トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年

2017年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2017年12月号(Vol.33 No.12)
性感染症におけるup to date
■2017年11月号(Vol.33 No.11)
B型肝炎の現状とワクチン定期接種化の意義
■2017年10月号(Vol.33 No.10)
感染症診療を変える新しい診断技術・検査法
■2017年9月号(Vol.33 No.9)
感染症インテリジェンス -世界と日本の感染症情報を活用する-
■2017年8月号(Vol.33 No.8)
蚊媒介性ウイルス感染症理解の最前線
■2017年7月号(Vol.33 No.7)
次世代シーケンサーが可能にした感染学の新しい展開
■2017年6月号(Vol.33 No.6)
改めて考えるレンサ球菌感染症
■2017年5月号(Vol.33 No.5)
“One Health時代”の耐性菌対策・研究
■2017年4月号(Vol.33 No.4)
感染症薬の動態と耐性菌研究を基盤とした個別化医療の展望
■2017年3月号(Vol.33 No.3)
忘れてはいけない人獣共通感染症
■2017年2月号(Vol.33 No.2)
特集・国際的に脅威となる感染症
■2017年1月号(Vol.33 No.1)
特集・飛躍的に発展を見せる抗ウイルス薬
■2017年 増刊号(Vol.33 S-1)
ワクチンのメリットとデメリット
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2017年4月号(Vol.33 No.4) 目次

 冊

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,500円+税)

グラフィック連載
画像から読み解く感染症(22)
Ⅷ 脊椎 2.結核性脊椎炎
小池玄文・山口哲治・上谷雅孝
巻頭言
診断がつくということ 全文無料
宮良高維
特集 感染症薬の動態と耐性菌研究を基盤とした個別化医療の展望
[企画・長崎大学病院薬剤部 教授・佐々木 均]
序 -感染症の個別化医療の現状と将来-
佐々木 均
1.抗菌薬の動態と感染症治療の基本
西山直哉・山岸由佳・三鴨廣繁
2.抗菌薬耐性のメカニズムと臨床的インパクト
舘田一博
3.β-ラクタム系抗菌薬による治療と個別化医療
浜田幸宏・木村利美
4.カルバペネム系抗菌薬による治療と個別化医療
松元加奈・森田邦彦
5.マクロライド系抗菌薬による治療と個別化医療
関 雅文
6.アミノグリコシド系抗菌薬による治療と個別化医療
笠原 敬・吉田仁子・大久保佳代
7.グリコペプチド系抗菌薬(バンコマイシン・テイコプラニン)による治療と個別化医療
猪川和朗
8.リネゾリドによる治療と個別化医療
萩谷英大・朝野和典
9.ダプトマイシンによる治療と個別化医療
東 祥嗣・山本善裕
10.コリスチンによる治療と個別化医療(個別最適化投与)
山田武宏・石黒信久
11.ボリコナゾールによる治療と個別化医療
佐藤雄己・伊東弘樹
連載
私達の研究(169)
HIV感染症に関するベトナムでの国際共同研究-感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)-
田沼順子・岡 慎一
私の感染症研究を振り返って(43)
私の医師としての歩みを振り返って
河野 茂
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(134)
・レボフロキサシンまたはクラリスロマイシンベースの4倍量レジメン:両方の抗生物質への耐性化率が高い国ではヘリコバクター除菌のためのファーストライン治療として何を選択するのが最善か?
・がんサバイバーにおける化学療法によるニューロパチー
・低分化卵巣腹膜悪性腫瘍のホルモン維持療法
・抗がん剤と免疫チェックポイント薬による口腔粘膜障害
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
バックナンバー 全文無料
2017年5月号次号予告 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「エッセイ」は休載いたします。
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ