トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2000年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2000年12月号(Vol.10 No.12)
特集 Bone marrow failure(骨髄不全)の分子病態
■2000年11月号(Vol.10 No.11)
特集 血液疾患とアポトーシス
■2000年10月号(Vol.10 No.10)
特集 鉄代謝とその分子基盤
■2000年9月号(Vol.10 No.9)
特集 転写因子と血液腫瘍-新しい展開-
■2000年8月号(Vol.10 No.8)
特集 難治性急性白血病に対する治療戦略
■2000年7月号(Vol.10 No.7)
特集 血栓と遺伝的素因
■2000年6月号(Vol.10 No.6)
特集 血液腫瘍の素因とそのアプローチ
■2000年5月号(Vol.10 No.5)
特集 「血球を見る」時代から「血球で考える」時代へ
■2000年4月号(Vol.10 No.4)
特集 サイトカインから疾患へのアプローチ(病態と治療)
■2000年3月号(Vol.10 No.3)
特集 播種性血管内凝固症候群(DIC)の新展開
■2000年2月号(Vol.10 No.2)
特集 骨髄異形成症候群(MDS)~最近の進歩~
■2000年1月号(Vol.10 No.1)
特集 造血幹細胞をめぐる新しい展開
■2000年 増刊号(Vol.10 )
特集 血液腫瘍に対する新しい治療戦略
1999年

血液フロンティア

第10巻 総目次
2000年(平成12年)

□連載別索引□


・数字は通巻頁数
・( )内は掲載号を表示しています。

輸血の発展に大きな影響を与えた幾つかの事件(出来事)について(遠山 博)
血液病おろおろ旅(正岡 徹)
私の経験例から(寺田秀夫)
随想的なリンパ節疾患論(三方淳男)
血液幹細胞-過去・現在・未来-(三浦恭定)
エイズの最近の話題(山田兼雄)
分化療法のあゆみ(穂積本男)
血栓と止血(松田 保)
血液病の臨床研究~その情熱と軌跡~(廣田 豊)


▽輸血の発展に大きな影響を与えた幾つかの事件(出来事)について(遠山 博)
・20世紀の輸血-血液型の発見とLandsteinerの生涯-…86(1)
・輸血法の発展-血液抗凝固剤の開発
  本邦に於ける輸血第一例…215(2)
・輸血と関連を持つ二つの大きな社会的事件
 -浜口首相狙撃件と二・二六事…365(3)
・ソビエト連邦における死体血輸血と米国における血液銀行の発展…496(4)
・輸血に与えた第二次世界大戦の影響(主として英・米)…636(5)
・第二次世界大戦の戦前・戦中・戦後における本邦の輸血…784(6)
・第二次世界大戦後の我が国の輸血の発展
 -売血保存血供給の弊害・献血による血液事業への転換-…934(7)
・我が国における輸血医学・血液事業の発展
 -ウイルスとの闘い-…1067(8)
・我が国の現在の輸血医学・血液事業の現状
 -21世紀を迎えて-…1194(9)


▽血液病おろおろ旅(正岡 徹)
・衝撃の抄読会 放射線全身照射…90(1)
・仲間外れの敗血症疑い…222(2)
・骨髄移植連戦連敗の頃…370(3)
・新しい薬が欲しい-シクロスポリンとガンシクロビル-…499(4)
・あわや大発見 ニンニクの抗カビ作用…639(5)
・国際委員会と学会 イスラエル-東京-イラン…937(7)
・薬を捨てていたA君 病名告知の始まり…1072(8)
・コロニー刺激因子は夢の薬だった…1203(9)
・自殺 痛恨の思い出…1322(10)
・二回の移植,二回の拒絶をのりこえたYさん…1450(11)
・薬剤開発,消えた薬たち…1568(12)


▽私の経験例から(寺田秀夫)
・台湾滞在中の鯉の生食が原因とみられる肝吸虫症の1例…98(1)
・脾破裂を併発した反応性組織球症(血球貪食症候群)の一例…225(2)
・32歳健康男性にみられたマイコプラスマ肺炎に併発し,高度な溶血性貧血を示した寒冷凝集素症の1例…374(3)
・胸部に巨大腫瘤を約3年間の経過中に形成したIgA骨髄腫の一例…507(4)
・急性腎不全を来し,血液透析により救命し得た 発作性夜間血色素尿症…642(5)
・本態性血小板血症から骨髄線維症を経て,皮膚浸潤,髄膜浸潤を主徴とした急性骨髄巨核芽球性白血病に移行した1剖検例(全経過約15年)…792(6)
・19年間の経過を観察できたくすぶり型骨髄腫(IgG,κ型)の1例…940(7)
・CHOP-E療法後に劇症肝炎を発症した悪性リンパ腫の一例…1075(8)
・リコンビナント第VIII因子製剤により早期に阻止因子を発生した早期胃癌合併の血友病A…1208(9)
・約5年間の少量MP療法持続後治療関連性MDS(RAEB)を発症したIgG(κ)型多発性骨髄腫の一例…1326(10)
・慢性骨髄性単球白血病の一例 MDSかMPDか?…1454(11)
・ピルビン酸キナーゼ異常症 摘脾後27年間経過観察中の1例…1572(12)


随想的なリンパ節疾患論(三方淳男)
・リンパ腫にみる腫瘍の擬態…94(1)
・千年紀のキナバル登山…231(2)
・ホジキン病の変貌-DiseaseからLymphomaへ…379(3)


▽血液幹細胞-過去・現在・未来-(三浦恭定)
・造血幹細胞発見の頃…212(2)
・in vitroコロニー法と造血因子/受容体/転写因子…358(3)
・遂に暴かれた幹細胞の正体…490(4)
・造血と幹細胞の発生…630(5)
・幹細胞病とその治療-造血幹細胞移植から再生医学へ-…776(6)
・分子から臨床へ-将来の展望-…916(7)


▽エイズの最近の話題(山田兼雄)
・HAART後の日和見感染予防薬の中止…220(2)
・血友病のC型肝炎-HIVとの重複感染…504(4)
・HIVの性感染は血中ウイルス量によって支配される…798(6)
・第13回国際AIDS会議に出席して
 -サハラ以南のAIDSの重大事情と,低価格の母子感染予防対策-…1214(9)


分化療法のあゆみ(穂積本男)
・分化療法のあけぼの…350(3)
・分化療法のいしずえ…481(4)
・前臨床の分化療法…622(5)
・分化療法の開花…68(6)
・分化療法と化学療法…924(7)
・分化療法の諸問題と21世紀への展望…1056(8)


血栓と止血(松田 保)
・止血機序の異常-血友病…(3)
・なぜ血液は固まるのか…(4)
・血管外での血液の凝固…(5)
・血液はなぜ血管の中では凝固しないのか…773(6)
・プロテインCと線溶…929(7)
・血栓傾向…1064(8)
・抗凝固薬…1200(9)
・新しい抗凝固薬,抗血小板薬,血栓溶解薬…1318(10)


▽血液病の臨床研究~その情熱と軌跡~(廣田 豊)
・臨床研究部の創立…478(4)
・血液病センターの充実と推移…620(5)
・10年間の研究成果と血液成分治療研究会の設立…764(6)
・国内外の学会事務局の運営等…922(7)
・血液内科臨床の発展内容…1060(8)
・臨床研究の将来性…1198(9)



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ