トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

2008年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2008年12月号(Vol.24 No.12)
特集 市中肺炎の治療
■2008年11月号(Vol.24 No.11)
特集 輸入感染症の可能性がある希少感染症
■2008年10月号(Vol.24 No.10)
特集 小児ウイルス感染症の現状
■2008年9月号(Vol.24 No.9)
特集 寄生虫感染症
■2008年8月号(Vol.24 No.8)
特集 最新のがん化学療法
■2008年7月号(Vol.24 No.7)
特集 食中毒の変遷と現状
■2008年6月号(Vol.24 No.6)
特集 ビブリオ感染症
■2008年5月号(Vol.24 No.5)
特集 百日咳の今日的問題
■2008年4月号(Vol.24 No.4)
特集 改正感染症法の施行から一年 -改正のポイントと今後の課題-
■2008年3月号(Vol.24 No.3)
特集 難治性感染症の現状と対策-菌側・宿主側要因からの考察-
■2008年2月号(Vol.24 No.2)
特集 B型肝炎,C型肝炎治療の新戦略
■2008年1月号(Vol.24 No.1)
特集 手術部位感染症と抗菌薬予防投与
■2008年 増刊号(Vol.24 S-1)
抗菌薬選択のポイント
2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2008年3月号(Vol.24 No.3) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

カラーグラフィック連載
 シリーズ 感染症における皮膚病変
9.ネコひっかき病における皮膚病変
吉田 博
巻頭言
日本のワクチン政策はなぜ世界から立ち後れてきたのか 全文無料
中山哲夫
難治性感染症の現状と対策-菌側・宿主側要因からの考察-

序 -発症病態の解明と新しい治療法の創出を目指して-
舘田一博
総論 1.難治化の宿主側要因
斧 康雄・祖母井庸之
総論 2.難治化の菌側要因  1)病原性発現と薬剤耐性化における排出ポンプの役割
西野邦彦
総論 2.難治化の菌側要因  2)薬剤耐性
土井洋平
各論 1.呼吸器感染症:緑膿菌  1)慢性気道感染症-緑膿菌性肺炎における臨床分離株の比較検討-
佐和貞治
各論 1.呼吸器感染症:緑膿菌  2)人工呼吸器関連肺炎
小林昌宏・相馬一亥
各論 2.耳鼻咽喉科領域感染症:難治性中耳炎の発症病態
保富宗城・山中 昇
各論 3.新生児感染症
岩田 敏・佐藤吉壮
各論 4.外科領域感染症:嫌気性菌の耐性化が腹腔内感染症治療に与える影響
大毛宏喜・末田泰二郎
各論 5.血液疾患に合併する感染症   -抗がん剤により誘導される感染症-
安藤久美子・太田節雄
各論 6.泌尿器科感染症:バイオフィルム感染症の一つとして
松川雅則
原著
肺炎球菌ワクチン接種に公費を助成している 自治体における患者を対象としたアンケート調査
松本慶蔵・神谷 齊・永井英明・内山美寧・村上智彦
古田精一・曽我俊彦・田村豊一・祁答院尚嗣・吉嶺文俊
島村寿男・布施克也・関井 肇・渡邊淳永・倉敏郎
武地幹夫・藤森史子・岡本勝・津谷泰夫・奈良正人
森 浩郎・野々上忠彦・宮本二郎・相馬光宏・吉田 弘
菊本直樹・時末 充・三橋康之・原 宏紀・中込 治
連載
 私達の研究(60)
ウェルシュ菌の病原性解析 -病原遺伝子発現調節機構の解明-
清水 徹・大谷 郁
 わが病院の感染対策〈第二部〉(16)
多剤耐性緑膿菌対策を中心に
宮﨑博章
 エッセイ(225)
メディアからみる米国の医療事情
玉置 淳
 化学療法エッセイ(26)
成人T細胞白血病と肺炎を巡っての教訓
松本慶蔵
 化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(25)
今月の文献紹介
木村利美・佐藤聖美・成瀬有希・勝見重昭・小田哲朗
田口晃子・高木恵美・佐川賢一
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ