トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

1999年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■1999年12月号(Vol.15 No.12)
特集 性感染症(STD)としてのヒト乳頭腫ウイルス(HPV)感染と発癌     (第73回日本感染症学会総会・日本学術会議50周年記念シンポジウムをもとに)
■1999年11月号(Vol.15 No.11)
特集 インフルエンザと呼吸器病原ウイルス 2.臨床編
■1999年10月号(Vol.15 No.10)
特集 インフルエンザと呼吸器病原ウイルス 1.基礎編
■1999年9月号(Vol.15 No.9)
特集 ヘルペス感染症
■1999年8月号(Vol.15 No.8)
特集 HIV感染症の現状と対策
■1999年7月号(Vol.15 No.7)
特集 ケモカイン・細胞接着因子を分子標的とした炎症・免疫・癌治療
■1999年6月号(Vol.15 No.6)
特集 高齢者肺炎-特に誤嚥性肺炎を中心に
■1999年5月号(Vol.15 No.5)
特集 今なぜ非定型抗酸菌症か
■1999年4月号(Vol.15 No.4)
特集 VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)
■1999年3月号(Vol.15 No.3)
特集 ウイルス肝炎の治療 -肝癌進行のTherapeutic Intervention
■1999年2月号(Vol.15 No.2)
特集 感染症治療における非化学療法的治療-その位置付けと重要性-
■1999年1月号(Vol.15 No.1)
特集 動物起源ウイルス感染症-動物ウイルスの自然生態-
■1999年 増刊号(Vol.15 )
性感染症(STD)の治療学的展望


化学療法の領域 1999年5月号(Vol.15 No.5) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

カラーグラフィック連載
 シリーズ 目で見る感染症(73)
熱傷創感染症
相川直樹・青木克憲・山崎元靖
巻頭言
薬物動態と副作用
細田順一
特集 今なぜ非定型抗酸菌症か

疫学:日本と世界の現況
坂谷光則
病態:M.avium complex症,一次感染型を中心に
鈴木克洋・田中栄作・露口一成・木本てるみ・網谷良一
血清型と病原性
矢野郁也
診断:画像も含めて
藤野忠彦・長谷川直樹
Mycobacterium avium complex肺感染症の化学療法-最近の動向-
高嶋哲也
免疫:免疫療法は有望か
塚口勝彦・米田尚弘・岡村英生・成田亘啓
AIDSの合併症としての非定型抗酸菌症
倉島篤行
特にM. kansasii 症について
水谷清二
連載
 臨床薬理シリーズ(167)
抗HIV治療剤Nevirapine(ビラミューンR,ViramuneR)の薬理作用,薬物動態
大谷正洋・高杉益充
 剤形シリーズ(167)
遺伝子組換え型インターフェロンα-2b製剤「イントロンA」の安定性
浜 康雄・横山裕彰・高杉益充
私達の感染症と化学療法(41)
ヘルペス脳炎(重症型)
松本慶蔵・高木明子・麻生憲史・大石和徳・永武 毅
 原著
イトラコナゾールの肺アスペルギルス症における治療効果-血中濃度・併用薬剤の観点より-
四十坊典晴・犬塚 学・渡辺英明・本間昭彦・菅原洋行
阿部庄作
肺炎球菌臨床分離株に対する経口β-ラクタム薬Cefdinir,Cefditoren,Cefcapene,Faropenemの最小
水谷 哲・鍵岡 均・徳久英俊・田端千春・藤田正憲
松尾清光・藤川潤・小林寅吉吉
健常成人男子におけるセファメジンR注射用1gキットによるcefazolinの体内動態
入江 伸・寺川雅人・石橋光治・田端健司・鈴木真吾
横田好子
化学療法剤の薬学関連情報
C型慢性肝炎のインターフェロン療法における薬剤管理指導マニュアル
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ