トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

2002年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2002年12月号(Vol.12 No.12)
特集 血液疾患のクリニカルパス
■2002年11月号(Vol.12 No.11)
特集 非ホジキンリンパ腫の診断と治療
■2002年10月号(Vol.12 No.10)
特集 輸血の現状と将来への展望 ~安全合理的な輸血療法の実践と細胞免疫療法の展望~
■2002年9月号(Vol.12 No.9)
特集 検査異常からみた血液疾患
■2002年8月号(Vol.12 No.8)
特集 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)と関連病態~分子機構と臨床病態~
■2002年7月号(Vol.12 No.7)
特集 血液病と抗体療法
■2002年6月号(Vol.12 No.6)
特集 血液細胞と血管新生
■2002年5月号(Vol.12 No.5)
特集 Mタンパク血症の基礎と臨床
■2002年4月号(Vol.12 No.4)
特集 慢性骨髄性白血病治療の新展開
■2002年3月号(Vol.12 No.3)
特集 白血病の初期治療反応性の臨床的意義
■2002年2月号(Vol.12 No.2)
特集 妊娠・分娩と血液疾患
■2002年1月号(Vol.12 No.1)
特集 加齢と血液
2001年 2000年 1999年

血液フロンティア 2002年3月号(Vol.12 No.3) 目次

A4変型判/毎月30日発行/定価(本体2,200円+税)

特集 白血病の初期治療反応性の臨床的意義

1.治癒を目指す白血病治療における予後因子と初期反応性の臨床的意義
大野竜三
2.治療反応性の指標としての微少残存白血病
山田実名美・石川 泉・宮村耕一
3.白血病における薬剤耐性細胞と耐性克服法
泉二登志子
4.小児急性リンパ性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
圡田昌宏
6.急性前骨髄球性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
麻生範雄
5.成人急性骨髄性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
宮崎泰司・栗山一孝
7.慢性骨髄性白血病における初期治療反応性の臨床的意義
大西一功
8.移植時期による造血幹細胞移植療法の予後
坂巻 壽
9.初期治療反応性と長期予後に関与する遺伝子
直江知樹
連載
 赤血球をめぐって(2)
私はどうして赤血球に興味を持つようになったか
三輪史朗
 血液臨床医のつぶやき(7)
顕微鏡と人間の目
鶴岡延熹
 私と癌化学療法(8)
私とG-CSF
小川一誠
 がんセンター“満期退学”のあとで(13)
6.インフォームド・コンセントをめぐって気になること(3)
桜井雅温
 私の経験例から
38.初期にインターフェロンαが著効を奏した多発性骨髄腫(IgA-λ)の1例
寺田秀夫
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ