トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2019年 2018年

2018年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2018年12月号(Vol.28 No.12)
特集 続発性骨粗鬆症
■2018年11月号(Vol.28 No.11)
特集 悪性腫瘍と骨・カルシウム代謝
■2018年10月号(Vol.28 No.10)
特集 くる病・骨軟化症
■2018年9月号(Vol.28 No.9)
特集 老化・フレイルとサルコペニア
■2018年8月号(Vol.28 No.8)
特集 透析患者の骨・カルシウム代謝
■2018年7月号(Vol.28 No.7)
特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝
■2018年6月号(Vol.28 No.6)
特集 軟骨研究と変形性関節症
■2018年5月号(Vol.28 No.5)
特集 関節リウマチの診断・治療法の進歩:ベストプラクティスを目指して
■2018年4月号(Vol.28 No.4)
特集 牛乳・乳製品と骨
■2018年3月号(Vol.28 No.3)
特集 運動器系の制御機構と破綻
■2018年2月号(Vol.28 No.2)
特集 生体骨イメージング最前線 ~新しい創薬に向けて~
■2018年1月号(Vol.28 No.1)
特集 運動器-エネルギー代謝連関
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM

第28巻 総目次
2018年(平成30年)

□連載別目次□



数字は通巻ページ,( )内は掲載号

理解を助けるトレーニング問題
ミニ連載
注目の海外文献(69~80回)



▽理解を助けるトレーニング問題

・加齢に伴う変化について…102(1)
・エストロゲンの全身的作用について…103(1)
・画像解析に関して…250(2)
・閉経後骨粗鬆症の病態について…410(3)
・関節軟骨細胞の特徴について…411(3)
・牛乳カルシウムの特徴について…544(4)
・TNF阻害薬について…686(5)
・関節リウマチとIL-6について…687(5)
・膝関節の動態に関して…840(6)
・変形性膝関節症に対する治療に関して…841(6)
・メタボリック症候群の骨・カルシウム代謝への影響について…988(7)
・マイオスタチンに関して…989(7)
・透析患者の骨折に関して…1120(8)
・透析患者と骨粗鬆症リエゾンサービスのつながりに関して…1121(8)
・フレイル・サルコペニアと摂食嚥下障害について…1268(9)
・日本における百寿者のフレイル・サルコペニアについて…1269(9)
・FGF23に関して…1394(10)
・小児ビタミンD欠乏性くる病に関して…1395(10)
・がん性骨痛に関して…1545(11)
・乳がんの治療関連骨減少に関して…1546(11)
・消化管手術後の骨代謝障害について…1678(12)



▽ミニ連載
エクソソーム:老化関連疾患の分子機構から体液診断まで
・骨代謝と骨疾患におけるエクソソームの役割…122(1)
・腎疾患におけるエクソソームバイオマーカー…252(2)
オプトジェネティクスが切り開く記憶研究の最前線
・光応答性CaMKⅡ阻害ペプチドの開発とシナプス可塑性研究への応用…414(3)
・オプトジェネティクスによる日常の記憶の増強…546(4)
脳神経回路と精神生物学~神経機能と心の根源を探る~
・Caイメージングと精神神経機能…702(5)
・神経回路と脳機能…844(6)
「匂い」と「味」を感じる臓器
・多臓器に存在する味覚受容体…992(7)
・多臓器で発現する嗅覚受容体…1124(8)
次世代シークエンスと生命科学:大規模シークエンスデータを用いたヒトマイクロバイオーム研究
・次世代シークエンサーを用いたマイクロバイオーム解析の現状…1274(9)
・ヒトマイクロバイオームの生態と機能…1398(10)
小胞体ストレス:小胞体が制御する細胞と個体の運命
・小胞体ストレス応答を介した臓器連関による代謝制御機構…1548(11)
・小胞体関連分解による変異タンパク質の分解と疾患の発症…1684(12)



▽注目の海外文献(69~80回)

1.RONキナーゼはがんに合併する骨破壊,あるいは閉経後性骨粗鬆症の治療薬開発のターゲットである
2.ROR1-HER3-lncRNAシグナルはHippo-YAPシグナル経路を調節することによりがんの骨転移を制御する…128(1)
1.骨産生Lipocalin2によるMC4R依存的な食欲抑制
2.副甲状腺ホルモンは骨髄間葉系細胞の運命を決定する…260(2)
1.年1回ゾレドロン酸が日本人女性の骨粗鬆症における股関節の構造と強度指標に及ぼす影響
2.ビスホスホネート投与歴の有無によるデノスマブ中止後の血清CTX値の解析
3.閉経後骨粗鬆症における経口ビスホスホネート後のロモソズマブとテリパラチドの比較試験:ランダム化オープン第3相試験…420(3)
1.骨粗鬆症女性における骨折予防のためのロモソズマブとアレンドロン酸との比較
2.成人カルシウム摂取量の国際比較(システマティック・レビュー)…554(4)
1.マラリア原虫産生物は骨髄中に残存し,慢性的な骨量減少を促進する
2.成体内皮細胞の免疫担当造血幹細胞への分化転換…710(5)
1.細胞老化を標的としたマウスでの老化に伴う骨量減少に対する治療
2.骨細胞におけるTGF-βシグナルは骨小腔周囲-骨細管リモデリングによって骨質を制御する…852(6)
1.スフィンゴシン-1-リン酸分解酵素は骨形成促進治療の新たなターゲットである
2.踵骨骨密度に関連する153の遺伝子座の新規同定と,骨粗鬆症の病態に対するGPC6の機能的関与の発見…998(7)
1.HIV共受容体CCR5は破骨細胞機能を調節する
2.プロテインキナーゼN3はWnt5a-Ror2シグナルに応答して,破骨細胞による骨吸収を促進する…1132(8)
1.皮質骨化は局所のSOCS3活性を必要としIL-6を介したアンドロゲン活性により促進される
2.ラット・マウスにおけるレプチン非依存的な脂肪量調節に関する体重の恒常系…1284(9)
1.骨芽細胞でのVhl欠損は解糖系を促進させ全身糖代謝を改善する
2.miR-140とホスト遺伝子の役割の切り分け…1408(10)
1.過剰なTGF-β活性の阻害はマウスにおける異所性骨化を減弱させる
2.Activin依存的なfibro/adipogenic前駆細胞におけるシグナルは進行性骨化性線維異形成症の異所性骨化を起こす…1554(11)
1.骨芽細胞は肺がん組織にSiglecFhigh好中球を供給し,その増大を促進する…
2.Wntシグナル阻害因子DKK1は乳がんの肺転移および骨転移に対して異なる作用を示す…1690(12)



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ