トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

2013年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2013年12月号(Vol.29 No.12)
特集 生体防御能の異常・免疫障害で見られる感染症の特徴とメカニズム
■2013年11月号(Vol.29 No.11)
特集 化学療法剤のPK-PD理論 -応用と限界-
■2013年10月号(Vol.29 No.10)
特集 嫌気性菌感染症の基礎と臨床
■2013年9月号(Vol.29 No.9)
特集 HIV感染症の長期的治療戦略
■2013年8月号(Vol.29 No.8)
特集 世界に広がるトロピカルディジージズ
■2013年7月号(Vol.29 No.7)
特集1 いわゆるヒト喰いバクテリアと劇症型感染症
特集2 ESCMID(欧州臨床微生物学会)カンジダガイドライン2012
■2013年6月号(Vol.29 No.6)
特集 地球規模で広がる耐性菌 -抗菌薬の多角的使用とその功罪-
■2013年5月号(Vol.29 No.5)
特集 肺炎ガイドラインの現状と課題
■2013年4月号(Vol.29 No.4)
特集 間質性肺炎と周辺疾患 -感染症から薬剤性まで-
■2013年3月号(Vol.29 No.3)
特集 災害における感染症とその予防対策
■2013年2月号(Vol.29 No.2)
特集 ワクチン対策の現状と課題
■2013年1月号(Vol.29 No.1)
特集 細菌の病原遺伝子の発現調節機構
■2013年 増刊号(Vol.29 S-1)
新興・再興感染症up to date
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2013年7月号(Vol.29 No.7) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

グラフィック連載
目で見る真菌と真菌症(20) 
診断・治療法から見た大切な真菌症
2.画像から見た真菌感染症
酒井文和
巻頭言
地域における医療関連感染対策防止のためのネットワーク作りのさらなる強化に向けて 全文無料
小野寺昭一
特集1 いわゆるヒト喰いバクテリアと劇症型感染症
[企画・大阪大学大学院歯学研究科口腔細菌学教室 教授 川端 重忠]
序 -注目される劇症型細菌感染症の現状と理解-
川端重忠
1.劇症型溶血性レンサ球菌感染症の歴史
池辺忠義
2.劇症型A群レンサ球菌感染症の臨床
清水可方
3.ゲノム解析に基づく劇症型溶血性レンサ球菌感染症の分子疫学
渡邊真弥・秋山 徹
4.劇症型溶血性レンサ球菌感染症の発症に寄与する細菌因子
住友倫子・川端重忠
5.劇症型溶血性レンサ球菌感染症における宿主免疫応答
松村隆之・阿戸 学
6.レンサ球菌感染症の予防・治療法の確立に向けた展望
寺尾 豊
7.ビブリオ・バルニフィカス感染
三好伸一
8.ビブリオ・バルニフィカス感染症の臨床と疫学
松本浩一・山田友子・冨田由紀子・大石浩隆・坂口嘉郎
9.ビブリオ・バルニフィカスの病原性研究の現状と予防・治療法の確立に向けた展望
柏本孝茂
10.エロモナス感染症
髙橋栄造
特集2 ESCMID(欧州臨床微生物学会)カンジダガイドライン2012
-米国感染症学会ガイドラインとの相違-
[企画・兵庫医科大学 感染制御学 主任教授 竹末 芳生]
序 -ESCMIDガイドラインとIDSAガイドラインの相違点-
竹末芳生
1.ESCMID(欧州臨床微生物学会)カンジダガイドライン2012
1)診断方法
吉田耕一郎
2)非好中球減少症成人患者
浜田幸宏・平井 潤・山岸由佳・三鴨廣繁
3)造血幹細胞移植後の成人患者
佐藤美樹・神田善伸
4)小児患者
森 雅亮
2.兵庫医科大学病院における抗真菌薬使用の実際
植田貴史・竹末芳生
3.血液疾患における抗真菌薬使用の実際
-当施設におけるカスポファンギンの使用経験を含めて-
町田真一郎・天木 淳
総 説
粘液線毛輸送系による気道クリーニング
-気道炎症・感染症におけるマクロライドの可能性-
玉置 淳
連 載
私達の研究(124)
ネブライザー療法
鈴木賢二
新連載 関節リウマチ治療中に問題となる感染症
連載開始にあたって 全文無料
賀来満夫
総説 -抗リウマチ薬の進歩と感染症-
中島亜矢子・山中 寿
忘れてはならない輸入感染症と稀少感染症(12)
つつが虫病と日本紅斑熱
安藤秀二
私の感染症研究を振り返って(36)
第四話:東京大学医科学研究所へ 
-SeVリバース・ジェネティクスとエイズ研究-
永井美之
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(89)
・リポソーム クラリスロマイシン製剤の有効性・安全性とP. aeruginosa細胞毒性因子への影響
・クリプトコッカス症に罹患した患者における抗真菌薬治療のアプローチとその効果
・新生児カンジダ症の抗真菌薬治療の開始時期の検討
・カテーテル関連の黄色ブドウ球菌感染症におけるスタフィロトロンビンを介した線維素沈着の役割
・マイクロダイアリシス法による急性脳損傷患者におけるセフォタキシムの脳への分布
・単純な蜂窩織炎患者におけるセファレキシン単独対セファレキシン+トリメトプリム-スルファメトキサゾールの無作為化比較試験による有効性評価
木村利美
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
8月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「エッセイ」は休載いたします。
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ