トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年

2017年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2017年12月号(Vol.33 No.12)
性感染症におけるup to date
■2017年11月号(Vol.33 No.11)
B型肝炎の現状とワクチン定期接種化の意義
■2017年10月号(Vol.33 No.10)
感染症診療を変える新しい診断技術・検査法
■2017年9月号(Vol.33 No.9)
感染症インテリジェンス -世界と日本の感染症情報を活用する-
■2017年8月号(Vol.33 No.8)
蚊媒介性ウイルス感染症理解の最前線
■2017年7月号(Vol.33 No.7)
次世代シーケンサーが可能にした感染学の新しい展開
■2017年6月号(Vol.33 No.6)
改めて考えるレンサ球菌感染症
■2017年5月号(Vol.33 No.5)
“One Health時代”の耐性菌対策・研究
■2017年4月号(Vol.33 No.4)
感染症薬の動態と耐性菌研究を基盤とした個別化医療の展望
■2017年3月号(Vol.33 No.3)
忘れてはいけない人獣共通感染症
■2017年2月号(Vol.33 No.2)
特集・国際的に脅威となる感染症
■2017年1月号(Vol.33 No.1)
特集・飛躍的に発展を見せる抗ウイルス薬
■2017年 増刊号(Vol.33 S-1)
ワクチンのメリットとデメリット
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

化学療法の領域 2017年8月号(Vol.33 No.8) 目次

 冊

B5判/毎月25日発行/定価(本体2,500円+税)

グラフィック連載
2.病原体に対する生体反応
堤 寬
カラー口絵
特集「蚊媒介性ウイルス感染症理解の最前線」より
巻頭言
今こそ感染症対策を日本全体で,そして感染予防策の普及を全国民へ 全文無料
藤田直久
特集 蚊媒介性ウイルス感染症理解の最前線
[企画・国立感染症研究所ウイルス第一部第二室 室長 林 昌宏]
序 -蚊媒介性ウイルス感染症の流行地域の拡大-
林 昌宏
1.ジカウイルス感染症
前木孝洋
2.先天性ジカウイルス感染症の病理
鈴木忠樹・長谷川秀樹
3.デング熱
嶋田 聡・モイ メンリン
4.チクングニア熱
鈴木陽一
5.黄熱
加藤康幸
6.日本脳炎
田島 茂
7.ウエストナイル熱/ウエストナイル脳炎
小林進太郎・好井健太朗
8.リフトバレー熱
福士秀悦
9.カリフォルニア脳炎オルソブニヤウイルス感染症
谷口 怜
10.蚊媒介性ウイルス感染症に対するワクチン開発の現状
山中敦史
11.フラビウイルス感染症に対する治療薬研究最前線
左 一八
12.フラビウイルス感染症に対する診断法
髙崎智彦・伊藤美佳子
13.アルボウイルス媒介蚊の生態とその防除法
比嘉由紀子・二見恭子
連載
私達の研究(173)
抗菌薬多剤耐性におけるefflux pumpの役割を見直す
横田伸一・佐藤豊孝
私の感染症研究を振り返って(44)
「顧みられない感染症」研究の日々を顧みる
太田伸生
化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(138)
・アロマターゼ阻害薬の血中濃度の変動は閉経後乳がん患者の循環しているエストロゲン濃度と相関していない
・乳がん患者における化学療法に関連した循環器機能低下の早期発見のためのバイオマーカーパネルの作成
・miR-100-5pの阻害は休止状態の前立腺がんにアポトーシスを誘導し,去精抵抗性の前立腺がんの出現を阻止する
・神経毒性のある化学療法を評価するための神経細胞由来幹細胞の適用
上島悦子
資料
抗癌剤略号早見表 全文無料
抗癌剤併用療法略号早見表 全文無料
抗菌薬略号早見表 全文無料
第44回 日本小児臨床薬理学会 学術集会のお知らせ 全文無料
バックナンバー 全文無料
次号(2017年9月号)おもな内容 全文無料
~お知らせ~ 今月号の連載「薬剤シリーズ」,「エッセイ」は休載いたします。
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ