舘田 一博(東邦大学医学部微生物・感染制御学 教授)
序 -ガイドラインの背景と落とし穴-
舘田一博
I 日本感染症学会・日本化学療法学会
1.JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015
-尿路感染症・男性性器感染症-
荒川創一
II 日本呼吸器学会
1.新しい肺炎診療ガイドラインの方向性
今村圭文・河野 茂
2.成人市中肺炎診療ガイドライン
石田 直
3.医療・介護関連肺炎(NHCAP)診療ガイドライン
関 雅文
III 日本肝臓学会
1.B型肝炎治療ガイドライン
田中 篤
2.C型肝炎治療ガイドライン
湯橋一仁・森屋恭爾
IV 日本環境感染学会
1.医療関係者のためのワクチンガイドライン
白石 正
V 日本神経感染症学会
1.単純ヘルペス脳炎診療ガイドライン
中川正法
2.細菌性髄膜炎診療ガイドライン
亀井 聡
3.プリオン病診療ガイドラインおよびプリオン病感染予防ガイドライン
浜口 毅・山田正仁
VI 厚生労働省
1.医療機関等における院内感染対策について
大曲貴夫
2.高齢者介護施設における感染対策マニュアル(平成25年3月改訂)
辻 明良
3.成人の新型インフルエンザ治療ガイドライン
川名明彦
4.保育所における感染症対策ガイドライン
多屋馨子
VII その他,主要学会
1.日本小児感染症学会
小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011
大石智洋
2.日本エイズ学会
HIV感染症「治療の手引き」
白阪琢磨
3.日本性感染症学会
性感染症診断・治療ガイドライン
荒川創一
4.真菌症フォーラム
深在性真菌症の診断・治療ガイドライン 2014
田代将人・泉川公一
5.日本皮膚科学会・日本医真菌学会
皮膚真菌症診断・治療ガイドライン
渡辺晋一
6.国公立大学附属病院感染対策協議会
病院感染対策ガイドライン
村上啓雄
7.日本造血細胞移植学会
造血幹細胞移植後のサイトメガロウイルス感染症に対するガイドライン
竹中克斗
8.日本眼科学会
感染性角膜炎診療ガイドライン
井上幸次
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ