トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年

2014年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2014年12月号(Vol.30 No.12)
特集 インフルエンザの最新知見~鳥,パンデミックと季節性インフルエンザ対策をどうするか~
■2014年11月号(Vol.30 No.11)
特集 生物学的製剤治療の最前線
■2014年10月号(Vol.30 No.10)
特集 ヘリコバクター・ピロリ感染症の診断と治療 up-to-date
■2014年9月号(Vol.30 No.9)
特集 超高齢化社会における高齢者感染症の特徴と課題
■2014年8月号(Vol.30 No.8)
特集 神経系感染症
■2014年7月号(Vol.30 No.7)
特集 医療機関における職業感染予防と曝露後の対処
■2014年6月号(Vol.30 No.6)
特集 感染症研究国際ネットワーク研究の現状
■2014年5月号(Vol.30 No.5)
特集 市中感染型MRSAの動向と対処法
■2014年4月号(Vol.30 No.4)
特集 敗血症ショックの新たな理解と集学的治療法
■2014年3月号(Vol.30 No.3)
特集 乳幼児期のワクチンと感染症
■2014年2月号(Vol.30 No.2)
特集 わが国でも問題のベクター媒介性感染症
■2014年1月号(Vol.30 No.1)
特集 細菌の進化から考える抗菌薬耐性
■2014年 増刊号(Vol.30 S-1)
耐性病原体up-to-date~耐性メカニズムから治療戦略まで~
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2014年8月号(Vol.30 No.8) 目次

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,300円+税)

グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(10)
活動性結核
田中 勝・森岡 悠・柳澤如樹
巻頭言
感染症学と感染制御学,この似て非なるもの 全文無料
堀 賢
特集 神経系感染症
[企画・国立精神・神経医療研究センター病院 理事・院長/東京医科歯科大学 特任教授 水澤 英洋]
序 -神経感染症の現状と展望-
水澤英洋
1.神経感染症の特徴 -病歴・症候と検査-
大石 実・亀井 聡
2.細菌性髄膜炎とその治療
加藤裕司・棚橋紀夫
3.結核性髄膜炎と神経梅毒
国分則人・藤田裕明・平田幸一
4.ハンセン病における末梢神経障害
後藤正道
5.ウイルス性髄膜脳炎
庄司紘史・芝原友也・福嶌由尚
6.真菌感染症とその治療
梅山 隆・大野秀明
7.原虫・寄生虫感染症とその治療
中川道隆・池田修一
8.進行性多巣性白質脳症と亜急性硬化性全脳炎
雪竹基弘
9.レトロウイルス感染症(HTLV-1とHIV)
中川正法
10.Guillain-Barré症候群,Fisher症候群と先行感染症
深見祐樹・結城伸泰
連 載
私達の研究(137)
熱帯熱マラリア原虫から寄生赤血球へのタンパク質輸送
宮﨑真也・加賀谷渉・金子 修
エッセイ(293)
無事カエル
狩野繁之
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(102)
・てんかんに対するフェニトイン使用患者におけるタモキシフェンの活性代謝物エンドキシフェンの減少,CYP2D6遺伝子型をマッチさせたコフォートとの比較
・同種造血幹細胞移植後のシロリムス,タクロリムス,アゾールの同時投与に対する用量アルゴリズム
・標的治療の毒性:反応の意味合いと遺伝子多型の影響
・脳腫瘍の小児におけるカルボプラチンによる致死的な免疫性溶血貧血
・乳がんにおけるタモキシフェンとリスペリドンの組み合わせ治療
上島悦子
資 料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
9月号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら



▲このページの上へ