トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年

2018年 年間総目次
連載別索引 執筆者別索引

■2018年3月号(Vol.34 No.3)
マイクロバイオームと生体恒常性・疾患
■2018年2月号(Vol.34 No.2)
感染性心内膜炎のマネジメント・最新の動向
■2018年1月号(Vol.34 No.1)
成人肺炎診療ガイドライン2017 -残された課題と研究的視点を含めて-
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2018年総目次



化学療法の領域 2018年1月号(Vol.34 No.1)



グラフィック連載
感染症診断と病理
7.特異性より感度を重視する免疫染色
堤 寬
巻頭言
抗微生物薬の現状と未来 全文無料
松元一明
特集 成人肺炎診療ガイドライン2017 -残された課題と研究的視点を含めて-
[企画・大分大学医学部呼吸器・感染症内科学講座 教授 門田 淳一]
序 -肺炎診療の現状と展望-
門田淳一
1.「成人肺炎診療ガイドライン2017」の概要
今村圭文・迎 寛
2.肺炎の分類と疫学
朝野和典
3.誤嚥性肺炎 -下気道感染症における嫌気性菌の関わりと自然免疫の加齢に伴う変化-
森永芳智・栁原克紀
4.肺炎原因病原体の特徴
松本哲哉
5.肺炎の診断法 -特に原因微生物検査法と重症度評価について-
青木洋介
6.肺炎の治療
比嘉 太
7.肺炎患者の治療選択における倫理的側面
宮下修行
8.肺炎の予防
丸山貴也
9.肺炎研究における新視点 -バイオマーカーの活用-
石田 直
連載
私達の研究(178)
重症呼吸器感染症の病態解明と新規治療法の可能性
青柳哲史・川上和義・Theodore J Standiford・賀来満夫
忘れられない症例(3)
新生児のAcinetobacter敗血症
坂田 宏
私の感染症研究を振り返って(47)
生体レベルの感染症モデル研究に魅せられて
中根明夫
エッセイ(302)
インフルエンザとの付き合い
池松秀之
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(143)
・メディカルイメージングに基づく新しい方法を使用した体のサイズや構造とバンコマイシン薬物動態の関係
・肺感染モデルマウスの緑膿菌に対するコリスチンの肺到達に関する薬物動態-薬動力学
・発熱性好中球減少症治療のためにピペラシリン-タゾバクタムレジメンにおけるピペラシリンの標準投与量が適切か否かを確かめるための母集団薬物動態学モデルとモンテカルロシミュレーションの使用
・緑膿菌バイオフィルムに対する銀ナノ粒子によるトブラマイシンの相乗作用
・レボフロキサシンによって誘発されたQT延長は薬の投薬時間に依存する
・急性腎不全時におけるバンコマイシンと新しい尿中バイオマーカーの24時間薬物動態関連性
・新生児と小児のためのテイコプラニンの個別化療法
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2018年2月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」は休載いたします。



化学療法の領域 2018年2月号(Vol.34 No.2)



グラフィック連載
感染症診断と病理
8.患者血清を利用する組織内病原体の証明
堤 寬
カラー口絵
特集「感染性心内膜炎のマネジメント・最新の動向」より
巻頭言
抗菌薬の値段は安すぎる 全文無料
前﨑繁文
特集 感染性心内膜炎のマネジメント・最新の動向
[企画・国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院感染症部長 岩田 敏]
序 -感染性心内膜炎の今日的問題点-
岩田 敏
1.感染性心内膜炎の病態生理
中谷 敏
2.感染性心内膜炎の疫学
大原貴裕
3.感染性心内膜炎の病理
堤 寬
4.感染性心内膜炎の診断 -病歴・症状・身体所見・検査所見・画像診断-
泉 知里
5.感染性心内膜炎の診断 -細菌学的診断-
矢野晴美
6.感染性心内膜炎の内科的治療
光武耕太郎
7.感染性心内膜炎の外科的治療
三浦 崇・江石清行
8.歯科処置時における感染性心内膜炎予防投与
坂本春生・唐木田一成・高橋美穂・重野健一郎・日高真吾
9.小児領域の感染性心内膜炎
村上智明
10.動物の感染性心内膜炎
町田 登
連載
私達の研究(179)
リンパ球チップを用いた「個の免疫医療システム」の開発
村口 篤・小澤龍彦・小林栄治・岸 裕幸
忘れられない症例(4)
赤痢アメーバ脳膿瘍の1例
大西健児
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(144)
・ステージ4の非小細胞肺がんに対する全身療法:ASCO(American Society of Clinical Oncology)の最新治療ガイドライン
・ホジキンリンパ腫の免疫療法の挑戦と展望
・5年で内分泌治療中止後,20年後までの乳がんの再発リスク
・万能ゲノム試験:腫瘍学の意志決定の次のステップあるいは行き止まりか
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2018年3月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「私の感染症研究を振り返って」,「エッセイ」は休載いたします。



化学療法の領域 2018年3月号(Vol.34 No.3)



グラフィック連載
感染症診断と病理
9.1枚しかない標本に病原体を証明する
堤 寬
巻頭言
感染症診療とAI(artificial intelligence) 全文無料
光武耕太郎
特集 マイクロバイオームと生体恒常性・疾患
[企画・京都大学 名誉教授 光山 正雄]
序 -マイクロバイオーム(微生物叢)の理解と今後の展望-
光山正雄
1.腸内マイクロバイオーム(細菌叢)研究の進展 -健常成人の生活習慣との関連性-
辨野義己
2.無菌生物とノートバイオロジー
神谷 茂
3.ヒト腸内菌叢構成の年齢変化
野本康二
4.皮膚マイクロバイオームとその恒常性維持
冨田秀太
5.口腔内細菌の全身疾患への関わり
落合邦康・マーニE.クエノ・落合智子
6.過敏性腸症候群,内臓知覚過敏とマイクロバイオーム
奥村利勝
7.循環器疾患とマイクロバイオーム
山下智也・平田健一
8.腸内共生細菌の代謝産物の宿主への影響
松本光晴
9.腸内細菌叢と,がん,炎症,免疫
飯田宗穂
連載
私達の研究(180)
CA-MRSAの特徴と多様性
山口哲央
忘れられない症例(5)
私を育ててくれた症例
角田隆文
私の感染症研究を振り返って(48)
高分子型癌治療剤におけるEPR効果の発見への道のり -抗生物質の研究53年から革新的高分子型制癌剤へ-
前田 浩
エッセイ(303)
感染症と教育
千酌浩樹
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(145)
グラム陰性菌に関連した嚢胞性繊維症に対するイブプロフェンの抗菌薬効果ほか6報
木村利美
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ