トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年

2011年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2011年12月号(Vol.21 No.12)
特集 放射線の人体影響
■2011年11月号(Vol.21 No.11)
特集 線溶系の新しい展開
■2011年10月号(Vol.21 No.10)
特集 B細胞性悪性リンパ腫治療のパラダイムシフト
■2011年9月号(Vol.21 No.9)
特集 注目されるDNAメチル化と脱メチル化剤
■2011年8月号(Vol.21 No.8)
特集 血液凝固・線溶・血小板と動脈硬化
■2011年7月号(Vol.21 No.7)
特集 血小板減少の病態と対策
■2011年6月号(Vol.21 No.6)
特集 見直されつつある生体鉄
■2011年5月号(Vol.21 No.5)
特集 原発性骨髄線維症の病態と最新治療
■2011年4月号(Vol.21 No.4)
特集 新しい抗凝固薬の臨床導入
■2011年3月号(Vol.21 No.3)
特集 造血幹細胞移植の新たな展開
■2011年2月号(Vol.21 No.2)
特集1 血液病の臨床検査と画像検査
特集2 骨髄異形成症候群(MDS)の新しい潮流
■2011年1月号(Vol.21 No.1)
特集 多様化した骨髄腫治療と病態ごとの至適選択
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

血液フロンティア 2011年12月号(Vol.21 No.12) 目次

A4変型判/毎月30日発行/定価(本体2,200円+税)

連載
カラーグラフィック・私のこの一枚(90)
急性骨髄性白血病の同種移植後,髄内・髄外再発に対し,
別のHLA半合致ドナーから再移植を施行し寛解を得ている1症例
~PET/CTによるfollow upの有用性~
池亀和博・小川啓恭
特集 放射線の人体影響
  ~原爆・チェルノブイリの知見とフクシマ~
序 ~ヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリの健康障害からフクシマを考える~
朝長万左男
1.チェルノブイリ原発事故と人体影響:フクシマへの教訓
土肥博雄
2.急性放射線症候群(Acute Radiation Syndrome:ARS)
~東海村JCO事故被ばくと造血幹細胞移植~
千葉 滋
3.原発事故作業者の被ばくに対する
  自己末梢血幹細胞移植の準備の必要性:ディベート
1)Pro ~同意の下での自己末梢血幹細胞保存を勧める~
谷本光音
2)Con ~自己末梢血幹細胞移植の必要度は低い~
朝長万左男
4.原爆被爆者における白血病の疫学
宮﨑泰司
5.原爆被爆者における骨髄異形成症候群・多発性骨髄種・MGUSの疫学
岩永正子
6.放射線発がん(骨髄異形成症候群・白血病)の分子病態
原田結花・原田浩徳
[本特集の企画は日本赤十字社 長崎原爆病院 院長 朝長万左男氏にご協力いただきました。]
座談会
ボルテゾミブによる未治療多発性骨髄腫の治療戦略
木崎昌弘・Meletios A. Dimopoulos・安倍正博・石田禎夫・古川雄祐
症例ノート
Imatinibの血中濃度上昇時に間質性肺炎を発症した
Ph陽性急性リンパ性白血病の1例
森岡健彦・杉元理子・高岡賢輔・伊藤 歩・木田理子
半下石明・臼杵憲祐
連載
・臨床研究,私の思い出(112)
日本人のT細胞腫瘍とB細胞腫瘍
下山正徳
・血液今昔物語 血液病‐原典・現点
第14回 再生不良性貧血と免疫抑制療法
~最初の症例記載(Ehrlich)から免疫抑制療法の有効性の確立(Speck)まで~
吉田彌太郎
1月号予告 全文無料
投稿規定



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ