トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2000年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2000年12月号(Vol.16 No.12)
特集 ウイルス性性感染症の現状とその問題点-特にその感染伝播における精液の意義について-
■2000年11月号(Vol.16 No.11)
特集 細菌性ワクチン
■2000年10月号(Vol.16 No.10)
特集 耳鼻咽喉科感染症-今日の課題と対策
■2000年9月号(Vol.16 No.9)
特集 現在の小児科感染症とその対策
■2000年8月号(Vol.16 No.8)
特集 耐性肺炎球菌感染症にいかに対処するか
■2000年7月号(Vol.16 No.7)
特集 抗真菌薬の現状と正しい用い方
■2000年6月号(Vol.16 No.6)
特集 市中肺炎診断と治療のためのガイドライン
■2000年5月号(Vol.16 No.5)
特集 肝癌治療の現状と治療の戦略
■2000年4月号(Vol.16 No.4)
特集 ウイルス性脳炎の新展開
■2000年3月号(Vol.16 No.3)
特集 肺炎の鑑別診断-画像と検査を中心に-
■2000年2月号(Vol.16 No.2)
特集 どうなる21世紀の化学療法 (第72回日本細菌学会総会シンポジウム「どうなる21世紀の化学療法」をもとに)
■2000年1月号(Vol.16 No.1)
特集 肺癌治療の新戦略
■2000年 増刊号(Vol.16 )
耐性菌感染症とその具体的緊急対策
1999年

化学療法の領域 2000年 増刊号(Vol.16 ) 目次

B5判/4月発行/定価(本体3,700円+税)

耐性菌感染症とその具体的緊急対策

企画の言葉
松本慶蔵
1.基礎編
 1)グラム陽性球菌
〈1〉黄色ブドウ球菌(MRSA & VRSA)
桑原京子・平松啓一
〈2〉肺炎球菌
二木芳人・渡邉信介
〈3〉VRE菌
花木秀明・平松啓一
 2)グラム陰性桿菌
〈1〉大腸菌
久我明男・井上松久
〈2〉肺炎桿菌
矢野寿一・井上松久
〈3〉緑膿菌
西野武志
〈4〉セラチア
賀来満夫
〈5〉インフルエンザ菌
黒崎知道
3)グラム陰性球菌
〈1〉淋菌
国島康晴・松川雅則・塚本泰司
〈2〉ブランハメラ
永武 毅
4)結核菌
尾形英雄
5)非定型抗酸菌(非結核性抗酸菌)
倉島篤行
   6)真菌
〈1〉カンジダ
久保田徹・草野展周・齊藤 厚
〈2〉アスペルギルス
松島敏春・吉田耕一郎・二木芳人
〈3〉クリプトコッカス
宮崎義継・河野 茂
7)嫌気性菌
渡邉邦友
2.臨床編
1)肺炎
大石和徳
2)慢性呼吸器感染症
加藤雅子・太田見宏・小林宏行
3)肺真菌感染症
山田 玄・四十坊典晴・阿部庄作
4)髄膜炎
庄司紘史・貴田秀樹
5)肝・胆道系感染症
松崎純宏・兼松隆之・宮崎義継・上平 憲
6)腸管系感染症
増田剛太
7)腸チフス
松本慶蔵・大石和徳
8)術後感染症
品川長夫・真下啓二・竹山廣光・長谷川正光
9)尿路感染症
宮崎茂典・荒川創一・守殿貞夫
10)皮膚感染症
秋山尚範・多田讓治・荒田次郎
11)眼科感染症
山口克宏・玉井 信
12)耳鼻科感染症
矢野寿一・末武光子・小林俊光
3.対策編
   1)呼吸器
〈1〉急 性
林 泉
〈2〉 慢性
堀田まり子・力丸 徹・大泉耕太郎
〈3〉真菌
前崎繁文・河野 茂
2)神経感染症
村井弘之・吉良潤一
3)肝・胆道
遠藤公人・鈴木正徳・海野倫明・片寄 友・松野正紀
4)腸管(血液内科の立場から)
伊藤俊広・三浦 亮
5)外科(術後)
岩井重富・加藤るな
6)泌尿器(カテーテル・バイオフィルム対策)
門田晃一・公文裕巳
7)眼科
宮永嘉隆・山田 尚・塩田 洋
8)耳鼻科
竹内万彦・間島雄一
9)薬剤部の立場から
高杉益充
 4.ワクチン
1)肺炎球菌ワクチン
山本智子・下方 薫
2)インフルエンザ菌
永武 毅
3)インフルエンザウイルス (ワクチン接種と抗インフルエンザウイルス剤)
鈴木 宏・斎藤玲子・押谷 仁・増田寛樹
薬剤耐性菌感染症に対するナショナルサーベイランス
荒川宜親
感染制御の立場から
木村 哲
資料 抗生物質略号早見表
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ