トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年

2017年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2017年12月号(Vol.33 No.12)
性感染症におけるup to date
■2017年11月号(Vol.33 No.11)
B型肝炎の現状とワクチン定期接種化の意義
■2017年10月号(Vol.33 No.10)
感染症診療を変える新しい診断技術・検査法
■2017年9月号(Vol.33 No.9)
感染症インテリジェンス -世界と日本の感染症情報を活用する-
■2017年8月号(Vol.33 No.8)
蚊媒介性ウイルス感染症理解の最前線
■2017年7月号(Vol.33 No.7)
次世代シーケンサーが可能にした感染学の新しい展開
■2017年6月号(Vol.33 No.6)
改めて考えるレンサ球菌感染症
■2017年5月号(Vol.33 No.5)
“One Health時代”の耐性菌対策・研究
■2017年4月号(Vol.33 No.4)
感染症薬の動態と耐性菌研究を基盤とした個別化医療の展望
■2017年3月号(Vol.33 No.3)
忘れてはいけない人獣共通感染症
■2017年2月号(Vol.33 No.2)
特集・国際的に脅威となる感染症
■2017年1月号(Vol.33 No.1)
特集・飛躍的に発展を見せる抗ウイルス薬
■2017年 増刊号(Vol.33 S-1)
ワクチンのメリットとデメリット
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2017年総目次



化学療法の領域 2017年1月号(Vol.33 No.1)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(19)
Ⅶ 泌尿・生殖器 2.卵管卵巣膿瘍
吉田理佳・吉廻毅・北垣 一
巻頭言
人類とAMR 全文無料
星野一樹
特集 飛躍的に発展を見せる抗ウイルス薬
[ 企画・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科附属難治ウイルス病態制御研究センター抗ウイルス化学療法研究分野 教授 馬場昌範]
序 -抗ウイルス薬開発の歴史-
馬場昌範
1.抗ウイルス薬の開発 -今後のアプローチ-
児玉栄一
2.抗ヘルペスウイルス薬
村山次哉
3.抗インフルエンザウイルス薬
黒川昌彦
4.抗HIV薬 -現在のART-
塚田訓久
5.抗HIV薬 -未来のART・新規薬剤開発に関する研究状況-
天野将之
6.抗C型肝炎ウイルス(HCV)薬
池田正徳
7.抗B型肝炎ウイルス薬の現状と新規薬剤開発のアプローチ
九十田千子・渡士幸一
8.抗エボラウイルス薬の開発
櫻井康晃
9.抗デングウイルス薬開発の現状
左 一八
10.重症熱性血小板減少症候群の抗ウイルス療法 -ファビピラビルとリバビリン-
西條政幸・谷 英樹
連載
私達の研究(166)
C型レクチン受容体Dectin-1およびDectin-2による感染防御機構および炎症制御機構
矢部力朗・西城 忍
私の感染症研究を振り返って(40)
薬剤耐性の分子遺伝学から感染生物学へ (1)薬剤耐性とトランスポゾンの研究
山本友子
エッセイ(299)
ヤーコン
山口明人
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(131)
◆ クロストリジウム・ディフィシル感染のげっ歯類動物モデルにおける疾患の進行と治癒ならびに抗毒素抗体とバンコマイシンの影響について
◆ コリスチンメタナトリウムを投与中の患者における腎毒性のリスクを予測すること:多施設レトロスペクティブコホート研究
◆ セファゾリンとエルタペネム:持続的な黄色ブドウ球菌菌血症に対する相乗作用的な使用
◆ 抗菌化学療法のジャーナルにおける過去40年にわたる治療薬物モニタリング(TDM)
◆ 術後髄膜炎患者における脳脊髄液と血漿中のメロペネムの母集団薬物動態と
◆ 肺疾患の急性憎悪で入院した成人嚢胞性繊維症患者におけるセフトロザン/タゾバクタムの母集団薬物動態と安全性
◆ 臨床分離コリスチン耐性Acinetobacter baumanniiに対する抗菌薬組み合わせ療法のin vitro 相乗作用活性について
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年2月号予告 全文無料



化学療法の領域 2017年2月号(Vol.33 No.2)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(20)
Ⅶ 泌尿・生殖器 3.骨盤放線菌症
瀬川景子・進藤美智子・福田俊夫・芦澤和人・上谷雅孝
巻頭言
インフルエンザの流行期に思う 全文無料
中野貴司
特集 国際的に脅威となる感染症
[ 企画・国立感染症研究所感染症疫学センター  センター長 大石和徳]
序 -わが国に必要なグローバル化時代の感染症対策-
大石和徳
1.西アフリカにおけるエボラウイルス病大規模流行と今後の課題
西條政幸
2.中東呼吸器症候群
大曲貴夫
3.ポリオ
清水博之
4.鳥インフルエンザH5N1感染症
中屋隆明・白杉迪洋
5.鳥インフルエンザA(H7N9)感染症
川名明彦
6.デングウイルス感染症
髙崎智彦
7.ジカウイルス感染症の世界的な疫学状況と国内対応
松井佑亮・大石和徳
8.カルバペネム耐性腸内細菌科細菌
明田幸宏
9.市中感染型MRSA
松本哲哉
10.エンテロウイルスD68(EV-D68)感染症
押谷 仁
連載
私達の研究(167)
肺炎病原菌,マイコプラズマの滑走運動
宮田真人
私の感染症研究を振り返って(41)
薬剤耐性の分子遺伝学から感染生物学へ
(2)分子シャペロンとAAAプロテアーゼの研究
山本友子
エッセイ(300)
風に吹かれて~全国無料出張講演の旅~
野田公俊
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(132)
・アンスラサイクリンによる心毒性におけるエアロビック運動:これまでのエビデンスとこれからの方向性に関するシステマティックレビュー
・ ニボルマブ治療の合併症としての自己免疫性溶血性貧血
・身体の組成は肺がんにおけるプラチナ化学療法の量を最適化するために使えるか?実現可能性についての研究
・進行小細胞肺がんのファーストライン治療薬としてのニボルマブとインフリキシマブ(CheckMate 012):オープンラベル,第Ⅰ相,マルチコフォート試験
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー(特集・連載) 全文無料
2017年3月号次号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年3月号(Vol.33 No.3)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(21)
Ⅷ 脊椎 1.化膿性脊椎炎
小池玄文・山口哲治・上谷雅孝
巻頭言
Antimicrobial Stewardship Program推進のために 全文無料
村上啓雄
特集 忘れてはいけない人獣共通感染症
[企画・酪農学園大学獣医学群食品衛生学 教授/獣医学研究科長 田村 豊]
序 -One Health と人獣共通感染症-
田村 豊
1.人獣共通感染症の現状と課題
山田章雄
2.狂犬病
杉山 誠・伊藤直人
3.腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群
苅和宏明
4.ニパウイルスとヘンドラウイルス感染症
加来義浩
5.ブルセラ病
度会雅久
6.炭疽
内田郁夫
7.日本における野兎病
堀田明豊
8.結核と非結核性抗酸菌症
鈴木定彦・中島千絵
9.Q熱
村松康和
10.エキノコックス症
奥 祐三郎
連載
私達の研究(168)
原虫の特殊代謝経路を標的とした国際共同創薬研究
野崎智義
私の感染症研究を振り返って(42)
薬剤耐性の分子遺伝学から感染生物学へ
(3)サルモネラの病原戦略と感染生物学
山本友子
エッセイ(301)
Selman Waksman博士より大村智博士へ繋がる抗生物質研究のレガシー
八木澤 守正
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(133)
・ポリミキシンBと高密度メロペネムの組み合わせ:アシネトバクター属baumanniiでカルバペネム耐性に打ち勝つための新しい戦略
・カルバペネム耐性細菌に対するポリミキシン単独療法および併用療法:システマティックレビューとメタ解析
・クロストリジウム・ディフィシル感染症におけるセファロスポリンの役割
・ヒト腸内細菌叢の経口バンコマイシンの短期および長期影響
・ホローファイバー(中空繊維)感染モデルにおける緑膿菌と肺炎桿菌の臨床耐性分離株に対するエアロゾル化したホスホマイシンとアミカシンの薬力学:併用療法の基礎実験
・ラットの中心静脈カテーテルモデルにおいて,持続性一酸化炭素放出ナノ粒子はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌付着とバイオフィルム形成を妨げる
・病的な肥満患者における腹腔鏡内臓手術後のマイクロダイアリシスによって評価された血漿と組織におけるエルタペネムの母集団薬物動態と目標達成率
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年4月号次号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年4月号(Vol.33 No.4)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(22)
Ⅷ 脊椎 2.結核性脊椎炎
小池玄文・山口哲治・上谷雅孝
巻頭言
診断がつくということ 全文無料
宮良高維
特集 感染症薬の動態と耐性菌研究を基盤とした個別化医療の展望
[企画・長崎大学病院薬剤部 教授・佐々木 均]
序 -感染症の個別化医療の現状と将来-
佐々木 均
1.抗菌薬の動態と感染症治療の基本
西山直哉・山岸由佳・三鴨廣繁
2.抗菌薬耐性のメカニズムと臨床的インパクト
舘田一博
3.β-ラクタム系抗菌薬による治療と個別化医療
浜田幸宏・木村利美
4.カルバペネム系抗菌薬による治療と個別化医療
松元加奈・森田邦彦
5.マクロライド系抗菌薬による治療と個別化医療
関 雅文
6.アミノグリコシド系抗菌薬による治療と個別化医療
笠原 敬・吉田仁子・大久保佳代
7.グリコペプチド系抗菌薬(バンコマイシン・テイコプラニン)による治療と個別化医療
猪川和朗
8.リネゾリドによる治療と個別化医療
萩谷英大・朝野和典
9.ダプトマイシンによる治療と個別化医療
東 祥嗣・山本善裕
10.コリスチンによる治療と個別化医療(個別最適化投与)
山田武宏・石黒信久
11.ボリコナゾールによる治療と個別化医療
佐藤雄己・伊東弘樹
連載
私達の研究(169)
HIV感染症に関するベトナムでの国際共同研究-感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)-
田沼順子・岡 慎一
私の感染症研究を振り返って(43)
私の医師としての歩みを振り返って
河野 茂
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(134)
・レボフロキサシンまたはクラリスロマイシンベースの4倍量レジメン:両方の抗生物質への耐性化率が高い国ではヘリコバクター除菌のためのファーストライン治療として何を選択するのが最善か?
・がんサバイバーにおける化学療法によるニューロパチー
・低分化卵巣腹膜悪性腫瘍のホルモン維持療法
・抗がん剤と免疫チェックポイント薬による口腔粘膜障害
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年5月号次号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年5月号(Vol.33 No.5)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(23)
Ⅸ骨関節 1.感染性関節炎
山口哲治・上谷雅孝
カラー口絵
特集「“One Health時代”の耐性菌対策・研究」より
巻頭言
よい臨床感染症医を育てるということ 全文無料
本郷偉元
特集 “One Health時代”の耐性菌対策・研究
[企画・東邦大学医学部微生物・感染症学講座/東邦大学医療センター大森病院感染管理部 教授 舘田 一博]
序 -薬剤耐性問題を“One Health”の視点で考える-
舘田一博
1.One Healthの中で進められる耐性菌対策
渡邉治雄
2.食品・環境への薬剤耐性菌分布の拡大
重村洋明・村上光一
3.輸入される畜産物を生産する国における家畜への抗菌薬の使用と耐性菌の状況
浅井鉄夫
4.コンパニオンアニマルにおける薬剤耐性菌の現状
原田和記
5.生活環境空気中の浮遊菌
柳  宇
6.バイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性
村上圭史・三宅洋一郎
7.薬剤耐性における薬剤排出ポンプの役割
西野邦彦
8.多剤耐性緑膿菌の新たな理解
黒田照夫
9.ファージセラピーの可能性と問題点
丹治保典
10.抗菌薬開発を促進する世界の動き・日本の現状
平井敬二
原著
成人市中肺炎に対するclarithromycin高用量(800mg/日)投与の臨床効果に関する検討
二木芳人・武田博明・酒寄 享・宮下修行・岸 建志・髙橋利弘
土井俊徳・野津手大輔・日髙利昭・木谷道隆・山本太郎
瀬戸口敬介・内山一晃・奥田武志・黒田政彦・柳澤正敏
川西正泰・三浦 洋・花木秀明・佐藤圭創・門田淳一
ガレノキサシンの呼吸器疾患を有する患者に発症した肺炎に対する臨床効果
-ガレノキサシンの肺炎に対するレトロスペクティブ解析-
泉川公一・渡辺 彰・宮下修行・石田 直
久志本理・高木宏育・河野 茂
連載
私達の研究(170)
エボラ出血熱に対する治療法および診断法の開発
古山若呼・吉田玲子・五十嵐学・高田礼人
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(135)
・ピペラシリン-タゾバクタムあるいはセフェピムとバンコマイシンを併用した際の腎毒性について
・黄色ブドウ球菌菌血症患者におけるスタチン療法継続を支持するためのエビデンス
・広範囲にわたる薬剤耐性結核菌の発現におけるピラジナミドの役割を調査するための多系統数学的モデル
・保管された研究データを用いたドキシサイクリン血漿濃度の母集団薬物動態モデル
・多剤耐性結核菌の治療におけるアミノグリコシド系抗菌薬の薬物治療モニタリングと聴力損失の発生を低下させることの関連性
・非肥満,肥満,病的な肥満で重篤な患者におけるピペラシリンの母集団薬物動態
・病的に肥満な患者における腹腔鏡下内臓手術後のマイクロダイアライシス法によって評価された血漿と組織におけるエルタペネムの母集団薬物動態と目標達成率
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年6月号次号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「私の感染症研究を振り返って」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年6月号(Vol.33 No.6)



グラフィック連載
画像から読み解く感染症(24)〔最終回〕
Ⅸ骨関節 2.骨髄炎
上谷雅孝・小池玄文・大木 望
巻頭言
内科力 全文無料
望月 徹
特集 改めて考えるレンサ球菌感染症
[企画・国立がん研究センター中央病院感染症部長/慶應義塾大学医学部 特任教授 岩田 敏]
序 -現代の感染症とレンサ球菌-
岩田 敏
1.侵襲性レンサ球菌感染症の特徴と今日的問題点
生方公子
2.レンサ球菌の病原因子
中田匡宣・川端重忠
3.レンサ球菌の薬剤耐性機構
木村幸司
4.A群溶血性レンサ球菌感染症
1)基礎
西順一郎
2)臨床
田島 剛
5.B群溶血性レンサ球菌感染症
1)基礎
諸角美由紀
2)臨床
城 裕之
6.C群・G群溶血性レンサ球菌感染症
1)基礎
輪島丈明
2)臨床
一二三亨・藤島清太郎
7.肺炎球菌感染症
1)基礎
朴 貞玉・大石和徳
2)臨床
川上健司
8.口腔内レンサ球菌感染症
1)基礎
松尾美樹・小松澤均
2)臨床
坂本春生・唐木田一成・高橋美穂・鈴木大貴
連載
私達の研究(171)
赤痢菌による自然免疫抑制戦略の解明
芦田 浩・鈴木敏彦・笹川千尋
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(136)
・シスプラチンベースの化学療法を受けた精巣腫瘍患者は一時的な嗅覚スコアの変化を示す
・非小細胞肺がん患者に対する免疫チェックポイント阻害薬:システマティックレビュー
・転移性前立腺がんの男性におけるドセタキセル関連の倦怠感:記述統計
・初期の乳がんにおける化学療法の危機的に短いテロメアと毒性
・シクロスポリンとエベロリムスのおもなミコフェノール酸モフェチルの薬物動態
 パラメータへの影響:横断研究
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
次号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「私の感染症研究を振り返って」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年7月号(Vol.33 No.7)



グラフィック連載
感染症診断と病理
~連載開始にあたって~ 全文無料
堤 寬
1.感染症の病理診断の意義-臨床的に疑われなかった感染症-
堤 寬
カラー口絵
特集「次世代シーケンサーが可能にした感染学の新しい展開」より
巻頭言
感染症診療におけるプレシジョン・メディシンとは 全文無料
飯沼由嗣
特集 次世代シーケンサーが可能にした感染学の新しい展開
[企画・九州大学医学研究院細菌学分野 教授 林 哲也]
序 -本特集を企画するにあたって-
林 哲也
1.基礎編
1)次世代シーケンシングの原理
豊田 敦
2)次世代シーケンサーによる全ゲノムシーケンスに基づいた
近縁株間高精度SNPs検出に関する情報解析
吉村 大・伊藤武彦
2.NGSを使ったゲノム解析の基礎研究への応用展開
1)個別菌ゲノム解析-PacBioの利用,annotationやその他の問題点-
大岡唯祐
2)菌種・サブタイプ横断的な大規模比較ゲノム解析
-進化,多様化,パンゲノム- 
小椋義俊
3)系統地理学的な解析
楠本正博
4)次世代シーケンサーを用いた病原性微生物の網羅的な遺伝子発現解析
浜本 洋
5)PacBioシーケンサーによる細菌ゲノム・メチローム解読
小林一三
6)難培養性微生物の1細胞ゲノム解析
本郷裕一
3.NGSを使った微生物叢・集団の解析
1)NGSによるヒト腸内細菌叢の組成解析の進展
-腸内菌叢と宿主の健康・疾病・感染症との関わり-
松木隆広・渡邊洋平・松本 敏
2)組成解析(真菌)
高橋弘喜
3)メタゲノム解析・ホロゲノム解析
森 宙史・黒川 顕
4.臨床への応用(Clinical sequencing)
1)メタゲノム解析による病原体検出-現状と課題-
中村昇太・飯田哲也
2)院内感染の高精度分子疫学解析
後藤恭宏
3)全ゲノム配列解析を用いた腸管出血性大腸菌の分子疫学的解析
李 謙一・石原朋子・泉谷秀昌・伊豫田淳・大西 真
4)法医学への応用
柿崎英二・湯川修弘
原著
医療ニーズに応えた注射用タゾバクタム・ピペラシリン
-タゾピペR配合静注用「明治」の開発-
兼重順一・高橋美知子・太田和実・甲斐奈津美
中澤大祐津島正樹・藤田充成
連載
私達の研究(172)
抗ウイルス薬テノホビルフマル酸による腎障害の軽減に向けた研究
西島 健・潟永博之・岡 慎一
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(137)
・デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者におけるバンコマイシンの薬物血中濃度モニタリング:症例報告
・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム菌血症に対するダプトマイシンあるいはリネゾリドを投与した退役軍人の持続投与と経時投与の効果
・解熱薬の抗菌薬効果
・限られた薬物動態学的サンプルにおいてベイズ法を用いた肥満患者におけるバンコマイシン曝露量を推定するためのパイロット研究
・好中球減少症マウス肺炎モデルのアシネトバクター・バウマニに対するミノサイクリンの薬物動態学と薬力学
・腎毒性のためのAUC0-24閾値を確率することは,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症のための個々のバンコマイシン投与に向けての第一歩である
・培養陽性結果を予測するためのプロカルシトニン値の臨床的な有用性の調査
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
第44回 日本小児臨床薬理学会 学術集会のお知らせ 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年8月次号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「私の感染症研究を振り返って」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年8月号(Vol.33 No.8)



グラフィック連載
2.病原体に対する生体反応
堤 寬
カラー口絵
特集「蚊媒介性ウイルス感染症理解の最前線」より
巻頭言
今こそ感染症対策を日本全体で,そして感染予防策の普及を全国民へ 全文無料
藤田直久
特集 蚊媒介性ウイルス感染症理解の最前線
[企画・国立感染症研究所ウイルス第一部第二室 室長 林 昌宏]
序 -蚊媒介性ウイルス感染症の流行地域の拡大-
林 昌宏
1.ジカウイルス感染症
前木孝洋
2.先天性ジカウイルス感染症の病理
鈴木忠樹・長谷川秀樹
3.デング熱
嶋田 聡・モイ メンリン
4.チクングニア熱
鈴木陽一
5.黄熱
加藤康幸
6.日本脳炎
田島 茂
7.ウエストナイル熱/ウエストナイル脳炎
小林進太郎・好井健太朗
8.リフトバレー熱
福士秀悦
9.カリフォルニア脳炎オルソブニヤウイルス感染症
谷口 怜
10.蚊媒介性ウイルス感染症に対するワクチン開発の現状
山中敦史
11.フラビウイルス感染症に対する治療薬研究最前線
左 一八
12.フラビウイルス感染症に対する診断法
髙崎智彦・伊藤美佳子
13.アルボウイルス媒介蚊の生態とその防除法
比嘉由紀子・二見恭子
連載
私達の研究(173)
抗菌薬多剤耐性におけるefflux pumpの役割を見直す
横田伸一・佐藤豊孝
私の感染症研究を振り返って(44)
「顧みられない感染症」研究の日々を顧みる
太田伸生
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(138)
・アロマターゼ阻害薬の血中濃度の変動は閉経後乳がん患者の循環しているエストロゲン濃度と相関していない
・乳がん患者における化学療法に関連した循環器機能低下の早期発見のためのバイオマーカーパネルの作成
・miR-100-5pの阻害は休止状態の前立腺がんにアポトーシスを誘導し,去精抵抗性の前立腺がんの出現を阻止する
・神経毒性のある化学療法を評価するための神経細胞由来幹細胞の適用
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
第44回 日本小児臨床薬理学会 学術集会のお知らせ 全文無料
バックナンバー 全文無料
次号(2017年9月号)おもな内容 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年9月号(Vol.33 No.9)



グラフィック連載
感染症診断と病理
3.「酵素抗原法」で病原体に対する抗体産生を可視化する
堤 寬
カラー口絵
特集「感染症インテリジェンス -世界と日本の感染症情報を活用する-」より
連載「私達の研究(174)」より
巻頭言
感染症診療の過去・現在・未来 ~レクチャーよりカルチャー~ 全文無料
矢野晴美
特集 感染症インテリジェンス -世界と日本の感染症情報を活用する-
[企画・国立病院機構三重病院臨床研究部 部長 谷口 清州]
序 -感染症アウトブレイク情報をどのように読み解くか-
谷口清州
総論
1.日本における感染症サーベイランスの現状と課題
砂川富正
2.国際的な感染症サーベイランスと世界における情報共有
山岸拓也
3.国際的に重要な感染症アウトブレイクの実地疫学調査とその情報共有
神垣太郎
4.感染症のリスクアセスメント
中島一敏
5.診療・対策で活かす感染症情報
堀 成美
各論
1.ヒトサル痘
江川和孝・西條政幸
2.鳥インフルエンザ -ヒトの感染症とそのリスク評価について-
松井佑亮・松井珠乃
3.ウイルス性出血熱
古宮伸洋
4.中東呼吸器症候群
加來浩器
5.蚊媒介感染症 -未来のための蚊との闘い-
横塚由美
連載
私達の研究(174)
インフルエンザウイルスのゲノムパッケージング機構
野田岳志
薬物臨床薬理事典(9)
難吸収性抗菌薬リファキシミン
-リフキシマ®錠200mgの肝性脳症における高アンモニア血症への適応-
宮澤克彦・田川正志・佐藤郁也
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(139)
・APPAC無作為臨床試験における単純性急性虫垂炎治療に対する抗菌薬療法と切除の経済的評価
・メチシリン感受性黄色ブドウ球菌のバンコマイシン感受性が低下することは死亡率には大きな影響はなく,複雑な感染症を増加させてしまう
・個々の患者においてバンコマイシンの施行方法を最適化するための革新的なアプローチ法
・集中治療病棟における肺炎のための嫌気性抗菌薬の使用について
・小児の急性中耳炎のためのクラブラン酸の濃度を減らすこと
・米国の病院で分離された緑膿菌に対するCeftolozane-Tazobactam活性について:2012~2015年におけるPACTS抗菌薬調査プログラムからのレポート
・持続するコントロール不良の喘息患者におけるアジスロマイシンの効果とQOL(quality of life)への影響:無作為化二重盲検プラセボ対照試験
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
第44回 日本小児臨床薬理学会 学術集会のお知らせ 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年10月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年10月号(Vol.33 No.10)



グラフィック連載
感染症診断と病理
4.通常病理標本で認識できる病原体の形
堤 寛
カラー口絵
特集「感染症診療を変える新しい診断技術・検査法」より
巻頭言
バイオ医薬品開発の隆盛を横目で見ながら抗菌薬開発の停滞について考える 全文無料
渡辺 彰
特集 感染症診療を変える新しい診断技術・検査法
[企画・東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授 舘田一博]
序 -AMR時代に求められる検査法-
舘田一博
1.新しい検査機器の開発の現状と今後の展開
大楠清文
2.POCTにつながる新素材と新技術
石井良和
3.臨床応用される注目の検査法
1)Verigeneシステム
大曲貴夫
2)フィルムアレイ
木村由美子・栁原克紀
3)LAMP法
御手洗聡
4)核酸クロマトグラフィー法
平塚真弘・齋藤雄大
5)L7/L12イムノクロマトグラフィー法
宮嶋友希・山本善裕
6)GeneXpert®System
山岸由佳・三鴨廣繁
7)質量分析装置
渡 智久
連載
私達の研究(175)
呼吸器感染症モデルの免疫機構
伊藤利洋
私の感染症研究を振り返って(45)
研究と教育の狭間に(1)
小林信之
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(140)
・小児における化学療法による心毒性
・小児の骨肉腫あるいは軟部組織の肉腫の患者におけるアンスラサイクリンによる心毒性
・消化器がんにおける生物学的製剤:副作用とそのマネジメント
・前治療歴のない進行BRAF-変異メラノーマに対する全身治療:システマティックレビューとランダム化臨床試験のネットワークメタ解析
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年11月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年11月号(Vol.33 No.11)



グラフィック連載
感染症診断と病理
5.感染症の病理診断に用いられる特殊染色
堤 寬
巻頭言
病院工事と感染対策 全文無料
時松一成
特集 B型肝炎の現状とワクチン定期接種化の意義
[企画・国立がん研究センター中央病院感染症部長/慶應義塾大学医学部 特任教授 岩田 敏]
序 -B型肝炎ワクチンの今日的意義とは-
岩田 敏
1.B型肝炎ウイルスのウイルス学的特徴
上田啓次
2.B型肝炎の病態生理とその問題点
堤 武也・四柳 宏
3.B型肝炎の検査診断法とその評価
海老沼浩利
4.B型肝炎の治療・最新の動向と今後の展望
梅村武司
5.B型肝炎ワクチン開発と今後の展望
杉山真也・溝上雅史
6.B型肝炎ワクチンの成人における接種の現状とその意義
土肥弘義・考藤達哉
7.B型肝炎ワクチン定期接種化の経緯とその意義
須磨崎亮・酒井愛子
8.医療関係者に対するB型肝炎ワクチン接種の実際
中野貴司
連載
私達の研究(176)
ニトロ化環状ヌクレオチドと活性イオウ分子によるレドックスシグナル制御と生理機能
藤井重元・赤池孝章
新連載 忘れられない症例
連載開始にあたって 全文無料
松本慶蔵
忘れられない症例(1)
感染症医としての生き方に影響を与えた2つの症例
岩田 敏
私の感染症研究を振り返って(46)
研究と教育の狭間に(2)
小林信之
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(141)
・β-ラクタム系抗菌薬にアレルギーのある患者における術前予防の最適化:抗菌薬適正使用管理の新たな拡張
・カルバペネム系抗菌薬適正使用管理プログラムの実施における患者アウトカムへの影響
・アシネトバクター菌血症患者のカルバペネムMIC値と臨床アウトカムの関係における多施設研究
・グラム陰性血流感染症における抗菌薬適正使用管理と急速診断テストセットによる抗菌薬初期治療の効率化の累積的効果
・再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の影響:入院と患者QOL
・静脈-動脈方式体外式膜型人工肺におけるテイコプラニンの集団薬物動態と投与量の適正化
・血液腫瘍患者におけるアムホテリシンBリポソーム製剤による腎毒性発症の後向きコホート分析
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年12月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年12月号(Vol.33 No.12)



グラフィック連載
感染症診断と病理
6.病理標本に眠る病原体の特異的証明法
堤 寛
巻頭言
日本における感染症科,感染症専門医とは 全文無料
岡 秀昭
特集 性感染症におけるup to date
[企画・札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座 教授 高橋 聡]
序 -性感染症の現況と問題点を理解する-
高橋 聡
1.淋菌感染症におけるup to date
安田 満
2.性器クラミジア感染症におけるup to date
高橋 聡
3.注目すべき性感染症原因微生物であるマイコプラズマ・ジェニタリウムにおけるup to date
濵砂良一
4.性感染症の性器外感染におけるup to date
和田耕一郎
5.性器ヘルペスにおけるup to date
浅井信博・小泉祐介・塩田有史・渡邊弘樹・山岸由佳
三鴨廣繁
6.尖圭コンジローマにおけるup to date
川名 敬
7.梅毒における up to date
白井浩平・斎藤万寿吉
8.梅毒の母子感染におけるup to date
齋藤昭彦
9.クラミジア・トラコマティスの母子感染におけるup to date
宮入 烈
10.性感染症予防教育における医療者の役割
野々山未希子
連載
私達の研究(177)
誤嚥性肺炎における臨床研究
小宮幸作・門田淳一
忘れられない症例(2)
思い出に残る症例
尾内一信
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(142)
・ 直腸がんにおける放射線療法の効果:治療へのアジュバントとしてのアスピリン,スタチン,メトフォルミンの役割
・リンパ腫の高齢患者に対する合理的な治療選択
・アンスラサイクリンベース治療の心毒性:何がエビデンスでどのような障害の可能性があるのか?
・トリプルネガティブ乳がん患者の治療におけるPARP阻害剤
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
2018年1月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2017年 増刊号(Vol.33 S-1)



ワクチンのメリットとデメリット
〔企画〕中山 哲夫(北里生命科学研究所ウイルス感染制御Ⅰ 特任教授)
序 -ワクチンの副反応:何故起きるのか-
中山哲夫
I 総論
1.ワクチン開発の歴史
-副反応の視点から-
中山哲夫
2.感染症サーベイランス
砂川富正
3.予防接種後の副反応報告制度について
奥野英雄・多屋馨子
4.ワクチンの品質管理
長井正昭
5.小児の予防接種スケジュール
-日本小児科学会推奨のスケジュールを中心に-
齋藤昭彦
Ⅱ 各論
1.細菌ワクチン
(1)BCG ワクチン
御手洗 聡
(2)百日咳ワクチン・DPT ワクチン
岡田賢司
(3)肺炎球菌ワクチン
西 順一郎
(4)インフルエンザ菌b型ワクチン
石和田稔彦
2.ウイルスワクチン
(1)ポリオワクチン,生・不活化ワクチン,DPT-IPV
中野貴司
(2)麻疹ワクチン
多屋馨子
(3)風疹ワクチン
寺田喜平
(4)おたふくかぜワクチン
木所 稔
(5)水痘ワクチン
吉川哲史
(6)日本脳炎ワクチン
前木孝洋・田島 茂
(7)インフルエンザワクチン
川名明彦
(8)ロタウイルスワクチン
谷口孝喜
(9)B 型肝炎ワクチン
四柳 宏
(10)ヒトパピローマウイルスワクチン
今野 良
Ⅲ 予防接種の現場から
1.渡航者のワクチン接種の実際
八板謙一郎・渡邊 浩
2.移植後のワクチン接種
新庄正宜
3.院内感染対策とワクチン
田中敏博
4.基礎疾患を有する小児への予防接種
細矢光亮
5.高齢者へのワクチン接種
川上健司・大石和徳
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ