トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

2007年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2007年12月号(Vol.23 No.12)
特集 (新型)インフルエンザの現状と対策
■2007年11月号(Vol.23 No.11)
特集 病原体の感染戦略における新たな知見
■2007年10月号(Vol.23 No.10)
特集 Sepsisにおけるサイトカイン・ストーム-病態生理とその制御-
■2007年9月号(Vol.23 No.9)
特集 在宅・外来における感染症の治療-今日的問題と対応-
■2007年8月号(Vol.23 No.8)
特集 細菌感染症への新たな治療戦略
■2007年7月号(Vol.23 No.7)
特集 1日1回処方時代を迎えた抗HIV療法
■2007年6月号(Vol.23 No.6)
特集 施設内感染の現状と対策
■2007年5月号(Vol.23 No.5)
特集 感染症診療のEBM-各種感染症の起炎菌とその耐性状況,薬剤選択-
■2007年4月号(Vol.23 No.4)
特集 住環境と感染・アレルギー
■2007年3月号(Vol.23 No.3)
特集 変貌する小児感染症の現状と対策
■2007年2月号(Vol.23 No.2)
特集 多剤耐性緑膿菌感染症
■2007年1月号(Vol.23 No.1)
特集 肺炎の画像診断と最新の治療
■2007年 増刊号(Vol.23 S-2)
カルバペネム系薬が登場して20年
■2007年 増刊号(Vol.23 S-1)
腸管感染症のすべて
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2007年2月号(Vol.23 No.2) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

カラーグラフィック連載
 シリーズ 感染症科の臨床最前線~感染症科専門医の臨床現場から~
ケース20 発疹を主訴とする73歳白人男性
神谷 亨
巻頭言
抗感染症薬の新戦略 全文無料
木下タロウ
特集 多剤耐性緑膿菌感染症

序 緑膿菌:その感染と薬剤耐性,ならびに危険因子について
井上松久
1.最近の緑膿菌の疫学的動向について
小栗豊子・三澤成毅
2.緑膿菌における薬剤耐性の分子機構
野口 薫・後藤直正
3.緑膿菌におけるAmpCβ-ラクタマーゼ産生菌の動向とその出現背景
岡本了一
4.緑膿菌におけるメタロ-β-ラクタマーゼの最近の動向
井田孝志
5.緑膿菌における病原因子の調節機構;quorum sensingを中心に
東山康仁
6.多剤耐性緑膿菌による難治性呼吸器感染の治療戦略
藤村 茂・渡辺 彰
7.薬剤耐性緑膿菌による尿路感染の治療戦略
松本哲朗
8.好中球減少症における緑膿菌感染症:治療と予防の戦略
髙田 徹・田村和夫
9.多剤耐性緑膿菌に対する新しい治療戦略-ブレイクポイント・チェッカーボード法からコリスチンの臨床効果まで-
舘田一博
連載
 私達の研究(47)
患者といっしょに歩き回るマイコプラズマ
宮田真人
 抗生物質の使用状況(21)
帝京大学医学部附属病院における注射用抗菌薬の使用状況
中島康雄・森山菜緒・山岡桂子・斧 康雄
 わが病院の感染対策〈第二部〉(3)
倉敷市立児島市民病院における感染対策
吉本静雄・鉦谷久美子
 臨床薬理シリーズ(246)
フェマーラR錠 2.5mg(アロマターゼ阻害剤/閉経後乳癌治療剤)
池田一弘・益田耕平
原著
A・B型インフルエンザウイルス感染症患者における ザナミビル(リレンザR)のインフルエンザウイルス 感受性と解熱効果の検討 -2001~2005年の4シーズンにおけるリレンザRの市販後調査結果より-
松本慶蔵・石田篤子・岡野英幸・横森淳二・永田 傳
肺炎球菌23価莢膜多糖体ワクチン(PPV)の今日的意義 -GOLD 2006(第5版)のPPV推奨と新型インフルエンザとの関連を巡って
松本慶蔵・土橋佳子
連載
 エッセイ(212)
熱帯医学研究と海外研究拠点
青木克己
 化学療法エッセイ(14)
新規開発抗生物質の臨床効果判定をめぐって (Nocardia 肺感染症も含む)
松本慶蔵
 化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(12)
今月の文献紹介
上島悦子
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ