トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2000年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2000年12月号(Vol.10 No.12)
特集 Bone marrow failure(骨髄不全)の分子病態
■2000年11月号(Vol.10 No.11)
特集 血液疾患とアポトーシス
■2000年10月号(Vol.10 No.10)
特集 鉄代謝とその分子基盤
■2000年9月号(Vol.10 No.9)
特集 転写因子と血液腫瘍-新しい展開-
■2000年8月号(Vol.10 No.8)
特集 難治性急性白血病に対する治療戦略
■2000年7月号(Vol.10 No.7)
特集 血栓と遺伝的素因
■2000年6月号(Vol.10 No.6)
特集 血液腫瘍の素因とそのアプローチ
■2000年5月号(Vol.10 No.5)
特集 「血球を見る」時代から「血球で考える」時代へ
■2000年4月号(Vol.10 No.4)
特集 サイトカインから疾患へのアプローチ(病態と治療)
■2000年3月号(Vol.10 No.3)
特集 播種性血管内凝固症候群(DIC)の新展開
■2000年2月号(Vol.10 No.2)
特集 骨髄異形成症候群(MDS)~最近の進歩~
■2000年1月号(Vol.10 No.1)
特集 造血幹細胞をめぐる新しい展開
■2000年 増刊号(Vol.10 )
特集 血液腫瘍に対する新しい治療戦略
1999年

血液フロンティア 2000年7月号(Vol.10 No.7) 目次

A4変型判/毎月30日発行/定価(本体2,200円+税)

特集 血栓と遺伝的素因

序. 先天性血栓傾向とは何か?
齋藤英彦
1.先天性アンチトロンビン III 欠乏症および異常症
小澤哲夫
2.プロテインC抗凝固系因子の欠乏および異常症
中山享之・山本晃士
3.線溶系因子の異常症
一瀬白帝
4.免疫異常と血栓傾向-特に抗リン脂質抗体症候群と遺伝的素因について-
家子正裕
5.ホモシステインと血栓傾向
宮田敏行
6.血栓症と遺伝子多型
村田 満
7.血栓症モデルマウス
水口 純・嘉悦 洋・中垣智弘
症例ノート
顆粒球核クロマチンの異常なClumpingを呈したMDSの1例
長井 桂・大江真司・藤野通宏・秋山也寸志・服部淳夫
佐藤史江・大本晃裕・河野通史・石原敏道・金川実千代
学会印象記 Vol.4
第62回 日本血液学会総会 [平成12年3月16日~18日 アクロス福岡]
唐渡雅行
Topics 身近な話題・世界の話題(7)
サリドマイドは蘇る? ~多発性骨髄腫の治療~
吉田彌太郎
連載
 血液幹細胞-過去・現在・未来-(最終回)
6.分子から臨床へ-将来の展望-
三浦恭定
 血液病の臨床研究 ~その情熱と軌跡~
4.国内外の学会事務局の運営等
廣田 豊
 分化療法のあゆみ
5.分化療法と化学療法
穂積本男
 血栓と止血
5.プロテインCと線溶
松田 保
 輸血の発展に大きな影響を与えた幾つかの事件(出来事)について
10.第二次世界大戦後の我が国の輸血の発展-売血保存血供給の弊害・献血による血液事業への転換-
遠山 博
 血液病おろおろ旅
19.薬を捨てていたA君 病名告知の始まり
正岡 徹
 私の経験例から
18.19年間の経過を観察できたくすぶり型骨髄腫(IgG,κ型)の1例
寺田秀夫・岡田 定・橋本明美・永田英明・橘 敏也
新倉春男・大庭礼美
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ