トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

2013年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2013年12月号(Vol.23 No.12)
特集 骨・軟骨疾患と再生
■2013年11月号(Vol.23 No.11)
特集 ストレスによる骨制御
■2013年10月号(Vol.23 No.10)
特集 くる病・骨軟化症UPDATE
■2013年9月号(Vol.23 No.9)
特集 続発性骨粗鬆症 ~骨脆弱性をもたらす病態概念の拡がり~
■2013年8月号(Vol.23 No.8)
特集 高齢者とアンドロゲン
■2013年7月号(Vol.23 No.7)
特集 骨構造特性と骨強度
■2013年6月号(Vol.23 No.6)
特集 Wntシグナルと骨
■2013年5月号(Vol.23 No.5)
特集 転倒リスクと骨折 ~現状と課題~
■2013年4月号(Vol.23 No.4)
特集 循環器疾患とカルシウム・リン
■2013年3月号(Vol.23 No.3)
特 集 骨評価法の進歩
■2013年2月号(Vol.23 No.2)
特集 骨と多臓器ネットワーク
■2013年1月号(Vol.23 No.1)
特集 老化と生体運動機能
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2013年総目次



CLINICAL CALCIUM 2013年1月号(Vol.23 No.1)



特集 老化と生体運動機能
【企画: 小川純人(東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座 講師)
大内尉義(東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座 教授)】
Preface
・巻頭言~高齢期のQOL,ADL向上を目指して~ 全文無料
小川純人・大内尉義
Review
・骨の老化
池田恭治
・関節の老化
松井康素・原田 敦
・筋肉の老化
重本和宏・福永大地・森 秀一
Seminar
・サーチュイン・ファミリー:代謝・老化・寿命を結ぶ制御因子
今井眞一郎
・老化とオートファジー
ファム グェン クィー・水島 昇
・百寿者の身体機能,病歴と生命予後
新井康通・広瀬信義
Topics
・慢性炎症から見た老化制御
内藤篤彦・小室一成
・骨免疫から見た老化制御
松尾光一
・再生医療から見た老化制御~幹細胞老化と老化組織との関係性から~
藤田香里・妻木範行
Therapy
・骨粗鬆症に対するアプローチ
細井孝之
・ロコモティブシンドロームの予防・治療へのアプローチ
阿久根 徹
・サルコペニアに対するアプローチ
小川純人・大内尉義
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「老化と生体運動機能」関連)
・オートファジーについて
水島 昇
学会レポート ASBMR 2012 REPORT
・基礎研究トピックス
今井祐記
・新旧骨粗鬆症薬の争い
小池達也
・ASBMR2012印象記~学会主催企画を中心に~
岡崎 亮
連 載
注目の海外文献(9)
・骨粗鬆症治療はFRAX®による骨折予知力に影響するか?
・骨折予防のために必要なビタミンD摂取量の統合解析
・マウスにおける腸内細菌叢による骨量制御
竹内靖博
・B細胞に発現されるRANKLは,卵巣摘出誘導性の骨量低下の一因になる
・Wnt/β-カテニンシグナルの欠損は骨芽細胞前駆細胞の細胞運命を骨芽細胞から脂肪細胞へシフトさせる
・骨芽細胞系細胞と破骨前駆細胞間のWnt5a-Ror2シグナルは破骨細胞分化を促進する
中島友紀
バックナンバー 全文無料
特集予告(2月号,3月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年2月号(Vol.23 No.2)



特集 骨と多臓器ネットワーク
【企画:福本誠二(東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科 講師)】
Preface
・巻頭言~臓器連関の中の骨~ 全文無料
福本誠二
Review
・腎臓が制御する骨ミネラル代謝
金井厳太・深川雅史
・骨と中枢神経系
竹田 秀
・骨と糖・脂質代謝
金沢一平・杉本利嗣
Seminar
・骨代謝と血管石灰化
風間順一郎
・下垂体ホルモンと骨
竹内靖博
・副甲状腺ホルモンと骨
江面陽一・野田政樹
・性ホルモンと骨
今井祐記
・骨構成細胞による骨恒常性の制御
中島友紀
Therapy
・グルココルチコイドと骨
田中良哉
・呼吸器疾患と骨
平井豊博
・消化器疾患と骨
飯島英樹・辻井正彦・竹原徹郎
・関節リウマチと骨
大野久美子・大橋 暁・田中 栄
・血液疾患と骨
安倍正博
・神経性食欲不振症と骨
鈴木(堀田)眞理
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「骨と多臓器ネットワーク」関連)
・性ホルモンによる骨代謝制御について
今井祐記
・関節リウマチの適切な治療方針について(症例)
大野久美子・田中 栄
連 載
注目の海外文献(10)
・Lrp5は骨局所で機能することにより骨量を調節する
・原発性アルドステロン症における骨代謝異常
・マウスにおいて高脂血症は酸化脂質を介してPTHの骨量増加作用に対する抵抗性をもたらす
井上大輔
バックナンバー 全文無料
特集予告(3月号,4月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年3月号(Vol.23 No.3)



特集 骨評価法の進歩
【企画:三木隆己(大阪市立大学大学院医学研究科老年内科学 教授)】
Preface
・巻頭言~骨形態・骨密度から骨動態評価における進歩~ 全文無料
三木隆己
Review
・骨密度測定装置の進歩
曽根照喜・大成和寛・田中健祐
・骨代謝評価に役立つ血液・尿検査法の進歩
三浦雅一
・CTによる臨床的骨評価の進歩
伊東昌子
Seminar
・PTH治療による骨組織変化-動物実験モデル-
佐々木宗輝・長谷川智香・本郷裕美・山本知真也・網塚憲生
・蛍光イメージングによる骨評価
菊田順一・石井 優
・DXAによる筋肉の評価
原田 敦
Topics
・SSBT(severely suppressed bone turnover)
森 諭史
・骨超音波による骨折リスク評価
山﨑 薫
・血清25OHDの臨床応用
岡野登志夫
Therapy
・骨転移における核医学 診断と治療
河邉讓治・東山滋明・塩見 進
・骨転移に対する骨代謝マーカーによる治療効果の評価
高橋俊二
・ステロイド投与時の骨治療の評価
浅野昇悟・鈴木敦詞
・関節リウマチ治療における骨・軟骨評価
田中良哉
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「骨評価法の進歩」関連)
・テリパラチドの間歇投与が骨の細胞や基質に及ぼす作用について
網塚憲生
・ステロイド誘発性骨粗鬆症の評価について
鈴木敦詞
連 載
注目の海外文献(11)
・骨細胞でのWnt/β-カテニンシグナルの抑制が,腎性骨異栄養症の進行における初期の事象である
・LRP8はWnt/β-カテニンシグナルを媒介し,骨芽細胞分化を制御する
・Noncanonical Wntシグナルにより,ニッチにおける造血幹細胞が維持される
宮内芳輝・宮本健史
・分泌型キナーゼが生物学的石灰化を制御する細胞外蛋白質群をリン酸化する
・新規のFGF23制御因子であるFAM20Cのマウスにおける不活性化は,低リン血症性くる病をひき起こす
・FAM20Cはマウスの歯牙形成に必須である
道上敏美
バックナンバー 全文無料
特集予告(4月号,5月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年4月号(Vol.23 No.4)



特集 循環器疾患とカルシウム・リン
【企画:小室一成(東京大学大学院医学系研究科循環器内科学 教授)】
Preface
・巻頭言~心臓の血管におけるカルシウムの作用は十分理解されているか?~ 全文無料
小室一成
Review
・心不全における心筋の興奮収縮連関とカルシウム
奥田真一・矢野雅文
・心臓弁膜症の発症および進行における血管新生因子の役割
楠本 大・福田恵一
・動脈硬化・血管石灰化とカルシウム・リン
倉林正彦
・高血圧と骨粗鬆症
中神啓徳・森下竜一
Seminar
・Ca2+依存性の心肥大・心筋細胞死誘導シグナル
中山博之・山口 修・藤尾 慈
・Ca2+依存性プロテアーゼの生理機能と病態
坂本陽子・赤澤 宏・小室一成
・Ca2+イメージングで解き明かすCa2+動態の時空間統御機構
堀川一樹・永井健治
Topics
・小胞体Ca2+-ATPaseの機能修飾
池田安宏
・TRICチャネルと高血圧
山崎大樹・陶 晟辰・竹島 浩
・特発性心筋症の病態発現とCa2+感受性
木村彰方
・TRPチャネルの機能と役割
西田基宏・角田将朗・北島直幸
Therapy
・心血管保護におけるカルシウム拮抗薬の多面的作用
大木元明義・檜垣實男
・カルシウム感受性増強薬の位置付け
坂田泰史
・カルシウム摂取と循環器疾患との関連
梅澤光政・磯 博康
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「循環器疾患とカルシウム・リン」関連)
・カルシウム(Ca)チャネルとその拮抗薬について
大木元明義・檜垣實男
連 載
注目の海外文献(12)
1.骨格系に分布する副交感神経は骨量増加を制御する中枢性IL-1シグナルと相互作用する
2.神経細胞におけるエストロゲンα受容体は骨量に影響する
3.FOXO1は腸管由来セロトニンの骨量抑制作用を調整する
柏 真紀・竹田 秀
1.宿主由来のadiponectinは腫瘍の生育を抑制し,骨髄腫およびその骨病変に対する新規治療標的である
2.骨病変を有する骨髄腫患者の骨髄間質細胞に発現するgrowth factor independence-1(Gfi1)は新規骨芽細胞分化抑制因子である
3.骨髄腫細胞が産生する可溶性RANKLは全身性の骨減少をもたらす
安倍正博
第34回 東北骨代謝・骨粗鬆症研究会〈抄録〉
第38回日本足の外科学会・学術集会開催概要と演題募集 全文無料
バックナンバー 全文無料
特集予告(5月号,6月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年5月号(Vol.23 No.5)



特集 転倒リスクと骨折 ~現状と課題~
【企画:萩野 浩(鳥取大学医学部 保健学科教授/附属病院リハビリテーション部部長)】
Preface
・巻頭言 ~骨折防止のための転ばぬ先の転倒対策~ 全文無料
萩野 浩
Review
・転倒と骨折の関連性
原田 敦
・加齢と転倒・骨折
神﨑恒一
・転倒リスクの評価
鈴木隆雄
Seminar
・ロコモティブシンドロームと転倒・骨折
石橋英明
・脳・神経疾患と転倒・骨折
玉岡 晃
・転倒・骨折に影響する薬剤
大谷道輝
・ビタミンDと転倒・骨折
宮腰尚久
Topics
・関節疾患を有する患者の転倒リスク
杉岡優子・小池達也
・サルコペニアの診断法~高齢者の転倒・骨折予防を目的として~
飛田哲朗・原田 敦
・高齢者における運動機能低下と転倒との関連
村木重之
Therapy
・高齢者の転倒予防のための運動療法
上岡洋晴・武藤芳照・志村広子
・認知症の転倒予防
小松泰喜
・転倒の二次予防としての転倒骨折後のリハビリテーション
大高洋平
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「転倒リスクと骨折~現状と課題~」関連)
・脳・神経疾患による転倒について
玉岡 晃
・転倒・骨折に関する薬剤について
大谷道輝
連 載
注目の海外文献(13)
1. 末梢性レプチンは骨形成を調節する
2. Liver X受容体は骨芽細胞/破骨細胞のクロストークを組織化し病的骨欠損を防止する
3. マウスにおいて選択的グルココルチコイド受容体の調整は骨塩密度を維持する
堀内 登
1.マウス炎症性関節炎では骨髄球の抑制機能を持った破骨細胞前駆細胞が増加する
2.マウス骨髄および末梢血中からの破骨細胞,マクロファージおよび樹状細胞の共通前駆細胞の同定
宮本健史
バックナンバー 全文無料
特集予告(6月号,7月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年6月号(Vol.23 No.6)



特集 Wntシグナルと骨
【企画:松本俊夫(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体情報内科学 教授)】
Preface
・巻頭言~Wntシグナル-その多様な作用と骨代謝制御における役割~ 全文無料
松本俊夫
Review
・古典的Wntシグナルの情報伝達と細胞応答
菊池 章
・非古典的Wntシグナルの情報伝達と細胞応答
西田 満・遠藤光晴・南 康博
・Wntシグナルの阻害因子
木下祐加・福本誠二
Seminar
・Wntシグナルによる骨芽細胞分化の制御
福田 亨・竹田 秀
・Wntシグナルによる破骨細胞分化の制御
小林泰浩
・メカニカルストレスとWntシグナル
酒井昭典
・副甲状腺ホルモンとWntシグナル
田村行識・梶 博史
Topics
・Wntシグナル経路の遺伝子異常による骨粗鬆症
窪田拓生・大薗恵一
・Wntシグナル経路の遺伝子異常による骨量増加
竹内靖博
・多発性骨髄腫による骨形成抑制とWntシグナル阻害因子
安倍正博
・血中スクレロスチン濃度と代謝性骨疾患
山内美香・杉本利嗣
・抗スクレロスチン抗体による骨粗鬆症治療
宗圓 聰
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「Wntシグナルと骨」関連)
・Wntシグナル阻害因子について
木下祐加
・副甲状腺ホルモン(PTH)とWntシグナルについて
田村行識
連 載
注目の海外文献(14)
1.骨細胞による骨髄球系造血の制御
2.血管性ニッチにおけるE-selectinによる造血幹細胞の制御
片山義雄
1.グルココルチコイド誘発性の代謝性副作用の発現に骨芽細胞が関与する
2.骨細胞におけるestrogen receptor-αは雄性マウスの海綿骨形成に重要である
檜井栄一
第15回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・検診分科会 開催概要と演題募集 全文無料
バックナンバー 全文無料
特集予告(7月号,8月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年7月号(Vol.23 No.7)



特集 骨構造特性と骨強度
【企画:伊東昌子(長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター 教授)】
Preface
・巻頭言~神秘的な骨微細構造に魅せられて~ 全文無料
伊東昌子
Review
・大腿骨近位部の骨構造と骨強度-加齢変化と治療による変化-
原田 敦・若尾典充・根本哲也
・橈骨遠位部の骨構造と骨強度-加齢変化と治療による変化-
内山茂晴
・椎体の骨構造と骨強度-加齢変化と治療による変化-
岸本英彰
Seminar
・非定型大腿骨骨折と骨構造の変化
山本智章・島倉剛俊・高橋榮明
・変形性関節症と骨構造の変化
千葉 恒・尾崎 誠・伊東昌子・Sharmila Majumdar
・関節リウマチと骨構造変化
大野久美子・大橋 暁・松本卓也・田中 栄
Topics
・ステロイド性骨粗鬆症における骨構造特性と骨強度
宗圓 聰
・糖尿病における骨構造特性と骨強度
岡崎 亮
・CKDにおける骨構造特性と骨強度
矢野彰三・杉本利嗣
・無荷重状態における骨構造特性と骨強度
遠藤逸朗・松本俊夫
・新規骨粗鬆症治療薬による骨構造特性と骨強度の変化
曽根照喜
Therapy
・薬物療法と海綿骨微細構造の変化
森 諭史
・薬物療法と皮質骨微細構造の変化
伊東昌子
・薬物療法と骨ジオメトリーの変化
髙田潤一・射場浩介・山下敏彦
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「骨構造特性と骨強度」関連)
・薬物療法と骨ジオメトリー変化について
髙田潤一
連 載
注目の海外文献(15)
1.既存および新規骨粗鬆症治療の骨折治癒に及ぼす影響:ESCEOコンセンサスペーパー
2.腫瘍性骨軟化症:中国における成人発症低リン血症性骨軟化症の重要な成因
3.選択的グルココルチコイド受容体モジュレーターはマウスの骨密度を維持する
水野有三
1.EphB4は骨折治癒過程の軟骨内骨化を促進しリモデリングを抑制する
2.骨芽細胞でephrinB2/EphB4を阻害すると,副甲状腺(PTH)の骨同化作用が現れない
3.ephrinB2刺激は頭蓋骨の形成を促進する
松尾光一
バックナンバー 全文無料
特集予告(8月号,9月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年8月号(Vol.23 No.8)



特集 高齢者とアンドロゲン
【企画:秋下雅弘(東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座 教授)】
Preface
・巻頭言 ~性ホルモンのパラダイムシフト;悪玉アンドロゲンから善玉アンドロゲンへ~ 全文無料
秋下雅弘
Review
・加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群とは?
久末伸一・堀江重郎
・性差医学とアンドロゲン
宮尾益理子
・虚弱(Frailty)とアンドロゲン
小川純人
Seminar
・アンドロゲンの代謝調節作用
福井道明・岡田博史・中村直登
・アンドロゲンの血管機能調節作用
喩 静・秋下雅弘
・アンドロゲンの神経機能調節作用
川戸 佳
Topics
・認知症とアンドロゲン
秋下雅弘
・心血管疾患とアンドロゲン
河野宏明
・男性性機能障害とアンドロゲン
永尾光一・田井俊宏・西郷理恵子・木村将貴・田中祝江
小林秀行・中島耕一
・選択的アンドロゲン受容体修飾剤(SARM)開発の現状
柳瀬敏彦
Therapy
・アンドロゲン補充療法の実際
天野俊康
・前立腺癌治療の功罪:アンドロゲン除去療法の問題点
辻村 晃
・運動療法によるアンドロゲン増加効果
江頭正人
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「高齢者とアンドロゲン」関連)
・男性における性ホルモンのインスリン抵抗性,動脈硬化に対する作用などについて
福井道明
・加齢男性性腺機能低下(late-onset hypogonadism:LOH)症候群について
天野俊康
連 載
注目の海外文献(16)
1.肥満高齢女性におけるFRAX®の骨折予測力
2.高齢女性の円背の進行に関連する因子:骨粗鬆症性骨折研究の15年間の経験
3.大腿骨近位部骨折と心筋梗塞:全国調査
藤原佐枝子
1.RANKLやTh17による破骨細胞機能の動的可視化
2.活性型ビタミンDは,S1Pによる破骨細胞の運動制御機構を調節することにより骨吸収を抑制する
長谷川紘也・須田直人
バックナンバー 全文無料
特集予告(9月号,10月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年9月号(Vol.23 No.9)



特集 続発性骨粗鬆症 ~骨脆弱性をもたらす病態概念の拡がり~
【企画:竹内靖博(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院内分泌センター 部長)】
Preface
・巻頭言 ~Secondary contributors to bone loss in fracture in osteoporosis という概念~ 全文無料
竹内靖博
Review
・続発性骨粗鬆症の原因と病態
山内美香・杉本利嗣
Seminar
・内分泌学から見た骨代謝
福本誠二
・免疫学から見た骨代謝
田中良哉
・血液学から見た骨代謝
安倍正博
・神経学から見た骨代謝
福田 亨・竹田 秀
Topics
・酸化ストレスと骨代謝
野津雅和・山口 徹
・電解質異常と骨代謝~慢性低ナトリウム血症に伴う骨粗鬆症~
椙村益久
・カドミウムや鉄などの重金属と骨代謝
木戸慎介
・薬剤による骨代謝障害と骨折
鈴木尚宜
・ビタミンD欠乏と骨折
渡部玲子・岡崎 亮
・呼吸器疾患と骨代謝異常
平井豊博
・糖尿病と骨代謝異常
山本昌弘
Therapy
・ステロイド性骨粗鬆症の治療戦略
早川伸樹・鈴木敦詞
・関節リウマチにおける骨粗鬆症治療戦略
大野久美子・大橋 暁・田中 栄
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「続発性骨粗鬆症 ~骨脆弱性をもたらす病態概念の拡がり~」関連)
・2型糖尿病の骨折リスクについて
山本昌弘
・ステロイド性骨粗鬆症およびその治療について
早川伸樹・鈴木敦詞
連 載
注目の海外文献(17)
1.カルシウム摂取,血管石灰化,そして血管疾患
2.牛乳とヨーグルトの摂取は,高い骨密度とは関係するが,大腿骨頸部骨折とは関係しない
3.なぜカルシウムとビタミンDの無作為化比較試験は,時には失敗するか
上西一弘
バックナンバー 全文無料
特集予告(10月号,11月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年10月号(Vol.23 No.10)



特集 くる病・骨軟化症UPDATE
【企画:福本誠二(東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科 講師)】
Preface
・巻頭言~New concept on old disease~ 全文無料
福本誠二
Review
・くる病の病因と病態
長谷川行洋・宮井健太郎・武田良淳
・骨軟化症の病因と病態
鈴木尚宜・竹内靖博
・くる病・骨軟化症診断マニュアル
大幡泰久・大薗恵一
Seminar
・FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症
道上敏美
・ビタミンD依存症とは?
北中幸子
・NaPi-2c/SLC34A3とその遺伝子異常による疾患
瀬川博子・塩崎雄治・蓑島さくら・宮本賢一
・骨細胞の機能とFGF23/klothoシステム
網塚憲生・長谷川智香・佐々木宗輝・山本知真也・山本恒之
Topics
・骨石灰化機序とその調節機構
松尾光一
・抗FGF23抗体の治療への応用
島田孝志
・KlothoとFGF23
伊村明浩
Therapy
・ビタミンD欠乏症の病態と治療
岡崎 亮
・FGF23関連低リン血症性くる病の治療
山本威久
・くる病と歯科疾患
窪田拓生
・くる病・骨軟化症の外科的治療
河野博隆
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「くる病・骨軟化症UPDATE」関連)
・骨軟化症の原因について
鈴木尚宜
・骨軟化症の病態について
鈴木尚宜
・低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病(XLH)について
山本威久
連 載
注目の海外文献(18)
1.全てのリン摂取量について:体内に入るリンについての考察
2.肉類および乳製品の総リン含有量と分解して吸収されるリン量
3.穀物および飲料品の総リン含有量と分解して吸収されるリン量
武田英二
バックナンバー 全文無料
特集予告(11月号,12月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年11月号(Vol.23 No.11)



特集 ストレスによる骨制御
【企画:今泉和則(広島大学大学院医歯薬保健学研究院分子細胞情報学 教授)】
Preface
・巻頭言~骨の環境変化への適応と破綻~ 全文無料
今泉和則
Review
・メカニカルストレスによる骨量制御のメカニズム
小守壽文
・骨形成における小胞体ストレスシグナル
齋藤 敦・今泉和則
・ミトコンドリアによる破骨細胞機能制御
宮崎 剛
Seminar
・骨および軟骨の発生ならびに疾患における転写制御機構の変動
西村理行・波多賢二・高島利加子・吉田倫子・中村恵理子
木田淳平・八木寛子
・ストレスと骨の細胞間コミュニケーション
中島友紀
・糖・脂質代謝障害による骨疾患
金沢一平・杉本利嗣
Topics
・酸化ストレスのセンシングと生体機能制御
上原 孝
・エストロゲン/エストロゲン受容体シグナルによる骨代謝制御
今井祐記
・骨吸収のダイナミクス―ライブイメージング
菊田順一・石井 優
・骨・軟骨におけるコラーゲン異常と小胞体ストレス
古市達哉・西村 玄・池川志郎
・細胞リプログラミングによる軟骨再生
妻木範行
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「ストレスによる骨制御」関連)
・骨細胞による骨量制御機構について
小守壽文
・糖・脂質代謝障害による骨への影響について
金沢一平
連 載
注目の海外文献(19)
1.欧州中高年男性における活性型ビタミンDと骨の健康:The European Male Aging Study(EMAS)
2.高カルシウム血症および低カルシウム血症におけるG-タンパクα11サブユニットの変異
3.健常閉経後女性において血中尿酸濃度の高値は高骨密度,低骨代謝回転および椎体骨折率低下と関連する
井上大輔
1.マイクロRNAの骨形成における役割
2.ビタミンD欠乏症と骨折リスク
3.WNT1変異による若年発症骨粗鬆症と骨形成不全症
田宮寛之・小川純人
バックナンバー 全文無料
特集予告(12月号,1月号) 全文無料



CLINICAL CALCIUM 2013年12月号(Vol.23 No.12)



特集 骨・軟骨疾患と再生
【企画:妻木範行(京都大学 iPS細胞研究所〔CiRA〕増殖分化機構研究部門細胞誘導制御学分野 教授)】
Preface
・巻頭言~骨・軟骨の密接な関係と多様性~ 全文無料
妻木範行
Review
・変形性関節症の病理と病態
大久保匡・岡田保典
・軟骨修復・再生の歴史と未来
目良 恒・糸数万紀・脇谷滋之
Seminar
・骨形成シグナルの解明と人工骨の開発
大庭伸介・鄭 雄一
・半月板バイオマテリアルの開発
中田 研・前 達雄・米谷泰一・松尾知彦・橘 優太
金本隆司・北 圭介・吉川秀樹
・滑膜間葉系幹細胞による軟骨再生治療:ミニブタモデルでの検討
中村智祐・関矢一郎・宗田 大・小林英司
・細胞シートによる関節軟骨の治療
佐藤正人
Topics
・骨・軟骨形成と小胞体ストレス
今泉和則
・骨・軟骨組織の生体光イメージング
今村健志・疋田温彦・大嶋佑介・飯村忠浩
・軟骨発生と破壊の分子機序
秋山治彦・松本 和
・骨系統疾患の胎児治療
室月 淳
Therapy
・骨系統疾患の病態と治療
三浦弘司・大薗恵一
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「骨・軟骨疾患と再生」関連)
・軟骨内骨化における副甲状腺ホルモン関連蛋白(PTHrP)とインディアンヘッジホッグ(Ihh)の作用について
大庭伸介
・骨系統疾患の病態について
三浦弘司
連 載
注目の海外文献(20)
1.WntシグナルのメディエーターとしてのTAZの役割
2.β-カテニン誘導性癌は,その生存と腫瘍形成にYAP1転写複合体を必要とする
3.β1-integrin/YAP/TAZシグナル軸を介するMT1-MMP依存性骨格系幹細胞の運命決定
西村理行
1.造血幹細胞ニッチ因子としてのケモカインCXCL12産生細胞の特定
片山義雄
特集予告(2014年1月号,2月号) 全文無料


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ