トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2000年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2000年12月号(Vol.10 No.12)
特集 骨粗鬆症の各年代における介入
■2000年11月号(Vol.10 No.11)
特集 心不全とカルシウム制御薬
■2000年10月号(Vol.10 No.10)
特集 二次性骨粗鬆症-最近の話題-
■2000年9月号(Vol.10 No.9)
特集 骨粗鬆症治療におけるビタミンDの役割
■2000年8月号(Vol.10 No.8)
特集 高血圧とカルシウム
■2000年7月号(Vol.10 No.7)
特集 脊椎と骨粗鬆症
■2000年6月号(Vol.10 No.6)
特集 応力と骨粗鬆症
■2000年5月号(Vol.10 No.5)
特集 スポーツとカルシウム
■2000年4月号(Vol.10 No.4)
特集 骨粗鬆症の介護
■2000年3月号(Vol.10 No.3)
特集 カルシウムの基礎から臨床まで
■2000年2月号(Vol.10 No.2)
特集 カルシウムと動脈硬化
■2000年1月号(Vol.10 No.1)
特集 椎体骨折と力学
1999年

CLINICAL CALCIUM

第10巻 総目次
2000年(平成12年)

□連載別目次□


・数字は頁数
・( )内は掲載号を表示しています。

症例
骨粗鬆症治療薬
骨代謝マーカー
骨代謝研究の歴史
骨量の測定法


▽症例
96.原発性副甲状腺機能亢進症を合併した慢性腎不全の2例…108(1)
97.抗ブタ膵アミラーゼ抗体の関与により血清カルシウム測定値が異常高値を呈した1例…176(3)
98.TNF-α高値および著明な高カルシウム血症を呈した十二指腸悪性リンパ腫の1例…86(4)
99.母親が3臓器,娘が2臓器のみの発症であったMEN II Aの1家系…82(5)
100.高カルシウム血症性クリーゼで発症しPEITを試みた原発性副甲状腺機能亢進症の1例…82(6)
101.偽性偽性副甲状腺機能低下症に合併した高度のインスリン抵抗性を伴う糖尿病症例…90(7)
102.カルシウム負荷によるASVS(arterial stimulation venous sampling)が局在診断に有用であったインスリノーマの1例…90(8)
103.Ellsworth-Howard試験にて偽性副甲状腺機能低下症 II 型の反応パターンを示した毛髪・鼻・指節症候群3型(Trico-rhino-phalangeal syndrome type III)の1症例…100(9)
104.持続する腰痛を契機に発見された骨Paget病の1例…130(10)
105.腫瘍性低リン血症性骨軟化症の1例…128(11)
106.多発性骨折を主症状としたCushing症候群の1例…120(12)


▽骨粗鬆症治療薬
10.副甲状腺ホルモン…113(1)
11.選択的エストロゲン受容体修飾剤…83(2)
12.骨粗鬆症治療薬の現状と将来の展望…180(3)


▽骨代謝マーカー
1.骨代謝マーカーの過去,現在,未来…119(1)
2.地域住民における骨代謝マーカーの測定と基準値の設定…91(2)
3.診療室における骨代謝マーカーの管理…185(3)
4.骨吸収マーカーと骨形成マーカーをどのように選択し使い分けるか?…91(4)
5. I 型コラーゲンのピリジニウム架橋の免疫測定法の特徴とその選択…85(5)
6.血清中オステオカルシンの骨代謝マーカーとしての位置付け…86(6)
7.骨粗鬆症の予後評価における骨代謝マーカー測定の意義…97(7)
8.骨粗鬆症に対する介入効果評価における骨代謝マーカーの測定…94(8)
9.代謝性骨疾患における骨代謝マーカーの測定-特に腎性骨症評価における有用性について-…106(9)
10.骨代謝マーカーと細胞・組織レベルでの骨代謝…136(10)
11.骨代謝マーカーと遺伝…132(11)
12.骨代謝マーカー測定の費用対効果についての考察…129(12)


▽骨代謝研究の歴史
1.カルシウム研究の歴史…90(6)
2.ビタミンD研究の歴史…102(7)
3.副甲状腺ホルモン研究の歴史…101(8)
4.カルシトニン研究の歴史…110(9)
5.骨粗鬆症の研究史…142(10)
6.骨軟化症研究の歴史…137(11)
7.原発性副甲状腺機能亢進症研究史…135(12)


▽骨量の測定法
1.骨粗鬆症の診断と骨量の測定法…147(10)
2.骨量測定の目的と測定方法…140(11)
3.成長・発達期の骨量測定…138(12)



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ