トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

2007年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2007年12月号(Vol.23 No.12)
特集 (新型)インフルエンザの現状と対策
■2007年11月号(Vol.23 No.11)
特集 病原体の感染戦略における新たな知見
■2007年10月号(Vol.23 No.10)
特集 Sepsisにおけるサイトカイン・ストーム-病態生理とその制御-
■2007年9月号(Vol.23 No.9)
特集 在宅・外来における感染症の治療-今日的問題と対応-
■2007年8月号(Vol.23 No.8)
特集 細菌感染症への新たな治療戦略
■2007年7月号(Vol.23 No.7)
特集 1日1回処方時代を迎えた抗HIV療法
■2007年6月号(Vol.23 No.6)
特集 施設内感染の現状と対策
■2007年5月号(Vol.23 No.5)
特集 感染症診療のEBM-各種感染症の起炎菌とその耐性状況,薬剤選択-
■2007年4月号(Vol.23 No.4)
特集 住環境と感染・アレルギー
■2007年3月号(Vol.23 No.3)
特集 変貌する小児感染症の現状と対策
■2007年2月号(Vol.23 No.2)
特集 多剤耐性緑膿菌感染症
■2007年1月号(Vol.23 No.1)
特集 肺炎の画像診断と最新の治療
■2007年 増刊号(Vol.23 S-2)
カルバペネム系薬が登場して20年
■2007年 増刊号(Vol.23 S-1)
腸管感染症のすべて
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2007年 増刊号(Vol.23 S-1) 目次

B5判/4月発行/定価(本体3,700円+税)

腸管感染症のすべて

序 -わが国の腸管感染症の変貌とその対応- 全文無料
増田剛太
I 下痢・血便患者の診断・治療
1.下痢患者の診療計画-成人領域-
大西健児
2.下痢患者の診療計画-小児科領域-
佐藤吉壮
3.激しい下痢の患者をどう扱うか
阪上賀洋
4.原因不明で治りにくい下痢の診療
吉川晃司
5.血便を訴える患者をどう診療するか-大腸内視鏡検査の意義-
中嶋 均・中川 潤・西澤明弘・来間佐和子・佐仲雅樹
小泉浩一・神澤輝実・江川直人・増田剛太
6.病棟で下痢患者が発生したら
井戸田一朗
7.薬剤投与と関連して発症する下痢
吉川博子
8.腸管感染症の化学療法-抗菌薬使用のガイドラインから-
相楽裕子
II 海外旅行と関連する腸管感染症および食中毒
1.海外旅行と関連する下痢-旅行者下痢症-
岡村 登
2.海外に赴任する日本人の健康管理
福島慎二・濱田篤郎
3.わが国の腸チフス・パラチフスとその動向
相楽裕子
4.わが国の細菌性赤痢とその動向
角田隆文
5.わが国のコレラとその動向
菅沼明彦
6.大腸菌O157:H7感染症とその動向
城 宏輔
7.サルモネラによる食中毒
甲斐明美・小西典子
8.下痢症の原因となる大腸菌
渡辺治雄
III 寄生虫・ウイルスを原因とする腸管感染症
1.原虫類・蠕虫類による腸管感染症
井関基弘・所 正治
2.日本における糞線虫と糞線虫症
岸本一人・平田哲生・健山正男
3.腸管原虫症の迅速診断
小林正規・鈴木 淳・竹内 勤
4.水泳プールを介したクリプトスポリジウム症感染
遠藤卓郎・泉山信司・八木田健司
5.胃腸炎の原因となるウイルス
森 功次
IV 免疫不全宿主と腸管感染症
1.HIV感染者の下痢
味澤 篤
2.性によって伝播する腸管感染症
今村顕史
3.腸管感染と免疫
明田幸宏・本田武司
V 行政的立場から見た腸管感染症
1.感染症法改正とサーベイランス
山下和予
2.食品の安全性と行政
中村明子
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ