トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2005年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2005年12月号(Vol.15 No.12)
特集 副甲状腺機能異常症と骨カルシウム
■2005年11月号(Vol.15 No.11)
特集 マグネシウム研究~最近の進歩~
■2005年10月号(Vol.15 No.10)
特集 Ca拮抗薬と心血管疾患
■2005年9月号(Vol.15 No.9)
特集 骨粗鬆症治療における栄養面からの新たなアプローチ
■2005年8月号(Vol.15 No.8)
特集 エビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防ガイドライン~その地域保健における意義~
■2005年7月号(Vol.15 No.7)
特集 骨代謝疾患の成因と治療~基礎と臨床をつなぐもの~
■2005年6月号(Vol.15 No.6)
特集 骨粗鬆症治療のニューパラダイム~骨質をめぐって~
■2005年5月号(Vol.15 No.5)
特集 骨粗鬆症と遺伝子
■2005年4月号(Vol.15 No.4)
特集 骨粗鬆症の予防と管理 WHOテクニカルレポートをめぐって
■2005年3月号(Vol.15 No.3)
特集 腰痛の管理
■2005年2月号(Vol.15 No.2)
特集 マグネシウムと循環器疾患
■2005年1月号(Vol.15 No.1)
特集 カルシウム関連新薬の展望
■2005年 増刊号(Vol.15 S-1)
第16回 腎とビタミンD研究会〈記録集〉
2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2005年5月号(Vol.15 No.5) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 骨粗鬆症と遺伝子

Preface
巻頭言 全文無料
細井孝之
Review
骨粗鬆症の定義における変遷~とくに「骨質」のとらえかたについて~
岸本英彰
骨吸収に関わる遺伝子群~骨粗鬆症治療の標的という視点から~
武 郁子・栗原三郎・高橋直之
骨形成に関わる遺伝子群~骨粗鬆症治療の標的という観点から~
井上大輔
遺伝子多型性を用いた骨量決定遺伝子の探索~現状と課題~
細井孝之
Seminar
多因子疾患としての骨粗鬆症における遺伝子解析のストラテジー~将来への展望~
江面陽一・江見 充
遺伝統計学的手法とゲノム情報データベースの利用法
鎌谷直之
遺伝性骨疾患~単一遺伝子疾患からみた骨粗鬆症の病態解明に対するヒント~
田中弘之
Topics
リン酸代謝関連遺伝子群と骨粗鬆症
宮本賢一・伊藤美紀子・瀬川博子
メタボリックシンドロームと骨代謝の接点
竹内靖博
骨代謝の中枢性制御
竹田 秀
間葉系幹細胞からの筋骨格系への分化
梅澤明弘・寺井政憲
Wnt系シグナルと骨代謝
浅場 浩・酒井寿郎
Therapy
ビスホスホネート製剤の標的物質と作用機構
和田誠基・神谷貞浩・小野加津広
性ホルモンとSERMの骨作用の分子機構
加藤茂明
ビタミンDの筋骨格系作用における関連遺伝子群
梶 博史・杉本利嗣
ビタミンKの骨作用における分子機構
市川智恵・井上 聡
副甲状腺ホルモンの作用機構から見た臨床応用における課題
岡崎 亮
連載

 骨粗鬆症と生活習慣(7)
骨粗鬆症とビタミン摂取
廣田孝子・廣田憲二
 顎骨の進化(7)
鳥類のあご
松岡廣繁
症例(146)
副甲状腺機能低下または正常副甲状腺機能状態にて維持した前立腺癌症例
矢島愛冶・小川由英・冨永登志・稲生綱政・大坪 修
八木 繁



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ