トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

1999年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■1999年12月号(Vol.9 No.12)
特集 周産期のカルシウム代謝
■1999年11月号(Vol.9 No.11)
特集 ビスホスホネートの癌への新展開
■1999年10月号(Vol.9 No.10)
特集 消化器疾患とカルシウム
■1999年9月号(Vol.9 No.9)
特集 骨粗鬆症による骨折とその治療
■1999年8月号(Vol.9 No.8)
特集 骨粗鬆症の診断基準と治療適応
■1999年7月号(Vol.9 No.7)
特集 ビタミンKと骨
■1999年6月号(Vol.9 No.6)
特集 ビタミンDと透析骨症
■1999年5月号(Vol.9 No.5)
特集 アポトーシスとカルシウム
■1999年4月号(Vol.9 No.4)
特集 骨カルシウム研究の最近の進歩
■1999年3月号(Vol.9 No.3)
特集 顎骨における骨粗鬆症
■1999年2月号(Vol.9 No.2)
特集 血管の石灰化
■1999年1月号(Vol.9 No.1)
特集 日本人の疾病構造の特性とカルシウム拮抗薬


CLINICAL CALCIUM 1999年総目次



CLINICAL CALCIUM 1999年1月号(Vol.9 No.1)



特集1 日本人の疾病構造の特性とカルシウム拮抗薬

Preface
アジアレポートにみる東洋人の疾病特性とCa拮抗薬―Syst-China, NICS-EH研究―
桑島 巌
鼎談
メガトライアルにみるカルシウム拮抗薬の新しい展開
桑島 巌・猿田享男・築山久一郎
Review
日本人の循環器疾患の特性を考える循環器疾患疾病構造:国際比較
上田一雄
日本人の循環器疾患の特性を考える冠動脈疾患:日本と欧米の差異
篠山重威
日本人の循環器疾患の特性を考える日本人の脳卒中の特性:欧米との違い
藤島正敏
Seminar
 カルシウム拮抗薬と循環器疾患―その多様な作用を理解する―
メガトライアルにみる脳卒中の一次予防とカルシウム拮抗薬
山本康正
日本人の狭心症におけるカルシウム拮抗薬の特性
佐藤真司・竹下 彰
不整脈治療薬としてのカルシウム拮抗薬の特性
高柳 寛
Topics
HOT studyからは至適降圧レベルは得られず
桑島 巌
第三世代以降のカルシウム拮抗薬
上原譽志夫
Therapy
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 腎合併症とカルシウム拮抗薬
木村健二郎
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 虚血性心疾患とカルシウム拮抗薬
高沢謙二
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 心肥大・心不全とカルシウム拮抗薬
濱田希臣
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 脳血管障害の二次予防とカルシウム拮抗薬
松本昌泰・堀 正二
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか カルシウム拮抗薬とACE阻害薬の降圧薬としての相互比較―臨床的有用性から―
齊藤郁夫
特集2 活性型ビタミンD3製剤の適正使用指針

Review
 活性型ビタミンD3製剤の使い方
骨粗鬆症
川上英孝
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
田畑 勉・西沢良記
 副作用と対処法
骨粗鬆症
谷澤龍彦
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
塚本雄介
Seminar
 カルシトリオール
 骨粗鬆症
中塚喜義
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
小岩文彦・秋澤忠男
 アルファカルシドール
骨粗鬆症
萩野 浩
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
高江洲義滋・鈴木正司
原著
高齢透析期腎不全患者の二次性副甲状腺機能亢進症に対するcalcitriol(Ro 21-5535)注射剤の効果-非高齢者を対照とした試験-
越川昭三・尾形悦郎・黒川 清・丸茂文昭・酒井 紀
荒川正昭・森井浩世・清野佳紀・秋澤忠男・秋葉 隆
塚本雄介・鈴木正司
連載

 症例(84)
続発性副甲状腺機能亢進症を合併した17α-hydroxylase欠損症の1例
江副幸子・松永一美・曲直部仙子・新井武志・金山良男
姫野誠一・岩尾憲人
 二次性骨粗鬆症(1)
二次性骨粗鬆症
鈴木康夫
 老化とカルシウム(11)
高齢者における食塩摂取とカルシウムー高血圧における相互作用ー
森本茂人・荻原俊男



CLINICAL CALCIUM 1999年2月号(Vol.9 No.2)



特集 血管の石灰化

Preface
血管の石灰化
塩井 淳
Review
血管石灰化の分子機構―血管平滑筋細胞の形質変換―
塩井 淳
動脈硬化病変の進展におけるカルシウムの役割
田中 清
Potential Roles of Bone Matrix Proteins in Vascular Calcificatio
Cecilia M.Giachelli・Susie Steitz・Shuichi Jono
Seminar
カルシウム調節ホルモンと血管石灰化
城野修一
血管石灰化の機能的意義-血行動態に及ぼす影響-
都島基夫
冠動脈石灰化の臨床的意義
葭山 稔
糖尿病と血管石灰化
長谷川雅昭・原納 優
腎不全と血管石灰化
鈴木正司
Topics
骨血管相関に関与する因子―klotho遺伝子―
黒尾 誠
骨血管相関に関与する因子―osteoprotegerin/OCIF―
塩井 淳
Therapy
Electron-beam CTおよびConventional CTを用いた冠動脈石灰化の臨床的評価
福島和人・高宮 誠・栗林幸夫・田中良一・浜田星紀
西田道弘
ビタミンDと血管石灰化
森克 仁・塩井 淳・西沢良記
ビスホスホネートと血管石灰化
洲崎秀国
対談 合併症としての骨粗鬆症(2)
慢性関節リウマチに合併する骨粗鬆症
森井浩世・鈴木康夫
連載

 症例(85)
ビタミンD抵抗性骨軟化症の1例
坂本 誠・黄 俊清・片上秀喜・仙波伊知郎
 ミニシリーズ 新しい薬をもとめて(1)
光アフィニティラベル法によるカルシウム拮抗薬結合部位の同定
中山 仁・國安明彦
 二次性骨粗鬆症(2)
二次性骨粗鬆症と骨塩定量-原疾患による測定部位の選択-
豊島良太・平野祐司・萩野 浩・山本吉藏
 老化とカルシウム(12)
高齢者のライフスタイルとカルシウム摂取
鈴木隆雄



CLINICAL CALCIUM 1999年3月号(Vol.9 No.3)



特集 顎骨における骨粗鬆症

Preface
顎骨における骨粗鬆症
島原政司
Review
歯の喪失に伴う顎骨の変化
井出吉信・上松博子
日本人の下顎骨でみる時代の流れ
中井将嗣・片山一道
高齢者の口腔環境と歯牙の喪失
新庄文明・福田英輝・多田羅浩三
顎骨における骨粗鬆症
島原政司
Seminar
食物の硬度が顎骨の成長発育に及ぼす影響について
杉本勝一・島原政司・河野公一
顎骨の骨塩量について-腰椎ならびに大腿骨の骨塩量との比較から-
橋口範弘・島原政司・田中芳人・河野公一
顎運動と骨粗鬆症
島原政司
Topics
顎骨と全身骨粗鬆症の相関
小田幸作・阿部宗昭
水平智歯が語るもの
島原健夫
骨粗鬆症と人工歯根
代田達夫・道 健一
Therapy
咀嚼機能の回復-義歯補綴治療の立場から-
権田悦通
咀嚼機能の回復-口腔外科の立場から-
山本美朗
原著
エチドロネート投与前後における慢性関節リウマチの活動性変化について
長岡章平・泉二恭輔・蜂谷将史・大成克弘
連載

 症例(86)
高カルシウム血症による口渇,多飲により発症した多発性内分泌腺腫症(MEN I 型)と診断した1症例
荒井 充・中元秀友・鈴木洋通
ミニシリーズ 新しい薬をもとめて(2)
カルシウム結合蛋白と神経機能
飯野 哲
 二次性骨粗鬆症(3)
ステロイド骨粗鬆症の発症メカニズム
後藤公宣・松永 静・高柳涼一・名和田新
 老化とカルシウム(13)
カルシウムとフリーラジカル
荒木 厚・井藤英喜



CLINICAL CALCIUM 1999年4月号(Vol.9 No.4)



特集 骨カルシウム研究の最近の進歩

Preface
骨カルシウム研究の最近の進歩
加藤茂明
Review
破骨細胞形成制御因子 新規のTNF様因子(破骨細胞分化因子)の役割
高橋直之
軟骨細胞分化制御因子
宿南知佐・開 祐司
癌骨転移の分子細胞生物学
米田俊之
骨組織でのアポトーシス
北島 勲
Seminar
発生からみた骨形成
川島博行
骨組織形態計測の最前線
中村利孝
骨の細胞の特異性を規定する転写因子群
野田政樹・二藤 彰・山下照仁・川口奈奈子・辻 邦和
Topics
ビタミンDとTGF-βとのシグナルクロストークの分子メカニズム
柳澤 純・柳 靖雄・舛広善和・加藤茂明
ビタミンDアンタゴニスト
石塚誠一
ビタミンD代謝酵素とその異常-先天性ビタミンD抵抗性くる病-
田中弘之
老化関連遺伝子と骨代謝
川口 浩
Therapy
骨粗鬆症とエストロゲン剤最近の動向
森井浩世
成長ホルモンによる軟骨細胞増殖・分化制御
山中良孝・小池美緒・金澤秀美・田中弘之・清野佳紀
癌骨転移におけるビスホスホネートの有効性
安倍正博・松本俊夫
連載

 症例(87)
先端肥大症長期罹患後,腎不全・副甲状腺機能亢進症を来した1例
盛田幸司・石堂晴美・貴田岡正史・高野順子
 骨粗鬆症の治療薬(1)
骨粗鬆症の治療薬に関するガイドラインと今後の課題
山本逸雄
 二次性骨粗鬆症(4)
ステロイド骨粗鬆症の予防と治療-アメリカリウマチ学会の予防治療に関する提言を含めて-
田中郁子・大島久二



CLINICAL CALCIUM 1999年5月号(Vol.9 No.5)



特集 アポトーシスとカルシウム

Preface
アポトーシスとカルシウム
稲葉雅章
Review
アポトーシスとは
稲葉雅章
アポトーシスとカルシウム代謝異常による疾患とのかかわり
柱本 照・近藤元治
アポトーシスにおける細胞内カルシウムの役割
宮内章光
Seminar
アポトーシスと骨芽細胞
藤山 薫
アポトーシスと破骨細胞
赤津拓彦
アポトーシスと軟骨組織
油谷安孝
アポトーシスと腸管におけるカルシウム吸収
中川公恵・岡野登志夫
アポトーシスと腎尿細管細胞
石村栄治
アポトーシスと動脈硬化症
小山英則
Topics
副甲状腺機能亢進症治療時の副甲状腺縮小にアポトーシスは重要か
和田倫斉・永野伸郎
Therapy
ビタミンDによる腫瘍制御過程でのアポトーシス
鈴木 悟・橋爪潔志
慢性関節リウマチ治療におけるアポトーシス
蓮沼智子・西岡久寿樹
骨粗鬆症治療薬のアポトーシスに及ぼす影響
森 諭史
原著
高Ca血症を伴った腎盂癌症例に対し計15回アレンドロネート(オンクラスト®)を使用した1例
井上 均
連載

 症例(88)
多発性造骨性骨転移を伴った原発巣不明の異所性ACTH症候群の1例
尾形毅樹・山本頼綱・村上健彦・山本通子
 骨粗鬆症の治療薬(2)
カルシウム
広田孝子・広田憲二
 二次性骨粗鬆症(5)
小児におけるステロイド療法と骨病変-成長障害を含めて-
幡谷浩史・本田雅敬・長 秀男



CLINICAL CALCIUM 1999年6月号(Vol.9 No.6)



特集 ビタミンDと透析骨症

Preface
透析骨症の理解と治療はどこまで進んだか
秋澤忠男
Review
腎不全とビタミンD代謝異常
伊藤 滋・清野佳紀
透析骨症の成因
田畑 勉・西沢良記
透析骨症の分類と病態
三浦義昭
腎性骨異栄養症の変遷
鈴木正司
Seminar
二次性副甲状腺機能亢進症と遺伝子多型
安藤亮一・秋葉 隆
二次性副甲状腺機能亢進症とカルシウム受容体
小岩文彦・里見明代・秋澤忠男
透析患者に至適PTHは存在するか
栗原 怜
腎性骨症の診断と治療における骨生検の意義
塚本雄介
副甲状腺過形成に対するPEITの適応と術後管理
貴田岡正史
Topics
二次性副甲状腺機能亢進症とリン代謝
渡邊有三
上皮小体(副甲状腺)細胞のモノクローナルな増殖機序
冨永芳博
二次性副甲状腺機能亢進症の遺伝子治療
岩崎香子・深川雅史
Therapy
新しいビタミンD誘導体の治療への応用
加藤尚彦・重松 隆
カルシウム受容体作動薬(calcimimetics)の臨床応用と展望に関する一考察
永野伸郎
リン吸着剤開発の現況
横田直子・衣笠えり子
連載

 症例(89)
血中PTH及び骨代謝回転の異常高値を示した二次性副甲状腺機能亢進症の1例:Ca感知受容体の関与
矢野彰三・杉本利嗣・神澤道子・千原和夫・北澤理子
北澤荘平・前田 盛・小林 彰
 骨粗鬆症の治療薬(3)
活性型ビタミンD3
田中 清
二次性骨粗鬆症(6)
慢性関節リウマチと骨粗鬆症
井手美香子



CLINICAL CALCIUM 1999年7月号(Vol.9 No.7)



特集 ビタミンKと骨

Preface
ビタミンKと骨
折茂 肇
Review
ビタミンKの歴史
朝倉英策・御館靖雄・松田 保
ビタミンK依存性タンパクの生化学
細井孝之
骨粗鬆症治療におけるビタミンKの作用機序
腰原康子
骨粗鬆症治療薬への道のりと今後の課題
飯沼典雄
Seminar
ビタミンKの代謝と体内動態
駒井三千夫・古川勇次
ビタミンKとカルシウム代謝
塚本雄介
食生活とビタミンK
山口正義
骨折とビタミンK,ビタミンK依存性タンパク
岸本英彰
動脈硬化,血栓症とビタミンK
瀬山義幸
Topics
ビタミンK依存性タンパク質Gas6とその受容体Tyro3の破骨細胞における細胞内情報伝達
羽毛田慈之
核内受容体とビタミンK
井上 聡
Therapy
骨構造とビタミンK2
鹿島 勇・中村貢治
骨粗鬆症治療におけるビタミンKの位置付け
中塚喜義・三木隆己
婦人科領域でのビタミンKの応用
古謝将一郎・永田行博
ビタミンKによる治療効果の予測と判定
白木正孝
ビタミンK製剤の相互作用
杉山 正・片桐義博
連載

 症例(90)
原発性副甲状腺機能亢進症に慢性腎不全と大腿骨頸部骨折を合併した一症例
藤森 明・内藤秀宗
 骨粗鬆症の治療薬(4)
ビタミンK2
細井孝之
 二次性骨粗鬆症(7)
糖尿病性骨減少症-その病態と病因-
滝澤 誠・鈴木 清・板垣英二・石田 均



CLINICAL CALCIUM 1999年8月号(Vol.9 No.8)



特集 骨粗鬆症の診断基準と治療適応

Preface
特集に寄せて
井上哲郎
Review
原発性骨粗鬆症の診断基準を振り返って
中村哲郎
骨粗鬆症治療(薬物治療)に関するガイドラインを振り返って
山本逸雄
骨粗鬆症治療薬の展望
森井浩世
Seminar
診断および鑑別診断のポイント-臨床症状および所見から-
山崎 薫
診断および鑑別診断のポイント-X線所見から-
肥後知子・佛淵孝夫
診断および鑑別診断のポイント-骨密度測定法から-
伊東昌子
Topics
超高齢骨粗鬆症症例に治療薬剤は必要か? その薬剤選択は?
萩野 浩
Therapy
Evidenceに基づいた骨粗鬆症の治療方針と治療効果判定法-内科的立場から-
岡本純明・桐山 健
Evidenceに基づいた骨粗鬆症の治療方針と治療効果判定法-整形外科的立場から-
阪本桂造
Evidenceに基づいた骨粗鬆症の治療方針と治療効果判定法-婦人科的立場から-
太田博明・牧田和也
原著
閉経後片麻痺患者の骨粗鬆症-ADLとの関係とエチドロネートの効果-
猪飼哲夫・植松海雲・殷 祥洙・長谷川千恵子・佐々木信幸
宮野佐年
連載

 症例(91)
ビスホスホネートと副甲状腺摘出術(PTX)が巨大軟部組織の異所性石灰化の消失に有効であった維持透析の1例
重松 隆・沼田美和子・長谷川俊男・宮川政明・中山昌明
川口良人・細谷龍男
 骨粗鬆症の治療薬(5)
カルシトニン
杉本利嗣
 二次性骨粗鬆症(8)
甲状腺疾患と骨粗鬆症
荒田尚子・百渓尚子



CLINICAL CALCIUM 1999年9月号(Vol.9 No.9)



特集1 骨粗鬆症による骨折とその治療

Preface
骨粗鬆症による骨折とその治療
佐藤光三
Review
骨粗鬆症の症状
串田一博・山崎 薫・西村行秀
脊椎圧迫骨折の臨床像
村井 肇・佐藤光三
大腿骨頸部・転子部骨折患者の機能的ならびに生命予後
井村健二
脊椎椎体圧迫骨折のX線診断
岸本英彰
Seminar
脊椎圧迫骨折の保存療法と手術適応
平泉 裕
脊椎圧迫骨折後の遅発性麻痺を発現させる椎体圧潰や骨癒合不全の病態
伊東 学・金田清志
大腿骨頸部の加齢による形態的変化と頸部骨折との関連性
佐藤哲也・小池達也
Topics
脊椎骨折におけるMRIの有効性
石河紀之
骨粗鬆症における骨盤・下肢帯のinsufficiency fractureの診断
渡辺惣兵衛
活性型リン酸カルシウム骨セメント注入による骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の治療
山本博司・谷口慎一郎・武政龍一・西田一也・池内昌彦
Therapy
骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の早期診断と保存的治療
吉田 徹・南場宏通・見松健太郎・笠井 勉
骨粗鬆症性椎体圧迫骨折に対する手術療法
税田和夫・星野雄一
脊椎圧迫骨折の運動療法
小池達也
大腿骨頸部・転子部骨折の治療
早乙女紘一・大島文夫
特集2 目で見る骨粗鬆症の疫学

1. 総 論
骨粗鬆症の疫学 -現状と今後の課題-
橋本 勉
2. 骨の一生
幼少期・小児期の骨量の増加から加齢による骨量の減少
宮澤真理・清野佳紀
糖尿病・リウマチ・慢性肝疾患などに合併する骨量の減少
稲葉雅章
Fast loserの骨量減少
中塚喜義
老年人口の推移
藤原佐枝子
骨減少症・骨粗鬆症の患者数
藤原佐枝子
3. 骨粗鬆症の患者数
年代別の骨減少症・骨粗鬆症の患者数
藤原佐枝子
骨粗鬆症の発症と危険因子の時間的集積
安村誠司
骨粗鬆症のリスクファクター
安村誠司
4. 脊椎圧迫骨折
脊椎(椎体)圧迫骨折数 -経年的推移-
岸本英彰
年代別脊椎(椎体)圧迫骨折の患者数
岸本英彰
脊椎圧迫骨折の国際比較
吉村典子・橋本 勉
脊椎骨折のリスクファクター
吉村典子・橋本 勉
5. 大腿骨頸部骨折
大腿骨頸部骨折の全国調査-性別・年齢階級別発生率-
坂田清美
大腿骨頸部骨折の全国調査-地域別発生比-
坂田清美
大腿骨頸部骨折発生数の経年的推移
遠藤直人・高橋栄明
大腿骨頸部骨折の国際比較
鈴木隆雄
大腿骨頸部骨折のリスクファクター
鈴木隆雄
6. 大腿骨頸部骨折と寝たきり
寝たきり患者数と原因
林 泰史
大腿骨頸部骨折による寝たきり患者数の推移
林 泰史
大腿骨頸部骨折の原因
松林孝王
大腿骨頸部骨折の予後
松林孝王
大腿骨頸部骨折による寝たきり患者の医療費
萩野 浩・山本吉藏
連載

 症例(92)
高カルシウム血症単独にて発症したサルコイドーシスの1例
元山宏華・稲葉雅章・絵本正憲・中塚喜義・庄司哲雄
川岸隆彦・石村栄治・西沢良記・森井浩世
 骨粗鬆症の治療薬(6)
エストロゲン
高倉賢二
二次性骨粗鬆症(9)
消化器・肝疾患と骨粗鬆症
塩見 進



CLINICAL CALCIUM 1999年10月号(Vol.9 No.10)



特集 消化器疾患とカルシウム

Preface
消化器疾患とカルシウム
塩見 進
Review
原発性胆汁性肝硬変と骨粗鬆症
塩見 進
肝臓とビタミンD代謝
久米田靖郎・稲葉雅章
腸管のカルシウム吸収とビタミンD代謝
岡野登志夫
Seminar
肝硬変と骨粗鬆症
高瀬幸次郎・清水敦或・常岡克伸・小山 睦・中野 赳
慢性肝炎と骨粗鬆症
神田 勤・今野英一
炎症性腸疾患と骨粗鬆症
福田方子・馬場忠雄
胃切除と骨粗鬆症
宮本正章・森元良彦・井上一知
肝細胞癌とカルシウム,ビタミンD代謝
福田善弘
Topics
肝移植と骨粗鬆症
堂野恵三・門田守人
肝Kupffer細胞とカルシウム代謝
河田則文・黒木哲夫
実験的肝性骨減少症
中野 厚
Therapy
原発性胆汁性肝硬変の骨病変の治療-骨粗鬆症の内科的治療を中心に-
廣原淳子・井上恭一
肝硬変における骨病変の治療
正木恭子・塩見 進
慢性肝炎のインターフェロン治療による骨代謝・骨量への影響
中塚喜義・西沢良記・三木隆己・吉田博昭・森井浩世
連載

 症例(93)
RTAとFanconi症候群を合併したSjögren症候群の1疑診例
平林 晃・串畑重行・頼岡徳在
 骨粗鬆症の治療薬(7)
イプリフラボン
大畑雅洋
 二次性骨粗鬆症(10)
腎疾患と骨粗鬆症
杉本利嗣



CLINICAL CALCIUM 1999年11月号(Vol.9 No.11)



特集 ビスホスホネートの癌への新展開

Preface
ビスホスホネートの癌への新展開
松本俊夫
Review
癌の骨転移における骨吸収促進機序
竹内靖博
ビスホスホネートの骨吸収抑制機序
赤津拓彦
癌の骨転移の微細形態とビスホスホネート
平賀 徹・米田俊之・小澤英浩
Seminar
ビスホスホネートの薬効・薬理と新規化合物
川島博行
ビスホスホネートの癌細胞への作用とその作用メカニズム
米田俊之・平賀 徹
癌の骨転移の診断とビスホスホネートの効果判定
小泉 満・尾形悦郎
Therapy
悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症とビスホスホネート
田村康博・福本誠二
乳癌の骨転移治療とビスホスホネート
河野範男・北沢荘平・川口勝徳
多発性骨髄腫の治療とビスホスホネート
安倍正博・井下 俊・橋本年弘
前立腺癌の骨転移治療とビスホスホネート
西嶋由貴子・赤座英之
乳癌の治療中に出現した高カルシウム血症をビスホスホネートで治療しえた1例
木本栄司・中塚喜義・庄司哲雄・谷脇広道・西沢良記
骨髄腫の高カルシウム血症をビスホスホネートで治療しえた1例
正岡 徹
連載

 症例(94)
治療が奏功した全身の高度腫瘤状石灰化症の1例
久保田孝雄・大嶋 智・永瀬晃正・清水 潤・稲津昭仁
本田雅敬
 骨粗鬆症の治療薬(8)
エチドロネート
筒泉正春
 二次性骨粗鬆症(11)
妊娠と骨粗鬆症-妊娠,産褥を含めて-
太田博明



CLINICAL CALCIUM 1999年12月号(Vol.9 No.12)



特集 周産期のカルシウム代謝

Preface
周産期のカルシウム代謝
穴井孝信
Review
妊娠・産褥期のカルシウム調節ホルモン
関 克義
妊娠・産褥期の骨量変化
本多 晃・倉林 工・田中憲一
カルシウム感知受容体異常-新生児重症副甲状腺機能亢進症と副甲状腺機能低下症-
安田敏行
Seminar
胎盤におけるカルシウム能動移送
福岡秀興・金 昌宣・前川裕子・藤田雅代
乳腺におけるカルシウム能動輸送と母乳量調節
上村浩一・安井敏之・苛原 稔・青野敏博
正常妊婦高カルシウム尿症と妊娠中毒症(高血圧とタンパク尿)低カルシウム尿症
日高敦夫
妊娠後骨粗鬆症と妊婦一過性大腿骨頸部骨粗鬆症
穴井孝信
新生児・乳児の腰椎骨塩定量
塚原宏一
Topics
ビタミンDレセプター遺伝子欠損マウスにおける性腺機能障害
絹田恵子・田中弘之・清野佳紀
妊娠と副甲状腺ホルモン関連タンパク
盛本太郎・矢内原巧
新生児一過性偽性副甲状腺機能低下症(血中PTH高値な新生児一過性低カルシウム高リン血症)
皆川真規・安田敏行・新美仁男
Therapy
経口カルシウム剤投与による妊娠中毒症発症予防
友田昭二
副甲状腺機能低下症における授乳期での寛解現象
穴井孝信
妊婦マグネシウム剤投与と新生児上腕骨異常
松田義雄
原著
多発性骨髄腫の骨痛に対しアレンドロネート(オンクラスト®)が有効であった1例
緒方 篤・岩崎 剛・橋本尚明・濱野照明・垣下榮三
連載

 症例(95)
ビタミンD3の欠乏により線維性骨炎がマスクされたと考えられる高度の二次性副甲状腺機能亢進症の1例
栗原 怜・大和田和博・小野田教高・桜井祐成・大薗英一
米島秀夫・秋葉 隆・谷澤龍彦
 骨粗鬆症の治療薬(9)
アレンドロネート
水野初彦
 二次性骨粗鬆症(12)
腎移植と骨病変-免疫抑制剤も含めて-
寺岡 慧


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ