トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

2006年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2006年12月号(Vol.22 No.12)
特集1 SARSのその後と今後への対応
■2006年11月号(Vol.22 No.11)
特集 多剤耐性結核の現状と今後
■2006年10月号(Vol.22 No.10)
特集 ウイルス感染症と発癌
■2006年9月号(Vol.22 No.9)
特集 ワクチンの今日的問題点
■2006年8月号(Vol.22 No.8)
特集 注目される人獣共通感染症-原虫・プリオン・リケッチア性人獣共通感染症
小特集 感染と細胞膜リピドラフト
■2006年7月号(Vol.22 No.7)
特集 注目される人獣共通感染症-ウイルス性人獣共通感染症
■2006年6月号(Vol.22 No.6)
特集 注目される人獣共通感染症-細菌性人獣共通感染症
■2006年5月号(Vol.22 No.5)
特集 がん診療における重症感染と化学療法を含む総括的治療
■2006年4月号(Vol.22 No.4)
特集 歯科および口腔内の感染症の診断と治療
■2006年3月号(Vol.22 No.3)
特集 敗血症性ショックの現在的理解
■2006年2月号(Vol.22 No.2)
特集 MRSAの新たな展開
■2006年1月号(Vol.22 No.1)
特集 プリオン病とBSE
■2006年 増刊号(Vol.22 )
新しく発表あるいは改訂された感染症に関するガイドライン
2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2006年11月号(Vol.22 No.11) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

カラーグラフィック連載
 シリーズ 感染症科の臨床最前線 ~感染症科専門医の臨床現場から~
ケース17 増悪する腹部痛を主訴とする44歳ヒスパニック系男性
藤谷茂樹
巻頭言
機能する感染制御チームへ-薬剤師の進出- 全文無料
後藤直正
特集 多剤耐性結核の現状と今後

1.地球レベルでの多剤耐性結核の現状と背景
森 亨
2.わが国における多剤耐性結核の現状と今後の予測   -高度多剤耐性結核菌(XDR-TB)の出現と対策-
松本智成
3.多剤耐性結核の分子機構
御手洗聡・宍戸雄一郎
4.多剤耐性結核菌の院内感染の現状と対策
鈴木克洋・吉田志緒美・露口一成・岡田全司・坂谷光則
5.小児結核と薬剤耐性
高松 勇
6.多剤耐性結核の菌検出法の進歩
鈴木定彦・田丸亜貴・中島千絵・西原みづき・福島由華里
松葉隆司
7.新たな抗結核薬開発の必要性と世界の現状
松本 真
新型インフルエンザ…臨床面からの緊急提言
松本慶蔵
座談会
抗HIV薬の使い方 -ストックリンR(エファビレンツ)を中心に-
木村 哲・吉野宗宏・潟永博之・今村顕史・山元泰之
連載
 私達の研究
歯周病細菌と血小板凝集
中山浩次
 抗生物質の使用状況(18)
獨協医科大学病院における注射用抗菌薬の使用状況
萱沼保伯・蘇原由貴・星野浩一・奥住捷子・吉田敦
越川千秋
 臨床薬理シリーズ(244)
レクシヴァR錠700 (ホスアンプレナビルカルシウム水和物錠)
福岡勝志
 エッセイ(209)
禁煙
渡辺憲太朗
 化学療法エッセイ(11)
喀痰中抗生物質濃度について
松本慶蔵
 化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(9)
今月の文献紹介
佐々木均・一川暢宏・樋口則英・中川博雄・兒玉幸修
森田光貴・稲岡奈津子・藤 秀人・北原隆志
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ