トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

2013年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2013年12月号(Vol.29 No.12)
特集 生体防御能の異常・免疫障害で見られる感染症の特徴とメカニズム
■2013年11月号(Vol.29 No.11)
特集 化学療法剤のPK-PD理論 -応用と限界-
■2013年10月号(Vol.29 No.10)
特集 嫌気性菌感染症の基礎と臨床
■2013年9月号(Vol.29 No.9)
特集 HIV感染症の長期的治療戦略
■2013年8月号(Vol.29 No.8)
特集 世界に広がるトロピカルディジージズ
■2013年7月号(Vol.29 No.7)
特集1 いわゆるヒト喰いバクテリアと劇症型感染症
特集2 ESCMID(欧州臨床微生物学会)カンジダガイドライン2012
■2013年6月号(Vol.29 No.6)
特集 地球規模で広がる耐性菌 -抗菌薬の多角的使用とその功罪-
■2013年5月号(Vol.29 No.5)
特集 肺炎ガイドラインの現状と課題
■2013年4月号(Vol.29 No.4)
特集 間質性肺炎と周辺疾患 -感染症から薬剤性まで-
■2013年3月号(Vol.29 No.3)
特集 災害における感染症とその予防対策
■2013年2月号(Vol.29 No.2)
特集 ワクチン対策の現状と課題
■2013年1月号(Vol.29 No.1)
特集 細菌の病原遺伝子の発現調節機構
■2013年 増刊号(Vol.29 S-1)
新興・再興感染症up to date
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2013年3月号(Vol.29 No.3) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(16)
11.東日本大地震後の津波溺水患者にみられたスケドスポリウム症
小泉瑠美・村田興則・佐々木信人・中村 豊
巻頭言
感染症治療とランダム化比較試験 全文無料
金光敬二
特 集 災害における感染症とその予防対策
【企画・東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門 教授 渡辺 彰】
序 -大災害後に増加する感染症にどのように対処するか-
渡辺 彰
1.阪神・淡路大震災時の経験から
石原享介
2.スマトラ沖大地震・津波後の感染症救急はどのようなものだったか
加來浩器
3.東日本大震災と感染症-被災地内の救急・集中治療の立場からの報告-
小林道生・浅沼敬一郎・遠山昌平・佐藤哲哉・小林正和
石橋 悟・久志本成樹
4.東日本大震災後にインフルエンザのアウトブレイクをどのように抑えたか
八田益充・賀来満夫
5.東日本大震災の被災地でみられた肺炎を含む感染症の実態
-津波および瓦礫処理による肺障害を含めて-
小林誠一・矢内 勝
6.震災後肺炎症例の実像と対応
高橋 洋・渡辺 彰
7.東日本大震災で痛感された感染症予防対策
-ワクチン接種普及の必要性を中心に-
渡辺 彰
8.大災害時に抗感染症薬等の医薬品をどのように確保するか
-使用者側の立場から-
小野寺直人・川口さち子・工藤賢三・高橋勝雄
9.大災害時に抗感染症薬等の医薬品をどのように確保するか
-東日本大震災を振り返って,医薬品流通(医薬品卸)・供給側の立場から-
安達 敏・村井泰介
10.大災害時に検査資材や衛生材料等をどのように生産・流通・確保するか
小林郁夫・鈴木千尋
連 載
私達の研究(120)
サルモネラ感染分子機構の解明
山本友子・高屋明子
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症(9)
類鼻疽と鼻疽
倉田季代子・成田和順
私の感染症研究を振り返って(32)
糞線虫症撲滅奮戦記
齊藤 厚
エッセイ(285)
つつが虫病との出会い,そしてダニの世界へ
岩崎博道
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(85)
・β-ラクタムは臨床的メチシリン耐性黄色ブドウ球菌株に対するダプトマイシンの抗菌薬活性を高め,ダプトマイシン耐性誘導株の選択を防ぐ
・市中発症皮膚・軟部組織感染患者における黄色ブドウ球菌のムピロシンとクロルヘキシジン耐性について
・バンコマイシンの適切なトラフ濃度達成と持続的静脈血液濾過(CVVH)時の投与量
・病院で発症したクロストリジウムディフィシル感染の抗菌薬治療法の特徴:抗菌薬適正使用管理の観点より
・ネズミマラリアにおける寄生虫成長のメカニズムベースモデル解析と,ジヒドロアルテミシニンの薬力学解析
・メチシリン耐性ブドウ球菌による人工関節感染の壊死組織切除と保持の結果,ならびにリファンピンとフシジン酸併用療法の考察
・高いβ-ラクタマーゼ値は緑膿菌バイオフィルムにおいてβ-ラクタム系抗菌薬の薬力学を変える
木村利美・木村友絵
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
4月号予告 全文無料
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ