トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

2002年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2002年12月号(Vol.18 No.12)
特集 インフルエンザ
■2002年11月号(Vol.18 No.11)
特集 性感染症の現状と問題点
■2002年10月号(Vol.18 No.10)
特集 ウイルス感染症の化学療法と耐性化
■2002年9月号(Vol.18 No.9)
特集 経口抗菌薬の適応と限界
■2002年8月号(Vol.18 No.8)
特集 インフルエンザ菌感染症
■2002年7月号(Vol.18 No.7)
特集 SIRSの病態と治療~血液凝固障害を中心に~
■2002年6月号(Vol.18 No.6)
特集 ウイルス性肝炎とインターフェロン
■2002年5月号(Vol.18 No.5)
特集 ニューバリアントクロイツフェルト・ヤコブ病
■2002年4月号(Vol.18 No.4)
特集 HIV感染症の基礎と臨床
■2002年3月号(Vol.18 No.3)
特集 バイオテロリズム対応策-日本の取るべき道
■2002年2月号(Vol.18 No.2)
特集 高齢者感染症の背景とPathogenesis
■2002年1月号(Vol.18 No.1)
特集 細菌感染症はいかにして成立するか
■2002年 増刊号(Vol.18 S-2)
カルバペネム系薬登場から15年が経過して
■2002年 増刊号(Vol.18 S-1)
感染症のガイドライン
2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2002年6月号(Vol.18 No.6) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

カラーグラフィック連載
 シリーズ・目で見る病原診断法(1)
呼吸器病原検査法1 喀痰検査法(定量培養法とグラム染色)
渡辺貴和雄・大石和徳
巻頭言
上気道感染症の治療と予防における展望
黒野祐一
特集 ウイルス性肝炎とインターフェロン

1.効果的なC型肝炎ウイルス感染者検診体制
田中純子・片山恵子・熊谷純子・小宮 裕・吉澤浩司
2.C型肝炎ウイルス感染者に対する治療法とその選択
荒瀬康司・熊田博光
3.C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療の短期的・長期的治療効果
岡上 武
4.C型肝硬変に対するインターフェロンの発癌および再発抑制効果
西口修平・田守昭博・久保正二
5.抗ウイルス薬リバビリンの薬理と副作用
飯野四郎
6.C型慢性肝炎に対するインターフェロン・リバビリン併用療法
林 紀夫・佐々木裕・平松直樹
7.C型肝炎に対するぺグ・インターフェロン(リバビリン併用を含む)への期待
泉 並木
8.B型慢性肝炎のインターフェロン療法の評価
池田健次
連載
 臨床薬理シリーズ(204)
ストレプトグラミン系抗生物質キヌプリスチン/ダルホプリスチンの薬効薬理と体内動態
齊藤 健・高杉益充
 剤形シリーズ(204)
抗ウイルス薬「レベトール®カプセル200mg」の性状と安定性
浜 康雄・辻井寿子・高杉益充
 わが病院の感染対策(3)
東大病院の院内感染対策 -感染制御チーム(ICT)の活動-
森澤雄司
 原著
血液疾患におけるグラム陽性菌感染症と抗生剤の選択についての検討
岩尾憲明・秋岡寿一・山野 剛・三好拓児・横手耐治
花房俊昭
 エッセイ(156)
わたしの座右の銘
安藤正幸
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ