トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年

2014年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2014年12月号(Vol.30 No.12)
特集 インフルエンザの最新知見~鳥,パンデミックと季節性インフルエンザ対策をどうするか~
■2014年11月号(Vol.30 No.11)
特集 生物学的製剤治療の最前線
■2014年10月号(Vol.30 No.10)
特集 ヘリコバクター・ピロリ感染症の診断と治療 up-to-date
■2014年9月号(Vol.30 No.9)
特集 超高齢化社会における高齢者感染症の特徴と課題
■2014年8月号(Vol.30 No.8)
特集 神経系感染症
■2014年7月号(Vol.30 No.7)
特集 医療機関における職業感染予防と曝露後の対処
■2014年6月号(Vol.30 No.6)
特集 感染症研究国際ネットワーク研究の現状
■2014年5月号(Vol.30 No.5)
特集 市中感染型MRSAの動向と対処法
■2014年4月号(Vol.30 No.4)
特集 敗血症ショックの新たな理解と集学的治療法
■2014年3月号(Vol.30 No.3)
特集 乳幼児期のワクチンと感染症
■2014年2月号(Vol.30 No.2)
特集 わが国でも問題のベクター媒介性感染症
■2014年1月号(Vol.30 No.1)
特集 細菌の進化から考える抗菌薬耐性
■2014年 増刊号(Vol.30 S-1)
耐性病原体up-to-date~耐性メカニズムから治療戦略まで~
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2014年2月号(Vol.30 No.2) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(4)
ニューモシスチス肺炎
福島一彰・味澤 篤
巻頭言
わが国の新専門医制における感染症専門医育成 全文無料
安川正貴
特集 わが国でも問題のベクター媒介性感染症
[企画・国立感染症研究所 名誉所員 小林 睦生]
序 -ベクター媒介性感染症の現状と対策に関する問題点-
小林睦生
1.ベクター媒介性感染症の世界的な流行状況
小林睦生
2.チクングニア熱の世界的流行にかかわるウイルスの突然変異と媒介蚊
石川知弘・小西英二
3.日本脳炎ウイルスの国内越冬と海外飛来
沢辺京子
4.ウエストナイルウイルス比較進化論
高崎智彦
5.デング熱の世界的な流行と予防対策に関する将来的展望
森田公一
6.ベクターから見たマラリアの世界的な流行と予防対策における将来的展望
松岡裕之
7.重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの分離から最新の知見まで
前田 健
8.日本紅斑熱の発生状況と媒介マダニから見えてくる感染環
髙田伸弘
9.極東地域におけるつつが虫病の現状と将来的課題
安藤秀二
10.シラミ媒介性感染症,特に塹壕熱の現状と今後の課題
佐々木年則・関なおみ
連 載
私達の研究(131)
原始クラミジアの生存戦略から探る病原体の新規制御システム
山口博之
関節リウマチ治療中に問題となる感染症(10)
8.B型肝炎ウイルス再活性化
三村俊英
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(96)
・がん患者における皮膚毒性の予防,治療と支持療法としての日々の基本的な皮膚ケア:多施設の専門家からの推薦
・酸性の腫瘍微小環境とpH(水素イオン指数)感受性Gタンパク質共役型受容体
・カンナビジオールは神経系機能低下や化学療法の効果を低下させることなく,5-HT1A受容体を通してパクリタキセルによる神経障害痛を抑える
・オキサリプラチンの毒性を最小にするための最近の戦略:遺伝薬理学のパネルテストの選択
・神経芽細胞腫と肝芽細胞腫における多剤耐性とがん幹細胞
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
3月号予告 全文無料
お詫びと訂正(化学療法の領域2013年12月号) 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」と「エッセイ」は休載いたします。
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ