トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2000年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2000年12月号(Vol.16 No.12)
特集 ウイルス性性感染症の現状とその問題点-特にその感染伝播における精液の意義について-
■2000年11月号(Vol.16 No.11)
特集 細菌性ワクチン
■2000年10月号(Vol.16 No.10)
特集 耳鼻咽喉科感染症-今日の課題と対策
■2000年9月号(Vol.16 No.9)
特集 現在の小児科感染症とその対策
■2000年8月号(Vol.16 No.8)
特集 耐性肺炎球菌感染症にいかに対処するか
■2000年7月号(Vol.16 No.7)
特集 抗真菌薬の現状と正しい用い方
■2000年6月号(Vol.16 No.6)
特集 市中肺炎診断と治療のためのガイドライン
■2000年5月号(Vol.16 No.5)
特集 肝癌治療の現状と治療の戦略
■2000年4月号(Vol.16 No.4)
特集 ウイルス性脳炎の新展開
■2000年3月号(Vol.16 No.3)
特集 肺炎の鑑別診断-画像と検査を中心に-
■2000年2月号(Vol.16 No.2)
特集 どうなる21世紀の化学療法 (第72回日本細菌学会総会シンポジウム「どうなる21世紀の化学療法」をもとに)
■2000年1月号(Vol.16 No.1)
特集 肺癌治療の新戦略
■2000年 増刊号(Vol.16 )
耐性菌感染症とその具体的緊急対策
1999年

化学療法の領域 2000年2月号(Vol.16 No.2) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

カラーグラフィック連載
 シリーズ 目で見る感染症(82)
E型肝炎
李 天成・武田直和・宮村達男
巻頭言
HIVに対する化学療法
岩本愛吉
特集 どうなる21世紀の化学療法 (第72回日本細菌学会総会シンポジウム「どうなる21世紀の化学療法」をもとに)

特集を組むにあたって
橋本 一
1.Drug Resistance in the Evolution of Pathogenic Bacteria
二階堂溥
   2.20世紀の反省
1)β-lactam系薬高度耐性に関わるβ-ラクタマーゼを中心に
岡本了一・井上松久
2)基礎的検討からどこまで抗菌薬の治療効果を推測できるか?
宮崎修一・山口惠三
3)臨床医の立場から
松本慶蔵
3.薬剤耐性菌とその検出法に関わる基本的な諸注意点
荒川宜親
4.抗菌薬の変遷と新薬開発への期待
八木澤守正
5.21世紀の抗感染症薬
大村 智
連載
 臨床薬理シリーズ(176)
HIVプロテアーゼ阻害剤「アンプレナビル」の薬理作用と体内動態
石澤 優・高杉益充
 剤形シリーズ(176)
抗ウイルス化学療法剤「ストックリン®カプセル200」の物理化学的性質と安定性
奥本泰裕・高杉益充
 私達の感染症と化学療法(50)
インフルエンザに学ぶ(1)
松本慶蔵
大阪赤十字病院における抗生物質の使用状況
籠本基成・小平いく子・高田成子・藤田 清・杉山正敏
 最新の研究成果(12)
歯周病原性細菌Porphyromonas gingivalis
小川知彦・山本浩代・朝井康行・内田 浩
 原著
高齢者の泌尿器科感染症における硫酸イセパマイシンの有用性と腎機能への影響
米納 誠・吉田正貴・川上茂生・菊川浩明・木谷公亮
和田孝浩・桑原朋広・高橋 渡・津崎祥一郎・稲留彰人
上田昭一
 エッセイ(128)
カメラで学び,カメラと遊ぶ
熊谷勝男
 化学療法剤の副作用・相互作用に関する国内外文献抄録
肺結核症の化学療法で併発した薬剤性肝障害に対するシイタケ菌糸体抽出物顆粒の使用経験
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ