トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年

2004年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2004年12月号(Vol.20 No.12)
特集 PK/PD理論を考慮したTDMと抗菌薬の投与法-基礎と臨床-
■2004年11月号(Vol.20 No.11)
特集 高病原性鳥インフルエンザ
■2004年10月号(Vol.20 No.10)
特集 臓器別感染症(脳神経系)~中枢神経感染症-最近の話題
■2004年9月号(Vol.20 No.9)
特集 腸管出血性大腸菌感染症の現状と対策
■2004年8月号(Vol.20 No.8)
特集 MRSA,VREに対する抗菌薬の適正使用
■2004年7月号(Vol.20 No.7)
特集 HIV感染症治療の新展開
■2004年6月号(Vol.20 No.6)
特集 皮膚感染症の最近の動向と対応
■2004年5月号(Vol.20 No.5)
特集 日本におけるQ熱~疫学,診断,治療,予防
■2004年4月号(Vol.20 No.4)
特集 日本におけるレジオネラ症~診断・治療と予防の新しい展開
■2004年3月号(Vol.20 No.3)
特集 クラミジア感染症の最近の動向
■2004年2月号(Vol.20 No.2)
特集 増加する人獣共通感染症と対策~日本は大丈夫か
■2004年1月号(Vol.20 No.1)
特集 SARS最新情報
■2004年 増刊号(Vol.20 )
高齢者感染症のすべて
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2004年4月号(Vol.20 No.4) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

グラフィック連載
 シリーズ 病原性真菌の今日的意味(11)
5.日和見真菌感染症 1)Candidiasis 2)Cryptococcosis
小林 奨・宮﨑義継・河野 茂
巻頭言
外科医からみた抗菌化学療法 全文無料
谷村 弘
特集 日本におけるレジオネラ症~診断・治療と予防の新しい展開

レジオネラの歴史と発見の経緯
斎藤 厚
レジオネラの臨床細菌学・病原性・診断法
舘田一博・山口惠三
レジオネラ感染症の臨床病型と疫学
常 彬・渡邊治雄
注目すべき感染源と対策
小出道夫
レジオネラ肺炎の治療
比嘉 太
レジオネラ肺炎の集団発生事例と臨床症例
  1)集団発生事例
〈1〉 石岡市の事例
中村博幸・柳生久永・岸 厚次・大石修司・松岡 健
〈2〉 静岡県掛川市の温泉レジャー施設の事例
佐藤雅樹・源馬 均・千田金吾・本多康希・安田和雅
八木 健・永山雅晴・吉富 淳・柳瀬賢次・橋爪一光
山田勝康・野田康信・金井美穂・志村昌大・渡邉憲治
杉山寛治・成田喜代司・守屋 武
〈3〉 宮崎県における循環式温泉施設事例
岡山昭彦・佐々木隆・松元信弘・瀧口俊一・鈴木 泉
加藤貴彦・前田ひとみ
 2)臨床症例
〈1〉 レジオネラ肺炎の2症例
中村茂樹・宮﨑義継・河野 茂
〈2〉シプロフロキサシンが著効したレジオネラ肺炎症例
原永修作
〈3〉 パズフロキサシンが著効したレジオネラ肺炎の1例
二木芳人・吉田耕一郎
 感染予防対策の実際
1)循環式浴槽の塩素消毒の限界,循環式浴槽の塩素消毒の実際
佐々木英祐・泉川欣一・原 耕平
2)シャワーヘッドの交換(新生児室)と看護演習室の除菌の実際
大湾知子・鈴木真理江・高良武博・仲宗根力・山本夏男
小出道夫・草野展周・健山正男・斎藤 厚
講演会報告
特定機能病院における入院の包括化と感染症治療-総論
太田美智男
包括評価と院内感染対策
武澤 純
感染対策の経済性
木村 哲
連載
 私達の研究
緑膿菌Quorum-sensing機構とマクロライド剤によるその制御
舘田一博
 わが病院の感染対策(24)
社会保険中央総合病院での取り組み
柳 富子・大塚喜人・池嶋峰子・徳田 均・斉藤寿一
 剤形シリーズ(219)
ケテック®錠300mgの物理化学的性質および安定性
榎本耕一
 エッセイ(178)
RNA研究の古い実験ノートから
今田 哲

化学療法剤の副作用・相互作用に関する国内外文献抄録
化学療法剤の薬学関連情報
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ