トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

2002年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2002年12月号(Vol.12 No.12)
特集 血液疾患のクリニカルパス
■2002年11月号(Vol.12 No.11)
特集 非ホジキンリンパ腫の診断と治療
■2002年10月号(Vol.12 No.10)
特集 輸血の現状と将来への展望 ~安全合理的な輸血療法の実践と細胞免疫療法の展望~
■2002年9月号(Vol.12 No.9)
特集 検査異常からみた血液疾患
■2002年8月号(Vol.12 No.8)
特集 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)と関連病態~分子機構と臨床病態~
■2002年7月号(Vol.12 No.7)
特集 血液病と抗体療法
■2002年6月号(Vol.12 No.6)
特集 血液細胞と血管新生
■2002年5月号(Vol.12 No.5)
特集 Mタンパク血症の基礎と臨床
■2002年4月号(Vol.12 No.4)
特集 慢性骨髄性白血病治療の新展開
■2002年3月号(Vol.12 No.3)
特集 白血病の初期治療反応性の臨床的意義
■2002年2月号(Vol.12 No.2)
特集 妊娠・分娩と血液疾患
■2002年1月号(Vol.12 No.1)
特集 加齢と血液
2001年 2000年 1999年

血液フロンティア 2002年総目次



血液フロンティア 2002年1月号(Vol.12 No.1)



特集 加齢と血液

総説1.加齢と遺伝子
石川 直・木村成道
総説2.加齢に対する環境の影響
青木直人・三谷祥子
各論1.胎児から小児期における造血
中畑龍俊
各論2.造血幹細胞のサイトカイン応答と細胞周期調節遺伝子発現
坂下一夫・小池健一
各論3.加齢に伴うテロメラーゼ変化と造血器疾患
大屋敷一馬・指田吾郎・大屋敷純子
   各論4.加齢に伴う造血器および造血器疾患の変化
1)小児期と思春期における造血器疾患の特徴
杉田完爾
2)高齢者における造血器および造血器疾患の特徴
森眞由美
各論5.白血病の染色体異常~加齢に伴う変化~
金子安比古
各論6.加齢と凝固線溶系
山本晃士
連載
 血液臨床医のつぶやき(5)
ビタミンD3
鶴岡延熹
 私と癌化学療法(6)
私とEpirubicin
小川一誠
 がんセンター“満期退学”のあとで (11)
6.インフォームド・コンセントをめぐって気になること(1)
桜井雅温
 私の経験例から
36.ヘリコバクター・ピロリ除菌療法が著効を示した重症特発性血小板減少性紫斑病の一例
寺田秀夫・木村公一・岡田 定・新倉春男



血液フロンティア 2002年2月号(Vol.12 No.2)



特集 妊娠・分娩と血液疾患

1.赤血球の異常
中村幸夫
2.白血球の異常
清水久美子・長田久夫・関谷宗英
3.血小板の異常
川鰭市郎・高橋雄一郎・玉舎輝彦
4.汎血球減少症と妊娠
佐々木康・中林正雄
5.先天性血液凝固因子異常
小林隆夫
6.先天性血栓傾向
臼井真由美・竹田 省
7.後天性血栓傾向
杉村 基
8.播種性血管内凝固症候群
川越靖之・鮫島浩
学会印象記
第18回 国際血栓止血学会 [2001年7月6日~12日 フランス パリ]
齋藤英彦
連載
 赤血球をめぐって(新連載)
赤血球形態にもっと興味を ~貧血診断での重要性~
三輪史朗
 血液臨床医のつぶやき(6)
細胞間のせめぎ合い
鶴岡延熹
 私と癌化学療法(7)
私とIdarubicin
小川一誠
 がんセンター“満期退学”のあとで(12)
6.インフォームド・コンセントをめぐって気になること(2)
桜井雅温
 私の経験例から
37.多臓器不全,DICで死亡し剖検の結果著しい血球貪食症候群が認められた重症型慢性活動性EBウイルス感染症の1例
寺田秀夫・山家安子・岡田 定



血液フロンティア 2002年3月号(Vol.12 No.3)



特集 白血病の初期治療反応性の臨床的意義

1.治癒を目指す白血病治療における予後因子と初期反応性の臨床的意義
大野竜三
2.治療反応性の指標としての微少残存白血病
山田実名美・石川 泉・宮村耕一
3.白血病における薬剤耐性細胞と耐性克服法
泉二登志子
4.小児急性リンパ性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
圡田昌宏
6.急性前骨髄球性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
麻生範雄
5.成人急性骨髄性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
宮崎泰司・栗山一孝
7.慢性骨髄性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
大西一功
8.移植時期による造血幹細胞移植療法の予後
坂巻 壽
9.初期治療反応性と長期予後に関与する遺伝子
直江知樹
連載
 赤血球をめぐって(2)
私はどうして赤血球に興味を持つようになったか
三輪史朗
 血液臨床医のつぶやき(7)
顕微鏡と人間の目
鶴岡延熹
 私と癌化学療法(8)
私とG-CSF
小川一誠
 がんセンター“満期退学”のあとで(13)
6.インフォームド・コンセントをめぐって気になること(3)
桜井雅温
 私の経験例から
38.初期にインターフェロンαが著効を奏した多発性骨髄腫(IgA-λ)の1例
寺田秀夫



血液フロンティア 2002年4月号(Vol.12 No.4)



特集 慢性骨髄性白血病治療の新展開

1.慢性骨髄性白血病の発症機序と急性転化
平井久丸
2.チロシンキナーゼとその阻害剤
陣内逸郎
3.慢性骨髄性白血病の造血幹細胞移植療法
坂巻 壽
4.慢性骨髄性白血病における腫瘍抗原と免疫療法としてのドナーリンパ球輸注
近藤恭夫・中尾眞二
5.慢性骨髄性白血病のインターフェロン療法
大西一功
6.細胞遺伝学的寛解と分子的寛解の解釈と臨床的意義
石川 泉・加藤千明・宮村耕一
7.STI571による慢性骨髄性白血病治療の新展開
大野竜三
8.Ph染色体陽性急性リンパ性白血病治療の新展開
田内哲三・大屋敷一馬
座談会 ~“Glivec” International Summit Conference~
グリベック®―新しい分子標的療法の可能性~最新の臨床試験成績から~
大野竜三・ThomasFischer・大西一功・飛内賢正・朝長万左男
連載
 赤血球をめぐって(3)
G6PD欠乏症は日本人に無縁の病気ではない
三輪史朗
 血液臨床医のつぶやき(8)
小さな庭の博物誌
鶴岡延熹
 私と癌化学療法(9)
私とTaxol
小川一誠
 がんセンター“満期退学”のあとで(14)
6.地域がん医療の改善を模索する(1)
桜井雅温
 私の経験例から
39.胃癌の骨髄転移に伴って発症した慢性型DICの一例
寺田秀夫



血液フロンティア 2002年5月号(Vol.12 No.5)



特集 Mタンパク血症の基礎と臨床

総論 Mタンパク血症の概念-骨髄腫とMGUS(良性Mタンパク血症)-
河野道生
1.染色体分析からみたMタンパク血症-多発性骨髄腫とMGUSの層別化-
谷脇雅史・野村憲一・中澤直三・西田一弘
2.骨髄腫細胞の増殖機構-インターロイキン6による増殖機構-
石川秀明・河野道生
3.骨髄腫細胞の増殖機構-骨髄腫細胞増殖におけるFGFR等のレセプター型チロシンキナーゼの役割-
大槻剛巳
4.骨髄微小環境から見た骨髄腫細胞の増殖動態-特にVEGFについて-
釆田志麻・畑 裕之
5.Mタンパク血症(骨髄腫及びMGUS)に対する化学療法の効果と現状
麻奥英毅
6.骨髄腫に対する自家末梢血幹細胞移植
島崎千尋・稲葉 亨
7.骨髄腫に対するthalidomide治療
村上博和・児玉知子
8.骨髄腫に対する新規の抗体療法-特に抗HM1.24抗体療法について-
尾崎修治・安倍正博・土屋政幸・小阪昌明
Topics 「身近な話題・世界の話題」(8)
ヒトES細胞の研究環境と再生医学における特質
沼田 稔
学会印象記
第43回日本臨床血液学会総会 [2001年11月13日~15日 兵庫県 神戸市]
寺村正尚
連載
 赤血球をめぐって(4)
無カタラーゼ血液症(Acatalasemia)と高原滋夫先生
三輪史朗
 血液臨床医のつぶやき(9)
薬の論理
鶴岡延熹
 私と癌化学療法(最終回)
市販されなかった印象に残る抗癌剤
小川一誠
 がんセンター“満期退学”のあとで(15)
7.地域がん医療の改善を模索する(2)
桜井雅温
 私の経験例から
40.HCV-CarrierにみられたSLEに続発した混合型クリオグロブリン血症,AIHA,橋本病など多彩な病態を呈した1例
寺田秀夫・狩野光伸・長浜正彦・岡田 定・小松康宏
松井征男



血液フロンティア 2002年6月号(Vol.12 No.6)



特集 血液細胞と血管新生

1.血管新生の分子機構
渋谷正史
2.病的血管新生
居石克夫
3.血管前駆細胞と血管新生
山下 潤
4.リンパ球と血管形成
長澤丘司
5.血管内皮前駆細胞の細胞学的特性
川本篤彦・浅原孝之
6.自己骨髄細胞の血管新生への臨床応用
室原豊明・佐々木健一郎・新谷理・明石英俊・吉本幸治
岡崎悌之・嶋田寿文・上野高史・今泉 勉
7.自己末梢血由来血管内皮前駆細胞の血管新生への臨床応用
井口博之・古森公浩・江頭健輔・稲葉頌一
8.遺伝子導入による血管新生療法
山下彰久・米満吉和・居石克夫
連載
 赤血球をめぐって(5)
遺伝性非球状性溶血性貧血の中から赤血球解糖系酵素の異常がみつかる
三輪史朗
 血液臨床医のつぶやき(最終回)
変 異
鶴岡延熹
 がんセンター“満期退学”のあとで(16)
7.地域がん医療の改善を模索する(3)
桜井雅温
 私の経験例から
41.インターフェロン-αの長期連日投与(約9年間)し,Phの完全消失を維持している1例-CMLはIFNにより治癒が可能か?-
寺田秀夫



血液フロンティア 2002年7月号(Vol.12 No.7)



特集 血液病と抗体療法

1.キメラ型抗CD20抗体rituximab臨床導入の臨床腫瘍学における意義
飛内賢正
2.低悪性度B細胞性リンパ腫におけるrituximabの抗腫瘍効果発現に及ぼすprognostic factors
五十嵐忠彦
3.B細胞リンパ腫に対するradioimmunotherapyの研究の現状
石澤賢一
4.Calicheamicin結合ヒト化抗CD33抗体gemtuzumab ozogamicin(CMA-676,Mylotar
竹下明裕・大野竜三
5.再生不良性貧血と骨髄異形成症候群に対するATG療法
高見昭良・中尾眞二
6.抗体作製の新技術
森野和彦
症例ノート
慢性骨髄性白血病を合併したKlinefelter症候群
石川康暢・杉田純一・加藤菜穂子・盛 暁生・豊島經康
太田秀一・橋野 聡・田中淳司・浅香正博・今村雅寛
造血器悪性腫瘍患者における真菌症予防効果の検討-ITCZの有用性について-
足立陽子・西尾 晃・中村充男
連載
 赤血球をめぐって(最終回)
柴田進先生と異常ヘモグロビン症
三輪史朗
 がんセンター“満期退学”のあとで(17)
8.がん患者の家族は何をすればよいのか (1)
桜井雅温
 私の経験例から
42.完全静脈栄養持続中にみられた銅欠乏によると考えられる貧血と白血球減少を示した1例
寺田秀夫・野間 聖・岡田 定



血液フロンティア 2002年8月号(Vol.12 No.8)



特集1 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)と関連病態
~分子機構と臨床病態~


序論.発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH);歴史と病態
WendellF.Rosse・訳:小峰光博
1.PNHの臨床病態と自然歴の日米比較研究
西村純一・金倉 譲
2.PNHの分子機構とクローン優位性の成立機序
村上良子・木下タロウ
3.PNHにおけるクローン拡大のメカニズム-HLAハプロタイプとWT1遺伝子発現-
七島 勉
4.PNHの発症をもたらす変異クローンの拡大機序
川口辰哉・中熊秀喜
5.PNHクローンの拡大と遺伝子変異
井上徳光
6.PNH病態の発生と補体系の関与
二宮治彦
7.骨髄不全におけるPNH血球の増加と臨床的意義
中尾眞二
8.PNHと関連病態の治療
寺村正尚
特集2 再生不良性貧血とMDSの治療戦略

総論.再生不良性貧血とMDS-最近の話題-
中尾眞二
各論1.成人再生不良性貧血の治療戦略-特に免疫抑制療法に不応の再生不良性貧血の治療-
浦部晶夫・壹岐聖子
各論2.再生不良性貧血とMDSの造血幹細胞移植-移植前処置の選択-
峯石 真
各論3.成人MDSに対する新しい治療戦略
通山 薫
各論4.小児再生不良性貧血の治療戦略
小島勢二
各論5.小児のMDSの治療戦略
中畑龍俊
連載
 がんセンター“満期退学”のあとで(18)
8.がん患者の家族は何をすればよいのか(2)
桜井雅温
 私の経験例から
43.皮膚病変で発症したMyeloid/NK cell Precursor Acute Leukemiaの1例
寺田秀夫・上田久仁子・岡田 定・衛藤 光



血液フロンティア 2002年9月号(Vol.12 No.9)



特集 検査異常からみた血液疾患

はじめに:検査でわかる血液疾患
渡辺清明
1.2系統以上の血球減少症・汎血球減少症から考えられる血液疾患
通山 薫
2.白血球数高値から考える血液疾患
松野一彦
3.末梢血に異常細胞が出現した場合の血液疾患
上平 憲
4.網赤血球の動態から考える血液疾患
川合陽子
5.APTTの延長・PTの延長から考えられる血液疾患
新井盛夫
6.FDP高値からみた血液疾患
松本剛史・和田英夫
7.高ガンマグロブリン血症から考えられる血液疾患
宮地勇人
座談会
Febrile Neutropenia座談会
正岡 徹・田村和夫・吉田 稔・長谷川廣文
連載
 臨床研究,私の思い出(新連載)
1.日本人のT細胞腫瘍とB細胞腫瘍(1)
下山正徳
 線溶をめぐって(新連載)
1.私と線溶研究のかかわり
高田明和
 がんセンター“満期退学”のあとで(19)
9.“救いようのない日本”を救うために何をどう変えるのか (1)
桜井雅温
 私の経験例から
44.急性の経過で貧血・血小板減少を伴って発症したPh陽性,M-bcr/abl 陽性の慢性骨髄性白血病の一例
寺田秀夫・宮原倫子・岡田定



血液フロンティア 2002年10月号(Vol.12 No.10)



特集 輸血の現状と将来への展望
~安全合理的な輸血療法の実践と細胞免疫療法の展望~


巻頭言 全文無料
高橋孝喜
1.輸血副作用の現状と対策-特にウイルス感染症について-
中島一格
2.術中出血に対する輸血の適応基準と血液製剤の選択
高松純樹
3.貯血式自己血輸血のさらなる普及のために何をなすべきか
佐川公矯
4.輸血による免疫修飾とその臨床的意義
尾形隆・大戸斉
5.新しい輸血,細胞免疫療法の現状と展望
青木健一・稲葉頌一・原田実根
6.保存前白血球除去の有用性と導入への課題
半田 誠
7.適正輸血の必要性と血液国内完全自給実現のための戦略
比留間潔
8.中央診療部門としての輸血部のあり方-特に安全合理的な輸血療法を実践するための輸血関連体制-
松崎道男
連載
 臨床研究,私の思い出(2)
1.日本人のT細胞腫瘍とB細胞腫瘍(2)
下山正徳
 線溶をめぐって(2)
凝固から線溶へ
高田明和
 がんセンター“満期退学”のあとで(最終回)
9.“救いようのない日本”を救うために何をどう変えるのか (2)
桜井雅温
 私の経験例から
45.初診時好塩基球の著増を示した慢性骨髄性白血病の急性転化例
寺田秀夫・木村 揚・岡田 定



血液フロンティア 2002年11月号(Vol.12 No.11)



特集 非ホジキンリンパ腫の診断と治療

1.病理分類の現状と問題点
吉野 正・赤木忠厚
2.どうしたら正しい診断が可能になるか
一迫 玲
3.低悪性度B細胞リンパ腫の病態と治療
小椋美知則
4.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の病態と治療
山口素子
5.T/NK細胞リンパ腫の病態と治療
鈴宮淳司・大島孝一
6.Rituximab治療の問題点と今後
畠 清彦
7.造血幹細胞移植の現状と問題点
今滝 修・上 昌広
8.DNA チッププロファイリングに基づく治療の可能性
川又紀彦
Topics 「身近な話題・世界の話題」(9)
TAFI(thrombin activatable fibrinolysis inhibitor) -新しい線溶インヒビター-
齋藤英彦
学会印象記
第31回 国際実験血液学会
岩部弘治・溝口秀昭
連載
 臨床研究,私の思い出(3)
1.日本人のT細胞腫瘍とB細胞腫瘍(3)
下山正徳
 線溶をめぐって(3)
線溶の活性化論争
高田明和
 私の経験例から
46.Behçet病・Sjögren症候群に合併したHodgkin病の一例
寺田秀夫・新倉春男・岡田 定



血液フロンティア 2002年12月号(Vol.12 No.12)



特集 血液疾患のクリニカルパス

序にかえて 全文無料
吉田彌太郎
第1部:特定の条件設定下でのクリニカルパス
1.好中球減少を主徴とする骨髄異形成症候群のうちの原発性不応性貧血のクリニカルパス
畠 清彦
2.インターフェロン抵抗性の慢性骨髄性白血病
芦原英司・島崎千尋
3.ATRA療法後の急性前骨髄球性白血病の再発
今村 信・上田孝典
4.CHOP療法後の濾胞性リンパ腫の再発
大野辰治
5.過粘稠度症候群を呈するリンパ形質細胞増殖性疾患の血漿交換療法
酒井久司
6.血友病患者でのクリニカルパス
高松純樹
7.造血器腫瘍化学療法下に発症したDIC
山崎浩・津田弘之
8.第2寛解期の成人急性リンパ性白血病の同種骨髄移植
笠井雅信・小寺良尚
9.同種造血幹細胞移植でのクリニカルパス
岡本真一郎
第2部:疾患一般論の中でのクリニカルパス
1.成人の特発性血小板減少性紫斑病
檀 和夫
2.成人の重症再生不良性貧血
壹岐聖子・浦部晶夫
学会印象記
第29回国際血液学会
木下朝博
連載
 臨床研究,私の思い出(4)
1.日本人のT細胞腫瘍とB細胞腫瘍(4)
下山正徳
 線溶をめぐって(4)
プラスミノーゲンの活性化
高田明和


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ