トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

2013年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2013年12月号(Vol.23 No.12)
特集 骨・軟骨疾患と再生
■2013年11月号(Vol.23 No.11)
特集 ストレスによる骨制御
■2013年10月号(Vol.23 No.10)
特集 くる病・骨軟化症UPDATE
■2013年9月号(Vol.23 No.9)
特集 続発性骨粗鬆症 ~骨脆弱性をもたらす病態概念の拡がり~
■2013年8月号(Vol.23 No.8)
特集 高齢者とアンドロゲン
■2013年7月号(Vol.23 No.7)
特集 骨構造特性と骨強度
■2013年6月号(Vol.23 No.6)
特集 Wntシグナルと骨
■2013年5月号(Vol.23 No.5)
特集 転倒リスクと骨折 ~現状と課題~
■2013年4月号(Vol.23 No.4)
特集 循環器疾患とカルシウム・リン
■2013年3月号(Vol.23 No.3)
特 集 骨評価法の進歩
■2013年2月号(Vol.23 No.2)
特集 骨と多臓器ネットワーク
■2013年1月号(Vol.23 No.1)
特集 老化と生体運動機能
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2013年3月号(Vol.23 No.3) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 骨評価法の進歩
【企画:三木隆己(大阪市立大学大学院医学研究科老年内科学 教授)】
Preface
・巻頭言~骨形態・骨密度から骨動態評価における進歩~ 全文無料
三木隆己
Review
・骨密度測定装置の進歩
曽根照喜・大成和寛・田中健祐
・骨代謝評価に役立つ血液・尿検査法の進歩
三浦雅一
・CTによる臨床的骨評価の進歩
伊東昌子
Seminar
・PTH治療による骨組織変化-動物実験モデル-
佐々木宗輝・長谷川智香・本郷裕美・山本知真也・網塚憲生
・蛍光イメージングによる骨評価
菊田順一・石井 優
・DXAによる筋肉の評価
原田 敦
Topics
・SSBT(severely suppressed bone turnover)
森 諭史
・骨超音波による骨折リスク評価
山﨑 薫
・血清25OHDの臨床応用
岡野登志夫
Therapy
・骨転移における核医学 診断と治療
河邉讓治・東山滋明・塩見 進
・骨転移に対する骨代謝マーカーによる治療効果の評価
高橋俊二
・ステロイド投与時の骨治療の評価
浅野昇悟・鈴木敦詞
・関節リウマチ治療における骨・軟骨評価
田中良哉
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「骨評価法の進歩」関連)
・テリパラチドの間歇投与が骨の細胞や基質に及ぼす作用について
網塚憲生
・ステロイド誘発性骨粗鬆症の評価について
鈴木敦詞
連 載
注目の海外文献(11)
・骨細胞でのWnt/β-カテニンシグナルの抑制が,腎性骨異栄養症の進行における初期の事象である
・LRP8はWnt/β-カテニンシグナルを媒介し,骨芽細胞分化を制御する
・Noncanonical Wntシグナルにより,ニッチにおける造血幹細胞が維持される
宮内芳輝・宮本健史
・分泌型キナーゼが生物学的石灰化を制御する細胞外蛋白質群をリン酸化する
・新規のFGF23制御因子であるFAM20Cのマウスにおける不活性化は,低リン血症性くる病をひき起こす
・FAM20Cはマウスの歯牙形成に必須である
道上敏美
バックナンバー 全文無料
特集予告(4月号,5月号) 全文無料



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ