トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

2007年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2007年12月号(Vol.23 No.12)
特集 (新型)インフルエンザの現状と対策
■2007年11月号(Vol.23 No.11)
特集 病原体の感染戦略における新たな知見
■2007年10月号(Vol.23 No.10)
特集 Sepsisにおけるサイトカイン・ストーム-病態生理とその制御-
■2007年9月号(Vol.23 No.9)
特集 在宅・外来における感染症の治療-今日的問題と対応-
■2007年8月号(Vol.23 No.8)
特集 細菌感染症への新たな治療戦略
■2007年7月号(Vol.23 No.7)
特集 1日1回処方時代を迎えた抗HIV療法
■2007年6月号(Vol.23 No.6)
特集 施設内感染の現状と対策
■2007年5月号(Vol.23 No.5)
特集 感染症診療のEBM-各種感染症の起炎菌とその耐性状況,薬剤選択-
■2007年4月号(Vol.23 No.4)
特集 住環境と感染・アレルギー
■2007年3月号(Vol.23 No.3)
特集 変貌する小児感染症の現状と対策
■2007年2月号(Vol.23 No.2)
特集 多剤耐性緑膿菌感染症
■2007年1月号(Vol.23 No.1)
特集 肺炎の画像診断と最新の治療
■2007年 増刊号(Vol.23 S-2)
カルバペネム系薬が登場して20年
■2007年 増刊号(Vol.23 S-1)
腸管感染症のすべて
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2007年10月号(Vol.23 No.10) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

カラーグラフィック連載
 シリーズ 感染症における皮膚病変
4.レンサ球菌感染における皮膚病変 -丹毒・レンサ球菌性膿痂疹-
多田讓治
巻頭言
細菌の“リスクコミュニケーション” 全文無料
渡邉治雄
特集 Sepsisにおけるサイトカイン・ストーム-病態生理とその制御-

序 -サイトカイン・ストームの病態と新規治療法の開発-
相川直樹
1.感染症の病態におけるTLRとシグナル伝達機構
清川貴志・髙村(赤司)祥子・三宅健介
2. Sepsis患者におけるサイトカインの変動と転帰
遠藤重厚・佐藤信博・鈴木 泰・小鹿雅博・高橋 学
菊池 哲・八重樫泰法
3.サイトカイン・ストームにおけるgenetic polymorphisms
中田孝明・織田成人・渡邉栄三・大谷俊介・島田忠長
平澤博之
4.重症sepsis・septic shockに対するステロイドの位置づけ
小野 聡・辻本広紀・平木修一・望月英隆
5.Septic DICの病態と抗メディエータ療法
丸藤 哲・澤村淳・早川峰司・星野弘勝・菅野正寛
久保田信彦
6.Septic ARDSの病態と抗メディエータ療法
鎌田浩史・田坂定智・石坂彰敏
7.サイトカイン・ストームに対する急性血液浄化療法
池田寿昭・池田一美・上野琢哉
8.サイトカイン・ストームに対するPMX治療の効果
遠藤善裕・清水智治・谷 徹
9.抗サイトカイン療法としての新規薬剤開発の現況
射場敏明
原著
天理よろづ相談所病院で分離された酵母様真菌に対する抗真菌薬の抗菌力について -新規トリアゾール系抗真菌薬ボリコナゾールと既存抗真
中村彰宏・河野 久・岩崎瑞穂・藤本宜子・福田砂織
畑中徳子・松尾収二
アミノ配糖体系抗菌薬イセパマイシンの各種臨床分離菌 および基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生株に対する 抗菌力と形態に及ぼす影
岡本了一・青木明子・鳥屋 実
連載
 私達の研究(55)
動物のレトロウイルス -新しいレトロウイルスはヒトにやってくるのか-
宮沢孝幸
 わが病院の感染対策〈第二部〉(11)
一般・消化器外科病棟における緑膿菌による交差感染の検討
大城知子
 エッセイ(220)
名古屋ボストン美術館館長のこの一年
馬場駿吉
 化学療法エッセイ(22)
喀痰中抗生物質濃度とPK/PD,そして点滴療法のあり方
松本慶蔵
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(20)
上島悦子
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ