トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年

2011年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2011年12月号(Vol.21 No.12)
特集 骨・カルシウムUPDATE
■2011年11月号(Vol.21 No.11)
特集 ビタミンDの新たな展開
■2011年10月号(Vol.21 No.10)
特集 カルシウム代謝と尿路結石
■2011年9月号(Vol.21 No.9)
特集 女性のライフサイクルにおける骨・Ca代謝
■2011年8月号(Vol.21 No.8)
特集 RANKLシグナルと骨病変
■2011年7月号(Vol.21 No.7)
特集 骨代謝疾患の画像診断
■2011年6月号(Vol.21 No.6)
特集 軟骨代謝研究の最前線
■2011年5月号(Vol.21 No.5)
特集 生活習慣病と骨
■2011年4月号(Vol.21 No.4)
特集 骨形態・組織による骨代謝の解析
■2011年3月号(Vol.21 No.3)
特集 がんと骨の遭遇
■2011年2月号(Vol.21 No.2)
特集 骨・関節疾患の動物モデル
■2011年1月号(Vol.21 No.1)
特集 骨カルシウム代謝疾患の新規治療薬
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2011年1月号(Vol.21 No.1) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特 集 骨カルシウム代謝疾患の新規治療薬
  【企画:松本俊夫
    (徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体情報内科学教授)】
巻頭言 ~骨カルシウム代謝領域の新規治療薬と今後の展望~ 全文無料
松本俊夫
I.副甲状腺ホルモン(PTH)/副甲状腺ホルモン関連タンパク(PTHrP)
 1.テリパラチド
 1)ヒト遺伝子組み換えPTH(1-34)連日皮下投与製剤
宗和秀明・浜谷越郎・山本尚功
 2)化学合成ヒトPTH(1-34)週1回皮下注射
石津谷俊則
 2.ヒト遺伝子組み換えPTHrP(1-36)連日皮下自己注射
竹内靖博
II.SERM
バゼドキシフェン酢酸塩
太田博明
III.抗RANKLモノクローナル抗体
デノスマブ(AMG162)
杉本利嗣
IV.経口活性型ビタミンD3誘導体
エルデカルシトール(ED-71)
遠藤逸朗・松本俊夫
V.カテプシンK阻害薬
1.オダナカティブ(MK-0822)
永瀬雄一・田中 栄
2.骨粗鬆症治療における新しい薬物治療のアプローチ ~ONO-5334~
真名子潤一郎
VI.ビスホスホネート
1.ミノドロン酸水和物(ONO-5920/YM529)の臨床効果と月1回経口製剤への期待
萩野 浩
2.イバンドロネート(イバンドロン酸ナトリウム水和物)
飛内雅人
VII.カルシウム感知受容体(CaSR)拮抗薬
JTT-305/MK-5442
福本誠二
VIII.Wntシグナル伝達薬
抗スクレロスチン抗体
岡崎 亮
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「骨カルシウム代謝疾患の新規治療薬」関連)
・新規骨粗鬆症治療薬テリパラチド(ヒト副甲状腺ホルモン〔1-34〕)について
竹内靖博
・バゼドキシフェン(BZA)に関するSERM(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)としての特性について
太田博明
学会レポート ASBMR 2010 REPORT
・骨粗鬆症治療薬にとっての壁
小池達也
・基礎研究トピックス
今井祐記
・ASBMR 2010印象記~臨床編~
岡崎 亮
連載
 Calcium Pros and Cons〈8〉:ビスホスホネート治療中の骨密度(BMD)モニタリングの必要性
・骨密度測定は必要である
宗圓 聰
・骨密度測定は不要である
西田暁史・伊東昌子
第23回 日本運動器リハビリテーション学会開催概要と演題募集 全文無料
バックナンバー 全文無料
特集予告(2月号,3月号) 全文無料



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ