トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

2013年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2013年12月号(Vol.23 No.12)
特集 骨・軟骨疾患と再生
■2013年11月号(Vol.23 No.11)
特集 ストレスによる骨制御
■2013年10月号(Vol.23 No.10)
特集 くる病・骨軟化症UPDATE
■2013年9月号(Vol.23 No.9)
特集 続発性骨粗鬆症 ~骨脆弱性をもたらす病態概念の拡がり~
■2013年8月号(Vol.23 No.8)
特集 高齢者とアンドロゲン
■2013年7月号(Vol.23 No.7)
特集 骨構造特性と骨強度
■2013年6月号(Vol.23 No.6)
特集 Wntシグナルと骨
■2013年5月号(Vol.23 No.5)
特集 転倒リスクと骨折 ~現状と課題~
■2013年4月号(Vol.23 No.4)
特集 循環器疾患とカルシウム・リン
■2013年3月号(Vol.23 No.3)
特 集 骨評価法の進歩
■2013年2月号(Vol.23 No.2)
特集 骨と多臓器ネットワーク
■2013年1月号(Vol.23 No.1)
特集 老化と生体運動機能
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2013年5月号(Vol.23 No.5) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 転倒リスクと骨折 ~現状と課題~
【企画:萩野 浩(鳥取大学医学部 保健学科教授/附属病院リハビリテーション部部長)】
Preface
・巻頭言 ~骨折防止のための転ばぬ先の転倒対策~ 全文無料
萩野 浩
Review
・転倒と骨折の関連性
原田 敦
・加齢と転倒・骨折
神﨑恒一
・転倒リスクの評価
鈴木隆雄
Seminar
・ロコモティブシンドロームと転倒・骨折
石橋英明
・脳・神経疾患と転倒・骨折
玉岡 晃
・転倒・骨折に影響する薬剤
大谷道輝
・ビタミンDと転倒・骨折
宮腰尚久
Topics
・関節疾患を有する患者の転倒リスク
杉岡優子・小池達也
・サルコペニアの診断法~高齢者の転倒・骨折予防を目的として~
飛田哲朗・原田 敦
・高齢者における運動機能低下と転倒との関連
村木重之
Therapy
・高齢者の転倒予防のための運動療法
上岡洋晴・武藤芳照・志村広子
・認知症の転倒予防
小松泰喜
・転倒の二次予防としての転倒骨折後のリハビリテーション
大高洋平
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「転倒リスクと骨折~現状と課題~」関連)
・脳・神経疾患による転倒について
玉岡 晃
・転倒・骨折に関する薬剤について
大谷道輝
連 載
注目の海外文献(13)
1. 末梢性レプチンは骨形成を調節する
2. Liver X受容体は骨芽細胞/破骨細胞のクロストークを組織化し病的骨欠損を防止する
3. マウスにおいて選択的グルココルチコイド受容体の調整は骨塩密度を維持する
堀内 登
1.マウス炎症性関節炎では骨髄球の抑制機能を持った破骨細胞前駆細胞が増加する
2.マウス骨髄および末梢血中からの破骨細胞,マクロファージおよび樹状細胞の共通前駆細胞の同定
宮本健史
バックナンバー 全文無料
特集予告(6月号,7月号) 全文無料



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ