トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

1999年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■1999年12月号(Vol.9 No.12)
特集 造血細胞移植とGVHD(graft-versus-host disease)・GVL(graft-versus-leukemia)
■1999年11月号(Vol.9 No.11)
特集 血液疾患における遺伝子治療
■1999年10月号(Vol.9 No.10)
特集 慢性骨髄性白血病~基礎から臨床まで~
■1999年9月号(Vol.9 No.9)
特集 ウイルスを原因とする血液腫瘍
■1999年8月号(Vol.9 No.8)
特集 Cell Therapy-細胞療法の現状と展望-
■1999年7月号(Vol.9 No.7)
特集 血小板をめぐる最近の話題
■1999年6月号(Vol.9 No.6)
特集 NK/T白血病リンパ腫
■1999年5月号(Vol.9 No.5)
特集 DLT(donor leukocyte transfusion)
■1999年4月号(Vol.9 No.4)
特集 EBM(evidence based medicine)2~造血器腫瘍~
■1999年3月号(Vol.9 No.3)
特集 白血病の染色体・遺伝子異常~病態と診断~
■1999年2月号(Vol.9 No.2)
特集 多発性骨髄腫とその周辺疾患
■1999年1月号(Vol.9 No.1)
特集 EBM(evidence based medicine)1~血液難病~


血液フロンティア 1999年総目次



血液フロンティア 1999年1月号(Vol.9 No.1)



特集 EBM(evidence based medicine)1~血液難病~

1.EBMと難病におけるその必要性
名郷直樹・津谷喜一郎
2.エビデンスの評価法
吉村 学
3.血液難病に対する治療薬の適応外使用
横田雅彦
   4.エビデンスに基づく血液難病の治療
1)再生不良性貧血の治療
寺村正尚
2)骨髄異形成症候群 ~Evidence based Medicineとしての治療法の評価
吉田彌太郎
3)自己免疫性溶血性貧血の治療
岡山雅信・梶井英治
4)特発性血小板減少性紫斑病の治療
桑名正隆・池田康夫
臨床研究
エリスロポエチン維持投与血液透析患者における カルニチン補充療法の検討
遠藤 悟・山本好信
症例ノート
著明な壊死性リンパ節病変を呈した成人T細胞白血病/リンパ腫の一例
雨森龍彦
自家末梢血CD34陽性細胞移植術後に生着不全を起こした第二寛解期急性Bリンパ性白血病(B-ALL)例
鈴木俊之・川野千鶴・高徳正昭・室井一男・雨宮洋一
八幡義人・小澤敬也・三浦恭定
連載 血液病おろおろ旅
1.治ってしまった急性リンパ性白血病
正岡 徹
連載 骨髄腫の検査所見とその臨床的意義
1.血清・尿蛋白検査所見
土屋 純
連載 大阪の血液学
~学燈の軌跡(その1)~
木谷照夫
リレー連載 日本の血液・免疫学研究室から 第8回
大阪大学医学部血液・腫瘍内科
倉恒弘彦



血液フロンティア 1999年2月号(Vol.9 No.2)



集 多発性骨髄腫とその周辺疾患

1.Henry Bence Jones(1813~73):時代とひと
加納 正
2-1)多発性骨髄腫の診断
a.骨髄腫細胞の形態と多発性骨髄腫の基本概念
大野辰治
b.単クローン性免疫グロブリン
畑 裕之・松崎博充
c.骨病変
田中 修・高木省治郎
2-2)多発性骨髄腫の合併症
高橋隆幸
2-3)多発性骨髄腫の治療 ~その最近の進歩~(EBM)の考え方から
安田典正
2-4)多発性骨髄腫における造血幹細胞移植の実際と適応
島崎千尋
3.多発性骨髄腫の周辺疾患
1)MGUS(Monoclonal gammopathy of undetermined significance)
木下朝博
2)原発性マクログロブリン血症
加納 正
3)原発性アミロイド症
戸川 敦
4)H鎖病と高月病
高月 清
症例ノート
高アンモニア血症を伴った多発性骨髄腫の2例
田野崎栄・橘美紀子・明石真言・壇 和夫
M蛋白血症とamyloidosisを伴ったlow grade B-cell lymphomaの1例
足羽敦子・佐久川亮・品川克至・竹中克斗・石丸文彦
金広有彦・池田和真・新谷憲治・能登原憲司・吉野 正
原田実根
連載 血液病おろおろ旅
2.夜明け前
正岡 徹
連載 骨髄腫の検査所見とその臨床的意義
2.末梢血液および骨髄検査所見
土屋 純
連載 大阪の血液学
~学燈の軌跡(その2)~
木谷照夫
~連載 私の経験例から~
1.慢性骨髄性白血病の移行期・急性転化期の治療  ~Prednine,6MP,Hydrea3者併用が有効であった一経験例~
寺田秀夫
リレー連載 日本の血液・免疫学研究室から 第9回
信州大学医学部小児科学教室
澤井信邦・南雲治夫



血液フロンティア 1999年3月号(Vol.9 No.3)



特集 白血病の染色体・遺伝子異常~病態と診断~

1. 白血病の染色体異常  ~Aneuploidyと異常核の形成~
阿部達生
2.白血病の遺伝子異常
松村 到・金倉 譲
3.BCR-ABLと白血病
金 佳虎・丸 義朗
4.AML1-MTG8(ETO)遺伝子と白血病
井田孔明・林 泰秀
5.急性前骨髄球性白血病とPML-RARα遺伝子
木崎昌弘
6.MLL遺伝子と転座相手遺伝子
瀬戸加大
7.細胞周期制御因子と白血病
古川雄祐
8.Evi-1遺伝子と白血病
三谷絹子
症例ノート
再発時に独立した2クローンが認められ,うち1クローンに11q23異常を認めた急性骨髄性白血病の1例
前田明則・山下浩平・吉永尚子・平田大二・浅越康助
山本孝吉・内山 卓・笹田昌孝
味帰脾湯の投与により副腎皮質ホルモン剤の減量が可能になった特発性血小板減少性紫斑病の1例
伊東俊夫・山下幸政・藤見忠生・北嶋直人・稲留哲也
前田和美
連載 血液病おろおろ旅
3.もう少し心配を続けたい
正岡 徹
連載 骨髄腫の検査所見とその臨床的意義
3.血清生化学的検査所見(1)
土屋 純
~連載 私の経験例から~
2.少量のMP両方によく反応し,経過中併発した食道カンジダ症にジフルカンが著効を奏した形質細胞性白血病
寺田秀夫
連載 エイズの最近の話題 7
抗HIV薬に対する薬剤耐性
山田兼雄
連載 大阪の血液学
~学燈の軌跡(その3)~
木谷照夫
リレー連載 日本の血液・免疫学研究室から 第10回
埼玉医科大学第1内科教室
松田 晃



血液フロンティア 1999年4月号(Vol.9 No.4)



特集 EBM(evidence based medicine)2~造血器腫瘍~

1.急性骨髄性白血病の治療
金丸昭久
2.成人急性リンパ性白血病の治療
大野竜三
3.慢性骨髄性白血病の治療
浦部晶夫
4.悪性リンパ腫  ~ホジキン病の治療~
小林幸夫
5.悪性リンパ腫  ~非ホジキンリンパ腫の治療~
堀田知光
6.多発性骨髄腫の治療
戸川 敦
7.造血器悪性腫瘍症例における好中球低下症の治療
上 昌広・平井久丸
症例ノート
多発性骨髄腫の治療開始1年3カ月後に発症した二次性急性骨髄性白血病の1例
吉川武志・鶴見 寿・原 武志・澤田道夫・森脇久隆
新連載 随想的なリンパ節疾患論
1.リンパ節は臓器か?
三方淳男
新連載 外科医と血液学
1.近代血液凝固学の夜明け  ~加藤勝治先生の思い出~
神前五郎
連載 血液病おろおろ旅
無菌室を作ろう
正岡 徹
連載 骨髄腫の検査所見とその臨床的意義
4.血清生化学的検査所見(2)
土屋 純
~連載 私の経験例から~
3.エリスロポエチンとAnemia due to chronic disease(ACD)  ~EPOが有効であった慢性貧血の2
寺田秀夫
連載 エイズの最近の話題 8
HIV抗体検査
山田兼雄
大阪の血液学(4)
~学燈の軌跡(その4)~
木谷照夫
Topics 身近な話題・世界の話題(1)
アミフォスチン
吉田彌太郎



血液フロンティア 1999年5月号(Vol.9 No.5)



特集 DLT(donor leukocyte transfusion)

巻頭言 Allogeneic Cell Therapy(allo-CT)の時代
塩原信太郎
1.マイナー組織適合性抗原はdonor leukocyte transfusion(DLT)の標的分子か?
佐治博夫・丸屋悦子
2.細胞傷害性T細胞を用いた白血病免疫療法の展望
安川正貴
3.微小残存病変を指標としたdonor leukocyte transfusion(DLT)の適応
小川啓恭
4.慢性骨髄性白血病に対するdonor leukocyte transfusion(DLT)の治療効果とメカニズム
中尾眞二
5.急性白血病再発治療におけるdonor leukocyte transfusion(DLT)の位置づけ
森島泰雄
6.Epstein-Barr(EB)ウイルス関連移植後リンパ増殖性疾患に対するdonor leukocyte transfusi
矢部普正
   7.参考になるdonor leukocyte transfusion(DLT)の有効症例
1)慢性骨髄性白血病急性期再発例に対するDLT
上村智彦・権藤久司
2)急性白血病に対するDLT
井本しおん
8.Donor leukocyte transfusion(DLT)の副作用
森 直樹
連載 随想的なリンパ節疾患論
2.リンパ節の機能と形態
三方淳男
連載 外科医と血液学
2.血小板の形
神前五郎
連載 血液病おろおろ旅
5.無菌室-オゾンとコナチャタテムシ
正岡 徹
連載 骨髄腫の検査所見とその臨床的意義
5.その他の検査所見
土屋 純
~連載 私の経験例から~
4.興味深い臨床病態を示した熱帯熱マラリアの1例  -1枚の血液標本の観察がカナダ人青年の命を救う
寺田秀夫
連載 エイズの最近の話題 9
治療ガイドラインの改訂版より
山田兼雄
Topics 身近な話題・世界の話題(2)
亜砒酸による急性前骨髄球性白血病の治療
大野竜三



血液フロンティア 1999年6月号(Vol.9 No.6)



特集 NK/T白血病リンパ腫

1.NK/T細胞腫瘍の問題点
押味和夫
2.NKおよびT細胞の分化
渋谷 彰
3.NKおよびT細胞のマーカーとレセプター
井田弘明・江口勝美
4.NK/T細胞腫瘍の成因
河 敬世
5.NK/T細胞白血病
鈴木律朗
6.NK/T細胞リンパ腫
鈴宮淳司・大島孝一
7.NK/T細胞性リンパ腫と血球貪食症候群
高橋直人・三浦 亮
8.NK/T細胞腫瘍の治療
大沼 圭
症例ノート
All-trans retinoic acid内服中に血小板増加を認めた急性前骨髄球性白血病
大西浩平・鳥本悦宏・平井克幸・田屋登康・佐藤一也
吉田暁正・藤谷佳織・後藤充・高後 裕
連載 随想的なリンパ節疾患論
3.日本で発見されたリンパ節炎
三方淳男
連載 血液病おろおろ旅
6.お願いだからもう1回たたかせて下さい
正岡 徹
連載 骨髄腫の検査所見とその臨床的意義 《最終回》
6.検査所見と予後因子
土屋 純
~連載 私の経験例から~
5.初診時多彩な神経症状を呈し,VB12投与により急速な改善をみた悪性貧血
寺田秀夫
連載 大阪の血液学
~学燈の軌跡(その5)~
木谷照夫
連載 外科医と血液学
3.骨髄巨核球の成熟と血小板分離
神前五郎



血液フロンティア 1999年7月号(Vol.9 No.7)



特集 血小板をめぐる最近の話題

1.血小板研究の最近の話題  -序にかえて-
東原正明
2.血小板造血のメカニズム
寺村正尚
3.血小板/巨核球における遺伝子発現パターンの解析
藤元貴啓・藤村欣吾
4.血小板の微細構造研究の進歩-活性化血小板の形態とその制御-
鈴木英紀
5.血小板膜糖蛋白の機能とその欠損症
柏木浩和・冨山佳昭
6.血小板におけるレセプターとシグナル伝達
小田 淳
7.血小板と血管壁との相互作用
川合陽子
8.抗血小板剤の適応と開発の現状-臨床試験の成績と動向を中心に-
西川政勝・渡辺泰行・渡辺利加
症例ノート
骨髄壊死を伴って発症した急性リンパ性白血病の1例 ~白血病に合併する骨髄壊 死に関する文献的考察~
福野賢二・鶴見 寿・山田俊樹・大山正巳・森脇久隆
学会印象記 Vol.1
第61回 日本血液学会総会 〔1999年4月19~21日 東京国際フォーラム〕
今川重彦
連載 随想的なリンパ節疾患論
4.古い病気の新しい解釈
三方淳男
連載 血液病おろおろ旅
7.ホヂキン氏病一発治療
正岡 徹
~連載 私の経験例から~
6.血球貪食症候群(Hemophagocytic Syndrome)の病態にて発症した膵癌(19歳)の1例
寺田秀夫・岡田 定・古川 宏・藤田善幸・木村哲也
松井征男
連載 エイズの最近の話題10
AIDS消耗性症候群と蛋白同化ホルモン
山田兼雄
連載 大阪の血液学
~学燈の軌跡(その6)~
木谷照夫



血液フロンティア 1999年8月号(Vol.9 No.8)



特集 Cell Therapy-細胞療法の現状と展望-

1.細胞療法総論
高上洋一
   2.現在の細胞療法
1)細胞の採取と純化
渡辺 力
2)化学療法強化のための末梢血幹細胞移植
前田嘉信・木浦勝行・原田実根
3)免疫療法の実際と問題点
五十嵐美徳・加藤和則・東 正人・三上留美子・井上佳子
白川一男・若杉 尋
4)同種細胞療法(Allogeneic Cell Therapy) -Mini-transplantを中心として-
峯石 真
   3.将来の細胞療法
1)樹状細胞の性質と臨床応用
田野崎隆二
2)細胞免疫療法と遺伝子治療
平家勇司
3)造血幹細胞を用いた遺伝子療法
小澤敬也
4.細胞治療のためのGMPプロセッシング
高橋恒夫・徐岩 文・斉藤健一
5.細胞免疫療法の臨床評価法
國頭英夫
症例ノート
凝固系異常により発見された抗リン脂質抗体陽性の2期顕症梅毒症例
岡部聖一・岩瀬 理・箱田有亮・宮澤啓介・木村之彦
大屋敷一馬・竹村卓也・古賀道之
Topics 身近な話題・世界の話題(3)
神経幹細胞から血液細胞が!
仲野 徹
連載 外科医と血液学
4.血小板凝集・分泌反応
神前五郎
連載 随想的なリンパ節疾患論
5.MALTリンパ腫~Luganoの学会報告をかねて~
三方淳男
連載 血液病おろおろ旅
8.白血球5000ケ分類 泥臭いが懐かしい
正岡 徹
~連載 私の経験例から~
7.骨髄腫の末期に長年月NSAIDs内服のためと思われる急性胃粘膜病変による十二指腸穿孔を併発した1例
寺田秀夫
学会印象記 Vol.2
第47回 日本輸血学会総会 〔1999年5月12~14日 仙台国際センター〕
高梨美乃子



血液フロンティア 1999年9月号(Vol.9 No.9)



特集 ウイルスを原因とする血液腫瘍

倉田 毅
   1.HTLV-I
1)Human T-lymphotropic virus type-I(HTLV-I)とadult T cell leukemia / lymphoma(ATL)
武本重毅・山口一成
2)Human T cell leukemia virus type-I(HTLV-I)によるリンパ系腫瘍の動物モデル
神奈木真理・大橋 貴
   2.Epstein-Barr virus(EBV)
2.Epstein-Barr virus(EBV) 1)がん化の分子機序(特にBurkitt\\'s lymphoma)
高田賢蔵
2)EBVの関与する血液系腫瘍
前川 出・塩田真美・森 茂郎
3)EBVによる悪性リンパ腫の動物モデル
林 一彦・赤木忠厚
特集 ウイルスを原因とする血液腫瘍
3.Human herpesvirus 6(HHV6)と血液腫瘍
岩崎琢也・佐藤由子
4.Human herpesvirus 8(HHV8)によるPrimary effusion lymphoma
佐多徹太郎・片野晴隆
症例ノート
経過観察中に真性多血症の病像を呈した慢性好中球性白血病
太田忠信・長谷川太郎・岸田卓也・太田健介・山根孝久
日野雅之・巽 典之
連載 Topics 身近な話題・世界の話題(4)
エリスロポエチンと神経細胞
増田誠司・佐々木隆造
連載 随想的なリンパ節疾患論
6.移植とリンパ節/腫瘍と炎症の狭間
三方淳男
連載 血液病おろおろ旅
9.白血病細胞の減り具合-減少曲線と骨髄に効く薬-
正岡 徹
連載 私の経験例から
8.後天性免疫不全症候群の1例(滞日米国白人同性愛者例)
寺田秀夫



血液フロンティア 1999年10月号(Vol.9 No.10)



特集 慢性骨髄性白血病~基礎から臨床まで~

1.慢性骨髄増殖性疾患としての慢性骨髄性白血病   -Virchow,Demeshekから現在まで-
柴田 昭
2.マウスモデルから見た慢性骨髄性白血病
本田浩章
3.慢性骨髄性白血病における幹細胞の分子細胞遺伝学
三浦偉久男
4.慢性骨髄性白血病の臨床/病態(急性転化まで)
小熊信夫
   5.慢性骨髄性白血病の治療
1)化学療法とインターフェロンα
小山 覚
2)造血幹細胞移植
森島泰雄
3)告知と治療選択
浦部晶夫
4)新たな治療法展望
田内哲三・大屋敷一馬
研究ノート
血液疾患に併発した感染症の現況
黒田純也・木村晋也・赤荻照章・林 英夫・西川美年子
新連載 輸血の発展に大きな影響を与えた幾つかの事件(出来事)について
1.古い時代の輸血
遠山 博
連載 随想的なリンパ節疾患論
7.キャッスルマン病の怪
三方淳男
連載 血液病おろおろ旅
10.夫婦の白血病 白血病はうつるか?
正岡 徹
連載 私の経験例から
9.頭部腫瘤を初発症状とし,脳実質に著明な浸潤を来し,Gerstmann症候群を呈した慢性骨髄性白血病(CML)の急性転化の1例
寺田秀夫
連載 エイズの最近の話題11
母子感染(1)
山田兼雄



血液フロンティア 1999年11月号(Vol.9 No.11)



特集 血液疾患における遺伝子治療

   1.遺伝子治療総論
1)遺伝子治療のストラテジー
岡田尚巳・小澤敬也
   1.遺伝子治療総論
2)造血幹細胞への遺伝子導入
久米晃啓
   2.造血器腫瘍の遺伝子治療
1)白血病,リンパ腫に対する遺伝子治療の進歩
前川 平
2)造血幹細胞移植における遺伝子治療技術の応用
横田昇平・岡本朋美
3.遺伝性血液疾患の遺伝子治療
中井浩之
症例ノート
血栓性血小板減少性紫斑病の治療の問題点 -自験例3例の経験から-
河野理子・長野光之・熊川みどり・森岡英次・久野修資
田村和夫
連載
 Topics 身近な話題・世界の話題(5)
Thrombotic thrombocytopenic purpuraとvon Willebrand因子
藤村吉博
 輸血の発展に大きな影響を与えた幾つかの事件(出来事)について
2.17世紀の輸血 -特に仔羊血の人体に対する輸血事件-
遠山 博
 血液病おろおろ旅
11.シェディアック東の顆粒異常症
正岡 徹
 私の経験例から
10.慢性リンパ性白血病の経過中,悪性貧血を合併した例
寺田秀夫・岡田 定・新倉春男・笠井督雄・山科 章
 エイズの最近の話題12
母子感染(2)
山田兼雄
 随想的なリンパ節疾患論
8.かたちと中身,濾胞性リンパ腫の場合
三方淳男



血液フロンティア 1999年12月号(Vol.9 No.12)



特集 造血細胞移植とGVHD(graft-versus-host disease)・GVL(graft-versus-leukemia)

1.GVHD(graft-versus-host disease)とGVL(graft-versus-leukemia)効果
今村雅寛
2.GVHD(graft-versus-host disease)とGVL(graft-versus-leukemia)の臨床
1)同種骨髄移植におけるGVHDとGVL
平岡 諦
2)同種末梢血幹細胞移植におけるGVHDとGVL
藤井伸治・前田嘉信・原田実根
3)臍帯血移植におけるGVHDとGVL
加藤俊一
4)HLAのDNA多型とGVHD・GVL
森島泰雄
5)輸血後GVHDの発症機序と対策
高梨美乃子
3.GVHD(graft-versus-host disease)制御とGVL(graft-versus-leukemia)効果
GVHD制御の将来
田中淳司
2)GVL効果誘導の将来
橋野 聡
症例ノート
ステロイド治療が有効であった非分泌型形質細胞白血病の1例
嶋崎明美・三村拓郎・丸山晋吾・中山裕一郎
Topics 身近な話題・世界の話題(6)
Diamond-Blackfan貧血の遺伝子異常
松村 到・金倉 譲
連載
 輸血の発展に大きな影響を与えた幾つかの事件(出来事)について
3.19世紀の輸血-特に人血輸血の第一例
遠山 博
 血液病おろおろ旅
12.IgE多発性骨髄腫 日本の第一例
正岡 徹
 私の経験例から
11.原発性骨髄線維症
寺田秀夫
 随想的なリンパ節疾患論
9.かたちと中身,瀰漫性大細胞リンパ腫の場合
三方淳男


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ