トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

2002年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2002年12月号(Vol.12 No.12)
特集 PTHの新たな展開-腎不全における意義-
■2002年11月号(Vol.12 No.11)
特集 骨塩定量法の現状と将来展望
■2002年10月号(Vol.12 No.10)
特集 透析とリンのコントロール
■2002年9月号(Vol.12 No.9)
特集 女性ホルモンと骨粗鬆症
■2002年8月号(Vol.12 No.8)
特集 血管の石灰化とカルシウム代謝
■2002年7月号(Vol.12 No.7)
特集 骨粗鬆症における併用療法
■2002年6月号(Vol.12 No.6)
特集 腎不全とビタミンD
■2002年5月号(Vol.12 No.5)
特集 接着分子とカルシウム
■2002年4月号(Vol.12 No.4)
特集 骨粗鬆症における運動療法-科学的アプローチ-
■2002年3月号(Vol.12 No.3)
特集 骨と血管の異常-遺伝子からのアプローチ-
■2002年2月号(Vol.12 No.2)
特集 再生医療-骨と軟骨-
■2002年1月号(Vol.12 No.1)
特集 変形性関節症
2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM

第12巻 総目次
2002年(平成14年)

□連載別目次□


・数字は頁数
・( )内は掲載号を表示しています。

症例
栄養素としてのカルシウム
癌とカルシウム


▽症例
119. 毛髪・鼻・指節症候群3型(Tricho-rhino-phalangeal syndrome type 3:TRPS type 3)と 偽性副甲状腺機能低下症 II 型の関連について…124(1)
120. 頭蓋骨に多発性硬化巣を呈した原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)の1例…84(2)
121. 高Ca血症と高度の腎機能障害を呈した腎サルコイドーシスの1例…84(3)
122. 急速に大動脈弁狭窄症が進行した二次性副甲状腺機能亢進症の一例…118(4)
123. 低リン血症に血小板減少症を来した透析症例についての検討…80(5)
124. マキサカルシトールの直接的な骨のPTH抵抗性増強効果が示唆された副甲状腺摘除術適応の二次性副甲状腺機能亢進症の1例…130(6)
125. 維持透析中に高カルシウム血症を呈し,リンパ節腫脹を契機に診断されたサルコイドーシスの1症例…126(8)
126. 頚部に残存した副甲状腺腫に対しPEITが著効した一症例…84(9)
127. 胸椎圧迫骨折と低骨量を呈し,若年者骨検診の有用性が示された一例…80(10)
128. 胃潰瘍,急性膵炎にて発症した多発性内分泌腫瘍症(MEN type I )の1例…80(11)
129. 最近経験した骨Paget病の3例…106(12)


▽栄養素としてのカルシウム
6. カルシウムの生体利用効率に影響する要因…128(1)
7. カルシウム補助食品…89(2)
8. 高カルシウム血症とカルシウム栄養…89(3)
9. 低カルシウム血症とカルシウム栄養…80(4)
10. 骨粗鬆症におけるカルシウム摂取-特にビタミンD製剤併用の場合-…134(6)
11. ミネラルバランスとカルシウム栄養…124(7)
12. カルシウム摂取と体重-特に体脂肪量に関する検討…132(8)
13. Evidence-based Nutritionに立ったカルシウム栄養:カルシウム摂取量と骨密度・骨折に関する疫学研究の系統的レビューより…88(9)


▽癌とカルシウム
4. 悪性腫瘍に伴う骨病変の画像診断…136(1)
5. 悪性腫瘍に伴う高Ca血症の治療…95(2)
6. 悪性腫瘍におけるPTHrP過剰産生の機序…93(3)
7. ATLに伴う高カルシウム血症の発症機序と病態…84(4)
8. 多発性骨髄腫に伴う骨病変の発症機序と病態…85(5)
9. 癌の骨転移の微細構造…137(6)
10. 乳癌の骨転移成立の機序と病態…130(7)
11. 前立腺癌の骨転移の成立機序と病態…136(8)
12. カルシウム感知受容体と細胞増殖…92(9)
13. 大腸癌とビタミンD…84(10)



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ